ニュース
» 2018年10月20日 11時57分 公開

週末アキバ特価レポート:6TB HDDが税込み1万1980円も「注目は1万円割れから」 (1/2)

大容量HDDの特価は最近6TBモデルが目立っている。今週も税込み1万2000円切りのSeagate「ST6000DM003」が見つかるが、まだ主流は4TBだという。

[古田雄介,ITmedia]

 パソコンSHOPアークの週末特価で目立っているのは大容量HDDだ。SeagateのBarracudaシリーズが土日先着5人の限定特価で売られており、8TB「ST8000DM003」が税込み1万6980円、6TB「ST6000DM003」が同1万1980円、4TB「ST4000DM004」が同7980円となっている。

パソコンSHOPアークの特価POP。最下段は「ST8000DM003」の間違い

HDD、1万円割れの歴史

 ここ最近はアキバ全体で6TB HDDの特価が目立ち、容量単価でも4TBモデルと拮抗している。しかし、こうしたセールで最初に売り切れるのは断然4TBの方だという。パソコンSHOPアークは「やはり主流になるには1万円切りが必要でしょうね。3TB以下もそれをきっかけにブレークした感がありますから」と語る。

 振り返ってみると、4TB HDDが特価ベースで1万円切りしたのは2016年秋ごろが始まり。それから1年近く各ショップで同水準の特価セールが実施されて現在の地位を得た。3TBモデルは2011年夏ごろに一度1万円切りし、同年のタイ洪水後の値上がりを経て再び価格を落としていった。同様に2TBモデルは2010年春ごろ、1TBモデルは2008年夏ごろに税込み9000円台に踏み込んでいる。

2016年9月、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店の特価で4TB HDDが1万円切り
2008年8月、T-ZONE.PC DIY SHOPが1TB HDDを1万円切りで販売した

 最近の値下がりペースから、いずれ6TB HDDの1万円切りも期待できそうだ。が、同店はこうも話す。「6TBまでの容量を求める人がどれだけいるかという面もあります。容量の大きさはそこそこに速度を追求するなら、いまはSSDですし。そのあたりの動向も注目したいです」。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう