レビュー
» 2018年12月27日 06時00分 公開

11型と12.9型で使い勝手はどう違う?:新型iPad Pro用「Smart Keyboard Folio」をガチで使い込んでみた (1/3)

生まれ変わった新型iPad Proに合わせて発売された専用キーボード兼ケースの「Smart Keyboard Folio」。12.9型と11型の両モデルを、山口真弘さんが使い込んでみた。まずは両モデルを細かく見ていく。

[山口真弘,ITmedia]

 2018年にAppleから新しく発売された「11型iPad Pro」と「12.9型iPad Pro(第3世代)」に、キーボードとカバーが一体となった「Smart Keyboard Folio」というオプション製品が加わった。従来の「Smart Keyboard」と違い、iPad Proの背面までカバーする他、iPad Pro本体を立てかける構造も変更された。

 文字入力の機会が多いiPad Proユーザーにとって非常に魅力的な本製品だが、価格が11型で税込2万1384円、12.9型だと同2万4624円と高価であること、対応機種がそれぞれサイズの合致するiPad Proの最新モデルのみという完全な専用品(Smart Keyboardは10.5型と第2世代12.9型で共用できた)であることから、気軽に購入できないのも事実だ。11型と12.9型、使い勝手のレベルで両モデルにどのような違いがあるのか、気になる人も多いだろう。

12.9型と11型の「Smart Keyboard Folio」をチェック

 今回、このSmart Keyboard Folioの両モデルを借用することができたので、2週間程度使い込んだ上でのレビューをお届けする。キータッチなどキーボードそのものの評価に加えて、このSmart Keyboard Folioによるテキスト入力の機会が多い場合、11型と12.9型、どちらのiPad Proを買うべきかといった点にまで踏み込んでチェックする。

 特に言及がない限り、以下の文中では11型iPadと第3世代12.9型iPad Proをまとめて「新型iPad Pro」と呼称している。まずは11型iPad ProとSmart Keyboard Folioの組み合わせを見ていくが、12.9型も構造は共通だ。

Smart Keyboard Folio 11型iPad ProにSmart Keyboard Folio(日本語)を装着してキー入力を可能にした状態。価格は11型が2万1384円、12.9型が2万4624円だ(いずれも税込)
Smart Keyboard Folio 背面に三角形の山を作ってもたせかける構造そのものは従来と同じだが、手順は大きく異なる
Smart Keyboard Folio カバーを折りたたんだ状態。従来とは違って表面に段差はなくスマートな印象だ
Smart Keyboard Folio 従来はカバーされていなかった裏面も覆われるようになった。キーボードのちょうど裏にあたるため、折り目もなくフラットだ
Smart Keyboard 従来のSmart Keyboardを10.5型iPad Proに装着したところ
Smart Keyboard Folio iPadの音量ボタンがある面はカバーから露出している(写真=上)。反対側はWi-Fi+Cellularモデルのアンテナ部分が見えるよう、端から2cm強の切れ込みがある(写真=下)
Smart Keyboard Folio スピーカーおよび電源ボタン(写真=上)、スピーカーとUSB-Cコネクタ(写真=下)のある両側面はどちらも露出している
Smart Keyboard Folio 本製品を装着することで、新型iPad Proの背面カメラの出っ張りを相殺できる
Smart Keyboard Folio 角の部分アップ。通常は問題なさそうだが、本体を角から落下させた際の衝撃には弱そうだ

 次のページでは、12.9型と11型の両モデルに共通する仕様を確認する。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう