ニュース
» 2010年11月19日 18時45分 UPDATE

OESF、Android技術者向け認定試験を開始

OESFが、Android技術者のスキルレベルを客観的に測定することを目的とした認定試験を開始。11月から、アプリケーション技術者認定試験を実施する。

[ITmedia]

 Open Embedded Software Foundation(以下OESF)は11月17日、Android技術者向け認定試験を開始すると発表した。

 この試験制度は「OESF公認Android技術者認定試験制度」(ACE)という名称で、技術者のスキルレベルを客観的に測定することを目的としている。試験には「アプリケーション技術者認定試験」と「プラットフォーム技術者認定試験」があり、11月から「アプリケーション技術者認定試験ベーシック」を開始する。

 また、技術者のスキルを測定するための項目を定義した「技術スキル標準 for Android」を同時に公開。技術者の能力を把握したり、トレーニングプログラムを実施する際に活用できる。

 試験は11月29日から開始し、料金は1万5000円。試験問題数は70問で、CBT方式により全国160カ所以上のプロメトリック試験会場で行う。

 今後はこの試験制度を、組込みシステム技術協会が実施するETEC(組込み技術者試験制度)クラス2試験と連携させ、「組込みAndroidスペシャリスト」の認定を行う予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.