調査リポート
» 2011年08月26日 12時14分 UPDATE

携帯販売、分離プラン導入から最高の成長率――量販店ではスマホが6割

GfKが7月の携帯電話市場動向を発表。2008年の分離プラン導入後、最も高い成長率を記録した。牽引役はスマートフォンで、家電量販店ではすでに販売の6割がスマートフォンとなっている。

[ITmedia]
photo 販売台数の数量前年比増減

 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンは8月26日、7月の携帯電話市場の動向を発表した。販売台数は前年比15%増加し、2008年の割賦販売制度(いわゆる分離プラン)の導入以降、最大の成長率を記録した。

 背景には夏商戦向けスマートフォンの好調な販売がある。7月は販売台数の49%がスマートフォンとなった。同社は、デザインやカラーの種類に加え、テンキー搭載モデルといったラインアップの幅が広がったことで、ユーザーの裾野が拡大しているとみている。

 家電量販店では、すでに過半数を超える61%がスマートフォンという状況。携帯電話専門店でも、スマートフォン比率は45%にまで上がっている。「情報感度の高いユーザーが比較的多い家電量販店だけでなく、シニア向け端末などが人気の携帯電話専門店でもスマートフォンの販売が伸びている。こうしたことからも、スマートフォンの裾野が広がっていると考えられる」(ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン)

photo スマートフォン比率の推移

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.