ニュース
» 2011年12月27日 10時00分 UPDATE

ホワイトボードのデータを撮って共有 「白板会議室」

Android端末の内蔵カメラで撮影したホワイトボードのデータを、見やすいよう自動補正してくれるのが、このアプリだ。

[三浦一紀,ITmedia]
Photo ホワイトボードのデータを見やすく補正し、PDF形式に変換できる
photo 白板会議室

 会議の内容や決定事項など、会議室のホワイトボードには重要なことが書き込まれることが多い。その内容は各自がメモを取るなどして保存するのが一般的だが、それでは効率が悪い上、書き間違える可能性もある。

 ホワイトボードの情報を簡単に保存し、共有できるようにするのが、Android向けアプリの「白板会議室」(開発:ELECOM、無料)だ。このアプリは、スマートフォンの内蔵カメラで撮影したホワイトボード上のデータを読みやすいよう自動修正するもの。撮影したデータはPDF形式などに変換することも可能だ。

 斜めから撮影した場合でも、自動でホワイトボード部分を認識し、正面になるよう補正するため、会議中に席を立ってホワイトボードの正面に回りこまなくてもすむ。また、撮影したホワイトボードの写真に、吹き出しやテキスト、手書き文字でメモを追加することも可能だ。

 メモを撮る時間を大幅に削減できる上、他の会議参加者と簡単に共有できるというこのアプリ、会議の効率アップに役立つこと間違いなしだ。

Photo ホワイトボードの撮影は「撮影モード」から行う。すでに撮影した写真を選ぶ場合は「ギャラリーから写真取り込み」を選ぶ(画面=左)。撮影後(または写真取り込み後)、ホワイトボードの部分だけが範囲指定される。修正する場合は四隅のマーカーをドラッグする(画面=右)
Photo 画面は自動で補正され、ホワイトボード部分だけが切り取られる(画面=左)。画面下のスライダーを右に動かすとコントラストが上がる。見やすいように調整しよう(画面=右)
Photo 画面上には吹き出しを挿入することも(画面=左)。手書き文字も書き込める(画面=右)
Photo メニューの「配布設定」をタップすると、画像をPDFなどのファイル形式に変換し、複数のメールアドレスに一斉送信できる
Photo 簡易議事録の作成機能も装備。この議事録も複数ユーザーに一斉送信できる
photo 白板会議室

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.