3分Biz.
ニュース
» 2020年11月05日 12時48分 公開

後継者難の倒産、前年同期の1.5倍に急増 最多件数に (2/2)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

建設業が62件で最多

 産業別に見ると、建設業が62件で最も多く、前年同期比77.1%増と急増した。集計を開始した13年以降の1月〜9月では、13年同期の53件を上回り、最多を更新。飲食業を含むサービス業他も52件(前年同期比13.0%増)で最多となった。卸売業は49件で同96.0%増と急増。過去最多だった18年同期と並んだ。

 東京商工リサーチによれば、業歴が長い小・零細企業では、営業や経理など経営全般を1人で担当する代表者が多く、これが人材育成や社内の新陳代謝が遅れる要因となっている。そのため、代表者の高齢化や健康不安は最大の経営リスクであり、死亡や体調不良に直面するとたちまち事業継続が困難になる。

 新型コロナは業績悪化だけでなく、高齢となった代表者には事業継続意欲の低下にもつながる。今後も感染拡大が続けば、倒産も加速する可能性は高い。後継者不足の解消につながる解決策が求められている。

phot 産業別の倒産件数など
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -