ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「フィアット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フィアット」に関する情報が集まったページです。

おしゃれかっこいい「大人のレゴ」発表 ルパン三世の愛車「フィアット500」、マンUスタジアムなどインテリアにぴったり
「ワイルド・スピード」のダッジ・チャージャーや、マンUのホームスタジアム「オールド・トラッフォード」もラインアップ。(2020/5/28)

ルパン三世で知られる「フィアット500」モデルチェンジ シリーズ初の電気自動車に
最新機能を備える一方で、外装のデザインは歴代モデルを意識しています。(2020/3/10)

電気自動車:
フィアット500が全面改良でEVに、ADASやAndroidベースの車載情報機器も採用
フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は2020年3月4日、全面改良した「フィアット500」の新モデルを世界初公開した。新型500は同社初の電気自動車(EV)となる。ローンチ仕様の「500“La Prima”コンバーチブル」の価格は、家庭用充電システム込みで3万7900ユーロ(約452万円)となる。(2020/3/9)

いちいちかわいい♪ フィアット 500に鮮やかイエローの特別限定車「500 Mimosa」登場
イタリアでは女性の日(3月8日)にミモザの花を贈るんだそうです。(2020/2/27)

そのタイヤ意味ある!? フィアットを“8輪車”化した魔改造動画がおそロシア
ちゃんと実用性もある……あるか?(2020/2/9)

シケモクで満杯の灰皿も 「カリオストロの城」に登場したルパン三世の愛車を再現した「フィアット500」が話題に
スーパーチャージャーを付ける計画も進行中だそうです。(2020/1/15)

製造マネジメントニュース:
FCAとPSAが対等合併契約を締結、車種3分の2超を2プラットフォームに集約
Fiat Chrysler Automobiles(FCA)とGroupe PSAは2019年12月18日(現地時間)、対等合併契約を締結したと発表した。(2019/12/19)

「えへへ顔」の可愛さはそのまま フィアット、コンパクトカー「500」特別モデル「タキシード」発表 白と黒を基調に大人っぽい仕上げ
120周年を記念した特別モデルです。(2019/9/23)

製造マネジメントニュース:
FCAがマニエティマレリを売却、カルソニックカンセイと統合し売上高2兆円規模に
Fiat Chrysler Automobiles(FCA、フィアットクライスラー)は2018年10月22日、カルソニックカンセイの親会社であるCKホールディングスにMagneti Marelli(マニエッティマレリ)を8060億円で売却すると発表した。(2018/10/23)

自動運転のWaymo、Fiat Chryslerのミニバン6万2000台を購入へ
Alphabet傘下の自動運転企業WaymoがFiat Chrysler Automobilesとの新たな契約により、「Pacifica Hybrid」を自動運転車用に最大6万2000台購入する。FCAの一般販売車にWaymoの自動運転技術を統合する可能性についても発表した。(2018/6/1)

Intel Automotive:
「自動運転の安全確保には経験が必要だ」インテルが語る自動運転へのアプローチ
Uberが自動運転の実験中に起こした死亡事故は、自動運転技術そのものについて、再度、懐疑の視線を招くことになった。Mobileyeを買収し、BMWやフィアットらと自動運転の開発を進めるインテルは「安全確保には経験が必要だ」と自社の取り組みを説明する。(2018/4/18)

車載情報機器:
ルネサスとGHSが「ダッジラム1500」ベースのコネクテッドカーを開発、CESで披露
ルネサス エレクトロニクスと米国の組み込みソフトウェアベンダーGreen Hills Software(GHS)は、Fiat Chrysler Automobileのピックアップトラック「ダッジラム1500トラック」をベースとする新型のコネクテッドデモカーを開発した。「CES 2018」で披露する予定だ。(2017/12/25)

BMW以外の自動車メーカーの参画は初:
Fiat Chrysler、BMW/Intel連合の自動運転プラットフォームに参画
フィアット、アルファ ロメオ、クライスラーなどを擁するFiat Chrysler Automobilesが、BMW/Intelが主導する自動運転プラットフォームに参画する。BMW以外の自動車メーカーの参画は初。(2017/8/18)

自動運転技術:
ホンダもグーグルと自動運転を共同開発、フィアットクライスラーに続くか
本田技術研究所は、Waymoと完全自動運転の共同研究に向けた検討を開始したと発表した。Waymoは、Googleの親会社であるAlphabetが新設した自動運転技術の開発会社で、Googleが2009年に始めた自動運転開発を引き継いでいる。(2016/12/22)

Fiat、Amazon.itで「Panda」など自動車のオンライン販売開始
自動車大手のFiat Chrysler AutomobilesがイタリアのAmazon(Amazon.it)でFiat Pandaなどの人気車種のオンライン販売を開始した。(2016/11/21)

自動運転技術:
グーグルの自動運転技術はプラグインハイブリッドミニバンが最適!?
グーグルの自動運転プロジェクトとFiat Chrysler Automobile(FCA)が自動運転技術の開発で提携すると発表。グーグルの自動運転プロジェクトが自動車メーカーと提携するのは、同プロジェクトが2009年に発足してから初めて。まずはプラグインハイブリッドミニバン「パシフィカ ハイブリッド」ベースの自動運転実験車を100台製造する。(2016/5/9)

Google、自動運転車でクライスラーと提携 専用ミニバン製造へ
Googleが、トヨタのLexusベースやオリジナルのプロトタイプに加え、新たにFiat Chrysler Automobilesとの提携によるミニバンタイプの自動運転車を製造すると発表した。同社が自動車メーカーと提携して自動運転車を製造するのはこれが初めてだ。(2016/5/4)

Fiat Chrysler、遠隔操作問題でJeep Renegadeなど追加リコール
今回のリコールは前回とは別の無線通信機能に存在する同様の問題に対応するもの。ネット接続できる車が遠隔操作される事態を防止する。(2015/9/8)

IPアドレスがいとも簡単に識別されてしまった?:
Jeepのハッキング問題、ネットの脆弱性が深刻に
Fiat Chrysler Automobiles(FCA)の「Jeep Cherokee(ジープ・チェロキー)」がハッキングされたニュースは、大きな注目を集めた。FCAはこれを受けて、140万台のリコールを発表している。車載ネットワークにおける脆弱(ぜいじゃく)性の問題が、いよいよ深刻になっている。(2015/7/30)

車載セキュリティ:
クライスラーの車載情報機器「Uconnect」に脆弱性、「不正侵入の報告ない」
Fiat Chrysler Automobiles(FCA)の車両に採用されている車載情報機器「Uconnect」に、遠隔ハッキングが可能な脆弱性が見つかった。同社は「不正な遠隔ハッキングによる事故は発生していない」とコメント。既に対策プログラムも用意している。(2015/7/23)

製造マネジメントニュース:
三菱自動車がフィアットと提携、小型ピックアップトラックをOEM供給
三菱自動車とFiat Group Automobiles(フィアット)は、三菱自動車の次期小型ピックアップトラックをベースとしたフィアット向け車両の開発/生産に関する覚書(MOU)を締結した。(2014/9/19)

に、逃げてー! ゴジラとフィアットのコラボCMがハラハラドキドキ
フィアットがハリウッド映画「GODZILLA」とのコラボCMをYouTubeで公開しています。(2014/5/11)

設計開発ツール:
燃料タンクの試験に最適な8自由度加振テーブル、フィアットが採用
日本ムーグは、燃料タンクの動的機能試験などに用いる8自由度の電動加振テーブルを発表。既にFiat Group Automobiles(フィアット)が採用しているという。(2014/5/9)

3代目「フィアット パンダ」、生活を豊かに楽しくするコンパクトカー
フィアット クライスラー ジャパンは、コンパクトな5ドアハッチバック「パンダ」を6月1日に発売する。0.9リッターツインエアエンジンを搭載し、燃費はリッター18.4キロを実現する。価格は208万円。(2013/5/8)

アルファ ロメオ、「ジュリエッタ」1周年で100台限定の「ホワイトエディション」
フィアット クライスラー ジャパンは、「ジュリエッタ」の日本導入1周年を記念した限定車「ジュリエッタコンペティツィオーネ ホワイトエディション」を発売した。限定100台で、価格は358万円。(2013/1/25)

トヨタとBMWだけじゃない:
スポーツカー冬の時代、共同開発は切り札になり得るか
トヨタ自動車とBMWが締結した提携内容には、中型スポーツカーの共同開発が含まれている。この他にも、トヨタ自動車と富士重工業、マツダとフィアット、ルノーとケータハムなど、スポーツカーを共同開発する事例が増えているが、スポーツカー冬の時代を乗り切るための切り札になり得るのだろうか。(2013/1/25)

マツダ、2015年から「アルファ ロメオ」のオープン2シーター生産決定――次期ロードスターがベース
マツダと伊フィアットは、アルファ ロメオブランドのオープン2シータースポーツカーを、2015年からマツダ本社工場で生産することで、正式に事業契約を締結した。(2013/1/18)

チョコ菓子のようなフィアット「500 クレミーノ」
フィアット「500」の限定車「500 Cremino」が11月1日に発売。限定100台で、価格は220万円だ。(2012/10/26)

フィアット、クラシカルな印象の「500 クラシカ」
フィアット クライスラー ジャパンは、50台限定の特別仕様車「500 Classica(チンクエチェント クラシカ)」を9月20日に発売する。価格は203万円。(2012/9/19)

フィアット、「プント」をマイナーチェンジ――「プント エヴォ」から名称変更
フィアット クライスラー ジャパンは9月1日、5ドアハッチバックの新型「プント」を発売する。スポーティなスタイルを打ち出した。価格は230万円。(2012/8/30)

フィアット、500 TwinAirにMT仕様の限定車「SPORT PLUS」
現行500がデビューして5年を迎えるのを記念して、2つの特別仕様車を限定発売。5速MTモデルは日本初導入となる。(2012/7/3)

マツダとフィアットが協業、ロードスターベースのアルファロメオの開発へ
マツダとフィアットは、次期ロードスターをベースに、アルファロメオブランドのオープン2シータースポーツカーを開発する。2015年に生産開始の予定だ。(2012/5/23)

フィアット、ビルシュタイン製サスペンションを装着する「500+BILSTEIN」
ベース車両は5速MT仕様の「500 1.2 SPORT」。サスペンションキットを装着することで、最低地上高がベースモデルから30ミリ低い105ミリになる。価格は208万円。(2012/4/20)

アルファレッドとブラックルーフの「ミト クアドリフォリオ ヴェルデ」
フィアットは、アルファ ロメオ ミトの特別仕様車「ミト クアドリフォリオ ヴェルデ リミテッド エディション」を発売した。50台限定で、価格は348万円。(2012/2/14)

晴れわたる青空のようなオープントップ「FIAT 500C Volare」
フィアットは、オープントップモデル「500C」の特別仕様車「500C Volare」を発売した。150台限定で、価格は274万円。(2012/2/9)

アバルト500Cに“アバルトマジック”をもたらす強化パーツキット
フィアットは、アバルト 500Cのパフォーマンスを向上するキット「アバルト 500C エッセエッセ KONIキット」を発売した。価格は54万6000円。(2012/1/25)

アルファ ロメオファンに贈る2つのジュリエッタ導入記念モデル
フィアットは、アルファ ロメオ「ジュリエッタ」の導入記念限定車として、「アルフィスティ」を冠する2モデルを台数限定で2月4日に発売する。価格は348万円と398万円。(2012/1/5)

アルファ ロメオの正統な後継者、「ジュリエッタ」がもたらすものとは何か
フィアットは、アルファ ロメオ ジュリエッタを2月4日に発売する。スポーティさとエレガントさを両立した3つのグレードを展開し、価格は318万円~388万円。(2012/1/5)

フィアット500 TwinAirに秋色の限定車「500 MAGENTA」
フィアットは、TwinAir搭載の500で初の特別仕様車「500 MAGENTA」を発売する。限定100台で、価格は225万円。(2011/9/9)

アボカド色の「フィアット500 ワカモレ」
フィアットは特別仕様車「500 GUACAMOLE(チンクエチェント ワカモレ)」を発売した。限定150台で、価格は199万円。(2011/8/4)

フィアットとグッチのコラボ「500 by Gucci」
フィアットは、グッチとのコラボレーション「500 by Gucci」を9月3日に発売する。価格は260万円。(2011/7/12)

大胆な黄色×黒、「フィアット500ポップビー」
フィアット500と500Cに日本限定カラーとなる「POP-BI(ポップビー)」が登場した。トロピカリアイエローと黒のツートンカラーが目を惹く大胆なカラーリングだ。各50台限定。(2011/6/7)

アルファレッドをまとった「MiTo」特別仕様車
フィアットグループオートモービルズジャパンは4月16日、アルファロメオミトの特別仕様車2モデルを発売した。伝統のボディカラー「アルファレッド」が復活する。(2011/4/19)

岡崎宏司のクルマ DE トリップ:
“速さ”には何の不満もない「フィアット500TwinAir」
搭載するのは排気量875ccのターボ付き2気筒エンジン。2気筒といえば、心配なのは音と振動ですが、これにはバランスシャフトで対応しています。(2011/4/9)

グッチとコラボしたフィアット500、デビューはミラノコレクション
フィアットグループオートモービルズジャパンは、「500 by Gucci」の日本語版特設サイトを開設した。500 by Gucciの国内販売開始日は未定だが、詳細な仕様や購入方法を伝えるメールマガジンを配信する。(2011/4/5)

環境のこと、走りのことを考えた2気筒エンジン搭載「フィアット500/500C TwinAir」
2気筒エンジン「TwinAir」を搭載するフィアット500/500C TwinAirが3月24日に発売。価格は、215万〜279万円。(2011/3/24)

アバルト695トリブートフェラーリ、限定150台で予約開始
フィアットグループオートモービルズジャパンは11月1日、「アバルト695トリブートフェラーリ」の予約受け付けを開始した。限定150台で、価格は569万5000円〜。(2010/11/1)

20〜40代の人に聞く、強くてカッコイイ女性はこんなイメージ
強くてカッコイイ女性とはどのようなイメージを持たれているのだろうか。20〜40代のビジネスパーソンに想定年収を聞いたところ「1000万円〜1500万円未満」と答えた人が最も多かった。フィアット グループ オートモービルズ ジャパンとアイシェア調べ。(2010/10/29)

デュアルクラッチAT「Alfa TCT」を搭載したAlfa Romeo MiTo
フィアットは、新型Alfa Romeo MiToを発売した。価格は、スプリントが278万円、コンペティツィオーネが292万円。(2010/10/14)

電動ソフトトップモデルのアバルト「500C」
フィアットグループオートモービルズジャパンは、アバルト「500C」を発売した。価格は339万円。(2010/10/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。