ITmedia NEWS >
ニュース
» 2012年10月18日 11時00分 公開

今日から始めるデジカメ撮影術:第157回 屋外の猫と撮り方の関係 (3/3)

[荻窪圭,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

寄って撮るか引いて撮るか

 猫がいて、そこそこ近寄れたり、望遠レンズを持ってたりすると、ついつい顔をアップで撮りたくなるのは人情ってもんだけど、ぐぐっと寄って撮ると、単なる猫の写真。上手に背景を入れてやると、猫がいるシチュエーションも一緒におさめられる。

photo まだ小さな猫をアップで
photo 実はこんなところにいました

 近寄れてもあえて広角で、背景を大きく入れてやるのも面白い。

photo 普通に寝てる猫
photo 実は湖畔で人と仲良くくつろいでるのでした

 無理に近づかないで遠くからそっと様子を見守ったり。

photo 人けの少ない、昼間の住宅街をどうどうと渡ってる猫たち

 顔がちゃんと見えてなくてもいい。その方が雰囲気が出ることもある。

photo 曇り空をじっとながめる背中の哀愁……的な

 その猫の可愛さを撮りたいときはぐぐっと寄ればいいし、その猫がいるシチュエーションを見せたいときは背景を入れた構図を考えればいいのである。

photo 顔は見えてなくても口元だけで分かる感じ

 あと、大人の事情でそこに猫がいることを隠した方がいい場合もあるのでなかなかややこしいんだけど、それはさておいても、猫はそれ自体が可愛いし、模様も千差万別だし、動きが立体的なのでいろんな場所にいるのでいろんなバリエーションの構図で撮れるし、風景のワンポイントにもなるしで被写体としてとっても魅力的なのだ。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.