ニュース
» 2007年12月07日 06時15分 公開

Windows Mobileスマートフォンを便利に:複数のアプリケーションを効率的に利用する

スマートフォンはPCのように複数アプリケーションを動作できる。CPUの設定を変え、効率的に動作させてみよう。

[福島幹雄,ITmedia]

 Windows Mobileのスマートフォンは、複数のアプリケーションを同時に動かすことができるので、業務アプリケーションを起動しながら、メールを書いたり、Webで情報をチェックしたりできる。だが、使用しているアプリケーションの負荷処理が重くなると、ほかのソフトの動作も重くなり、快適に使用できなくなってしまうことがある。

 Windows Mobileでは、「CPUは起動している複数のソフトウェアを分散して処理する」という動作設定がされている。この設定を「アクティブアプリ(前面で実行されているアプリケーション)に高く」という設定にすると、画面上にあるアプリケーション処理を優先して高速に動作するように変更できる。

画像1

 「CPU 優先度」を変更するには、Pocket の手を起動して「デバイス設定」をタップする。次に、開いた画面右下のメニューから「優先度」を選択する(画像1)。画面の「CPUの優先度」から「アクティブアプリの優先度を高く」を選択して(画像2)、画面左下のファイルのメニューから「終了」を選択し、再起動を行うと設定完了だ。

画像2

 なお、優先度を「均等に割り当て」を選択すれば標準の設定に戻すことができる。動作が不安定になった場合は、「均等に割り当て」を選んでいただきたい。

作者:福島幹雄氏

携帯電話を中心とした無線通信分野のハードウェア、ソフトウェア開発を行うドルフィンシステム代表取締役。現職以前は、Linuxサーバの企画開発、W-CDMA/HSDPAの研究開発用測定器の開発プロジェクトにてマネジメントを経験。


関連キーワード

スマートフォン | Windows Mobile


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -