ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

「3D映画」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

エプソン、東京スカイツリータウンで「3Dホームプロジェクター体感イベント」を開催
エプソンは、大画面での3D映画やレーシングゲームなどを無料体験できる「3Dホームプロジェクター体感イベント」を開催する。(2013/10/7)

怖くない……だと?:
「貞子3D2」と「らき☆すた」が奇跡のコラボ
「リング」シリーズの最新3D映画「貞子3D2」と、人気4コママンガ「らき☆すた」の主役・泉こなたがコラボレーション。新キャラ「さだこなた」が登場する。(2013/7/10)

今週末見るべき映画『アーティスト』
ジェットコースターに乗っているような映画、3Dの映画も確かに面白いが、サイレント風の映画は、何よりも観客の想像力を刺激する。これが映画を見る歓びの1つと思う。(2012/4/6)

山本浩司の「アレを観るなら是非コレで!」:
ソニー「BDZ-AX2700T」で3D映画をチューニング
3番組同時のAVC録画など録画機として大きく進化したソニー「BDZ-AX2700T」だが、実はBD再生機として魅力も大きい。今回はプレステージモデルならではの充実した画質調整とその効果をチェックした。(2012/1/25)

逆転の発想:
2D映画が見たいのに3D上映しかない……そんなときのための2D変換メガネ「2D Glasses」
3D映画を見ると酔ったり、頭が痛くなったりしてしまうあなたに最適な2D変換メガネ「2D Glasses」を紹介します。誕生の背景には、開発者の妻に対する深い愛と思いやりがあったようです。(2012/1/5)

3Dメガネでもおしゃれを楽しむ――LG・エレクトロニクス・ジャパン、「CINEMA 3D」シリーズにアラン ミクリデザインのモデルを12月上旬に発売
3Dの映画やゲームを楽しむ最中も、かっこよくキメられるスタイリッシュな3Dメガネが、LGより12月上旬に発売される。(2011/11/28)

日本SF大会をニコ生で 「攻殻機動隊 3D」を神山監督が語る
「第50回日本SF大会」(愛称:ドンブラコンL)2日目をライブ配信する。第1部では、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C. SSS 3D」の神山健治監督らが同作の制作思想や3D映画の技術論を語る。第2部では、アニメ関係者や法律家が知る権利、表現の自由の現状を解説・議論。第3部では、タミヤのボックスアートで活躍したイラストレーターを招き、ボックスアート制作にまつわる秘話を語る。配信は9月4日9時30分〜。(2011/9/2)

任天堂、米国で「ニンテンドー3DS」向け映画・テレビ番組配信サービスを開始
Netflixのユーザーは、「ニンテンドー3DS」で映画やテレビ番組を視聴できるようになった。近いうちに3D映画を3Dで見られるようになる。(2011/7/15)

本田雅一のTV Style:
映画タイトルが少ない!? Blu-ray 3Dの現状
もともと3D映画を家庭に届けるために作られたBlu-ray 3D規格なのに、対応ソフトが増えないのはなぜだろうか?(2010/10/25)

ソニー、銀座ソニービルで3D映画をノーカット無料上映
ソニーは、東京・銀座 ソニービルにおいて、9月25日(土)〜29日(水)の5日間限定で、3D映画「くもりときどきミートボール IN 3D」をノーカット無料上映する。(2010/9/24)

200インチ大型スクリーンで:
「バイオハザード」最新作の特別映像を無料上映
ソニーは、銀座ソニービル「OPUS」で最新3D映画「バイオハザードIV アフターライフ」の特別映像を無料上映する。(2010/8/12)

業界初、ソニー・ピクチャーズが3D映画のソフトを販売
(2010/8/6)

対応機器で解決されるべき課題とは?:
3D普及への道
3D映画の公開や、3Dテレビ、3Dビデオカメラの発売や発表が相次ぐなど、3D業界の勢いは加速するばかりだ。今後も3D対応機器やコンテンツが増加するのは間違いないが、一般家庭に3Dテレビを普及させるには、3Dメガネやディスプレイ、コンテンツの配信方法についての課題を解決しなければならない。本稿では、3Dの実現方式について簡単に見直した後、3Dを普及させる上で問題となる事柄を指摘してみたい。(2010/8/1)

3D映画「仮面ライダーW」にビクターの2D-3D変換技術
2D映像を3D立体映像にリアルタイム変換できる日本ビクターの業務用3Dイメージプロセッサ「IF‐2D3D1」が、東映3D映画「仮面ライダーW」「天装戦隊ゴセイジャー」の制作に採用された。(2010/7/26)

ハリウッドは本気:
2010年は「3D元年」になるか
『アバター』の登場をきっかけに、3D映画への関心が急速に高まっている。放送局、テレビ業界、ゲーム業界、家電業界を巻き込む一大ムーブメントになりつつある3D市場の方向性を考えてみる。(2010/5/5)

本田雅一のTV Style:
3D映画を楽しむために業界が考えるべきこと(2)
「3Dのプラズマは、デュアルスキャンになるので、従来の2Dパネルに比べてコストアップ要因を持っている」と書いたら、パナソニックの方に、「それが誤解を招くのでは」との指摘を受けた。(2010/4/30)

本田雅一のTV Style:
3D映画を楽しむために業界が考えるべきこと
「3D映画は薄暗くて楽しくない」 最近、そんな声を聞くことが増えた。明るさの問題だけで3Dの世界が色あせて見えるとしたら、それは業界全体にとってのマイナスだ。(2010/4/25)

3D映画『アバター』を見た人の75%は“満足”、その理由は?
ジェームス・キャメロン監督の『アバター』を見たという人で、「満足した」という人はどのくらいいるのだろうか。オリコンの調査によると、75.2%の人が「満足した」と回答していることが分かった。(2010/4/2)

最強フレームワーカーへの道:
YouTubeも参戦! 3D映像は新しいビジネスモデルを生み出すか
ジェームズ・キャメロン監督の「アバター」が、自身の興行成績の記録を塗り替えた。映像自体を3Dで再生するという画期的な映画だが、そもそも3D映画というのは、昔から存在している。今3Dが注目されている理由は何なのか?(2010/2/15)

「アバター」は3Dの“キラーコンテンツ” パナソニックが20世紀フォックスと共同プロモーション
パナソニックと20世紀フォックスは、年末公開の3D映画「アバター」の共同プロモーションを展開する。2010年の発売を目指す家庭用3Dシステムに先立ち、3Dの魅力をアピール。(2009/8/22)

スカパー! 実写3D映画を放送
スカパーが3D映画「センター・オブ・ジ・アース ―3D―」を放送。申し込むと視聴用の3Dメガネが送られてくる。(2009/7/16)

「いろんな意味で使える」と“エロ男爵”沢村さん興奮、伊東美咲さんも感動した「H001」の3D映像
日立製作所が「Woooケータイ H001」の3Dムービーの上映会を開催。イベントではH001のイメージキャラクターを務める伊東美咲さんと、3D映画「センター・オブ・ジ・アース」の日本語吹き替えを担当する沢村一樹さんが登場し、3D映像評論家の大口孝之さんを交えてトークセッションを行った。(2009/2/18)

IntelとDreamWorks、3D映画製作技術で提携
新技術を採用する映画の第1弾は、2009年3月公開予定の「Monsters vs. Aliens」になる見込み。(2008/7/9)

本田雅一のTV Style:
家庭における3D映像の可能性を考える(1)〜映画とAVの密接な関係〜
近年、多くのハリウッド映画会社が3D映画に注目している。「市販のビデオパッケージが劇場に近い画質を実現し始めたら、次の差別化は3D化しかない」というわけだ。では、増えてきた3D映画を家庭のAVシステムで楽しめる時代はくるのだろうか?(2008/2/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。