ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

  • 関連の記事

「3Dスキャナ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ


石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
歌手・リアーナの下着ブランドが大成功 下着のサイズに隠れた“ビジネスチャンス”とは
米国で、下着をオンラインで購入する人が増えている。その中でも、歌手のリアーナが立ち上げたブランドが注目を集めている。成功の背景にある、下着のサイズに隠れた“ビジネスチャンス”とAI活用の方法とは――。(2022/5/18)

CAD・3Dスキャナーで歯科治療に大改革 「安全・安心で、信頼できる治療が提供できる」末瀬氏
歯科医療の分野でCADや3Dスキャナーの導入が始まっている。レジンやセラミックスといった歯の修復素材は、口腔内スキャナーで型どりし、CADで設計。切削器や3Dプリンタで制作できるようになってきた。(2022/5/13)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
紙の書籍をデジタル化するように、空間も3Dで“自炊”する時代に!?
実際に体験してみると、想像以上に手軽でとても身近に感じられました。(2022/5/12)

CADニュース:
リバースエンジニアリングの作業負荷を最大50%削減するSOLIDWORKS用プラグイン
ディプロスは、3D設計開発ソリューション「SOLIDWORKS」上で効率良くリバースエンジニアリング作業が行えるプラグインソフト「Mesh2Surface for SOLIDWORKS」の日本国内での取り扱いを開始した。(2022/5/10)

山岳トンネル工事:
高速3Dスキャナーを用いたインバート掘削形状モニタリングシステムを開発、西松建設
西松建設は、山岳トンネルのインバート施工で、掘削した曲面を滑らかに整形する床付作業の安全性と品質の向上、効率化を目的に、「インバート掘削形状モニタリングシステム」を開発した。今後は、操作性の向上など、現場検証を通じて出てきた新たな課題に対してシステムの改良を進めていく。(2022/4/27)

Matterport Axis 体験レポート:
アイティメディアの受付エリアをiPhoneでサクッと3Dデジタルツイン化してみた
2022年4月に日本法人を設立したMatterport(マーターポート)。同社が提供するスマホ向けの空間3Dキャプチャーアプリ「Matterport Capture」と、間もなく国内での販売が開始されるモーター駆動式自動回転雲台「Matterport Axis」を用いて、アイティメディアの受付エリアの空間3Dキャプチャーを行ってみた。(2022/4/27)

デジタルファブリケーション:
“匠の技×デジタル技術”で傑作建築を移築、前田建設のロボットで破風板復原
前田建設工業は、東京・白金台の名建築「旧渡辺甚吉邸」を3Dスキャナーや360度カメラ、ロボットアーム加工機といったデジタル技術と職人の伝統技法を駆使して、ICI総合センターに移設した。(2022/4/26)

BIM:
建築確認で用いたBIMデータなどを生かしたリモート中間検査システムを開発、清水建設
清水建設は、建築確認で利用したBIMデータやAR技術、リアルタイム映像伝送技術を生かしたリモート中間検査システムを、積木製作の協力を得て開発した。システム開発では、日本建築センターと推進している、BIMデータを活用した建築確認申請業務の効率化を目指すとともに、建築基準法で定められている現場での目視検査や工事監理状況といった書類検査の効率化と確実化を目標に掲げた。(2022/4/26)

3Dスキャナーニュース:
メタボリズムを体現するビルを3Dデータで保存するプロジェクト始動
gluonは、銀座にある「中銀カプセルタワービル」を3Dデータで保存する「3Dデジタルアーカイブプロジェクト」を開始した。新たな保存手法の構築と建築の価値を、後世へ継承していくことを目指す。(2022/4/22)

メカ設計ニュース:
機能を強化したポリゴンデータ編集ソフトの新版を提供開始
UELは、ポリゴンデータ編集ソフトの新版「POLYGONALmeister Ver7.0.0」の提供を開始した。検査領域の指示だけで、CADデータが存在しない計測データでも元の形状を推定した計算を実施する機能を強化した。(2022/4/21)

テルえもんの3Dモノづくり相談所(10):
3Dモノづくりで失敗しないための道具(ツール)選びのポイントとは?
連載「テルえもんの3Dモノづくり相談所」では、3Dモノづくりを実践する上で直面する“よくある課題”にフォーカスし、その解決策や必要な考え方などについて、筆者の経験や知見を基に詳しく解説する。第10回のテーマは「3Dモノづくりで失敗しないための道具(ツール)選び」だ。(2022/4/14)

メカ設計メルマガ 編集後記:
“デジタルコピー”が瞬時に作れる新サービスへの個人的な期待
皆さんならどのように使ってみたいですか?(2022/4/12)

徹底検証:
3Dスキャンサービス「PFN 3D Scanner」のβテストをメカ設計者目線で試してみた
Preferred Networksが提供開始する3Dスキャンサービス「PFN 3D Scanner」のベータ版トライアルを実際に体験し、メカ設計用途でどの程度活用できそうかを検証してみた。また、PFN 3D Scannerならではの特長を生かした活用用途はないか、その方向性についても併せて検討した。(2022/4/7)

スマホだけで高精度3Dスキャン、EpicGames子会社がアプリ発表 1万人のテスター募集は開始日に満員
米EpicGames傘下のCapturing Realityが、スマートフォンで撮影した写真を基に3Dモデルを生成できる3Dスキャンアプリ「RealityScan」のβテストを始めた。(2022/4/5)

世界最小のお城を築城 超微細3Dプリント技術を使って瓦や石垣を精巧に再現
実物の約17万分の1スケールと髪の毛と同等。吹けば飛んで二度と見つからない。(2022/4/3)

楽しいパリピライブからトラウマレベルの9.11体験まで 映画祭&音楽フェス「SXSW 2022」に見るVRコンテンツの最新系
米テキサス州オースティンで開催される映画祭&音楽&インタラクティブ作品フェス、SXSW。そのVR版会場を取材したレポートです。(2022/3/30)

2022国際ロボット展:
ロボットAI技術でポテトサラダを“おいしそう”に、安川電機AI子会社が開発
安川電機のAI(人工知能)関連子会社であるエイアイキューブは、「2022国際ロボット展(iREX2022)」(リアル展、東京ビッグサイト、2022年3月9〜12日)の安川電機ブース内に出展。AIの学習を簡略化するシミュレーション技術「Alliom」と画像認識技術を組み合わせた「Alliom Vision」により、唐揚げやポテトサラダの色味や配置などを判断し“おいしそうに見える”ように配膳するデモを披露した。(2022/3/23)

2022国際ロボット展:
3D CADデータのない製品の詳細な3Dモデルを生成、デジタルツイン技術として展開
アセントロボティクスは、「2022国際ロボット展(iREX2022)」において、3D CADデータのない製品の詳細な3Dモデルを生成できる独自のデジタルツイン技術を発表した。(2022/3/17)

iPad Proとの境界線を探る:
第5世代iPad Air登場! Apple M1搭載でさらに魅力が増したiPad主流モデル
Appleから、上位シリーズのiPad ProやMacなどに採用されているApple M1搭載の新型iPad Airが発表された。その発売を前に、林信行氏が実機に触って感じたことをまとめた。(2022/3/16)

3Dプリンタ活用:
多品種少量生産への対応に向けて治具の製作も3Dプリンタで!
ストラタシス・ジャパンは、オンラインセミナー「設計製造に『軽量・堅牢』を簡単に取り入れる! 先進的な設計製造ツール『nTopology』でアディティブ・マニュファクチャリング設計(治具編)を学ぼう!」を開催。AM技術に関する豊富な経験と知識を持つ山一ハガネが、nTopologyを活用したAMによる治具の設計・製作プロセスと、そのアプローチについて紹介した。(2022/3/16)

製品動向:
歩きながら周囲の3Dデータを取得できるレーザースキャナー
ライカジオシステムズは、手に持って歩きながら周囲の3Dデータを取得できる移動体計測機「Leica BLK2GO」の販売を開始した。複雑な空間をシンプルなワンボタン操作により3Dスキャンできる。(2022/3/15)

山岳トンネル工事:
自由断面掘削機の遠隔操作システムを開発、西松建設
西松建設は、ジオマシンエンジニアリングと共同で、山岳トンネル無人化施工技術の1つである自由断面掘削機の遠隔操作システム「Tunnel RemOS - RH」を開発し、実証実験で無人運転時の動作や操作性、安全性を確認した。今後は、Tunnel RemOS - RHの現場試行を継続しながら改良を加え、早期実用化を目指す。(2022/3/9)

3Dスキャナーニュース:
12Mピクセルカラーカメラを2台搭載した高解像度・高精度3Dスキャナー
日本3Dプリンターは、12Mピクセルのカラーカメラ2台を搭載した、高解像度かつ高精度な3Dスキャナー「Transcan C」を発売した。最小ポイント間隔0.0375mmの高解像度で、表面の微細な凹凸まで再現できる。(2022/3/3)

テルえもんの3Dモノづくり相談所(9):
3Dデータを他部門にも共有して全社でうまく活用したい……
連載「テルえもんの3Dモノづくり相談所」では、3Dモノづくりを実践する上で直面する“よくある課題”にフォーカスし、その解決策や必要な考え方などについて、筆者の経験や知見を基に詳しく解説する。第9回のテーマは「3Dデータの共有/活用」についてだ。(2022/3/2)

開発着手から9年、メダル獲得に貢献:
宇野昌磨選手と“りくりゅう”ペアの足元支えた国産ブレード 創業95年の老舗メーカーが挑んだ初五輪
メダルラッシュとなったフィギュアスケートで、宇野選手と“りくりゅう”ペアが着用したスケート靴のブレードは、愛知県内のメーカーが手掛けた国産品。従来の海外製ブレードよりも耐久性が強く、選手からは高い評価を得ている。開発の経緯などを聞いた。(2022/2/20)

スマホで3Dスキャンする新手の“データ泥棒”にワンフェス運営は警戒感 注意喚起と対策へ
スマホで展示品を3Dスキャンしていたのではないか? ワンフェス会場でのある入場者達の行動に、出展者や実行委員会が神経を尖らせている。(2022/2/16)

3Dスキャナーニュース:
歩きながら周囲の3Dデータを取得できるハンディレーザースキャナー
ライカジオシステムズは、歩きながら周囲の3Dデータを取得できるハンディレーザースキャナー「Leica BLK2GO」を発表した。軽量かつコンパクトなデザインで、初心者から上級者まで、効率的に3次元点群と画像を収集できる。(2022/2/16)

メカ設計ニュース:
金型製作を代行するサービス、3Dモデルがなくても利用可能
オリジナルマインドは「金型製作代行サービス」の提供開始を発表した。金型を用意できない顧客向けに展開するもので、顧客所有の3Dモデルからアルミ製の金型を製作するコースと、スケッチやマスターモデルから3Dモデルを作成して、金型製作を支援するコースを用意している。(2022/2/8)

いっぱい並べたい 「江ノ電スズメ」でおなじみの車止めがカプセルトイになって登場
服を着せてあげたい。(2022/1/31)

3Dプリンタニュース:
歯肉と歯を造形して総入れ歯を製作できる、3Dプリンタ用樹脂材料を発売
名南歯科貿易は、総入れ歯を製作できる、3Dプリンタ用樹脂材料「フリープリント デンチャー」「フリープリント テンプ」を発売した。歯肉と歯を造形し、歯科用接着剤で固定すれば、高精度の総入れ歯を簡単に製作できる。(2022/1/27)

3Dスキャナーニュース:
iPadで頭部形状を3Dスキャン、アートネイチャーの「新・3D型取りシステム」
アートネイチャーは、タブレット端末(iPad)を使用して頭部形状を測定する「ポータブル3Dスキャナ」を導入し、オーダーメイドウイッグを取り扱う同社全店および全国の百貨店で開催されるレディース展示/試着会において、「新・3D型取りシステム」の運用を開始した。(2022/1/26)

3Dスキャナーニュース:
マーカーレスで高精度に計測できるハンドル型3Dスキャナーを販売
APPLE TREEは、マーカーレスで高精度に計測する、ハンドル型3Dスキャナー「TRACKSCAN-P42」を発売した。対象物の測定データを形状認識用のマーカーなしで取得できるため、作業効率が向上する。(2022/1/24)

本田雅一の時事想々:
ソニーは、“自身の役割“をどこに見つけたのか EV参入に勝ち目がありそうな理由
いよいよソニーグループは、自分自身の役割を見つけたのかもしれない。吉田社長にとって「ソニーが存在する意義」を探し求めることは、就任以来のテーマだった。EV参入はその一つだが、それだけが解答ではない。どういうことかというと……?(2022/1/22)

越智岳人の注目スタートアップ(2):
安価で高品質な義足を途上国へ、3Dプリンタ×AIの生産技術で社会課題を解決
数多くのハードウェアスタートアップやメイカースペース事業者などを取材してきた越智岳人氏が、今注目のスタートアップを紹介する連載。今回は、3Dプリンタをはじめとする3D技術を活用し、製造コストを従来の10分の1に抑えた義足を提供するInstalimb(インスタリム)にフォーカスし、開発のきっかけやこれまでの取り組み、今後の展望などについて、同社 代表取締役CEOの徳島泰氏に話を聞いた。(2022/1/11)

Innovative Tech:
実世界に溶け込むCG 空中に浮かずに配置し、光の当たり具合も適切に調整
オーストリアのグラーツ工科大学とVRVis Research Center、ニュージーランドのオタゴ大学の研究チームは、実世界に溶け込むようにバーチャルオブジェクトをレンダリングする技術を開発した。(2021/12/28)

メタル化した蝶野正洋さんのビンタが販売 型取り・3Dスキャンで忠実に再現
リアルすぎてガッデム!(2021/12/27)

AR活用最前線:
工場やオフィスなど現実空間を対象にARコンテンツをレイアウトできる技術
PTCジャパンはメディア向けラウンドテーブルを開催し、同社の産業向けAR(拡張現実)ソリューション「Vuforia Studio」が提供する空間コンピューティング「Area Targets(エリアターゲット)」の特長やその可能性について説明した。(2021/12/17)

【新連載】ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
孫が生まれたらマイナンバーカードが必要?
テックメディアの記者2人が互いの知らないことを調べて教え合う対談シリーズ、ここにスタート。(2021/12/10)

CAEニュース:
工場やオフィス、店舗などの効果的な換気対策を3D計測とリアルタイム解析で支援
サイバネットシステムは、エリジオンの協力の下、室内の空気の流れをシミュレーション/可視化し、効果的な換気対策の実現を支援する「3Dシミュレーションによる室内換気対策支援サービス」の提供を開始した。(2021/12/2)

工場を3Dデータ化、搬出入作業をシミュレーション コスト削減やテレワーク化に
自動車部品などを手掛ける大豊精機とデジタル総合印刷が、3Dスキャナーで撮影した工場のデータなどを活用し、設備の搬出入作業をシミュレーションできる新システムを開発した。工程やコストの削減、テレワーク化にもつなげる狙いだ。(2021/11/26)

クラウド型顔認証で何が変わる? eKYC最大手「LIQUID Auth」を提供
Liquidは11月16日、ID/パスワードに顔認証を付け加えられるサービス「LIQUID Auth」を2022年1月から提供すると発表した。eKYCで培った技術とデータを活用し、ユーザーがスマホのカメラで自分の顔を撮影することで、簡単に本人であることを認証できる、クラウド型の顔認証サービスだ。(2021/11/16)

「いいクルマなんだけど、ちょっとカタチをね」「3日で作ってね♪」 テスラも本気で改造しちゃうヒロミ流カスタム、また発動
こうして自分好みにカスタムしちゃうのです。(2021/11/8)

3Dプリンタニュース:
秩父神社所蔵の彫刻「つなぎの龍」のレプリカを高精細3D技術で製作
原製作所、晃和ディスプレイ、ミマキエンジニアリングは、埼玉県秩父神社所蔵「つなぎの龍」の5分の1サイズの高精度フルカラー複製品を奉納した。高精度3Dスキャナーとフルカラー3Dプリンタを用いて製作した。(2021/11/8)

3Dスキャナーニュース:
7つの機能をアップデートした3Dスキャンソフトウェアを発売
APPLE TREEは、SCANTECHの3Dスキャンソフトウェア「IREAL 3D V3.0」を発売した。互換性のある解像度、スマートカラーマップ、マルチシーンスイッチ、インテリジェントアライメントなど7つの機能をアップデートした。(2021/11/5)

メカ設計メルマガ 編集後記:
3Dプリンタ製ギプスは実現するのか? しないのか?
ちなみに、筆者は骨折したことがありません。(2021/10/26)

斎藤佑樹引退記念グッズに「リアルすぎる顔面立体ステッカー」登場 強烈なビジュアルが「よく本人OKしたな」と話題
いつでもどこでも佑ちゃんと一緒。(2021/10/20)

Autodesk University 2021:
オートデスクが「Forgeプラットフォーム」を軸にオープンスタンダードを主導
Autodesk主催のデジタルカンファレンス「Autodesk University 2021」のゼネラルセッションにおいて、同社 社長 兼 CEOのアンドリュー・アナグノスト氏は、クラウドベース開発プラットフォーム「Forge」のさらなる進化、活用の方向性とその価値について説明した。(2021/10/19)

半径50kmの雨雲を30秒で立体スキャン、ウェザーニューズが新レーダー開発 ゲリラ豪雨の予測精度向上
ウェザーニューズが新型の気象レーダーを開発。千葉県内で実証実験を始めた。半径50kmの雨雲を30秒で立体スキャンでき、ゲリラ豪雨や線状降水帯の推移など予測精度向上に役立つという。2年以内に日本を含むアジア50カ国での設置を計画する。(2021/10/14)

新構法:
複雑な曲面形状のガラスファサードを構築可能な構法を開発、清水建設
清水建設は、従来技術では困難だった複雑な曲面形状のガラスファサードを構築することが可能な「3次元曲面ガラススクリーン構法」を開発した。(2021/10/7)

3Dスキャナーニュース:
リモート処理に対応、3Dスキャンソフトの最新版とクラウドプラットフォーム
Artec 3Dは、3Dスキャンソフトの最新版「Artec Studio 16」とクラウドプラットフォーム「Artec Cloud」を発表した。デバイスの技術的な制限や場所にとらわれず、ブラウザを介して3Dスキャンの処理ができる。(2021/10/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。