ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  8

  • 関連の記事

「830N」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「830N」に関する情報が集まったページです。

ソフトバンクのNEC・カシオ日立端末に、「みまもりケータイ」からのSMSが利用できない不具合
ソフトバンクモバイルは、NECとカシオ日立製の携帯電話に、「みまもりケータイ」からの位置情報付きSMSが利用できない不具合があると発表した。ソフト更新で対応する。(2011/9/22)

ソフトバンク107機種のブラウザに不具合――個人情報詐取の恐れも
ソフトバンクケータイ107機種のブラウザ(JavaScript)に不具合があることが判明した。ソフトバンクモバイルはJavaScriptをオフにするよう呼びかけている。(2010/5/28)

“おひとりさま”が使うモデルは?:
ドラマで使われるケータイたち2009年秋──ソフトバンクモバイル+その他編
携帯電話会社のWebサイトの情報をもとに、実際にドラマを視聴して劇中のケータイをチェックする恒例の企画。今回は2009年10月から12月までの秋クールで放映された、ソフトバンクモバイルがスポンサーに付いているドラマと、携帯電話会社がスポンサーに付いていないドラマについて紹介しよう。(2010/1/6)

ソフトバンクモバイル、「830N」のソフト更新を開始
NEC製の「830N」に不具合があることが判明。ソフトバンクモバイルは、ソフトウェア更新で対応する。(2009/11/6)

“お父さん”が意外なシーンで登場?:
ドラマで使われるケータイたち2009年夏──ソフトバンクモバイル+その他編
携帯電話会社のWebサイトの情報をもとに、実際にドラマを視聴して登場するケータイをチェックする恒例の企画。今回は2009年7月から9月までの夏クールで放映された、ソフトバンクモバイルがスポンサーとなっているドラマと、携帯電話会社がスポンサーに付いていないドラマについて紹介しよう。(2009/10/23)

「830N」と「930CA」にフリーズやリセットの不具合
ソフトバンクの「830N」と「930CA」に不具合があることが判明。ソフトバンクは7月1日からソフトウェア更新を開始する。(2009/7/1)

写真で解説する「930N」
ソフトバンクモバイルのNシリーズ初の900番台モデルとなった「930N」。厚さ13.9ミリのスリムボディに、8.1MピクセルのCMOSカメラやGPSを搭載。表現力が増した「カラフルキーイルミネーション」にも注目だ。(2009/6/23)

厚さ13.9ミリのボディに機能を凝縮――8.1Mカメラ搭載の洗練スリム「930N」
13.9ミリのスリムボディに、笑顔認識や手ブレ補正付きの810万画素カメラ、3.2インチ液晶、加速度センサー、ワンセグ、バーチャル5.1chサラウンド、ウィジェット、GPS、おサイフケータイ――と、多彩な機能を凝縮したスタイリッシュモデルが「930N」だ。(2009/5/19)

ケータイならではのウィジェットも登場:
ウィジェットは利用者の行動を変える力を秘めている――開発陣に聞くモバイルウィジェット戦略
使いたい機能が見つからない、使うまでの操作が面倒――。携帯電話の多機能化がもたらした、こんな問題の1つの解として期待されるのが、携帯電話向けウィジェットだ。携帯各社のウィジェットの中でも「“オープン性”と“開発のしやすさ”に自信あり」というソフトバンクモバイルのウィジェット開発陣に、市場の現状と今後の戦略について聞いた。(2009/4/28)

ソフトバンク、「930CA」と「830N」のソフトウェア更新を開始
ソフトバンクモバイルは、3月24日に不具合を告知した「930CA」と「830N」のソフトウェア更新を開始した。(2009/3/30)

jig.jp、ソフトバンク端末向けの「jigマルチ検索ウィジェット」を公開
jig.jpはソフトバンクモバイルのモバイルウィジェット対応端末向けに、複数の検索エンジンを切り替えながら使える「jigマルチ検索ウィジェット」を公開した。るYahoo!急上昇ワードもチェックできる。(2009/3/24)

カシオ製「930CA」「830CA」とNEC製「820N」「821N」「821N GLA」「830CA」に不具合――ソフト更新開始
ソフトバンクモバイルは、「930CA」「830CA」「820N」「821N」「821N GLA」「830CA」の6機種に使用時間短縮などの不具合があると告知。ソフトウェア更新で対応する。(2009/3/24)

Mobile Weekly Top10:
UQ WiMAXが使える場所
2月26日から、ワイヤレスブロードバンドサービス「UQ WiMAX」のお試しサービスがスタートした。場所によっては快適に利用できているようだが、アイティメディアの社屋がある丸の内はあまり電波の状態がよくないようだ。(2009/3/5)

開発陣に聞く「830N」:
若者目線で取り組む挑戦、直感的な「何か、いいね」を目指して──「830N」
薄型のスライドボディに多くの機能、さらに何かをくすぐる細かい機能を凝縮し、“何か、いいね”を目指したNEC製の「830N」。何が「いいね」なのか、ソフトバンクの若年ユーザーに何を訴えたいのか。NECの830N開発チームに聞いた。(2009/2/20)

ソフトバンクの新機種「930CA」「830N」「830SH for Biz」、2月20日発売
ソフトバンクの2009年春モデル3機種、“EXILIMケータイ”「930CA」、“13.9ミリの薄型アークスライド”「830N」、ビジネス向けの「830SH for Biz」を2月20日に発売する。(2009/2/18)

待受にYouTubeのお勧め動画を表示する「jig動画ウィジェット」
jig.jpは、ソフトバンクのモバイルウィジェットに対応する「jig動画ウィジェット」を発表した。932SHなど対応端末の待受画面に、YouTubeといった動画共有サイトのコンテンツを表示できる。(2009/2/6)

神尾寿のMobile+Views:
端末不況が直撃──“足もとの弱さ”が垣間見えたソフトバンクの2009年春モデル
ソフトバンクモバイルの2009年春モデルラインアップは、訴求力と牽引力に急ブレーキがかかった印象だ。今は将来につながるインフラの強化や、ソフトバンクらしいコンテンツ/サービス分野の育成に注力すべきだと考える。(2009/2/5)

ソフトバンク春モデル向けの反射防止保護シール「パーフェクトガードナー」発売
ソフトバンクBBは、ソフトバンクモバイルの春モデル向け反射防止保護シール「パーフェクトガードナー」を発売する。(2009/1/31)

写真で解説する「830N」
NEC製の「830N」は、ディスプレイが円を描くように開く“アークスライド”と13.9ミリの薄型ボディが特徴のスライド端末。小型ボディにフルワイドVGA液晶や320万画素AFカメラ、ワンセグ、おサイフケータイ、Bluetoothなどを備え、モバイルウィジェットにも対応する充実した機能を特徴とする。(2009/1/30)

写真で解説する「930P」
Wオープン+2WAYキー搭載のハイエンドモデルが「930P」。基本仕様はドコモの「P-01A」とほぼ同じで、P-01Aがほしいと思っていたソフトバンクモバイルユーザーは朗報といえる。外観デザインやヨコメニュー、キー配列、「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」アプリなど、ソフトバンクモバイル端末ならではの工夫も盛り込む。(2009/1/30)

「感動した」 お笑いライブ会場と化したソフトバンク春モデル発表会
ソフトバンクモバイルの春モデル発表会には一般ユーザーが招待され、人気吉本芸人が集結。端末紹介では爆笑が起き、「これからはコンテンツで勝負」という姿勢をアピールする格好になった。(2009/1/29)

洗練デザイン+機能充実の新形状スリム“アーク”スライド──「830N」
NEC製の「830N」は、ディスプレイが円を描くように開く“アークスライド”と13.9ミリの薄型ボディが特徴のスライド端末。小型ボディにフルワイドVGA液晶や320万画素AFカメラ、ワンセグ、おサイフケータイ、Bluetoothなどを備え、モバイルウィジェットにも対応する充実した機能を特徴とする。(2009/1/29)

2009年春モデル:
ソフトバンクモバイル、2009年春モデル9機種発表──新サイクロイドAQUOS、VIERA、EXILIM、ダブルワンセグ……キティケータイも
ソフトバンクモバイルが2009年春モデルを発表。新サイクロイド機構+8M CCDカメラを採用した“全部入り”AQUOSケータイやカシオ計算機のEXILIMケータイ、キー表示が変化するVIERAケータイ、NECの薄型スライド、ハローキティ35周年記念モデルなど計9機種を用意する。1月30日から順次発売。【発表会と新機種動画、スペック表追加】(2009/1/29)

カシオ日立製「930CA」、シャープ製「932SH」など、ソフトバンク向け新機種が大量にJATE通過
2009年春商戦向けモデルの発表を前に、カシオやシャープ、NEC、ソニー・エリクソン製など、今回も多数の新機種がJATEを通過した。(2009/1/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。