ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GENT 830SH s」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GENT 830SH s」に関する情報が集まったページです。

ソフトバンク、お父さんバージョンの「PANTONE 3 001SH」を11月3日に発売
ソフトバンクがシャープ製のPANTONEケータイ「PANTONE 3 001SH」を発表。ベーシックモデルとなるPANTONE 3には「お父さん」のコンテンツを用意するほか、初回出荷分にはお父さんのストラップを同梱する。(2010/10/26)

ソフトバンク107機種のブラウザに不具合――個人情報詐取の恐れも
ソフトバンクケータイ107機種のブラウザ(JavaScript)に不具合があることが判明した。ソフトバンクモバイルはJavaScriptをオフにするよう呼びかけている。(2010/5/28)

ソフトバンク、防水・防塵対応のGENTシリーズ「841SH s」を5月14日に発売
ソフトバンクモバイルが、GENTシリーズの第5弾「841SH s」を発表。5月14日から販売する。(2010/5/7)

ドラマにもiPhone 3Gが登場:
ドラマで使われるケータイたち 2009年冬──ソフトバンク+月9+特番編
連続テレビドラマに登場するキャストが使うケータイをチェックする「ドラマで使われるケータイたち」。ソフトバンクモバイルがスポンサードする2009年冬クールのドラマには、ついに「iPhone 3G」が登場した。(2009/3/27)

遠隔制御に対応した使いやすさ重視のビジネスケータイ――「830SH for Biz」
シャープ製の「830SH for Biz」は、導入企業が端末のサービスや機能を一括で制御できる「法人オプションパック」対応のビジネスケータイ。持ちやすさや液晶の見やすさを、ベースモデルの「830SH」から継承した。(2009/1/29)

ソフトバンクモバイル2008年冬モデルの“ここ”が知りたい──読者の質問、募集します
ソフトバンクモバイルが10月30日に発表した2008年冬モデルは全16機種。3.8インチHXGA液晶搭載のフルタッチスライド「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」、OMNIA日本モデル「930SC OMNIA」、8M CCDカメラ搭載搭載の「930SH」から、HTCのTouchシリーズ、Nokia端末など多彩な機種が登場。このソフトバンク冬モデルの“ここが知りたい”を募集します。(2008/11/11)

アクロディアのミドルウェア、ソフトバンクモバイルの冬モデルに採用
(2008/11/10)

写真で解説する「830SH」「830SH s」
大ヒットとなった“PANTONEケータイ”のコンセプトを引き継ぐ「NEW PANTONE 830SH」と、830SHをベースに見やすさと使いやすさを追求した“GENT”「830SH s」。どのように進化したのか、2台を比較した。(2008/11/4)

Touch ProやNokia E71などスマートフォンも4機種登場:
ソフトバンクモバイル、2008年冬モデル16機種発表――3.8インチスライドAQUOSや8M CCDカメラ搭載、日本版「OMNIA」、初のカシオ端末など
ソフトバンクモバイルが2008年冬モデルを発表。3.8インチのハーフXGA液晶を搭載したスライドボディの「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」や、800万画素CCDカメラ搭載の「930SH」、Samsung電子製のタッチパネルケータイ「930SC OMNIA」など計16機種を用意する。(2008/10/30)

ソフトバンク、「830SH s」を10月25日発売――大人向けGENTシリーズの第3弾
ソフトバンクモバイルは、シャープ製の大人向けケータイ“GENT”シリーズの第3弾となる「830SH s」を10月25日に発売する。830SHをベースに、刻印文字を太くしたダイヤルキーや、より分かりやすいメニュー画面を採用した。(2008/10/20)

HSDPA、PCメールに対応:
装い新たな“パール&メタリック調”の15色――「NEW PANTONE 830SH」、10月4日に発売
ソフトバンクモバイルは、多彩なカラー展開で人気を博したPANTONEケータイの最新モデル「NEW PANTONE 830SH」を10月4日に発売する。デザインはそのままに、HSDPAやPCメールに対応するなど機能を強化。ボディカラーはメタリック&パール調の15色をラインアップする。(2008/9/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。