ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AGLED」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

2011年10月1日に丸善電機から社名変更

照明用デバイス事業は継続:
ローム、照明器具事業をアイリスオーヤマに譲渡
ロームは2016年3月31日、LED照明器具/照明システム事業をアイリスオーヤマに売却すると発表した。(2016/3/31)

CEATEC 2012 開催直前情報:
“効エネ”を提案するローム、パワー/センシング/光の最新技術を展示
「CEATEC 2012」でのロームのテーマは『Power and Smart 〜“効エネ”で、新しいくらし・社会の扉をひらく!〜』。パワー/センシング/光の各デバイスを中心に、ロームグループの総合技術力を見せる。今年はラピスセミコンダクタも展示に加わる。(2012/9/18)

我慢しないLED照明選び(1):
LEDシーリングライトの売れ筋は? ビックカメラ新宿店西口店に聞く
家電量販店で次第に売り場面積を拡大しているLEDシーリングライト。節電や長寿命といったメリットに加え、調光や調色、間接照明付きなど、個性豊かな製品も登場している。(2012/8/10)

一貫生産だから:
アグレッド、LEDシーリングライトの5年保証を開始
ロームグループのアグレッドは、LED照明製品6機種について、5年間の無償修理を保証する「安心のまるごと5年保証サービス」を発表した。(2012/8/6)

人の生体リズムに合わせて光を自動調整、アグレッドのLEDシーリングライト
ロームグループのアグレッドは、人の生体リズムにあった光に自動で調整する「サーカディアン照明モード」搭載のLEDシーリングライト6機種を発売する。(2012/3/21)

LED/発光デバイス LED照明:
LEDの強みとこだわり――ロームが目指すLED照明事業
電力不足や高まる環境意識を背景にマーケットを拡大するLED照明。ロームは、長年培ってきたLEDランプ・モジュールの技術力を武器に、この成長市場へ攻勢をかける。同社モジュール・ライティング生産本部の四方秀明統括部長に、“ロームLED”の強みとこだわりを聞いた。(2011/10/4)

LED/発光デバイス LED照明:
ローム、家庭用LED照明に本腰――AGLEDシリーズ拡充
ロームがLED照明事業について記者説明会を実施。グループ子会社が展開するLED照明「AGLEDシリーズ」ラインアップを大幅拡充し、全社成長戦略の1つである「LED事業の拡大」を一段と加速させる。(2011/9/21)

ゴルフボールより薄い:
厚さ3.9センチ、丸善電機が薄型LEDシーリングライトを発表
丸善電機は、LED照明「AGLED」(アグレッド)シリーズに6〜10畳向けの薄型LEDシーリングライトを追加した。カラーバリエーションは3色。(2011/7/22)

ライティングフェア2011:
もっと便利に、もっと安く、LEDシーリングライトの開発競争
LED電球と並んで注目の省エネ照明器具といえば、LEDシーリングライトだろう。ライティングフェアでは、各社が開発中のLEDシーリングライトを見ることができた。(2011/3/8)

ライティングフェア2011:
もっと広く、もっと明るく――LED電球の開発競争
東京ビッグサイトで開幕した「ライティングフェア2011」では、LED電球メーカー各社のし烈な開発競争が浮き彫りになった。注目は、光の広がり方。さまざまなアプローチで配光角を広げ、白熱灯に近い明かりにしようとしている。(2011/3/8)

LED/発光デバイス 有機EL:
次世代照明が第2の普及期へ、LED蛍光灯と有機EL照明が主役に
白熱電球を置き換えるLED電球の勢いが著しい。白熱電球がなくなる日が見えてきた。白熱電球という点光源から、蛍光灯を置き換える線光源、さらにまったく新しい面光源へ、次世代照明が次々と広がっていく。LED 蛍光灯は素子の効率改善と標準化の後押しを受けて、LED 電球に続く勢いが期待できる。面光源を実現する有機EL 照明の製品化も始まった。次世代照明の将来をまとめた。(2011/2/11)

ライティング ジャパン:
ありそうでなかったLED技術たち
ライティング ジャパンの展示会場には、新しいLED技術が盛りだくさん。天井も照らせる“3D”なLED電球をはじめ、iPhoneでコントロールするLED照明、1光源で3波長のLEDバックライトなど、気になったものをピックアップしていこう。(2011/1/19)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。