ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「安全率」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「安全率」に関する情報が集まったページです。

はじめてのジェネレーティブデザイン(2):
電動RCカーのバンパー部品をジェネレーティブデザインで設計する
オートデスクの3D CAD/CAM/CAEソリューション「Fusion 360」に搭載されているジェネレーティブデザイン機能を活用し、“はじめてのジェネレーティブデザイン”に挑戦。第2回は、電動RCカーのバンパー部品をジェネレーティブデザインで設計するアプローチについて解説する。(2019/9/18)

はじめてのジェネレーティブデザイン(1):
「Fusion 360」のジェネレーティブデザイン機能を使ってみよう
オートデスクの3D CAD/CAM/CAEソリューション「Fusion 360」に搭載されているジェネレーティブデザイン機能を活用し、“はじめてのジェネレーティブデザイン”に挑戦する。第1回は「『Fusion 360』のジェネレーティブデザイン機能の使い方」について取り上げる。(2019/8/19)

ママさん設計者が教える「設計者CAE超入門」(3):
CAE普及のためには設計と現場の“両輪”で3D推進を急ぐべし!
かつて2次元大好き信者だった筆者が“CAEの重要性”に気が付いた経緯を踏まえつつ、話題の「設計者CAE」の基本的な考え方について解説する連載。第3回は、設計も現場も1つになって、「総知総力」を挙げたモノづくりを実現するためのヒントを提示する。(2019/6/28)

ママさん設計者が教える「設計者CAE超入門」(2):
経験則に頼らない根拠ある設計を提案できる「設計者CAE」の活用メリット
かつて2次元大好き信者だった筆者が“CAEの重要性”に気が付いた経緯を踏まえつつ、話題の「設計者CAE」の基本的な考え方について解説する連載。第2回は、なぜバリバリの2次元信者だった筆者が“CAEの必要性”を痛感したのか? その決め手となった当時の心境の変化、意識の変遷について掘り下げる。(2019/5/28)

設計者CAEレビュー:
PR:Altair SimSolidは早くて簡単なだけじゃない! メッシュを切らない設計者CAEの真価
中小メーカーで日々、3D設計推進に奮闘する筆者が、メッシュレスCAE「Altair SimSolid」を試した。メッシュを切ることなく数分で結果が出るので、これなら設計もどんどん前に進む! しかも計算結果は各社のハイエンドCAEの結果に近い。設計者にありがたい機能も盛りだくさんだ。(2019/2/4)

設計者CAEは普通の解析と何が違う?(12):
あらためて「解析とは何か?」を考える 〜悩み尽きぬCAE担当者の心情〜
「設計者CAE」という言葉が設計現場で聞かれるようになって久しいですが、3D CAD推進とともにきちんと設計者CAEに取り組んでいる企業もあれば、まだ途上あるいは全く着手していないという企業もあるかと思います。連載第12回では、「解析(CAE)とは何か?」についておさらいすると同時に、「メッシュ」について解説します。(2018/11/5)

トポロジー最適化とは何か(3):
3D CADで最適化と静的応力解析やってみた
今回は3D CADに付属するシミュレーション機能の一環としてのトポロジーの最適化機能を取り上げてみたいと思います。(2018/7/20)

設計者CAEは普通の解析と何が違う?(8):
設計者CAEの“What”と“How”――そもそも構造解析で何がしたいのか?
「設計者CAE」という言葉が設計現場で聞かれるようになって久しいですが、3D CAD推進とともにきちんと設計者CAEに取り組んでいる企業もあれば、まだ途上あるいは全く着手していないという企業もあるかと思います。連載第8回では、設計者CAEに取り組む上で考える必要がある「What」と「How」について取り上げます。(2018/7/11)

太陽光:
太陽光発電の「設計ガイドライン」が改定へ、押さえておきたい要点は?
太陽光発電の構造的な安全性を確保するために、「地上設置型太陽光発電システムの設計ガイドライン」の改訂作業が進められている。野立ての太陽光発電システムは、何に留意して設計しなければならないのか? 「PVJapan2018」で、ガイドラインの策定に携わった奥地建産の高森氏が解説した。(2018/7/9)

DMS2018:
Solid Edgeでエレメカ連携可能に、HPの3Dプリンタ向けのボクセル単位設定にも
 シーメンスは「第29回 設計・製造ソリューション展」(以下、DMS2018、2018年6月20〜22日、東京ビッグサイト)に出展。同社の新製品「Solid Edge 2019」シリーズや、旧CD-adapcoの製品である「Simcenter STAR-CCM+」および設計探査ツール「HEEDS」などを展示し、3D CADと電気設計、解析・シミュレーションとの連携をアピールした。(2018/6/27)

新製品発表会|シーメンス:
中小製造業のデジタル変革に最適な「Solid Edge 2019」、電気設計ツールも統合
シーメンスは、ミッドレンジ3D CAD「Solid Edge」の最新バージョンである「Solid Edge 2019」を発表した。ミッドマーケットに向けてポートフォリオを拡充し、機械設計のみならず、その他の周辺プロセスや業務に役立つ機能、ソリューション群の強化も図られている。(2018/6/27)

トポロジー最適化とは何か(1):
トポロジー最適化、なぜ今なの? 寸法最適化や形状最適化との違いは?
本連載「トポロジー最適化とは何か」を通して、設計の中でトポロジー最適化をどのように生かしていけるのかを探求しつつ、少しでも記事を読んでくださる皆さまのお役に立ちたいと思っています。(2018/5/16)

設計者CAEは普通の解析と何が違う?(番外編):
CAE視点で振り返る「SOLIDWORKS WORLD 2018」
今回は、連載「設計者CAEは普通の解析と何が違う?」の【番外編】として、米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催された「SOLIDWORKS WORLD 2018」のレポートをお届け! 筆者が見聞きしてきた“新しい設計アプローチ”の可能性について、設計者CAEを推進する立場から詳しく紹介します。(2018/3/5)

設計者CAE、初めの一歩:
PR:ママさん設計者がANSYS「Discovery Live」でシミュレーション体験してみた
3D CAD歴4年、ファブレスメーカーのママさん設計者が、ついにCAEのシミュレーションにチャレンジです! 初心者でも「ANSYS Discovery Live」を使えば簡単かつ素早く、構造や流体のシミュレーションができます。設計者が欲しいのは「直感的に理解できるおおよその結果」。Discovery Liveならそれがスピーディーに確認できるので、いろいろ試してみたくなります。(2018/3/1)

SOLIDWORKS World 2018:
俺だって語りたい!「SOLIDWORKS 2019」の新機能とは
「SOLIDWORKS World 2018」では、3D CADツール「SOLIDWORKS」の次期バージョン「SOLIDWORKS 2019」の新機能が発表された。3日間あった基調講演の全日にわたって披露された新機能は多数ある。そして最終日に至るまでの中、五里霧中の状態にあった恒例のパロディー寸劇の行方はいかに。(2018/2/13)

Autodesk University Las Vegas 2017:
進化したジェネレーティブデザイン「形状合成」の無償利用が可能に
オートデスクは、3D CADツール「Fusion 360 Ultimate」向けに、新機能「Autodesk Generative Design(AGD)」のテックプレビューの無償提供を始める。AGDは、その名の通り「ジェネレーティブデザイン」の機能だが、採用が広がっているトポロジー最適化や格子構造生成とは異なる「形状合成(Form Synthesis)」を利用できることが特徴だ。(2017/11/17)

CAE事例:
おいしいと安全の関係式は? サントリーによるスパコンとCFDを用いた品質向上
食品の安全とおいしさはトレードオフの関係にある。サントリーは製造工程において安全とおいしさに深く関係するレトルト殺菌機の内部状態をCFDで検証するとともに、スパコンのFOCUSを利用して設計変更の検討を行った。(2017/10/27)

DC-DCコンバーター活用講座(7) 電力安定化(7):
DC-DCコンバーターの性能に影響を与える寄生特性
今回の記事では、DC-DCコンバーターの性能に影響を与える部品の寄生特性や、疑似共振(QR)コンバーター、共振モード(RM)コンバーターについて解説します。(2017/10/23)

3D設計推進者の眼(24):
さまざまな要素が絡み合う、産業機械の不具合発生と品質確保の話
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は産業機械の不具合発生と品質確保のお話。(2017/9/21)

CAEニュース:
Apex Grizzlyは任意断面の構造解析と線形座屈解析に対応、大規模アセンブリ―解析機能も強化
エムエスシーソフトウェアの新製品「MSC Apex Grizzly」では「断面力センサー」と線形座屈解析が追加された。周波数応答解析の機能と併せて使えば、荷重経路解析の結果表示も可能だ。(2017/8/3)

3D設計推進者の眼(19):
「トポロジー最適化」「メッシュレスCAE」とは何か――最新のCAD・CAE動向
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回はCAEの最新技術について紹介する。(2017/3/31)

蓄電・発電機器:
水素を満たすホースの限界を超えろ、ブリヂストンが82MPaの高圧モデルを製品化
ブリヂストンは水素ステーションなどで燃料電池自動車(FCV)に水素を充填する際に使用される高耐圧の水素充填用ホースを開発、今後本格的に販売を開始する。(2015/10/1)

甚さんの「サクッと! 設計審査ドリル」(11):
バラにトゲあり、ステンレスにワナにあり
今、さまざまな物に使われているステンレスですが、注意しなければならないポイントがあります。それは何か、あなたはご存じですか?(2015/4/10)

甚さんの「サクッと! 設計審査ドリル」(7):
安全率の計算は、丸暗記しておけばオッケー!
サクッといかなくてスミマセン……。でも安全率の計算について、きちんと理解してほしいんです。(2015/2/5)

潮晴男の「旬感オーディオ」:
この価格帯では異色の出来――パイオニア「N-70A」使いこなし
ハイレゾもCD同様、単に再生できるということと、いい音で聴けるということには違いがある。パイオニアのネットワークプレイヤー「N-70A」で、より良い音を聴くための設定や使い方を探ってみよう。(2015/2/4)

甚さんの「サクッと! 設計審査ドリル」(6):
安全率とは何なのか
あなたは「安全率」について自信を持って説明できますか? 今回は安全率や許容応力について1つ1つ丁寧に説明していきます。(2015/1/23)

甚さんの「サクッと! 設計審査ドリル」(5):
縦弾性係数でせん断応力を計算しましたが、何か?
「シャフトが折れたので、強くしておきました」について説明するために、せん断応力を計算したけれど……。今回は、学問好きな良君が活躍します。(2015/1/9)

甚さんの「サクッと! 設計審査ドリル」(4):
シャフトが折れたから強くした……じゃ、ダメーッ!!
通勤通学中にも取り組める、各企業における設計審査の定型質問に基づいた問題集。今回は、治工具のヒンジシャフトの設計変更についてです。(2014/12/19)

和田憲一郎が語るエネルギーの近未来(7):
水素とクルマをつなぐ鍵、「ディスペンサー」の課題は何か
水素製造装置や圧縮機を製造する企業を取り上げ、なぜ水素関連の設備が高コストなのか、課題と取り組みについて聞いた前回に引き続き、今回は、もう1つの主要機器でもある「水素用ディスペンサー」に焦点を当てる。コストや課題についてタツノの担当者に聞いた。(2014/12/15)

鳥人間コンテスト インタビュー:
被災地の思いを乗せて飛ばなきゃ――鳥人間王者・Windnautsの秘密(前編)
琵琶湖の夏の風物詩として知られる鳥人間コンテスト。この大会に、東北大震災で被災しながらも出場して優勝を成し遂げたチームがあった。その活躍の裏にどんなドラマがあったのか。(2014/12/3)

甚さんの「コミュニケプレゼン」大特訓(2):
ラポールでギスギスしたコミュニケーションを円滑にする
いきなり説得から入らずに、まずは気持ちや状況の共有(ラポール)から。それが、コミュニケーションをギスギスさせないポイントだ。(2013/11/7)

甚さんの「コミュニケプレゼン」大特訓(1):
設計者の皆さん、DRで「結局何が言いたいの」と言われませんか?
営業職ではなくても、コミュニケーションとプレゼンテーションのスキルが大事! そのスキルを磨くことは、設計者にとっての“修行”ともいえる。 (2013/10/9)

甚さんの「バンバン板金設計でキャリアアップ」(9):
たった1つの設計プロテクニック「切り起こし」
実は、「切り起こし」だけで、プロの板金設計ができてしまう。だからといって、それだけ覚えるのはダメ。これまで学習したことの積み重ねがなければ意味がないのだ。記事の最後の「溶接の話」と「あの人」にもご注目。(2013/2/15)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2012(2):
大丈夫。その失敗は必ず来年へつながるよ!
お待たせ! 「明るく楽しいモノづくり」を提唱するコンサルタント 関伸一氏の学生フォーミュラ観戦記の2回目をお届け! さて今回の4校はどこ? シンクフォーの山下祐氏もまた登場。(2012/12/21)

甚さんの「バンバン板金設計でキャリアアップ」(4):
超カンタン! 板金部品の設計見積もりをしてみようぜぃ
今回は、甚さんと一緒に板金部品の設計見積もりをしてみよう! 材料費、加工費、ロット倍率、プレスの型費など1つ1つ計算する。一見難しそうだが、やってみると結構簡単。(2012/9/12)

3次元プリンティングってどうやるの?:
パーソナル3Dプリンタでドロイド君を作ってみた
13万円のパーソナル3次元プリンタ「Blade-1」で、ABS製のドロイド君を立体出力! 今回は、その成形過程や注意すべきポイントを紹介する。(2012/7/25)

3次元CAD環境導入企業に聞く:
やっぱり2次元、といってはばからない社長はなぜ3次元CADを導入するの?
「やっぱり使い慣れた道具は手放せない」といって、2次元の図面にこだわる社長。しかし、そうもいっていられない事情に直面して……。(2012/7/20)

甚さんの「バンバン板金設計でキャリアアップ」(1):
設計者必携! 板金設計がマスターできる絵辞書
これまでの「甚さんシリーズ」の解説を少し振り返った後、この連載で使うツール「板金設計の50%がマスターできる絵辞書」を紹介する。(2012/6/8)

甚さんの「技術者は材料選択から勝負に出ろ!」(11):
設計審査の超定番「安全率」をごまかすな!
あなたの会社の設計審査で、「安全率」の議論はどんな感じ? その「分母と分子」について、誰も質問しなかったら要注意。(2012/4/20)

甚さんの「技術者は材料選択から勝負に出ろ!」(3):
実務で使う場合の線膨張係数とポアソン比
今回は、線膨張係数とポアソン比について例題を解きながら解説。学問としての知識から実務へ役立てるにはどうしたらいい?(2011/8/5)

プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:
新規事業の採算性を「図解思考」で実感する
新規事業の計画というとなんだか重大な感じがしますが、実は採算性と最大リスクをチェックできればOKなのです。この2つを実感するのにExcelは向いていません。ぜひ手書きでグラフを書いてみませんか。(2011/7/11)

甚さんの「技術者は材料選択から勝負に出ろ!」(2):
横弾性係数を知らないのにCAE?
縦弾性係数と横弾性係数の使い分けを明確に! キーボードをたたいているだけのCAE技術者「キー坊」ではダメ。(2011/6/30)

甚さんの「想定内だぜぃ!トラブルは」(3):
原発事故から学ぶインタラクションギャップ
今回はちょっと難しい匠のワザを伝授。トラブル三兄弟だけでは潜在トラブルを引き出せない場合に活躍するのがインタラクションギャップだ。(2011/5/13)

頭脳放談:
第130回 システムの「想定」にまつわる想像力とは
システムを構築する場合、さまざまな想定を行い安全性などを担保する。しかし自然現象が関係する場合には、さらに想像力が重要になる。(2011/3/30)

災害未然防止のための設計とTRIZ:
「私の経験上」という言葉が出たら、ご用心! 
災害を未然防止する設計をするために、問題解決理論のTRIZを適用して、常識にとらわれない視点での対策を立てよう。(2011/3/30)

【1分で分かる】業界別 CAE技術動向:
安全率が、非常に低い――航空機
飛行機の安全率は、とても低いことをご存じ? その分は、メンテナンスやシステムでカバーしている。追い込んだ設計が肝心となる航空機設計の事情(2011/1/19)

【1分で分かる】業界別 CAE技術動向:
「やりたいのはやまやま……」はもう通用しない!? ――家電
家電は壊れても、人に大きな被害を与えない。起こる現象も複雑……。少しCAEに気後れしがちな家電業界のCAEだが、これからは?(2011/1/19)

第8回 全日本 学生フォーミュラ大会 レポート(2):
熱い自作系! わたしのお尻が型になりました
自らが型になってシートを作ったり、カーボンモノコックを自作したり……。今回もホットな学生モノづくりを紹介!(2010/10/20)

賢者の意志決定:
クラウドはどのように進化していくのか?(前編)
クラウドという流行のテクノロジーの議論に終始していては、クラウドの本質をつかむことはできない。本稿では、日立ソフトが提供する「セキュアオンライン」の事業責任者であり主席アーキテクトである中村輝雄氏が、クラウドのこれまでとこれからを事例を交えながら語り尽くす。(2010/8/23)

MONOistゼミ レポート(4):
設計のねじれプロセスを正しCAEの浮島を築く
解析部門と設計部門との間に置く“浮島”における最重要キー“仮想実験室”に、PCクラスターのパワーは不可欠である(2010/8/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。