ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「ATIV S」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ATIV S」に関する情報が集まったページです。

Sprint、新Windows Phone 8端末「HTC 8XT」と「Samsung ATIV S Neo」を今夏発売へ
Nokiaが独占状態のWindows Phone 8市場に、HTCとSamsungがLTE対応の新端末を投入する。(2013/6/27)

ななふぉ ITmedia支店:
CESでの「Windows Phone 8」とMWCに期待する“次”の展開
2012年10月の「Windows Phone 8」の発表後、最初の大型展示会となったのが米国で開催された「2013 International CES」だ。Windows Phone 8の新機種も登場したCES2013を振り返りつつ、2月に開催予定のMobile World Congress 2013におけるWindows Phone 8を展望してみよう。(2013/2/5)

Nokiaは苦境を乗り切れるか――欧米市場で「Lumia 920」発売
Nokiaが欧米の主要市場で、同社のフラッグシップモデル「Nokia Lumia 920」を発売した。Windows Phone 8端末で挽回を目指す同社だが、アナリストの見方は厳しいようだ。(2012/11/13)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
IFA 2012で感じた、スマートフォンにまつわる2つの“意外”
9月5日までドイツで開催されていた「IFA 2012」を取材して、意外に感じたことが2つある。1つはSamsung電子のスマートデバイスのラインアップが地味だったことと、Windows Phone 8への注目度が各所で上がっていたことだ。(2012/9/11)

石野純也のMobile Eye(8月27日〜9月7日):
秋モデルをタイムリーにそろえたドコモ/日本投入も期待の「Xperia V」「GALAXY Note II」
夏モデルが出そろってまだ間もない中、ドコモから早くも秋モデルが発表された。海外ではドイツで開催されたIFAでもSamsungやSony Mobileが新機種を発表。NokiaやMotorolaの新モデルもお目見えした。今回はドコモの秋モデルを中心に、この2週間で発表された新機種を振り返りたい。(2012/9/8)

IFA 2012:
世界初のWindows Phone 8端末、“Android搭載カメラ”やGALAXY Note IIも――Samsungプレスカンファレンス
Samsung電子が29日のIFAで開催した「Samsung Mobile Unpacked 2012」で、世界初となるWindows Phone 8端末や、本格的なカメラにAndroidを搭載した「GALAXY Camera」、GALAXY Noteの2世代目となる「GALAXY Note II」を発表。その見どころをリポートしよう。(2012/8/30)

Samsung、「GALAXY Note II」「GALAXY Camera」やWindows Phone 8など新機種を発表
ドイツのベルリンで開催されている家電系の展示会「IFA 2012」で、SamsungがAndroidスマートフォン「GALAXY Note II」と「GALAXY Camera」、そしてWindows 8やWindows Phone 8対応の新機種を発表した。(2012/8/30)

Samsung、Windows 8およびWindows Phone 8の新シリーズ「ATIV」発表
Samsungが、Microsoftの“デバイス+クラウド”戦略に即したWindows 8およびWindows Phone 8搭載の新モデル4台を発表した。タブレットにもなるノートPC、タブレット、スマートフォンだ。(2012/8/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。