ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ベンツ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ベンツ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

今日から始めるWebサイト育成 第3回:
成約率改善のポイントは「必要な情報を必要な場所に」
Webサイトの集客に成功したとしても、問い合わせ件数や資料請求などのコンバージョンに至らなければ売り上げは発生しません。成約数をいかにアップさせるか、それは多くの企業にとって大きな課題です。(2019/7/10)

0〜100キロ加速4秒切りも メルセデスAMG新型「A 45」「CLA 45」発表
421馬力という世界最強レベルの直4エンジンを搭載。(2019/7/5)

【公道は走れません】トヨタ、レース専用車「GRスープラ GT4」を発売 2020年開始
内装のマシマシカーボン感すごい。(2019/7/5)

欧州勢のベンチマークに:
レクサス澤代表 ミニバン「LM」を投入する狙いは?
高級車ブランド「レクサス」のトップを務める澤良宏プレジデント。就任から3年目を迎え、ドイツ勢が勢力をふるうプレミアムカー市場において「ベンチマークされ始めたと感じている。やっていることが響き始めた」という。初のミニバン「LM」を投入する狙いなど今後の展望を聞いた。(2019/7/5)

ベンツのEVついに出る! メルセデス・ベンツ、初のEV「EQC」発表 価格は1080万円から
400キロ走行可能、Web商談で限定モデルを先行販売。【写真20枚】(2019/7/4)

メルセデス初のEV「EQC」 航続距離400キロで1080万円
メルセデス・ベンツの電気自動車EQCが国内でも発表となった。価格は1080万円で納車は2020年春。航続距離は400キロメートル、出力は408馬力(300kW)となっている。安全支援装備などは、同社最高位モデルのSクラスと同等だ。(2019/7/4)

モデル末期、トヨタ「ハリアー」にちょっと厳つい特別仕様車 「黒」で統一、踏み間違い防止装置も搭載
迫力マシマシ。(2019/7/3)

メルセデス・ベンツ「C200」に特別仕様車 Sクラス相当の運転支援システムを搭載
限定5台を一足早くWebで先行販売。【写真11枚】(2019/7/2)

自動運転技術:
完全冗長EPS、次世代カメラやミリ波が2019年から量産、ボッシュの自動運転戦略
ボッシュは2019年6月25日、東京都内で年次記者会見を開き、2018年の業績と2019年以降に向けた取り組みについて発表した。(2019/6/26)

熱きシニアたちの「転機」:
ワンマン社長の奴隷、3500万円の借金地獄――“31歳無職の男”は「伝説の居酒屋カリスマ」にどう成り上がったのか【前編】
3500万円の借金地獄から、アッという間に大金持ちになった男の波乱万丈な成功物語の前編――。(2019/6/28)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
「ローカル5G」が日本の5G市場をけん引する?
5Gと国内製造業の接点は、まずこの「ローカル5G」からかもしれません。(2019/6/25)

車・バイク大好きものづくりコンサルタントの試乗レポート:
新世代SKYACTIVの幕開け飾る「MAZDA3」、魅力的な2つのモデルに乗った
マツダのクルマづくりはデザインとSKYACTIVを冠したエンジン、トランスミッション、シャシーで飛躍的にそのクオリティを高めてきた。そしてSKYACTIV第2章ともいえるフェイズの幕開けを飾るのが2019年5月24日に発売されたアクセラの後継車「MAZDA3」だ。自宅付近のディーラーで早速試乗したので筆者が感じたことを記そう。(2019/6/24)

メルセデス・ベンツ、新型「GLE」発表 プレミアムSUVをフルモデルチェンジ、3列目シート標準装備
7人乗りになりました。(2019/6/20)

メルセデス・ベンツ、新SUV「GLB」発表 オフロード感あふれるデザインに初の3列シートも設定
ベンツから日本のパパも気になるSUVが登場です。(2019/6/17)

ブランドを総点検:
ブランド生態調査に見る、現代事情が面白い
「ブランド生態調査〜首都圏・関西7000人のブランド生態系」が面白い。この調査は、好きな理由とともに全てのブランドを「純粋想起」で聞くという恐らく日本で初めての調査だ。多くのマーケット分析者がこれまでに得ている消費者の自社ブランドへの知見が、いかに限定的なものだったかが明らかに。(2019/6/17)

ローカル私鉄の小田急が全国のMaaSを支援する理由とは
東京・新宿から神奈川・箱根を結ぶ“ローカル鉄道”を運行する小田急電鉄が、全国の交通事業者が検討を進める「MaaS」の導入を後押ししようとしている。各種交通手段を一つのサービスとしてとらえ、目的地までの経路検索や運賃などの決済を一括でできる仕組みのMaaSは、トヨタ自動車と西日本鉄道など、さまざまな事業者が実験を進める。(2019/6/14)

元締め:
ローカル私鉄の小田急、全国のMaaSを支援する理由とは
東京・新宿から神奈川・箱根を結ぶ“ローカル鉄道”を運行する小田急電鉄が、全国の交通事業者が検討を進める「MaaS(マース)」の導入を後押ししようとしている。小田急は他路線の事業者のマース導入を促すことで、全国的なマースプラットフォームを構築して“元締め”となるつもりだ。(2019/6/14)

BAS:
ビルシステムとAIの連携で最適な空間提供、メルセデスとのコラボ施設「EQ House」で実証
竹中工務店はメルセデス・ベンツとコラボした体験施設「EQ House」で、ビルオートメーションシステムとAIを融合させ、次世代のビル設備管理に向けた実証実験を行う。将来的には、ビル設備や居住者データのビッグデータを解析し、AIによる居住者ごとに最適な照明や空調などを提供することも見込む。(2019/6/10)

“カーシェア収入”も可、月額1万円台後半から DeNAがクルマ定額サービス「SOMPOで乗ーる」開始
「車検代、税金などもコミ」どんな仕組みなの?(2019/6/4)

ベンツ、テスラ…… 海外メーカーEVが続々上陸 普及の鍵は「大衆性」
日本国内で購入できる電気自動車の選択肢が、街乗り用の車から高級車まで広がろうとしている。海外の有力自動車メーカー各社が今夏以降、国内EV市場に相次いで新型車を投入するからだ。中国では、環境規制や産業振興策を背景にEV市場が急成長している。いまだEVが普及しているとはいえない日本市場では、“黒船の来航”で一気に普及するのか。(2019/6/4)

3つの要素:
米中の貿易摩擦、次の主戦場は「自動車」?
米中貿易摩擦が激しさを増している。その代表例が携帯電話や基地局を設置する華為技術(ファーウェイ)であろう。携帯電話の話はまだ前哨戦にすぎず、次はドローンだ、人工知能(AI)だとの話があるものの、将来の主戦場は自動車ではないかと考える。(2019/6/4)

「めんどくせーなほんとに!」 古閑美保、“ベンツ譲ります”宣言が誤解を招く 批判の声にブチギレ対応
まぁ、ベンツが無料はないわな。(2019/5/22)

BMW・ベンツに“無料”で乗れる「0円マイカー」始動 条件は「レンタカーの管理」
DeNA SOMPO Mobilityが、個人間カーシェアサービス「Anyca」で「0円マイカー」のオーナー募集を始めた。駐車場を提供したり、レンタカーを管理したりすると高級車を無料で使える。(2019/5/16)

博物館クラスの希少車「メルセデス・ベンツ 300SL」がイタリアのレースに参戦 もしクラッシュしちゃったらどうすんだぁぁぁ
ウン億円以上だそうですからね……。(2019/5/14)

何これ美しい…… ベントレーが「バイエルン地方」をモチーフにした特別仕様車を披露 Mullinerが1台限定で製造
一体おいくらになるのでしょうか。(2019/5/10)

経産省がドイツの家電見本市「IFA」と手を組んだ理由
世界最大級の家電見本市「IFA」で2年前に始まった「IFA NEXT」。今年は新たに「パートナー国」という制度が設けられ、最初の国として日本が選ばれた。では、パートナー国とはどのような位置付けなのだろうか。(2019/5/7)

「五等分の花嫁」四葉×Mini、レーシングミク×ダッジなど 「超痛車天国 in ニコニコ超会議2019」写真まとめ第2弾
デレマス北条加蓮RX-7の推しが強い。(2019/5/3)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型プジョー508は魅力的だが……
PSAグループのプジョーが新型プジョー508を発売。デザインとハンドリングに集中して開発を行うことで、カッコよく走って楽しいクルマを目指した。一方で、選択と集中の結果、犠牲になったものもいろいろとある。(2019/4/29)

レースフォトグラファー奥川浩彦の「サーキットへ行こう」(2):
知らないと損 新設「足柄スマートIC」で富士スピードウェイとアウトレットがめっちゃ近くなった
「渋滞は嫌だ!」。今回は足柄サービスエリアに新設された「足柄スマートIC」の渋滞回避効果を検証します。え? 知らない? 使わないと損ですよ〜。(2019/4/27)

レースフォトグラファー奥川浩彦の「サーキットへ行こう」(1):
「GWの東名大渋滞回避」大作戦 祝開通「新東名の新ルート」は本当に有効か?
「渋滞は嫌だ!」。東京方面、名古屋方面、富士スピードウェイ、御殿場プレミアム・アウトレット、御殿場・箱根エリアなどなど「東名高速道路を使う人」必読です。(2019/4/26)

IoTと製造業の深イイ関係(6):
プライベートLTEからローカル5Gへ、ドイツの製造業は進化を止めず
脚光を浴びるIoTだが、製造業にとってIoT活用の方向性が見いだしきれたとはいえない状況だ。本連載では、世界の先進的な事例などから「IoTと製造業の深イイ関係」を模索していく。第5回は、ドイツの製造業が期待を寄せる「プライベートLTE」と「ローカル5G」にスポットを当てる。(2019/4/24)

ガソリンモデルこれで“最後”!? かわいい小型車「スマート」にスポーティーな特別モデル
次期SmartはEV専用ブランドになるんだって。(2019/4/23)

中国専用!?!? ベンツ・Aクラスセダンの爆速AMG版に“60ミリ”長い謎モデル「AMG A35 L」登場 これは何?
中国市場専用(?)ベンツ。(2019/4/17)

IHS Future Mobility Insight(12):
ピークアウトする北米自動車市場、主戦場はセダンからSUVへ
2018年がピークとなった米国経済と合わせて、2019年以降の米国の自動車市場も減衰に転じる。その米国自動車市場では、セダンからSUVへの移行が急激に進んでおり、自動車メーカー各社の生産戦略にも影響を与えている。(2019/4/17)

“つや消し真っ黒”で統一、ひぇぇ……!! メルセデス「Gクラス」に迫力マシマシのAMG特別仕様車
AMG G63 Edition Matt Black、価格は2320万円から。(2019/4/15)

車載ソフトウェア:
フォルクスワーゲンが車載Linuxの開発に注力、AGLのシルバーメンバーに
Linuxベースの車載情報機器関連のオープンソースプロジェクトAutomotive Grade Linux(AGL)は、大手自動車メーカーであるフォルクスワーゲン(Volkswagen)が加盟したと発表した。(2019/4/10)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
続・スバルよ変われ(前編)――STI社長インタビュー
スバルの問題点を指摘した記事『スバルよ変われ』。そこで書いた「安全と愉しさ」だけでもなく、スバルの中期経営計画(中経)についても疑義があった。それは手の内を何も明かさない中経に何の意味があるかという疑問だ。スバルはもっと情報を開示し、スバルとはどういう価値を生み出す会社なのか。(2019/4/8)

ルーツは軍用車 富裕層に人気「ベンツ・Gクラス」に直6クリーンディーゼル搭載の新モデル
価格は1170万円から。(2019/4/4)

ボタン1つであおり運転を「通報」 緊急時SOSボタン付きの軽、日産「新型デイズ」発売
ハヤりの“顔が厳つめ”モデルも。(2019/3/28)

次世代モビリティの行方(4):
「MWC 2019」で見えた5Gとクルマの現在地
これまでスタンドアロンな存在だった自動車は、自動運転技術の導入や通信技術でつながることによって新たな「次世代モビリティ」となりつつある。本連載では、主要な海外イベントを通して、次世代モビリティの行方を探っていく。第4回は、「MWC 2019」で注目を集めた「5G」と、そのユースケースの筆頭とされる「クルマ」の関係性をレポートする。(2019/3/26)

BSGって何だ? メルセデス・ベンツ Eクラスにマイルドハイブリッド「BSG」搭載の新モデル
1.5リッターターボで721万円から。(2019/3/25)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
日本車の未来を考える
中国が台頭する一方で、日本経済は自信を失ったままだ。2019年の今、そうした状況を自動車業界の観点からもう一度整理し直してもいいのではないかと思う。(2019/3/18)

製造マネジメントニュース:
三菱重工、サイバーセキュリティ憲章にアジア企業初の参加
三菱重工業は、サイバーセキュリティに関する「Charter of Trust(信頼性憲章)」への参加に向けた覚書に署名した。同憲章への参加は17番目で、アジアでは初のメンバー企業となる。(2019/3/13)

JAID 1kg展 レポート:
変わりゆくクルマのインテリア、JAID「1kg展」の3Dプリント作品が示すその先
国内自動車メーカー7社のインテリアデザイナーが参加するJAIDが2019年1月12〜25日にかけて3Dプリント作品の展示会「1kg展」を開催した。CASE時代を迎え、人とクルマの間にあるインタフェースでもあるインテリアは、エクステリア以上に大きく変わろうとしている。1kg展ではどのようなインテリアの未来が示されたのだろうか。(2019/3/12)

レトロ&ワイルドでかっけぇぇ! ジープ・ラングラーをアメ車でおなじみ「Mopar」がカスタム
あのラングラーのルビコンだもの、走りも良いはず。(2019/3/8)

最新ネットワークへの対応が速い:
AIはFPGAのスイートスポット、Xilinxがエッジ推論をデモ
Xilinxは、組み込み技術の国際展示会「embedded world 2019」(2019年2月26〜28日、ドイツ・ニュルンベルク)で、自動車や監視カメラなどでの推論、いわゆるエッジデバイスでの推論をイメージしたデモを展示した。(2019/3/6)

トヨタ、プライベーターが買えるレースカー「スープラGT4」発売へ ジュネーブショーで初披露
ニュル24時間やスーパー耐久などに出られるGT4マシン。(2019/3/4)

2019年内発売!? EV界の「シビック」、ホンダが新型EV「Honda e」をジュネーブショーで披露
丸目ライトのレトロスタイル、かっこいい!【新規公開画像追加】(2019/2/20)

4ドアなのに639馬力(!!) ある意味最強「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」日本上陸
快適で実用的な怪物マシン。(2019/2/15)

「こだわりすぎだよ〜」 アレクサンダー、“ベンツ超”のキッチン披露 2億円の新居が凡人の理解を超えてしまう
キッチンがベンツ超え……だと?(2019/2/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。