ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ベンツ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ベンツ」に関する情報が集まったページです。

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「DS3 クロスバック E-TENSE」 100年に渡る物語が導いたEV
本稿は、米欧2地域にまたがる世界第6位の自動車メーカーが誕生するのに至った歴史的背景の興味深さをひも解くと同時に、この度日本への上陸を果たしたPSAのフラッグシップブランド「DS」のEV、DS3クロスバック「E-TENSE」の立ち位置を解説しようという目論見で書かれている。E-TENSEEにはリアルな未来の先取りを感じるのである。(2021/2/22)

自動車業界の1週間を振り返る:
半導体の供給不足、トヨタとルネサスはどう見ているのか
おはようございます。1週間乗り越えましたね。お疲れさまでした。先週の小欄にてApple(アップル)の自動車参入についてつらつらと熱く語ったのですが、現代自動車や起亜自動車との交渉が決裂したとの報道が出てきました。交渉の内容が世に出てくることはないのでしょうけれども、どんな条件が提示され、どの部分を飲めないと思ったのか、気になってしまいますね。(2021/2/13)

川崎希&アレク夫婦、“広さ4.5倍”の大豪邸建設を計画「土地があるといいな」 現在の住まいは総額2億円超え
とんでもないことになりそう。(2021/2/8)

製造マネジメントニュース:
ダイムラーが商用車部門を分社化、メルセデス・ベンツと分けて経営効率化を狙う
ダイムラーは2021年2月3日(現地時間)、トラック・バス事業を展開するダイムラー・トラックを同社傘下から切り出して独立分社化すると発表した、2021年末までに、分社化に伴う株式の移行などを完了する予定。また、ダイムラーの社名を「メルセデス・ベンツ」に変更することも発表した。(2021/2/8)

「GTOをEVのドリ車仕様に鬼改造……本気ですか?」 バーチャルオートサロンでド目立ち「魔改造&すげークルマ」
2021年もSUGEEEやつたくさん……でも、ほんの一部です。(2021/1/28)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダの第6世代延命計画は成るか?
マツダはこのFRのラージプラットフォームの開発をやり直す決意をして、発表予定を1年遅らせた。ではその期間をどう戦うのか? マツダは第6世代に第7世代の一部構造を投入してレベルアップさせながらこの遅れ分をカバーしようとしている。キーとなるのが、17年に第6世代の最終モデルとして登場した、マツダ自身が6.5世代と呼ぶ2代目CX-5である。(2021/1/25)

信じて送り出した3500万円のフェラーリが盛大にクラッシュ 洗車業者が移動中にコントロールを失い、5台のクルマを巻き込んで大惨事に
持ち主はイタリアのサッカー選手。(2021/1/16)

自動車業界の1週間を振り返る:
業界初は譲ってもいいじゃない、後からもっと良いもので圧倒だ
おはようございます。土曜日です。みなさま今週もお疲れさまでした。寒くなったり、季節外れな暖かい日もあったり、大きな温度変化がありました。体調を崩さないよう、ご自愛ください。(2021/1/16)

「これからものんちゃんのヒモとして」 川崎希とアレク、個人事務所の設立を発表
アレクさんのブレなさがすごい。(2021/1/4)

嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
あおり運転はダメ、絶対。(2021/1/1)

「オイ、屋根ねーぞ」 ダイハツが魔改造「ハイゼットオープン」披露、屋根バッサリ切り取っちゃった変態仕様に
あの果樹園仕様にインスパイア。(2020/12/29)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ビンテージイヤーに乗った特筆すべきクルマ(後編)
日本のクルマはとても良くなった。筆者が自動車雑誌の出版社に入ったのは1987年で、まだバブルの真っ最中。それから33年、長い月日をかけて、日本車は世界のクルマとトップを競えるようになった。後編で扱うクルマは、トヨタ・ハリアー、スバル・レヴォーグ、マツダMX-30の3台である。(2020/12/21)

個性豊かな痛バイクがずらり 大阪「EXPO痛車天国」写真まとめ第3弾 戌神ころね×モトコンポ、ガンダムUCバンシィ×Ninja400など
バンシィ仕様バイクかっけー!(2020/12/13)

憧れのベンツに大興奮 中川翔子、メルセデス・ベンツの最新モデルを体験 レポ動画をYouTubeチャンネルで公開
大好きなベンツを見に行くしょこたん。(2020/12/12)

スマートファクトリー:
「歩いて測定」で作業を大幅効率化、ウェアラブル型の3D計測デバイスの実力
2020年9月末、ウェアラブル型の3D点群計測用デバイス「NavVis VLX」が発売された。従来の計測デバイスと違うのは、計測者がデバイスを身に付けて、実際に施設内を歩き回りながら計測を行う点だ。ウェアラブル型を採用することにはどのようなメリットがあるのか。NavVis VLXの国内販売を担う構造計画研究所の担当者に話を聞いた。(2020/12/2)

現地調達したクルマを改造して車中泊 約1年かけてニュージーランドを一周した旅女子の記録が「こんな生き方してみたい」と話題に
旅行期間の割に、費用もかなり安くなっています。(2020/10/25)

モータースポーツ超入門(1):
モータースポーツの見どころは順位だけではない! 「走る実験室」で磨かれる技術
順位を競うだけではないのがモータースポーツの世界だ。技術競争の場でもあるからこそ、人やモノ、金が集まり、自動車技術が進化する。知られているようで知らないモータースポーツでの技術開発競争について、レースカテゴリーや部品ごとに紹介していく。1回目はF1(フォーミュラ・ワン)を取り上げる。(2020/10/2)

燃料電池車:
ダイムラーの大型トラック電動化戦略、まずはEV、今後10年でFCVも
ダイムラートラックは2020年9月16日、大型トラックの電動化戦略を発表した。2024年からバッテリー駆動の電動(EV)トラックを量産し、今後10年以内に燃料電池(FC)トラックも投入する。欧州だけでなく、北米と日本向けにも同様のモデルを展開する計画だ。(2020/9/24)

うほほー何これ? 船が線路を走ってる……!?!? ポーランドの豪快「インクライン」に乗りものファンが大興奮
運河から線路へ、そして線路から運河へダイレクト!(2020/9/21)

「複数人が運転」も行方知れず スーパーカーが暴走 仏パリ郊外で10台以上を巻き込む大事故
エンジン、無いなった。(2020/9/17)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
NVIDIAはArmを飲み込み切れるのか
焦点はArmの“中立性”が守られるかにあります。(2020/9/15)

こ、これがボルボー!? 「ボルボ P1800 シアン」登場、1960年代の名車が現代技術で衝撃の復活
かっこよすぎる……! 「ただ者じゃない」感ハンパないです。(2020/9/11)

「新しい恋人」 オリラジ藤森、愛車をポルシェからベンツに クラブのような“チャラパーツ”にご満悦
終始ハイテンションな藤森さん。(2020/9/10)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
後部座席に乗ってみたいクルマこそが、いつまでも選ばれるのかも
運転するより後部座席に乗ってみたいと思うのは、初めてでした。(2020/9/10)

自動運転技術:
新型Sクラスがレベル3の自動運転に対応、2021年後半からドイツで利用可能に
メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は2020年9月2日、フラグシップセダン「Sクラス」の新モデルを世界初公開した。同年9月からドイツで受注を開始し、12月から販売する。モデルチェンジに合わせて新型Sクラスの生産拠点「Factory 56」を刷新した。(2020/9/3)

また英国か 時速118キロ「世界最速のアイスクリーム販売電気自動車」爆誕、ギネス世界記録に認定
改造したのは「クラシック・ディーラーズ」に出ていたエド・チャイナさんです。(2020/8/31)

3億円ブガッティ・シロンとポルシェ 911が性能過信で多重クラッシュ ベンツまで巻き込んで損害総額4億円超
あーあ……。スイスの山道で何やってんすかね。(2020/8/25)

く、黒すぎっ!? とことん真っ黒な2000万円高級スポーツカー「メルセデスAMG GT」特別仕様車登場
面構え迫力ありすぎ。(2020/8/7)

【サプライズ披露も】希少な名車が幕張メッセに集結 ヘリテージカーの祭典「オートモビルカウンシル 2020」が開幕
幕張メッセで2020年8月2日まで開催。オンラインモールも。【写真20枚】(2020/7/31)

川崎希、ランボルギーニ売却を報告 免許取得後に初めて乗った愛車 若葉マークのついた写真も
2シーターのため息子が生まれてからは乗らなくなったもよう。(2020/7/29)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(11):
新技術の対立構造に見る、サプライウェブ時代を見据えた戦略的投資の難しさ
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第11回は、サプライウェブ時代を見据えた戦略的投資を検討するに当たって、有望なターゲットと成り得る幾つかの領域と、その選定に際しての視点を紹介する。(2020/7/27)

テッペン回って「アジェンダを守る」とエイヤで駆け出す 漫画“広告用語シンデレラ”が終始何言ってるのか分からない
日本語で頼む。(2020/7/21)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ハリアーはアフターコロナのブースターとなるか?
多くの読者はすでにハリアーが今年の大注目モデルであること、そして売れ行き的にもとんでもないことになっていることをご存知のことと思う。7月17日にトヨタから発表された受注状況は、それ自体がちょっとしたニュースになっている。(2020/7/20)

Xiaomi、「Mi Smart Band 5」や完全ワイヤレスイヤフォンなどIoT新製品を発表
Xiaomiは7月15日、「Xiaomi Ecosystem Product Launch」を開催。ウェアラブル端末「Mi Smart Band 5」や完全ワイヤレスイヤフォン「Mi True Wireless Earphones 2 Basic」などを発表。日本での展開は未定。(2020/7/16)

表面的な数字に踊らされると判断を誤る:
「トヨタVSテスラ」の構図は本当か? 「時価総額」という数字のマジックにだまされるな
テスラの時価総額がトヨタを抜き、自動車業界トップに躍り出た。日本が世界に誇る「あのトヨタ」が新興企業に打ち負かされてしまった。このようなニュアンスの記事を何度も目にしたが、その表面的な数字だけで物事を語ってしまう傾向に強い違和感を覚えている。「時価総額」という数字のマジックにだまされてはいけない――。(2020/7/15)

総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
1億円越えのスーパーカーがいくつあるんだよ……!(2020/7/12)

日産にとって「魅力的なクルマ」とは?
「10年ぶりのブランニューモデル」として販売を開始した「キックス」や、7月15日に発表する「アリア」はなるほど、時流に乗っていると言えます。ただ……。(2020/7/13)

ダイムラーがIBM Cloud導入 Kubernetesで顧客向けポータル強化
ダイムラーが顧客向けポータルサイトにIBM Cloudを導入。セキュリティ対策を行いつつ新サービスを展開しやすくする。(2020/7/10)

「ムーアの法則」は、もう超えた――爆速で量子コンピュータ開発を進めるIBMの野望
ここ数年で急速に研究が進む量子コンピュータ技術。その先陣を切るベンダーの1社がIBMだ。研究だけでなく実用化に向けた連携や次世代の人材育成にも注力する。ムーアの法則を超える「1年で性能を2倍に」という猛スピードで進む開発の現在地と、その目的地とは。同社で研究に携わる関係者に聞いた。(2020/7/10)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
クルマだけじゃなくて、船もCASEなんですって
何か刺激になったり、気付きが得られたりするといいな、と思ってやっていきます。(2020/7/9)

激シブだぜ! ジムニーを「初代顔」にするブッ飛びカスタムパーツ登場、こりゃSUGEEE
やっぱジムニーさんかっけぇ!(2020/7/7)

本格クロカンの特徴「ラダーフレーム」って何?
ガチなオフロードをガンガン走るなら。(2020/6/29)

これが走るファーストクラスか…… 「メルセデス・マイバッハ Sクラス」に10台限りの超絶限定車、風格すごすぎる
後席でふんぞり返ってみたいな(庶民)。(2020/6/26)

ドラえもんとタイアップ メルセデス、迫力顔の小型SUV「GLA」、7人乗り「GLB」発表
力強いデザインに進化しました。(2020/6/26)

自動運転技術:
メルセデスベンツがOTAで自動運転を追加可能に、2024年以降の新型車
Mercedes-Benz(メルセデスベンツ)とNVIDIAは2020年6月23日、自動運転技術を搭載する車両のコンピューティングアーキテクチャを共同開発し、2024年から量産すると発表した。このアーキテクチャは「Sクラス」から「Aクラス」まで全ての次世代モデルに搭載する。(2020/6/24)

勝つのはどっちだ!? クルマ界のゴジラ「ハマー」が綱引きで力比べ ジムニー、L200、G63の3台相手に勝負
さすがのハマーも3台相手じゃ……!?(2020/6/9)

燃料電池車:
トヨタが中国自動車メーカーと合弁、商用車向け燃料電池を共同開発
トヨタ自動車は2020年6月5日、商用車向け燃料電池(FC)システムの研究開発会社を中国自動車メーカーらと設立すると発表した。商用車を手掛ける中国の完成車メーカーと、FCシステムの開発経験や実績を持つトヨタや北京億華通科技が協力することで、中国の規制に適合した競争力の高いFCシステムを開発する。(2020/6/8)

「おいこれ屋根が開くぞー」「しかもデカい」 ベンツの“公式”キャンピングカーが激かっちょぇぇ!
すぐ車中泊したくなるやつ。(2020/5/21)

元F1王者も参戦 国際GTレースをゲームで代替イベント「SRO E-Sport GTシリーズ」開幕 ランボルギーニやメルセデスなど参戦
あのジェンソン・バトンも出場します。(2020/4/26)

燃料電池車:
ダイムラーとボルボがFC大型トラックで合弁、日本でも20年代末に発売
ダイムラートラックとボルボグループは2020年4月21日、折半出資の合弁会社を設立すると発表した。(2020/4/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。