ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ベンツ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ベンツ」に関する情報が集まったページです。

自動車メーカー生産動向:
自動車メーカーの2019年のグローバル生産、販売を振り返る
日系乗用車メーカー8社の2019年の生産実績は、トヨタ自動車とダイハツ工業の2社が過去最高となり、年間世界生産台数の記録を更新した。一方、その他の6社は前年実績を割り込んだ。販売ウエートの大きな中国や東南アジアなどの市場が低迷する中、唯一国内販売が好調だったトヨタグループ2社が生産台数でも伸長しており、改めて国内市場の重要性を示した結果ともいえそうだ。(2020/2/26)

「たしか、、、俺も」 自称“不倫評論家”のアレク、不倫男の決まり文句に共感 なお川崎希は「大人しく順番待ち」
さすが「浮気以外本当にパーフェクト」なアレクさんだ。(2020/2/7)

安全システム:
プロジェクター化するヘッドランプ、動くモノに追従した部分消灯が課題に
オートハイビームは軽自動車にも搭載されるなど広く普及しているが、プレミアムブランドや上位車種向けのヘッドランプは、部分的に消灯する技術の高精度化が進む。消灯する範囲を最小限に抑えるほど、他のより多くの部分にヘッドランプの光が当たり、歩行者や自転車、障害物を認知しやすくなる。各社の取り組みから、ヘッドランプの最前線を追う。(2020/1/30)

MONOist 2020年展望:
自動運転で広がる非競争領域、足並みを速やかにそろえられるか
自動車業界の大手企業が自前主義を捨てることを宣言するのは、もう珍しくなくなった。ただ、協調すること自体は目的ではなく手段にすぎない。目的は、安全で信頼性の高い自動運転車を速やかに製品化し、普及させることだ。協調路線で動き始めた自動車業界を俯瞰する。(2020/1/28)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(6):
「TaaS」の出現により、商用車メーカーはトラックを売らなくなる!?
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第6回は、物流の主な担い手であるトラック業界を大きく変えるであろうTaaS(Truck as a Service)を取り上げる。(2020/1/23)

新成人の73.1%が「ドラレコは必需品」 “あおり運転”報道の影響で
ソニー損害保険が新成人のカーライフ意識調査を実施。「ドライブレコーダーは必需品だと思う」という問いに「あてはまる」と回答した新成人は73.1%に達したという。(2020/1/10)

リサイクルできる有機バッテリーを搭載 メルセデス、コンセプトカー「VISION AVTR」発表 映画「アバター」にインスパイア
カニのように横への移動も可能です。(2020/1/8)

うぉぉ、アレだ! ついに出る? スズキがスイスポの激シブマッチョカスタム「スイフトスポーツ カタナ」初披露
東京オートサロンで参考出品。すぐ正式販売すればいいのにー、ってやつ。(2020/1/8)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(5):
鎖から蜘蛛の巣へ、「サプライウェブ」の世界が見えてきた
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第5回は、サプライチェーンマネジメントの進化の方向性となる「チェーン=鎖」から「ウェブ=クモの巣」へのトランスフォーメーションを取り上げる。「サプライウェブ」の世界とはどのようなものなのだろうか。(2019/12/23)

「乗り心地も見晴らしも最高」「日本には二台しか入ってない」 アレク、川崎希からプレゼントされたベンツに感激
のんちゃん強い。(2019/12/22)

生で見たかったァ! F1王者ハミルトン、MotoGP伝説ロッシがマシン交換 バレンシアサーキットで夢の共演
なにこれすごい。(2019/12/16)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動車メーカーにとっての安全性と、ボルボ
自動車メーカーの安全に対するスタンスは、大別して3つあると筆者は思っている。代表的なメーカーでいえば、1つ目がテスラ、2つ目がダイムラーやBMW、そして3つ目が日本の自動車メーカーだ。という中でボルボは少し特殊だと思っている。ご存じの通り、「安全」というキーワードは、ボルボというブランドの価値の中で大きな部分を占める。(2019/12/16)

Appleの新型「Mac Pro」、1.5TBメモリのフルスペックで574万円(税別) 「ベンツ買える」と話題に
ベンツと違ってTwitterもできる。そう、Mac Proならね。(2019/12/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「日本の自動車生産を維持している自負はある」 マツダ藤原副社長インタビュー(6)
マツダの戦略が分岐点にさしかかっている。第2四半期決算の厳しい数字。第7世代の話題の中心でもあるラージプラットフォームの延期。今マツダに何が起きていて、それをマツダがどう捉え、どう対応していくつもりなのか? その全てを知る藤原清志副社長がマツダの今を語る。そのインタビューを可能な限りノーカット、かつ連続でお届けしよう。(2019/12/5)

「いちいち面倒くさいことされた、、、」 アレク、妻から高級車のプレゼントも車内に“浮気防止用ドライブレコーダー”
仕方なし。(2019/12/3)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
東京モーターショーで見ておくべきものは?
海外メーカーの撤退が相次いだ東京モーターショー。しかしユーザーとして、あるいは自動車産業に何らかのつながりを持つビジネスパーソンにとっては、多くのメーカーがこぞって商品を持ち寄る場であり、普段なかなか確認できない業界動向を直接観察するチャンスであることは変わりない。見どころを一気に紹介する。(2019/11/1)

スマートモビリティーで激変する乗り物と移動のかたち:
「フェス化」で激変する東京モーターショーのかたち
東京モーターショーを見守ってきた筆者が気づいた「変化」とは?(2019/10/31)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「超小型EV」でEVビジネスを変えるトヨタの奇策
モーターショーに出品されたトヨタの「超小型EV」。これは多分東京の景色を変える。EVの最大の課題は高価なバッテリーだ。「値段を下げられるようにバッテリーを小さくしよう」。いやいやそんなことをしたら航続距離が足りなくなる。だからみんな困っているのだ。ならば、航続距離がいらないお客さんを選んで売ればいい。これがトヨタの奇策だ。(2019/10/30)

東京モーターショー2019:
路面にマークを描いてドライバーに注意喚起、マイバッハSクラスのヘッドランプ
マレリ(MARELLI)は「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)「マイバッハSクラス」の最新モデルに採用されたヘッドランプを展示した。(2019/10/28)

東京モーターショー2019:
三菱ふそうの燃料電池トラックは「コンセプトカーだが走行可能」
三菱ふそうトラック・バスは、「第46回東京モーターショー2019」において、燃料電池小型トラック「Vision F-CELL」を初披露した。同社の小型電気トラック「eCanter」に続き、電動技術を活用したゼロエミッションの商用車の将来展望を示すコンセプトモデルで、量産時期は未定だ。(2019/10/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
ナイキはなぜ中国に屈したのか 巨大市場を巡る“圧力”の実態
米NBAチームGMが香港デモの支持を表明して騒動になっているが、中国でビジネス展開するスポーツ大手のナイキはダンマリを決め込んでいる。社会的なメッセージを発信してきた同社でさえ、巨大市場を武器にされると口をつぐんでしまう。そこに中国ビジネスの難しさがある。(2019/10/24)

ハイスペックAMGモデルも メルセデス・ベンツ、SUV「GLC」新型を発表 音声認識や自動発進などの支援システム搭載
ハイパフォーマンスな「AMG」モデルも用意。(2019/10/4)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
CEATECも東京モーターショーもマジでヤバいのか
変わらなければいけないタイミングなのは確かです。(2019/10/1)

アレクサンダー、妻・川崎希に新型ポルシェを買ってもらう 「乗り心地は魔法の絨毯レベル」「のんちゃんありがとう」
本当によい妻を持ったな。(2019/9/26)

スーパーカー級のスペックで航続距離700キロ メルセデス・ベンツ、Sクラス相当の高級EVコンセプト「VISION EQS」披露
ぬるっとしたデザインがすごい。どうなってるんだ、このテールライト!?(2019/9/17)

カワイイ顔して中身はガチ ホンダ、約318万円で買えるコンパクトEV「Honda e」市販車モデル発表 独モーターショーで実車を披露
サイドミラーはカメラ型になるなど、装備も充実しています。(2019/9/13)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
不具合が多いのに売る時とアフターサービスが評価されている、あのブランド
調査対象外のブランドは、きっと不具合とか関係なく愛されている。(2019/9/5)

トラックのミラー、なぜたくさん付いてるの? 意外と知らないその役割
「サイドミラー」「サイドアンダーミラー」「アンダーミラー」などがありますよ。(2019/8/27)

つながるクルマ キーマンインタビュー:
自動車セキュリティは義務的作業ではなく、イノベーションを促進する土台だ
コネクテッドカーの普及に備えてセキュリティの重要性が高まっているが、自動車業界はどのように取り組むべきか。Tenableの共同設立者兼CTOであるRenaud Deraison(ルノー・ディレイソン)氏に話を聞いた。(2019/8/27)

白木智幸のITフィットネス:
まるでスマホ? PCの新しいスリープ状態「モダンスタンバイ」とは
PCメーカーやIT企業で製品開発やプロダクトマネジャーを務めてきた白木智幸が、最新のテクノロジーやITを楽しみながら、よりよい働き方・ライフスタイルにつながるエッセンスを紹介する連載。(2019/8/27)

37年も放置されていたベンツがピッカピカに! 海外のプロ掃除屋「AMMO NYC」が手がけたクルマの大掃除が爽快すぎる
ホコリだらけの古い車が、みるみる立派なクラシックカーに。(2019/8/25)

ひゃっほー タイムズカーレンタルに新型スポーツカー「アルピーヌ A110」配備、1時間3240円から
あこがれのスポーツカー乗ってみたい人に。(2019/8/23)

スピン経済の歩き方:
なぜ「BMW」は叩かれるのか “自己チュードライバー”のアイコンになる日
あおり運転をしている「BMW」の映像が、何度も流れている。“暴走カップル”がようやく逮捕されたわけだが、気になることがある。それは「BMW=ネガティブ」なイメージにならないかである。「そんなことはないでしょ」と思われたかもしれないが、実は……。(2019/8/20)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
400万円オーバーのBセグメント DS3クロスバック
一般に高級ブランドというものは、長い歴史があり、ブランド論がとやかく言われる前から「高級品」として世の中にイメージが共有されているものである。DSは2010年代という、技術もマーケティングも高度に発達した時代にこれに挑もうとしている。そこは大変興味深い。DS3クロスバックがこれにどう挑むのか。(2019/8/19)

ひぇぇ! お値段なんと3億6000万円 【写真で見る】パガーニ史上最高額の怪物マシン「ウアイラ ロードスター BC」
オカネモチ&高級車が集まるペブルビーチ2019で実車を初公開。【写真13枚】(2019/8/6)

その名もゴリアテ ごりマッチョ感がマシマシになるシボレー製ピックアップトラック6輪化カスタムキット爆誕、米カスタムメーカーが限定販売
旧約聖書の巨人兵「ゴリアテ」にちなんだ6輪化カスタム。(2019/8/2)

AMGグリルの迫力フェイス メルセデス・ベンツ「AMG GLC43」を刷新、欧州で発表
CクラスベースのSUV、395馬力に強化。【写真37枚】(2019/7/24)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
スバルが生まれ変わるために その1
筆者を、スバルは北米の有力ディーラーへと招待した。ペンシルバニア州アレンタウンの「ショッカ・スバル」は、新車・中古車を合わせた販売数で全米1位。新車のみに関しても、全米最多級である。「スバルは他と違う」と、この自動車販売のプロフェッショナルは、本気でそう思っている。けれど、具体的に何がどう違うのかが全く説明されない。北米ビジネスの成功について、何の戦略があり、何をしようとしているのか、それを知りたいのだ。(2019/7/22)

CADニュース:
AIによりユーザーが使いたいコマンドを95%の確率で予測する「NX」最新版
Siemens Digital Industries Softwareは、年次ユーザーカンファレンス「Realize LIVE Japan 2019」を開催。同イベントに伴って記者会見を開き、ハイエンド3D設計システムの最新版「NX2019」の機能強化ポイントについて説明した。(2019/7/22)

Fate、プロメア、そして初音ミク! スパ24時間耐久レースに3台の痛車が参戦 グッドスマイルカンパニーが独国チームにもデザイン提供
3台の痛車が世界最高峰の耐久レースに挑む。(2019/7/21)

車載ソフトウェア:
車載Linuxはインフォテインメント以外にも拡大、自動運転と機能安全に焦点
Linuxベースの車載情報機器関連のオープンソースプロジェクトAutomotive Grade Linux(AGL)は開発者向けイベント「Automotive Linux Summit」(2019年7月17〜19日、虎ノ門ヒルズフォーラム)を開催。基調講演では、Linux FoundationでAGL担当エグゼクティブ ディレクターを務めるDan Cauchy氏が、AGLの現状や、インフォテインメントシステム以外の取り組みなど今後の方針について説明した。(2019/7/18)

今日から始めるWebサイト育成 第3回:
成約率改善のポイントは「必要な情報を必要な場所に」
Webサイトの集客に成功したとしても、問い合わせ件数や資料請求などのコンバージョンに至らなければ売り上げは発生しません。成約数をいかにアップさせるか、それは多くの企業にとって大きな課題です。(2019/7/10)

0〜100キロ加速4秒切りも メルセデスAMG新型「A 45」「CLA 45」発表
421馬力という世界最強レベルの直4エンジンを搭載。(2019/7/5)

【公道は走れません】トヨタ、レース専用車「GRスープラ GT4」を発売 2020年開始
内装のマシマシカーボン感すごい。(2019/7/5)

ベンツのEVついに出る! メルセデス・ベンツ、初のEV「EQC」発表 価格は1080万円から
400キロ走行可能、Web商談で限定モデルを先行販売。【写真20枚】(2019/7/4)

メルセデス初のEV「EQC」 航続距離400キロで1080万円
メルセデス・ベンツの電気自動車EQCが国内でも発表となった。価格は1080万円で納車は2020年春。航続距離は400キロメートル、出力は408馬力(300kW)となっている。安全支援装備などは、同社最高位モデルのSクラスと同等だ。(2019/7/4)

モデル末期、トヨタ「ハリアー」にちょっと厳つい特別仕様車 「黒」で統一、踏み間違い防止装置も搭載
迫力マシマシ。(2019/7/3)

メルセデス・ベンツ「C200」に特別仕様車 Sクラス相当の運転支援システムを搭載
限定5台を一足早くWebで先行販売。【写真11枚】(2019/7/2)

自動運転技術:
完全冗長EPS、次世代カメラやミリ波が2019年から量産、ボッシュの自動運転戦略
ボッシュは2019年6月25日、東京都内で年次記者会見を開き、2018年の業績と2019年以降に向けた取り組みについて発表した。(2019/6/26)

熱きシニアたちの「転機」:
ワンマン社長の奴隷、3500万円の借金地獄――“31歳無職の男”は「伝説の居酒屋カリスマ」にどう成り上がったのか【前編】
3500万円の借金地獄から、アッという間に大金持ちになった男の波乱万丈な成功物語の前編――。(2019/6/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。