ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ベストプラクティス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ベストプラクティス」に関する情報が集まったページです。

システムの「万が一」に備える【後編】
3大対策「BCP」「DR」「インシデントレスポンス」の正しい実践方法とは?
「BCP」「DR」「インシデントレスポンス」は、非常事態に業務を継続するための対策として欠かせないものだ。それぞれを実施する際の要点は何か。ベストプラクティスを紹介する。(2024/5/23)

セキュリティニュースアラート:
AWSリソースを保護するための5つのベストプラクティス CrowdStrikeが指南
CrowdStrikeはAmazon Web Services(AWS)のリソースを保護するための5つのベストプラクティスを紹介した。全ての資産を把握することなどが推奨されている。(2024/4/25)

SSDを上手に使う4つの方法【前編】
SSDのパフォーマンスを引き出したいならやってはいけない“あれ”
SSDの性能を最大限に生かしつつ、より長く使うには、SSDの特性を理解した運用をしなければならない。SSDの運用における2つのベストプラクティスを紹介する。(2024/4/3)

AI導入時の注意点も紹介:
AIセキュリティ戦略に欠かせない「MLSecOps」のベストプラクティスを解説
TechTargetは、「MLSecOps」に関する記事を公開した。MLSecOpsのベストプラクティスに従うことで、セキュリティに考慮したAI開発が可能になる。(2024/3/15)

セキュリティニュースアラート:
サイバー攻撃時の情報共有、ベストプラクティスは? 経産省が文書を公開
経産省はサイバー攻撃の全容解明に向けた情報共有を適切に実施するための具体的な指針やモデル条文をまとめたドキュメントを公開した。(2024/3/14)

在庫管理の基本のキ 7つの“できていてほしいこと”
効率的な在庫管理は小売業をはじめとする企業の業務改善に役立つ。需給の均衡を確保するのに役立つ、7つのベストプラクティスを紹介する。(2024/3/13)

特選プレミアムコンテンツガイド
「ファイアウォール」のいまさら聞けない基礎知識 その役割、運用方法は?
「ファイアウォール」の機能を十分に生かすためには、どのように運用すればいいのか。その役割と併せて、ファイアウォールの利点を引き出すためのベストプラクティスを紹介する。(2024/3/11)

Veeam Software Japan株式会社提供Webキャスト
Microsoft 365のデータ保護を強化する、バックアップのベストプラクティス
「Microsoft 365のバックアップは、プロバイダー任せで十分」という認識は誤りだ。意図しないデータの削除や、セキュリティリスクに対応するためにも、ユーザー自身の手でバックアップし、データ管理ができる環境を構築しておきたい。(2024/3/7)

クラウドストレージのコスト削減術【後編】
クラウド料金を抑えるには? Google Cloud Storageのベストプラクティス4選
Google Cloud Storageの料金はさまざまな要因で変化する。コストを抑えるにはどのようにすればよいのか。ベストプラクティスを紹介する。(2024/2/27)

新システム導入はなぜ失敗するのか 輸送管理システム導入から学ぶ7つの教訓
新システム導入にはさまざまな困難があり、失敗することも多い。本稿では輸送管理システム導入を例に、新システム導入時のベストプラクティスについて解説する。(2024/2/26)

命名規則、インデント、コメントの付け方など:
Pythonコーディングのベストプラクティス「PEP 8」を解説
TechTargetは、「開発チームのPythonコーディング標準」に関する記事を公開した。Pythonを使う開発チームのリーダーには、コード標準に関して2つの課題がある。スタイルガイドを作成することと、開発者にそれを守らせることだ。(2024/2/21)

負荷テストの重要性と準備方法:
Pythonベースの負荷テストについて知っておくべきこと
アプリケーションに多くのユーザーが同時にアクセスすることで、障害が発生する危険性がある。そうした需要に対応する準備が整っていることを確認することは重要だ。本稿では、負荷テストのベストプラクティスにPythonを利用できる箇所と、アプリケーションを適切に準備する方法を解説する。(2024/2/16)

Google Cloudのコスト削減術【前編】
Google Cloudの正しい節約方法とは? 最大91%節約できる「Spot VM」を解説
「Google Cloud」にはコストを抑えるために有効なツールやサービスが幾つか存在する。ベストプラクティスを理解して上手に節約しよう。(2024/2/2)

CASE時代のAWS導入:
PR:AWS導入の不安を減らす“セカンドオピニオン” 新時代を迎えた製造業の頼もしい味方
CASE時代を迎え、自動車業界でもAWSをはじめとするクラウドの導入ニーズが高まっている。だが、メーカー自身にも懇意のシステムインテグレーション(以下、SI)ベンダーにもAWS導入の知識が十分にあるとは限らない。そこで自動車業界のクラウド導入のベストプラクティスを豊富に持つシーイーシーが頼りになる。(2024/2/13)

運用担当者だけでなく開発者も貢献するには:
地球環境に配慮する「グリーンコーディング」とは? 6つのベストプラクティスと始め方
TechTagetは「地球環境に配慮するコーディング」に関する記事を公開した。ソフトウェア開発者は、地球環境に配慮するさまざまなコーディング手法を使うことで、サステナビリティ(持続可能性)の取り組みをサポートすることができるという。(2023/12/19)

OSSを使うならSBOM対応は欠かせない HISOLが「SBOM管理サービス」を開始
日立ソリューションズは「SBOM管理サービス」を開始した。SBOMを一元管理し、各種リスクの検知と対応、ベストプラクティスの適用や情報分析・活用を実現する。(2023/12/20)

複雑になるマルチクラウドの請求管理【後編】
クラウドの「分かりにくい料金」とうまく付き合う“なるほどの方法”
クラウドサービスはインフラを分散させ、追加のアカウントを作成するほど請求管理が難しくなる。請求管理を容易にするためのベストプラクティスを紹介する。(2023/11/29)

クラウドサービスのリスクと対処方法【後編】
「Microsoft Defender for Cloud Apps」はどんなCASB? リスク管理の機能群
企業が「シャドーIT」によるリスクを低減するために使えるツールが、「Microsoft Defender for Cloud Apps」などのCASBだ。具体的にはCASBをどのように使えばいいのか。ベストプラクティスを紹介する。(2023/11/20)

企業向けWi-Fiのヒント【第4回】
企業向けの「信頼できる無線LAN」を作るベストプラクティスはこれだ
無線LAN構築には幾つものポイントがある。まずは専門家に設計を依頼するといった基本的な内容を押さえよう。その後は、少しの手間で理想に近い無線LANを目指すことができる。(2023/11/3)

クラウドセキュリティモニタリングのベストプラクティス(5):
ユーザー認証ログのセキュリティモニタリング、何のために何をやる?
クラウド/クラウドネイティブのログをセキュリティの観点でモニタリングするベストプラクティスを紹介する本連載。第5回は、さまざまな認証サービスのセキュリティモニタリングについて解説する。(2023/10/26)

セキュリティニュースアラート:
CISAらがランサムウェア対策のガイダンス「#StopRansomware Guide」を公開
CISAなどの複数のセキュリティ機関が「#StopRansomware Guide」の更新版を公開した。このガイダンスにはランサムウェア攻撃の予防と対策に関する新しいベストプラクティスをまとめている。(2023/10/23)

セキュリティニュースアラート:
ICS/OT領域のOSSセキュリティ強化へ NSAがガイダンスを提供
NSAはOSSのセキュリティ強化を目的としたガイダンスを公開した。ICS/OT領域のセキュリティ保護を目的とし、OSSの開発や保守、パッチ管理などのベストプラクティスと推奨事項を提供している。(2023/10/12)

クラウドセキュリティモニタリングのベストプラクティス(4):
監査ログによるKubernetesセキュリティモニタリング 詳解
クラウド/クラウドネイティブのログをセキュリティの観点でモニタリングするベストプラクティスを紹介する本連載。第4回は、人気が高まるKubernetes環境の監査ログによるセキュリティモニタリングについて解説する。(2023/9/26)

費用対効果分析、「シフトレフト」戦略など:
「どれだけテストしても欠陥は本番環境に逃げ込む」 だからこそ、QAチームには“ベストプラクティス”が必要だ
Cubic Transportation Systemsのジェリー・オーウェン氏はWebメディア「TechTarget」にてソフトウェアのQAチーム(品質管理チーム)の品質管理プロセスを改善するのに役立つ、5つのベストプラクティスを紹介した。(2023/9/19)

開発から公開までに3年、何に取り組んでいたのか:
GitHubが「GitHub Copilot」開発で得た教訓、LLMアプリケーション開発のベストプラクティスとは
GitHubは、「GitHub Copilot」の開発から公開における同社の経験を振り返り、個人と企業の両方に大きな価値を提供するLLM(大規模言語モデル)アプリケーションの開発に役立つ教訓として紹介した。(2023/9/12)

株式会社Gerson Lehrman Group提供ホワイトペーパー:
PR:「定量調査」の質をどう高める? “8つの原則”などベストプラクティスを紹介
製品開発や新規市場参入などにおいて、正しい方向性を決めるために重要なインサイトを獲得する手段として有効な「定量調査」。しかし、実用的なデータを得るためには、ポイントを押さえた適切なサーベイ設計が求められる。(2023/9/7)

文脈に合った明確で具体的なプロンプトを作成するには:
プロンプトエンジニアリング力を高めるには何をすればいい? Google Cloudが紹介
Google Cloudは、効果的なAIプロンプトを作成するための6つのベストプラクティスを公式ブログで紹介した。(2023/8/18)

クラウドセキュリティモニタリングのベストプラクティス(3):
Microsoft Azureプラットフォームログのセキュリティモニタリングはどうやるか
クラウド/クラウドネイティブのログをセキュリティの観点でモニタリングするベストプラクティスを紹介する本連載。第3回はMicrosoft Azureプラットフォームログのセキュリティモニタリングについて解説する。(2023/8/10)

AIの4社(Anthropic、Google、Microsoft、OpenAI)、安全なAI目指すフォーラムFMF立ち上げ
米国のAI主要企業であるAnthropic、Google、Microsoft、OpenAIは、新フォーラム「Frontier Model Forum」(FMF)を立ち上げた。AIの安全性のベストプラクティスを特定し、社会的課題へのAI技術の利用を促進するのが目的としている。(2023/7/27)

セキュリティ上の責任の明確化、暗号化の実装など:
Microsoftが紹介、クラウドサービスでデータを保護するための11のベストプラクティスとは
Microsoftは、クラウドサービスでデータを保護するための11のベストプラクティスを紹介した。(2023/7/24)

「GitHub Copilot」をテーマに:
ソフトウェア開発者向け生成AI利用のベストプラクティス、GitHubが解説
GitHubは、ソフトウェア開発者が生成AIを効果的に利用するためのベストプラクティスを同社が提供するコーディングアシスタントツールである「GitHub Copilot」をテーマに解説した。(2023/7/11)

壊れるSSDと上手に付き合う【第4回】
「突然のSSD故障」を回避するベストプラクティスはこれだ
「SSD」の自己診断機能を使うことで、SSDの故障に事前に対処できる可能性がある。それを実現するには、どのような方法を取ればいいのか(2023/7/4)

Trellixが脅威レポートを公開 2023年Q1は中国の脅威アクターが全世界で猛威を振るう
Trellixは2023年第1四半期のサイバーセキュリティ脅威レポートを公開した。サイバー脅威に関する洞察やセキュリティ対策のベストプラクティスがまとまっている。(2023/6/26)

「生成AI」は教育をどう変えるのか【第4回】
生成AIの“危ない使い方”を防ぐ「学校向けサポートパッケージ」の中身
「生成AIツール」はまだ新しく、利用のベストプラクティスが確立されているわけではない。こうした中、英国教育省は教育機関における生成AIツール利用を支援すべく、ある取り組みを始めた。その具体的な内容は。(2023/6/23)

関連支出は2026年までに445億ドルに達する:
ローコード開発ツールから最大限の成果を引き出す「7つのベストプラクティス」、ガートナーが提言
ガートナージャパンは、ローコード開発ツールの採用を成功させるために実践すべきベストプラクティスを発表した。同社は「企業は解決すべきビジネス課題の達成に向けて、ベストプラクティスを確実に実行すべきだ」としている。(2023/6/15)

ベストプラクティスとチェックリスト:
ランサムウェアに遭ったら何すればいい? CISA、FBIらが「#StopRansomware」ガイドの更新版を発行
米国のサイバーセキュリティインフラセキュリティ庁、FBI、国家安全保障局などが、共同でランサムウェア攻撃対策の更新版ガイドを発行した。ベストプラクティスとチェックリストでリスクを軽減するという。(2023/6/8)

SNSが履歴書、GitHubが経歴書:
ゆめみ代表が伝授する、エンジニアが企業を選べる時代の就活ベストプラクティス
安定した大企業、夢のあるベンチャー企業、就職するならどっち――?(2023/6/5)

クラウドセキュリティモニタリングのベストプラクティス(2):
GCP監査ログのセキュリティモニタリング、コツをひも解く
クラウド/クラウドネイティブのログをセキュリティの観点でモニタリングするベストプラクティスを紹介する本連載。第2回はGoogle Cloud Platformの監査ログのモニタリングについて解説する。(2023/6/5)

クラウドセキュリティモニタリングのベストプラクティス(1):
AWS CloudTrailログのセキュリティモニタリング入門
クラウド/クラウドネイティブプラットフォームのログをセキュリティの観点でモニタリングするベストプラクティスを紹介する本連載。第1回はAWS CloudTrailログのモニタリングについて解説する。(2023/4/25)

クラウド移行戦略「7R」を押さえる:
PR:AWS、VMware、キンドリルの3社が語った「クラウド移行のベストプラクティス」とは
クラウド活用、そしてその先のクラウドネイティブ実践が注目を集める一方、クラウド移行は企業にとって大きな課題の一つだ。業務の影響を最小限にクラウド移行を実現する方法はあるのか。AWS、VMware、キンドリルの3社が語った。(2023/4/10)

Azure Well-Architected Frameworkをベースに構築:
Microsoftのクラウド移行ベストプラクティス集「reliable web app pattern」(RWA)で推奨されるアプリのコード変更とは?
Microsoftは既存アプリケーションのクラウド移行を始めるためのベストプラクティス集、「reliable web app pattern」(RWA)を発表した。(2023/3/30)

ランサムウェア攻撃の被害を最小限に抑える
攻撃されてもすぐに復旧 ランサムウェア攻撃対策のベストプラクティスとは
ランサムウェア攻撃の被害が拡大している。ビジネスの継続に欠かせない重要なデータを保護するには、ファイルサーバとPCの両方を守るソリューションが必要だ。攻撃の検知だけでなく、その後、即座に復旧するにはどうすればよいだろうか。(2023/3/24)

高度化・悪質化する脅威に対抗するために
ランサムウェア対策で見落とせない「実はバックアップが無防備」問題の防ぎ方
近年のランサムウェア攻撃はますます高度化、悪質化しており、バックアップデータを攻撃してくるものもある。最新型の脅威に備えたデータ保護のベストプラクティスとは。(2023/3/28)

受講料は年間540ドルで、修了証を取得可能:
「OSSのいろは」を学べるオンライン講座を開講 Linux Foundation
Linux Foundationは、オープンソースソフトウェアのベストプラクティスを学べる新トレーニングプログラム「オープンソース管理と戦略」を発表した。受講料は年間540ドル。修了時には修了証を取得できる。(2022/11/16)

「コンティンジェント労働者」を理解する【第4回】
コンティンジェント労働者の採用状況を開示すべき理由 “謎人員”の発生を回避
コンティンジェント労働者の雇用には、正社員の雇用とは異なるノウハウが求められる。「自動化」「外部リソースの活用」などのベストプラクティスを紹介する。(2022/11/1)

データ保護のベストプラクティス【後編】
「バックアップ」「スナップショット」の賢い使い方 RPO短縮のこつは?
より短いRPO(目標復旧時点)を実現するには、バックアップとスナップショットをどう使い分ければいいのか。バックアップとスナップショットの違いを踏まえて、ベストプラクティスを紹介する。(2022/8/30)

業務自動化に向けた技術選定のポイントは? 国内企業の現状と展望をITRが発行
ITRは、業務自動化に向けた技術選定のポイントを解説するホワイトペーパー「業務自動化に向けた国内企業の現状と展望」を公開した。同社のアナリストが推奨する目的に応じた自動化のベストプラクティスとは。(2022/8/19)

業務自動化の現状を調査:
業務自動化のために「バッチ処理」「RPA」「AI」をどう使い分けるべきか ITRが指針
ITRは業務自動化に向けた技術選定のポイントを解説したホワイトペーパー「業務自動化に向けた国内企業の現状と展望」を公開した。APIによる自動化を基本としつつ、局所的にRPAによる自動化を取り入れることがベストプラクティスだとしている。(2022/8/19)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
GA4が変えるユーザー軸の分析におけるデータ収集のベストプラクティス
セッション単位の分析を基本としてきた「Googleアナリティクス」が、最新バージョンである「GA4」においては分析単位をユーザーに移している。これが意味することとは何か。(2022/8/1)

アルゴリズムによる人事管理【後編】
「AIベースの人事管理」のリスクを回避する方法
AIからバイアスを排除するのは難しい。だがリスクを回避する方法はある。そのためのベストプラクティスを紹介する。(2022/6/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。