ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「暴走族」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「上級珍走団」「本当にひどかった」 東京オートサロンで出展者同士による騒乱トラブル、ランボルギーニ愛好家の空ぶかし行為がきっかけ
周辺道路で38台が違法改造で検挙されたという発表も。(2020/1/17)

医者「安心してください」→「風邪 治し方」でググり出す おちおち風邪も引けないOL漫画「耐え子の日常」ー怒涛のスルー編ー
「平気平気!」よ永遠(とわ)に……。(2020/1/14)

『娘の友達』萩原あさ美インタビュー 「自分の反省の気持ちと、『わからない相手を知りたい』という欲求が合わさった作品」
自己を抑圧する現代人へ贈る、“ミドルエイジ・ミーツ・ガール”ストーリー。(2019/11/20)

「大蛇に飲まれる」「組織に追われる」 OLがどんな不幸も作り笑顔で耐えるSNS漫画「耐え子の日常」アニメ化
耐え子が深夜の3分アニメに。(2019/9/19)

“安易ではないスピンオフ”はどう作られるのか 『1日外出録ハンチョウ』×『闇金ウシジマくん外伝 らーめん滑皮さん』担当に聞いた
より面白いマンガが世に出てくることを切に……切に願うばかりである……!(2019/4/21)

交通事故から助けようとした子犬にかまれたけど平気平気! OLがミステリー級に不幸な日々を空笑いで生き抜く「耐え子の日常」
SNSで人気のギャグ漫画「耐え子の日常」、2巻発売を記念してねとらぼで出張連載。最終回の第7回は「理不尽のフルスロットル」編。(2019/1/15)

後輩のスマホに「女社員B」と登録されていた OLがクレイジーな部下に翻弄される「耐え子の日常」−後輩編−
SNSで人気のギャグ漫画「耐え子の日常」、2巻発売を記念してねとらぼで出張連載。第6回は「後輩・先輩にも耐え忍ぶ」編。(2019/1/7)

騒音、混乱、大渋滞:
豊島園在住記者を叩き起こした深夜のTBS発「らんちき騒ぎ」──Twitterトレンド席巻、住宅街に真っ赤な渋滞の異常事態
TBSがとしまえんに芸人を拘束する番組を企画。オールナイトで入園無料にしたことから深夜に番組視聴者がとしまえん周辺に殺到し、混乱を極めた。(2018/12/27)

サンタが窓を蹴破ってきた→プレゼントは修理費でメリクリ! OLが休日にありえない理不尽に遭う『耐え子の日常』−オフ編−
SNSで人気のギャグ漫画「耐え子の日常」、2巻発売を記念してねとらぼで出張連載。第5回は「オフも耐えるっきゃない」編。(2018/12/25)

仕事が間に合わない→非常ベル押して「騒ぎのうちに早く!」 OLが猟奇的な同僚に振り回される『耐え子の日常』−同僚編−
SNSで人気のギャグ漫画「耐え子の日常」、2巻発売を記念してねとらぼで出張連載。第4回は「猟奇的な同僚」編。(2018/12/17)

遭遇した恩師にあいさつ→バックロールターンで無視される 通勤中のOLに圧倒的な不幸が降りかかる「耐え子の日常」−通退勤編−
SNSで人気のギャグ漫画「耐え子の日常」、2巻発売を記念してねとらぼで出張連載。第3回は「通勤も退勤も理不尽だらけ」編。(2018/12/10)

「コピーお願い あと伝説の剣も抜いといて」 OLが会社の異常な理不尽を生き抜く「耐え子の日常」−業務と職場編−
SNSで人気のギャグ漫画「耐え子の日常」、2巻発売を記念してねとらぼで出張連載。第2回は「職場も仕事もどこかおかしい」編。(2018/12/3)

ダイナマイトを避けながら「ごめん、先ランチ行ってて!」 OLが並外れの不幸を作り笑顔で耐えるTwitter漫画「耐え子の日常」
Twitterでの人気を受け5月にコミックス化を果たした「耐え子の日常」、なんと2巻が発売。(2018/11/30)

急成長の秘密を探る:
ドンキ創業者が自伝に記した「金銭欲と名誉欲」
ドンキの創業者はたった一代で巨大なチェーンを築いたが、その原動力はどこにあるのか。“きれいごと”抜きの感情を素直に吐露した自伝から読み解いていく。(2018/9/18)

あっち向いてホイした先にメデューサ OLが超絶級の不幸を生き抜く「耐え子の日常」―総集編―
Twitterで人気のショートギャグ漫画「耐え子の日常」がねとらぼで出張連載。最終回となる第7回は総集編。(2018/7/23)

上司がコピーをアンダースローでお願いしてくる OLが会社の狂気に我慢する「耐え子の日常」−職場編−
Twitterで人気のショートギャグ漫画「耐え子の日常」がねとらぼで出張連載。第6回は「うちの職場おかしい」編。(2018/7/17)

出張連載 耐え子の日常:
美容室でドライヤーかけてもらえなかった OLが休日も異常な不幸に我慢しまくる「耐え子の日常」―オフ編―
Twitterで人気のショートギャグ漫画「耐え子の日常」がねとらぼで出張連載。第5回は「オフの日も耐える」編。(2018/7/9)

出張連載 耐え子の日常:
「変顔で写メ撮ろう!」→ガチなのは自分だけ OLが職場の不幸に忍ぶ「耐え子の日常」―同僚と交流編―
Twitterで人気のショートギャグ漫画「耐え子の日常」がねとらぼで出張連載。第4回は「同僚との交流」編。(2018/7/2)

出張連載 耐え子の日常:
買い物中にチャリが暴走族みたいに改造される OLが異常な“路上の不幸”に遭遇しまくる「耐え子の日常」―通勤・退勤編―
Twitterで人気のショートギャグ漫画「耐え子の日常」がねとらぼで出張連載。第3回は「通勤・退勤で耐える」編。(2018/6/25)

東大に入るために「最も重要なもの」を答えなさい――地頭、努力、経済力 受験漫画のブレーンが語る「東大生を作ったもの」
「二月の勝者」(スピリッツ)×「ドラゴン桜2」(モーニング)。東大生ブレーン5人に話を聞いた。(2018/6/12)

46年前からあった「若者の○○離れ」と、今起きている「お金の若者離れ」
今若者が“離れる”理由。(2018/5/20)

「冨樫との付き合い方がわかった」「好きなキャラは山王の松本」 般若×R-指定×背川昇のフリースタイル漫画談義
百合ラップ漫画『キャッチャー・イン・ザ・ライム』を世に送り出した3人が漫画とMCバトルについて語った。(2018/3/17)

いけませんマイケル:
「ナイトライダー」の「K.I.T.T.」を、2017年のテクノロジーで解説しよう
手塚治虫が、スピルバーグが、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2017年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画やテレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第2回は「ナイトライダー」だ。(2017/10/4)

なぜ拘置所は特定の商店だけを“差し入れ屋”に指定するのか 法務省と拘置所の見解、そして差し入れ代行業者が語る「利用者の実態」(後編)
差し入れ代行業者「差し入れはしたいけど、自分の名前は出したくない人は一定数いる」(2017/8/18)

マストドンつまみ食い日記:
「鎖国」から生まれた関西広域連合の行方 脱中央集権(東京)の鍵 マストドン会議4
関西のご当地インスタンス座談会は、「連合」の意味を考え直すよい機会だった。(2017/6/14)

ロッテ恒例の交流戦「挑発ポスター」、2017年は4コマ漫画 阪神は「33−4」を青春ヤンキー風にあおる
広島には「にわかカープ女子」を少女漫画風でいじる。今年もロッテの挑発芸は切れ味バツグン!(2017/5/30)

「亀田興毅に勝ったら1000万円」企画、ゴングと同時に(サーバ)ダウンの展開に
引っ張ってからのダウン。(2017/5/7)

ヤンキーの伝説的聖典「チャンプロード」、ゲームアプリ「単車の虎」内コンテンツとして復活! 初回特集はド派手な成人式
暴走族やそのファッションなどにまつわる記事を、週3回無料で配信。(2017/1/25)

“疾風(かぜ)伝説 特攻(ブッコミ)の拓”の10年後を描く続編が2017年連載開始 刑事になっても特攻!
もう一度見せてやるよ、“スピードの向こう側”を……!!(2016/11/20)

あのキャラに花束を:
月刊チャンピオンなのにアイドル漫画!? “マブい特攻隊長”向井拓海が、うなりを上げてアイドル街道仏恥義理!
走志走愛、限界なんて追い越そうぜ。(2016/9/29)

ヤンキーのバイブル「チャンプロード」11月26日発売号で休刊へ 29年の歴史に幕
(追記あり)休刊が決定したのは9月5日とのことです。(2016/9/6)

あのキャラに花束を:
スズキへの愛と胸のサイズは超大型「ばくおん!!」鈴乃木凜ちゃんの熱血人生
荒ぶる金髪ツインテール。(2016/4/20)

銃乱射、警視庁爆破、日本経済をマヒ……いろいろあった「こち亀」両さんのギリギリエピソード14話を無料配信
誰か違う派出所から警察を呼んでくれ。(2016/3/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
スポーツカーにウイングは必要か?
数年前から相次いで復活しているスポーツカー。スポーツカーと言えば、エアロパーツが象徴的だが、果たしてウイングは必要なのだろうか?(2016/3/28)

コンビニ探偵! 調査報告書:
寒い冬に、なぜコンビニは駐車場に水をまくの?
年中無休のコンビニにとって、年末年始は特に目まぐるしく商売が変化する。普段なら到底ありえないような事件が起きるのも、年末年始という特別な時期なのだ。(2015/12/21)

伝説のSFアニメ映画「AKIRA」のリバイバル上映会が開催! デジタルリマスターのクリアな映像を体感せよ
218人以上がチケットを申し込まないと上映会は開催されません!(2015/10/7)

クラウド辞書とキラキラネームの関係とは?:
PR:スマホやPCはどのように“言葉”を扱っているのか?――「Simeji」の日本語入力システム入門
スマホやPCを使う上で欠かせない日本語入力。今ではできて当たり前のことだが、精度の高いかな漢字変換を実現するまでには長い時間がかかっている。その開発の歴史を、2人の専門家に振り返ってもらった。(2015/4/23)

「こんなにアコギな商売はない」不動産業界の裏側を暴露
(2015/3/31)

元暴走族社長の意外な経営方針
(2015/3/24)

資格試験に合格するために絶対してはいけないこと
残業続きのビジネスパーソンが難関資格に合格するための方法を、ベテラン資格試験の予備校講師、山田浩司さんに伺いました。(2015/2/26)

タイムアウト東京のオススメ:
ファイティング・スピリットを知る
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2014/10/21)

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第31回:
新ジャンル「エクストリーム通学マンガ」 フツーな女子高生のフツーじゃない通学風景「ちおちゃんの通学路」
地味メガネな女子高生ちおちゃんが次々遭遇するエクストリームなハプニング……。実は通学路って危険とワナがいっぱいなんです。(2014/10/3)

窪田順生の時事日想:
それでも私たちは『朝日新聞』を許さなくてはいけない
『朝日新聞』が相次ぐ誤報で揺れている。ネット上では大騒ぎになり、安倍政権では「(朝日新聞を)国会招致すべきだ」という批判も出始めた。しかし、筆者の窪田氏は「非寛容な対応」を続けると、新たな問題が生まれるという。それは……。(2014/9/16)

『ホットロード』作者の絵本『紡木たく PICTURE BOOK』が配信開始、全ページ試し読みも
紡木たくの代表作『瞬きもせず』『ホットロード』から絵とモノローグを厳選した新しい物語になっている。(2014/8/21)

「ニンジャスレイヤー」原作者ブラッドレー・ボンド&フィリップ・N・モーゼズにインタビュー[2/2]
フィリップ・ニンジャ・モーゼズとブラッドレー・ボンド。日本でヒットを飛ばす「ニンジャスレイヤー」という奇妙な作品は一体どのように作られたのだろうか。彼らの想像力の源を語ってもらった。(2014/8/3)

誠 Weekly Access Top10(2014年5月12日〜5月18日):
3Dディスプレイが教室に配備される日も近い?
先週のランキングは、覚せい剤関係の記事が上位に集まりました。コンビニコピー機の記事や、中国とベトナムの対立に触れた記事にも注目が集まっています。(2014/5/23)

窪田順生の時事日想:
「マイルドヤンキー」論がもてはやされる理由
「マイルドヤンキー」という言葉がもてはやされている。「上京志向がなく、地元で強固な人間関係と生活基盤を構築し、地元から出たがらない若者たち」という意味だが、なぜここまでブレイクしたのか。それは……。(2014/4/8)

映画「ホットロード」8月公開 主題歌は尾崎豊の「OH MY LITTLE GIRL」
80年代の名作漫画「ホットロード」の実写映画化。あの切ないメロディーが物語を盛り上げてくれそうです。(2014/3/18)

80年代の名作漫画「ホットロード」が実写映画化! 和希役は能年玲奈さん
早く見たぁい。(2013/10/17)

仕事をしたら“なんちゃってグローバル君”がいた(5):
“最高の授業”は世界に届けられるのか? 課題はマネタイズ
教師不足に悩む途上国に、DVDなどを使って“最高の授業”を届ける――。そんなプロジェクトが進んでいるが、課題はマネタイズ。安定的に続けていくためには、どのような工夫が必要なのだろうか。(2013/8/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。