ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「Business au!」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Business au!」に関する情報が集まったページです。

KDDI、「Business Messenger」を2010年3月25日で終了
KDDIは、法人携帯電話向けのコミュニケーションサービス「Business Messenger」の提供を2010年3月25日に終了する。(2009/10/30)

au携帯が最長27カ月間、月額980円──「法人限定 auウェルカムキャンペーン」
KDDIが3月1日から5月31日までの期間限定で、法人向けの特別キャンペーンを実施する。新規契約でシンプルコースにて端末を購入し、プランSS+法人割+誰でも割に加入することで、2010年5月利用分まで特別料金を適用する。(2008/2/21)

KDDIが「ビジネス通話定額」の定額料を値下げ──KDDI固定電話への通話も定額に
KDDIは10月25日、同一名義で契約されたauの法人回線で、一定時間までのグループ内通話が定額となる「ビジネス通話定額」を11月利用分より改定すると発表。月額料金を945円に下げ、KDDIの固定電話にも定額で通話できるようにする。(2007/10/25)

ワイヤレスジャパン2007 キーパーソンインタビュー:
法人契約の携帯電話は「コスト」ではなく「投資」──KDDI 湯浅英雄氏
番号ポータビリティ以降、コンシューマー市場では順調に契約数を伸ばしているKDDI。では法人市場ではどうなのだろうか。KDDI モバイルソリューション事業本部 事業本部長 執行役員の湯浅英雄氏に話を聞いた。(2007/7/13)

企業力を高めるモバイルソリューション:
年2倍の成長を見せる企業向けサービスの強みとは――KDDI
ビジネス市場の開拓に注力するKDDI。近年はその存在感を高めつつある。第2回は、法人ユーザーに対するKDDIの事業展開について、モバイルソリューション事業本部長の湯浅英雄執行役員に聞いた。(2007/4/3)

Interview:
「Business au!」で挑む新たな成長市場──KDDIに聞く法人市場戦略
KDDIが2005年9月から展開している「Business au!」は、auがコンシューマーだけでなく、ビジネスにも強いことをアピールするメッセージだ。急速に立ち上がりつつある法人向け市場を、KDDIはどう攻略するのか、改めて話を聞いた。(2007/3/6)

CEATEC JAPAN 2006:
秋冬モデル14機種+“タフ”なビジネスケータイ――KDDIブース
KDDIブースには、秋冬モデル14機種がお目見えし、EZチャンネルプラス/EZニュースフラッシュ、Rev.A対応のテレビ電話サービスなどを紹介。耐水・耐衝撃のビジネス向けタフネスケータイも登場した。(2006/10/4)

KDDIとNEC、無線LAN携帯「E02SA」を使った企業向けシステムの構築で提携
KDDIとNECが提携し、無線LAN携帯「E02SA」を利用した企業向けシステムを共同で展開すると発表した。(2006/9/5)

ビジネスで使える携帯をアピール──「Business au !」キャンペーン
KDDIは、“ビジネスで使えるau携帯”をアピールするキャンペーンを実施する。統一メッセージとして「Business au !」を掲げ、広告や展示会で訴求する。(2005/10/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。