ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「耳鳴り」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「耳鳴り」に関する情報が集まったページです。

「うつむき姿勢は、首に小学生がぶら下がっているのと同じ負荷」 コクヨ、姿勢を改善する新型オフィス向けデスク
コクヨが天板に傾斜を付けられるデスク「UPTIS」を発表した。(2019/5/27)

「突発性難聴になったら全てを投げ捨てて、病院です」 どのくらいヤバいのか耳鼻科医に聞いてみた
早ければ早い方がいいそうです。(2017/12/18)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「気難しい年配者」にも好かれる社員が持つ3つの条件とは
あなたの部下が年配者に失礼な事をしてしまい、「あの若造はもう来させないでくれ」などとトラブルになったことはないだろうか。どのように接すればいいのだろうか。(2017/12/7)

その耳鳴り、高い音? 低い音? 「ストレス」や「イヤフォン」が原因かも
時々、耳の奥で鳴り響く「キーン」「ザー」「シーン」などの音。それは気のせいではなく、耳鳴りかもしれません。この耳鳴り、実はストレスやスマホ、イヤフォンでの音楽鑑賞が原因のことも……。(2016/10/8)

疲れにくいスマホの操作方法
目の疲れ、ストレートネックなどをできるだけ回避する、スマホの疲れにくい操作方法をご紹介します。(2016/9/1)

猫背とはちょっと違う「スマホ巻き肩」ってなに?
スマートフォンを長時間操作していて、肩こりや疲れ、息苦しさを感じている人は「スマホ巻き肩」かもしれません。その特徴と対策をご紹介します。(2016/6/10)

ネットで話題「スマホ巻き肩」とは? 詳しい人に教えてもらおう
スマホの使いすぎでひどい肩こりや眼精疲労が常習化していませんか。女子は貧乳になる、なんて話も……。(2015/6/11)

ひどい頭痛、ツラい肩こりの原因は“あご筋”にあった?
体の不調と深い関係がある「あごのこり」とは?(2015/1/6)

まさに究極:
サイコムに来てください、本物の“静音PC”をお見せしますよ――「Silent-Master Pro Z97 Mini」が静かすぎる
サイコムから静音性を追求したコンパクトデスクトップPCが登場した。Core i7-4790Kを搭載した高性能モデルでも驚くのほどの静かさ!!(2014/9/29)

肩こり、腰痛を引き起こす16の悪習慣
日々の生活で様々な支障をきたす体の不調。その原因となる16の悪習感を紹介します。(2014/8/5)

医師が教える 妻を病気にする夫の7つの言動
知らず知らずのうちに夫が原因となっている「夫源病」とは? 結婚生活の中で注意したい、妻を病気にする夫の7つの言動を紹介します。(2014/3/6)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/12/2)

ドラゴンボールのフルカラー版も登場――電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/2/5)

「ガンバレ」と言われても……日本中を襲う震災ストレス
東日本大震災発生後、実際に被災したわけでもないのにストレスを感じている人は少なくない。「気持ちが沈む」「よく疲れる」といった症状を訴える人が増えてきているようだ。(2011/4/14)

ドクトル・ピノコのプチ元気の薬(5):
クラッときたら、そのめまいの理由を探れ!
恋に落ちたわけでもないのに、急にめまいがしたならば要注意。体の不調からきている可能性もあるからだ。しかも、めまいが起きる原因はさまざま。今回はそんなめまいの理由を探り当てるためのアドバイスを中心にお届けする。(2009/2/6)

心の健康を保つために(4):
「疲れていてもつい頑張ってしまう人」が危ない
ITエンジニアの周りにはストレスがいっぱい。そんな環境から心身を守るためのヒントを、IT業界出身のカウンセラーが分かりやすく伝えます。(2008/8/28)

ドクトル・ピノコのプチ元気の薬:
第6回 クラッときたら、そのめまいの理由を探れ!!
恋に落ちたわけでもないのに、急にめまいがしたならば要注意。体の不調からきている可能性もあるからだ。しかも、めまいが起きる原因はさまざま。今回はそんなめまいの理由を探り当てるためのアドバイスを中心にお届けする。(2008/6/11)

プロフェッサー JOEの「Gadget・ガジェット・がじぇっと!」:
平成生まれの「なまず」は地震予知のエキスパートになってくれるだろうか!?
古来から怖いものといえば「地震・雷・火事・おやじ」だが、緊急地震速報の開始もあり、最近では地震への関心が高まっているようだ。平成生まれの“なまず”「ナマジー」は予知のエキスパートになれるのだろうか。(2007/10/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。