ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「キャバクラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「キャバクラ」に関する情報が集まったページです。

「アルファードが泣くわ」 元キャバ嬢・エンリケ、“ベントレーに乗ってた野郎”の当て逃げに怒り 警察の対応に不満も
エンリケさん「絶対に犯人捕まえます」。(2021/4/14)

コロナ禍でパパ活蔓延 SNSで飛び交う隠語……企業公式アカウントで“誤爆”も
ある企業の公式Twitterアカウントによる「謎の投稿」が波紋を広げている。ネット上では、「パパ活」を呼びかけたものとの臆測もある。SNSではコロナ禍を背景にパパ活が増えているという。(2021/4/2)

スピン経済の歩き方:
「寿司業界」にこそ、日本経済復活のヒントがある理由
新型コロナの感染拡大を受けて、「倒産」の言葉をよく耳にするようになった。寿司店も例外ではなく、小・零細店を中心に倒産件数は高水準で推移している。「まあ、仕方がないよ」と思われた人も多いかもしれないが、筆者の窪田氏は前向きに受け止めているという。どういうことかというと……。(2021/2/23)

行動変容の難しさ:
夜の街“優良店”でもクラスター、なぜ
新型コロナウイルスで感染の懸念が高いとされる「夜の街」。国立感染症研究所が行った東京・歌舞伎町のホストクラブなどへの実態調査で、積極的に感染防止対策をしていた店舗でもクラスターが発生していたことが判明した。(2021/1/22)

キャバ嬢カルチャーは終わらない! 『小悪魔ageha』がWebで復刊 専属モデルオーディション開催も決定
またまた帰ってきたー!(2021/1/5)

パパ活、整形、ホス狂い―― “夜の街”が熱狂する漫画「明日カノ」作者×オタクホスト「阿散井恋次」対談
リアルすぎる描写で大人気の『明日、私は誰かのカノジョ』。作者の「をのひなお」さんと現役ホストの「阿散井恋次」さんが本音トークを繰り広げました。(2020/12/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
安易な「Go To イート」批判に喝! “功罪”を検証して見えてきたものは
「Go To イート」には批判も多い。しかし、実態とは違うイメージで語られていないだろうか。キャンペーンの功罪を検証する。(2020/12/16)

年を越せない:
「24万円じゃ全然足りない」 沖縄の飲食店は悲鳴
新型コロナ感染防止対策で、沖縄県が那覇市、浦添市、沖縄市の飲食店などに時短営業を要請した。対象の飲食店経営者からは「今も苦しいのに追い打ちだ」と悲痛な声が上がった。(2020/12/15)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
「カネ! いい女! そして派手なクルマ!」が抜群に似合う人々
私の赤いコンパクトカーは、私にとても似合っています。(2020/11/11)

「痩せて超可愛くなった」 りゅうちぇる、15キロ減でさらに仕上がった“キャバ嬢姿”が指名率No.1
これまでも、SNSで減量の成果を報告していました。(2020/11/4)

リモートワーク推進にも有効:
日本の経理、効率化のカギはBPO 「多すぎる勘定項目」「紙の請求書」を乗り越えるには
リモートワークが難しいとされる経理業務。経理業務に関するソリューションを提供しているファーストアカウンティングの森社長は、課題として「多すぎる勘定項目」と「紙の請求書」を挙げる。リモートワークやBPOを進めるにはどうすればいいのだろうか。(2020/9/18)

売上1億円超えのオタクホスト「阿散井恋次」さんとオタク話をしたら完全にガチ勢だった回
オタク対談初のゲスト。思いっきり意気投合しました。(2020/8/23)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
他県ナンバーが殺到!? 「Go To」除外の東京、集客の最前線を探る
「Go To トラベル」キャンペーンの対象から除外された東京都。集客のために観光地や施設は知恵を絞っている。一方で他県ナンバーのクルマが異常に増えた場所もあるという。(2020/8/18)

スピン経済の歩き方:
なぜ日本人は「ネガティブ思考」なのか 新型コロナと水商売の関係
東京都で、新型コロナの感染者が増えてきた。こうした事態に対して、「自分の仕事はどうなる?」「日本経済がヤバいでしょ」などと悲観的に考える人も多いのでは。なぜネガティブ思考に陥るのかというと……。(2020/6/16)

接客中にパンツ脱ぐ客も……ハプニングもあるが人気の「Zoomキャバクラ」 店主と嬢の波乱の自粛期間
4月にオープンし、ネットやメディアで話題の「ズムキャバ」。Zoomを使って女性店員がリモート接客するキャバクラだ。変わった性癖の客が現れるハプニングもあるが、新型コロナウイルスの影響で仕事が減った“キャバ嬢”が活躍しているという。創業者のAさんと店員のMayuさん、楓さんに、波乱に満ちた日々のエピソードや売り上げを得る工夫を聞いた。(2020/5/29)

キャバクラ界に新星現る! りゅうちぇる、キラッキラの“歌舞伎沢ちぇる美”に変身
サロンかアルマンド入れさせてください……!(2020/5/22)

深夜の天使じゃん! ファーストサマーウイカ、普段と180度違う“ツインテール”姿が「幼くなる」「雰囲気変わります」と反響
ANNスタジオでのオフショット。(2020/5/13)

どうする「新型コロナ緊急事態」:
新型コロナ“緊急事態”下でも従業員を守り抜くために 知っておくべき各種支援制度
新型コロナで大きな影響を受ける企業活動。全国に「緊急事態宣言」が発出された今、従業員を守るために知っておくべき各種支援制度とは? 新田龍氏が解説する。(2020/4/22)

新型コロナ禍で増える“リモートキャバクラ”に新店舗 LINE・Skype・Zoomで接客「スマキャバ」
新型コロナの影響で客足が減る“夜の街”では、ビデオ会議を活用したリモート接客が広がっている。4月20日には、キャバクラ嬢が「LINE」「Skype」「Zoom」を使って遠隔地にから接客するサービス「スマキャバ」がスタートした。(2020/4/20)

【新型コロナの困りごと】ナイトワークで働くKさん「休んだだけで『コロナ嬢』」「心ない発言、誤解を受けるように」
「ナイトワークの人は、ほとんどが黙っています。職業差別を受けることに慣れていて」(2020/5/3)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
自粛要請に振り回される「3密4業態」 ライブハウスやナイトクラブの“悲痛な声”に迫る
新型コロナの感染拡大で夜の飲食店などが苦境。現場からはどのような声が聞こえるのか。取材の結果は。(2020/4/14)

六本木のガールズバー、リモート接客を開始 新型コロナの影響をアイデアで打破 自粛ムードの「気分転換に」
六本木のガールズバー「RUTILE」(ルチル)がリモート接客を開始。カウンター席に置いた端末を介して、客とバーテンダーの女性がおしゃべりを楽しめる。客の良い気分転換になっているという。(2020/4/3)

別れ話をすると“別人”になる不倫彼氏から逃げられない相談者 アドバイザーがバッサリ「それが本性なんですよ」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「別れたら親にキャバクラ勤務をバラす」と脅す彼氏……。(2020/2/17)

「そこにお金使うならガチャ回す」「3次元には貢がない」 最上もが、キャバ勤務やホスト通い疑惑を信用できる言葉で否定
説得力ー。(2020/1/27)

就活も授業もバイトもこなし、自由に生きる娘にコンプレックスを抱く母親「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「ダーツバー」を知らない3人によるボンヤリ相談。(2019/12/9)

「龍が如く7」、ぶっ飛んだ新要素続々公開でRPG化の不安も吹っ飛びそう 「ハロワでジョブチェンジ」「ドラゴンカート」など
パチスロ屋にはユニバーサル台が新登場。ミリゴ打てるぞ。(2019/9/13)

ねとらぼ編集部のお悩み相談室 〜社会人の恋愛編〜
社会人に恋は難しい!(2019/8/7)

“メシ”を通して危険な相手を取材する 「ハイパーハードボイルドグルメリポート」と「ウシジマくん」が描く“ヤバいやつらの世界”
「個人がSNSで訴えても届かない声を伝える力が、自分達にはあるじゃないですか」(2019/7/15)

AbemaTVの番組にやらせ疑惑 ロケ地の店が抗議、サイバーエージェントは「事実確認中」
やらせとされているのは、取材に来た女性ライターに男性客が迫り、ラップ越しにキスをして泣かせる場面。店側は「当店でこのようなことは一切ない」「番組は事前に聞いていた趣旨と違う内容だった」と主張しています。(2019/7/3)

「シャンパンパン〜! うぉい! うぉい!」 きゃりーぱみゅぱみゅ、ホストクラブでシャンパンコールに大興奮
絶対楽しい。(2019/6/12)

「視聴率No.1宣言」をする真意:
フジ『ザ・ノンフィクション』プロデューサーが明かす「人殺しの息子と呼ばれて…」制作の裏側
フジテレビ系のドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』のチーフ・プロデューサーの張江泰之氏が、2017年10月に放送した「人殺しの息子と呼ばれて…」の取材アプローチについて講演した。(2019/5/23)

若い女子の処世術的な褒めを「俺に気があるのか」と勘違いしてしまう問題 “クリーンなおっさん”になる方法を誰か教えてくれ
恐怖! 32歳男性、交流会で褒められまくる。(2019/4/26)

「今33歳ってのが嘘ですよね???」 市川由衣、“巻き髪&つけま”のキャバ嬢になりきり10歳若返ってしまう
いつまでも20代にしか見えない。(2019/4/12)

この枠でしかできないことがある――「モテキ」や「ヨシヒコ」のテレ東深夜枠「ドラマ24」、ブレない“核”とドラマの可能性
予算はない。夢はある。(2019/2/22)

スピン経済の歩き方:
「バイトテロ」は訴えても抑止できない、3つの理由
アルバイトが不適切な動画をSNSにアップしたことを受け、くらコーポレーションが法的措置をとると宣言した。ネット上では「よくやった」「当然だ」といった声が多いなかで、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。どういうことかというと……。(2019/2/12)

「これで終わると思うなよ?」 SKE48松村香織、卒業コンサートでまさかの“オチ”で粉まみれに
かおたーん!!(2019/2/6)

社会に疲れたらGO! 巨大な動物たちを全身でもふもふできる漫画「もふもふ屋」に「年パス買います」の声
実現化を心から願う……!(2018/12/18)

「年上の♂ってどう?」「俺マッサージうまいよ!」―― “やっかいなおっさんのLINE”を再現した「クソリプスタンプ」から下心がにじみ出る
こういうのに対応しなくてはならない人は大変だ……。(2018/12/6)

失敗エピソードは?:
4割の人は忘年会に「参加したくない」 時間の無駄、上司が嫌い、2次会に連れていかれる……
会社の忘年会に参加したい? 田辺三菱製薬が忘年会についてアンケート調査したところ、4割の人は「参加したくない」と思っている実態が浮かび上がった。(2018/12/3)

あなたは誰のためにメイクしてますか? 15人の女の告白『だから私はメイクする』が心に刺さる
「会社では擬態する女」を出張掲載。(2018/11/2)

スピン経済の歩き方:
16歳のアイドルを自殺に追い込む、「夢を食うおじさん」の罪
16歳の農業アイドルが自殺した。所属事務所のブラックぶりが明らかになりつつあるが、筆者の窪田氏は「事務所に注目が集まってしまうと、少女を死に追いやった『真犯人』を逃がしてしまうかもしれない」と危惧する。どういう意味かというと……。(2018/10/16)

名古屋の「クラブ・アベレージ」:
厚労省“ブラック企業リスト”更新 ホステスの給料未払いで「熟女キャバクラ」運営元が追加
厚労省が“ブラック企業リスト”を更新。飲食店運営のプレクラスニー(名古屋市)がリスト入り。「クラブ・アベレージ」と称する熟女キャバクラを経営しており、ホステスへの給料が未払いだった。(2018/10/1)

PR:ネット番組だから許され……るのか!? 地上波で放送できなかった企画に挑む「カリギュラ」の衝撃
ある意味、究極の社会派番組。(2018/9/10)

「感無量です」「きっと報われた」 峯田和伸、石原さとみと仲良し2ショットで「高嶺の花」オールアップを報告
プーさん&もも、最高でした。(2018/9/9)

PR:バラエティってレベルじゃねえ! 地上波で放送できなかった企画に挑む番組「カリギュラ」がもっと評価されるべき理由
ある意味、究極の社会派番組。(2018/8/31)

「目隠しかわいすぎますーーー!!!!!」 石原さとみ、本気の“スイカ割り”で「高嶺の花」スタッフに笑顔を届ける
スイカは自分で持ってきたようです。(2018/8/22)

いい波乗ってんね! 飲み会が盛り上がる「コール」は誰が作っているのか、歌舞伎町のホストに聞いてきた
「姫ちゃん! 今日も! いい波乗ってんね!」(2018/8/24)

「ドンペリ入れまくります」「接客されたい」 石原さとみのキャバ嬢姿がNO.1確実な美しさ
「ディア・シスター」の頃よりも大人になったキャバ嬢姿。(2018/7/17)

PR:「自宅で浸けた梅干しをリスナーに配りたい」 70歳でネット配信デビューしたおばあちゃんに聞く“毎日の生きがい”
ネットもスマホも未経験の状態からイチナナを始めた「せんちゃん」さんに話を聞きました。(2018/6/21)

「不倫ものって、基本的に腹が立つんですよ」 不倫×SFマンガ『あげくの果てのカノン』完結までの作者の苦悩
一途女子×不倫×SF。新タイプの“地獄”を切り拓いた同作の完結記念インタビューを実施した。(2018/6/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。