ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「キャバクラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「キャバクラ」に関する情報が集まったページです。

子ども精神科の看護師が伝える「子どもの話を聞く時のポイント」にハッとさせられる 「大事だけどわすれがちですね」
「子どものいうこと」と聞き流さないで!(2022/5/23)

大学の研究所で出た名言「学問なんて数千年の研究のいいとこだけピックアップしてるから面白いに決まってる」に「確かに」などの声
そう言われると勉強したくなる……!(2022/5/22)

20年の引きこもりで「情報ばかりだと『人間は愚かだ』」から抜け出せなくなった 長年の体験からの言葉に共感の声集まる
外の世界とつながってわかることもある。(2022/5/21)

カップ焼きそばと神聖ローマ帝国の共通点とは一体…… ある友人の斜め上過ぎる指摘がだいたい合ってる
類似例として「東京ドイツ村」などを思い浮かべる人も。(2022/5/13)

生活指導の先生のアドバイス「子どもの昼食に“お金を渡す”のは避けて」 精神論かと思いきやその理由が納得しかなかった
この先生は信頼できそう。(2022/5/11)

「稀によくある」は言いえて妙!? 「理論上は稀だけど体感では稀じゃないってやつ」と共感の声
確率は低いはずなのに体感では……。(2022/5/10)

「Twitterの“これ”が腹落ちすると心穏やかに暮らせます」 SNSをスパイスに例えた医師のツイートが真理をついてる
スパイスだけに使いすぎ注意。(2022/4/27)

Twitterで検索すると幸せになれる魔法の言葉が話題 絶景スポットやおすすめのお店がワンサカ
みんなの「幸せ」をたくさん見られる。(2022/5/2)

SNSをやっていない人「なぜみんな買ったものをSNSにアップするの?」 → これに対する答えが秀逸だと話題に
フォロワーは飼い主だった……?(2022/4/23)

ドラマで手術のときに医者がいう「汗!」→リアルでは「あ、スミマセン。オデコ拭いてもらっていいですか」
人間関係があるもんなぁ。(2022/4/29)

ホラー漫画家が考える「リアルに人が一番気絶する状況」とは……行きついた答えが切ない
人が気絶するのは誰かからの攻撃ではない……のか。(2022/4/22)

「アメリカで学んだ上手なクレームの伝え方」がとてもスマート 店員さんへの対応で見習いたくなる!
コミュニケーションを意識するのが大切。(2022/4/26)

料理のプロに教わった「1週間分の食材の買い方」が目からウロコ 「真似させていただきます!」「うちも同じやり方」
食材の過不足を防ぎたい人へ。(2022/4/16)

「君ら関西人なんやから」 古文の授業で教わったまさかのテクが目からウロコ
ネイティブな方ならもっと理解が深いはず。(2022/4/25)

「なぜ漫画の主人公は窓際1番後ろの席に座るの?」→「描けば分かる」 現役漫画家の実感のこもったツイートに納得しかない
絵を描く人はもっとよくわかりそう。(2022/4/20)

みんなと同じ方法ができないなら、自分に合ったやり方をすればいい 片付け上手を見てたどり着いた結論が深い
手段が目的のように錯覚すること、ありがちです。(2022/4/23)

日本語の「助かる」、海外ネットミームになっていた 海の向こうで「seiso(清楚)」「草」が使われているという報告も
インターネットだぜ!(2022/4/9)

「Twitterくんのアプデは1日100回くらいTLを見る人のことは考えていない説」がつらい 俺たちは想定外の存在だったのか……
知りたくなかった……。(2022/4/8)

雑居ビルの“袖看板”っぽい付箋のアイデアが楽しい 貼れば貼るほど繁華街になる!
貼りまくりたい。(2022/4/8)

「10代になると皆ポケモンと日本のアニメにハマってしまう……」 早期教育の難しさを語る米国人に共感の声
日本人も似たようなとこあるから……。(2022/4/2)

「じいちゃん、すまほを、かいました」 はじめてスマホを買ったおじいちゃんから届いたLINEが思わず笑ってしまうかわいさ
スマホ初心者の頼みの綱は「尻」。(2022/3/26)

ホロライブ、「潤羽るしあ」のYouTubeチャンネルを3月31日に終了すると発表 動画やリストも非公開に
併せてYouTubeメンバーシップも終了に。(2022/3/25)

金融庁の高校生向け「基礎から学べる金融ガイド」が大人にも役立つと話題 家計管理や投資の方法、詐欺対策までカバー
成年年齢の18歳への引き下げを機会に。(2022/3/25)

元祖泣きゲー「ONE 〜輝く季節へ〜」のリメイクプロジェクト始動? ティーザー映像に早くも「泣きそう」「鳥肌やばい」の声
Twitterでは「ONEリメイク」が早くもトレンドに。(2022/3/25)

列車が競馬場を疾走!? JRAとJR東日本の謎コラボ始動 山手線や新幹線がレースする予想ゲームも
会場はオープンしたてのバーチャルアキバワールド。(2022/3/25)

販売終了した「森永チョコフレーク」が進化した新商品が登場 チョコが手につかないよう加工
勉強中や仕事中にも食べやすいよう、チョコが手に付かない加工をしています。(2022/3/25)

ポケモンの羊毛フェルト作品がイケメンかわいい キリッとしたルカリオがテーブルにちょこんっ
いやしのはどうが出ていそう。(2022/3/26)

5歳児の描いた絵と字をそのままデザイン 30年前に母が作ってくれた布絵本がステキ
子どもの作風を生かした作品。(2022/3/25)

ECサイトで個人情報を盗み取る「Webスキミング」の手口が確認される 利用者側では対策が困難
現在主流になりつつあるとのこと。(2022/3/27)

「珍しい名字ですね、は聞き飽きた」という客にキャバ嬢が放った言葉が強烈過ぎて爆笑 「優秀すぎる返し」「鎌倉武士かな?」
なかなか思い付かない言い回しが出た!(2022/3/24)

クリーニングに出された服にGPSが…… ストーカー疑惑から始まる漫画の思わぬ展開に「泣ける」の声
GPSの目的は……?(2022/2/19)

「夢にも思ってなかった」 ゴマキの弟・後藤祐樹、20年ぶりの“芸能界復帰”に心からの喜び語る
当時の過ちを謝罪した後藤さん。(2022/1/26)

スピン経済の歩き方:
喫茶店数は30年で半減! 「純喫茶」はこのまま絶滅してしまうのか
「喫茶店」の休廃業・解散が過去最多を記録――。東京商工リサーチが発表したわけだが、昭和レトロの雰囲気が漂う「純喫茶」も衰退していくのだろうか。(2022/1/25)

「好きだったインターネットが急に敵に見える恐怖感」―― 新鋭にゃるらが「NEEDY GIRL OVERDOSE」で描いたもの
企画・シナリオを手掛けたにゃるらさんに、同作やインターネットの“承認欲求”について聞いた。(2022/1/22)

犯罪最前線 マッチングアプリで美人局 プチぼったくり暗躍
ぼったくりにマッチングアプリを悪用した新たな手口の被害が相次いでいる。ぼったくり店の女性従業員が無関係の一般女性を装いマッチングアプリで出会った男性を言葉巧みに店に誘導。請求額を10万円以下に抑えて通報されにくくするなど摘発逃れも巧妙化している。(2022/1/13)

エンリケ、目のクマ取り手術で“ダウンタイムうつ”に 4カ月でなお腫れが残る結果に「ぶっちゃけ不満もあります」
「やらなくても良かった」と本音も。(2021/12/20)

出前ばかりでお客さんの声が聞けない…… 寂しがるうどん屋さんが思わぬ“対話”に感激する漫画にじーん
そうか、そういう伝え方もあったんだ。(2021/11/17)

スピン経済の歩き方:
「愛読書は?」と質問する不毛な新卒採用を、日本人が始めてしまったワケ
愛読書はなんですか?――。就職採用試験で、こんな質問をする面接官が増えているという。そもそも、なぜ愛読書を聞くのがダメなのか。背景にあるのは……。(2021/11/16)

“ボトルキープに憧れるけどお酒が飲めない”お客さんへの神対応 キャバ嬢の実録漫画が好評
自分の名札付きボトルが、行きつけの店に飾られてるのってなんかいい。(2021/11/13)

猫用ケージの信頼できるレビュー話題に 「キャバに行ったのがバレて妻に入れられました」
猫「飼い主が入ってる……」(2021/11/7)

「ニュクス薬局」のビジネスモデル【前編】:
歌舞伎町26時 唯一の「深夜薬局ビジネス」が成り立った理由
東京・新宿の歌舞伎町で深夜に営業している薬局がある。その名は「ニュクス薬局」。薬剤師でもあり、経営者でもある中沢宏昭氏が1人で切り盛りしている。今では歌舞伎町になくてはならない存在だ。歌舞伎町で深夜薬局というビジネスモデルが成り立っている理由を、中沢氏に聞いた。(2021/11/5)

人類は“ポジティブメンヘラ”に進化すべきか? 漫画「明日カノ」作者×「ミオヤマザキ」mio対談
「明日カノ」作者と「ミオヤマザキ」mioが語る“メンヘラの強みと弱み”。(2021/9/22)

猫のホスト「ホスキャット」が働く世界の漫画がちょっと不思議でかわいい 人気猫に“チュールタワー”を貢ぐ人間たち
もふりに行きたい。(2021/9/11)

元キャバ嬢・エンリケ、約3週間の活動休止から復帰宣言 リフレッシュ後の痩せ姿に「ビクッとした」
健康的に1.7キロ減量したとのことです。(2021/9/3)

元キャバ嬢・エンリケ、極度の記憶力低下で休養 「1日30本ペースでシャンパン」と過去の度を超えた飲酒を告白
エンリケさん「人との信頼関係まで崩してしまったらやばい」(2021/8/15)

元キャバ嬢・エンリケ、極度の記憶力低下に恐怖 アルツハイマーを疑うほどの症状告白「ひらがなも書くことが難しくなって」
「自分のことも分からなくなるんじゃ」とおびえる場面も。(2021/8/10)

りゅうちぇる、黒シャツ&艶ジャケットで売れっ子ホストに変身 「こりゃNo.1ですね!!」 「めっちゃ指名したい」
これは指名が殺到しそう。(2021/8/5)

「完璧なイケオジ」「ときめきが止まらん」 キャバクラの“おじいちゃんボーイ”が萌えキャラすぎる漫画に反響
この世に存在してくれてありがとう……。(2021/5/26)

小松菜奈、オレンジのショートボブにイメチェン 「黒髪派だけどオレンジもかわE〜」「流行りそう」と話題に
よき。(2021/5/21)

「アルファードが泣くわ」 元キャバ嬢・エンリケ、“ベントレーに乗ってた野郎”の当て逃げに怒り 警察の対応に不満も
エンリケさん「絶対に犯人捕まえます」。(2021/4/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。