ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「カルビー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カルビー」に関する情報が集まったページです。

カルビー×ドンキがポテチ「これは何味?」発売 原材料表示をみても分からない味が特徴
ドン・キホーテ限定で販売。(2020/2/11)

新連載・古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ゴンチャ新社長の原田氏がタピオカブーム“最後の希望”の理由
SNSで大きな話題を呼んだのが、国内大手タピオカ飲料店の「ゴンチャジャパン」社長人事だ。同社は12月1日付で原田泳幸氏を新たな社長に任命した。冷たい飲み物というイメージが強いタピオカの「冬越え」問題や、大手カフェチェーンなどのタピオカ参入という競争激化も業界全体の課題になりつつある。(2019/12/6)

ローソンでディズニーシーの人気メニューが味わえる? 「おいしい」「そっくり!」と話題の「たまねぎみそクリームスープ」を飲んでみた
ディズニー気分を抜きにしてもおいしかったです!(2019/11/21)

あえての味付けなし! じゃがいもの味がそのまま味わえるポテトチップスが登場
ハードな食感の「ザ・ポテト」シリーズの新商品。(2019/11/19)

鳴らすほど小腹が減る…… 「堅あげポテト」を“噛む音を鳴らすだけのサイト”が恐ろしい
ダイエット中の方とミソフォニアの方は注意。(2019/11/7)

2020年に25周年:
「じゃがりこ」が350億円の“お化け”商品に成長したワケ “いじられ”力と独自製法がカギ
1995年に発売された「じゃがりこ」。売り上げが右肩上がりで増えており、350億円にも達した。支持される背景には、マネできない製法と“いじられ力”があった。(2019/10/30)

お湯をかけても、そのままでも 耐熱カップ入りの「じゃが湯りこ」10月21日より順次発売
カルビー公認の「じゃがりこポテサラ」。(2019/10/15)

お湯をかけて1分混ぜるだけ「じゃがりこdeポテトサラダ」発売 ファミリーマートで
じゃがりこに“ポテトサラダのもと”が入ってよりポテトサラダの味わいに。(2019/10/11)

子供の懐を直撃か 消費税増税で揺れる「駄菓子」 
 8%か、10%か−。10月1日の消費税率引き上げに伴う軽減税率の導入で、子供に人気の駄菓子にもしわ寄せが及びそうだ。軽減税率の対象となる食料品の消費税率は、原則8%だが、駄菓子の「おまけ」の中身次第で10%になる商品も出てくる。見た目だけでは判別も難しく、店側も対応に苦慮している。(吉国在、江森梓)(2019/9/30)

カルビー最堅のポテトチップス「クランチポテト」誕生 バリバリ歯ごたえでストレス解消に!?
、「堅あげポテト」の約1.4倍の厚み。(2019/9/29)

カルビー「ポテトチップス」4品が9月下旬から20%増量 「うすしお味」「コンソメパンチ」「コンソメWパンチ」
北海道の新じゃがにありがとう。(2019/9/21)

ポテチやじゃがりこを原寸大でそっくり再現したキーホルダー、カプセルトイで登場
うすしおもじゃがりこもあるよ。(2019/9/9)

かっぱえびせんが少なくなった……事実上の“値上げ”となる各事情
気づけば菓子が少なくなっていたり、牛乳の量が減っていたり。値段は据え置き、容量やサイズを小さくする事実上の値上げ「シュリンクフレーション」が話題となっている。原材料費の高騰や消費量の低迷など、メーカー側はさまざまな理由を挙げるが、背景には何があるのか。(2019/9/3)

かっぱえびせんが少なくなった! 事実上の“値上げ”となる各事情
気づけば菓子が少なくなっていたり、牛乳の量が減っていたり…。値段は据え置き、容量やサイズを小さくする事実上の値上げ「シュリンクフレーション」が話題となっている。原材料費の高騰や消費量の低迷など、メーカー側はさまざまな理由を挙げるが、背景には何があるのか。(2019/9/3)

ハイパーじゃがアリゴが作れる! じゃがりこのアレンジ料理が楽しめるマシン「じゃがりこクッキング」が発売
「じゃがりこ」のアレンジはハズレがない説。(2019/9/2)

花よりじゃがりこ!? 「じゃがりこ学園」のアイドル「J5」を決める擬人化イラストコンテストが開催
サラダ、チーズ、じゃがバター、たらこバター、明太もちチーズの「J(じゃがりこ)5」。(2019/8/24)

「滅びゆく会社」の特徴とは:
優秀な人が大量に辞めていく企業の共通点は? 「人材流出企業の覆面座談会」で明らかに
ただでさえ人手不足で人材を集めるのが難しいこの時代に、惜しげもなく優秀な人材を流出させてしまう企業では、いったい何が起こっているのか――。(2019/7/31)

カルビーの“のっけるおかず”「のせるん♪」がクラファンで成功 食パンに塗るだけでバランスのいい食事に
ラタトゥーユ、ホワイトシチュー、ポークカレーのおかずパンを簡単に。(2019/7/23)

コストコに行ったらこれを買え! コストコ好きが勧めるマストバイ10選
年に10〜15回コストコに行く記者がオススメ。【追記あり】(2019/7/4)

ネバネバ&パリパリ 納豆フレークをかけて食べるポテチ「納豆好きのための納豆味」が復活
2018年には1週間で売り切れた人気商品。(2019/6/21)

ポテチ食べながら指を汚さずスマホ操作 タカラトミーのポテチ専用デバイス「ポテチの手」が進化
2010年発売の「ポテトの手」に、新機能が……!(2019/5/10)

「自らの手は汚さない」 ポテチをつまめるタッチペン、タカラトミーアーツが発売
「ポテトチップス」をつかめるハンドを搭載したスマートフォン向けタッチペンが登場。タカラトミーアーツとカルビーがコラボした商品だ。(2019/5/10)

クロネコヤマトの子猫、ブタ鼻かと……「有名ロゴが別物に見える」話に「同じ人いた」とうなずき続出
カルビーポテトチップスのキャラがコワすぎた。(2019/4/23)

アンテナショップで23日から「無限ポテチ」販売 「無限レシピ」をポテトチップスで再現
揚げたて商品とお土産用の2種類。(2019/4/19)

発売日は令和元年5月1日 カルビー「新元号最初のポテトチップス」をローソン限定で発売
「平成最後」から「新元号最初」へ。(2019/4/1)

「新元号最初のポテトチップス」をローソン限定発売 裏面にはポテチが歩んできた歴史をプリント
新元号、果たして……。(2019/3/28)

製造IT導入事例:
NEC、カルビーへ「店頭棚割画像解析サービス」を提供
NECは同社の「店頭棚割画像解析サービス」がカルビーに採用されたと発表した。小売店舗の売り場にある商品棚をスマートフォンのカメラで撮影し、画像認識によって商品の陳列状況を高精度に解析する。店舗営業担当者の調査業務効率化を狙う。(2019/3/25)

カルビー、「ポテトチップス」を値上げ 「かっぱえびせん」は内容量減少
悲しい……。(2019/3/1)

カルビー子会社も:
厚労省“ブラック企業リスト”更新 温泉清掃中に作業員が「硫化水素中毒」になった企業など追加
厚労省が“ブラック企業リスト”を更新。温泉の清掃で作業員が「硫化水素中毒」になったビルメンテナンス事業者が追加された。カルビー子会社のカルビーポテトも、フォークリフト作業時に作業指揮者を配置しなかった旨でリスト入りした。(2019/3/1)

カルビー、商品の棚割を画像解析で最適化 “スマホで撮るだけ”のNEC「店頭棚割画像解析サービス」を活用
カルビーは、スマートフォンのカメラで撮影するだけで商品棚の陳列(棚割)状況をデータ化するNECの「店頭棚割画像解析サービス」を導入。棚割状況の正確な把握や棚割の最適化など、売上拡大施策の検討に活用する。(2019/2/27)

袋のままレンチンできると話題の「レンジ de ポテリッチ」自主回収 購入者から焦げ・発火の申し出
3月発売予定だった「レンジ de ピザポテト」は発売中止に。(2019/2/22)

ポテチをレンジでアツアツに! 袋のままチンできる「ポテリッチ」と「ピザポテト」がファミマで限定販売
ポテリッチ(濃厚バター醤油味)は2月19日、ピザポテトは3月12日から登場。(2019/2/19)

ミレービスケット味のポテトチップスが3月4日発売 県職員と協議して”高知の味”再現
想定価格は税込み120円前後。(2019/2/17)

これは禁断のお菓子ですわ カルビーがチョコレートをポテトチップスでサンドしてしまう
すごいのが出ちゃったぞ。(2019/2/7)

「イモ感すごい」「今までになかった食感」 HIKAKIN絶賛で絶滅寸前“ヒカキンポテト”を食べてみた
本当においしいのか、実際に食べてみました。(2019/2/2)

無線LAN導入の決め手は?:
PR:アンケート調査に見る無線LAN導入の現実、導入の鍵はコストや速度ではなく「セキュリティの攻略」だった
企業が無線LANの導入を決める第一の要因は何だろうか。企業に対するアンケート調査によれば、「セキュリティ」であったことが分かる。「セキュリティが心配だから」という理由で無線LAN導入を凍結している企業が一定数ある一方で、「セキュリティの不安を克服できた」からこそ、導入に踏み切ることができたとする企業もまた多い。(2019/2/14)

カルビー×ロッテリア バーガーやポテトとコラボしたスナック菓子がおいしそう
「ベジたべる」と「野菜ハンバーガー」のコラボ商品が新登場。(2019/1/25)

カルビーご当地ポテチ第2弾・17種発売 「芋煮カレーうどん味」「鰹みそ味」などユニークな品揃え
個性豊か。(2019/1/21)

これはもう実質恵方巻といって過言ではない「ポテトチップス 恵方巻味」発売
あくまでも恵方巻味。(2019/1/14)

インスタ映えで大事なこと:
「恵方巻味」ポテチが登場 パッケージデザインで考慮した“乙女心”
恵方巻味のポテトチップスが期間限定で発売される。開発で特に注力したのはパッケージデザイン。あえて恵方巻のサイズを大きくした背景にある“乙女心”とは。(2019/1/12)

カルビー、塩分カットのポテトチップスシリーズに新商品 「スパイス香るコンソメ味」がコンビニ限定で発売
4種のスパイスを効かせることで“減塩なのにおいしい”を実現。(2019/1/12)

じゃがりこをバレンタイン向けに 「じゃがりこ アーモンド味」数量限定発売
チョコレートにマッチしたアーモンド味を実現。(2019/1/7)

中小企業が大企業に勝つ方法:
マツコが絶賛した予約殺到の「できたてポテトチップ」! “神がかったうまさ”の舞台裏に迫る
1953年創業の小さなポテトチップメーカー菊水堂。同社の「できたてポテトチップ」はマツコ・デラックスが絶賛したことで話題となった。そのおいしさはどのように生み出されているのか。舞台裏に迫った。(2018/12/26)

社内Wi-Fiを安全に運用するには:
PR:ネットワークの安全性と利便性を両立――認証基盤の整備が役立った
社内のネットワーク環境としてWi-Fiを導入する場合には安全性と利便性のバランスが課題になる。安全性を向上させるため、パスワードに頼った認証を導入しがちだが、厳格な運用は利便性を損ないかねない。また、人の記憶に依存する認証(知識ベース認証)ではシャドーITはもちろん、認証情報の漏えいにより、外部からの不正アクセスを許してしまう危険もある。自動家計簿・資産管理サービスを展開するマネーフォワードは社屋移転に当たり、Wi-Fi環境の安全性強化を図った。証明書ベースの認証を導入した結果、運用管理コストを抑えることに成功した他、利便性も高まった。同社の課題と解決策を紹介する。(2019/1/7)

終了:【Amazonサイバーマンデー】液晶テレビが特価! セール終盤でお買い得なドローン・テレビ・食品などを一挙ご紹介
セールは12月11日1時59分まで。(2018/12/10)

「ピノはイタリア語で○○○」「ダースは“12個だから”ではない」 お菓子やジュースのネーミング、意外な由来を調べてみた
「じゃがりこ」の由来の「りかこさん」って誰だよ……(2018/11/30)

CIOへの道:
「ビジネスとITをつなぐ日本一の人間になる」 RIZAP CIOの岡田氏は「無名時代のファーストリテイリング」で何を学んだのか
ダイエットのビフォーアフターを見せるテレビCMで一躍有名になったRIZAP。そんなRIZAPの“ビジネスとITをつなげる役割”を担うキーパーソンが、同社取締役でCIOを務める岡田章二氏だ。同氏が考える「ビジネスとITの関係」「あるべきCIOの姿」とは一体どのようなものなのだろうか?(2018/11/29)

定番だけじゃない:
「小倉トースト」戦国時代到来? “最新”名古屋土産を食べてみた
帰省や旅行のとき、駅のお土産店で定番商品を買うことが多いが、楽しみ方はそれだけではない。“新定番”や駅にはない商品も発見できるかもしれない。名古屋駅周辺を巡ってみると、最近の傾向が見えてきた。(2018/11/25)

【一問一答を詳報】:
経営陣と松本氏は「健全な対立関係」にある――RIZAP両トップ、赤字転落の裏側語る 
RIZAPグループの上半期の連結決算が赤字転落。通期業績予想も赤字を見込む。会見では瀬戸健社長・松本晃代表取締役が登壇し、その裏側を語った。経営陣と松本氏は「健全な対立関係」にあるという。(2018/11/15)

長野県・新潟県民に朗報 通常の3倍の厚さのポテチ「ポテトデラックス」 2県限定で発売
食べ応えありそう。(2018/11/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。