ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「シボレー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「シボレー」に関する情報が集まったページです。

まるで神隠し 「じいちゃん家の近くに捨てられてる」と道路脇で無造作に放置された名車がTwitterで話題
この特徴的なデザインは……!(2022/5/22)

ジェットエンジン2基で超加速 最大2万5000馬力の魔改造トラック「HotStreakII」がやばすぎる
最高速度は時速560キロ……!?(2022/5/22)

長渕剛、愛車が眠る「秘密のガレージ」ドーンと公開 「これは貴重な映像」「アニキやっぱ格好良すぎ」
うぉぉ〜あの「♪オーマイジープ」が生まれたJEEPも!(2022/5/18)

電気自動車:
ホンダとGMがEVの共同開発を拡大、3万ドル以下の量販価格帯でグローバル展開
ホンダとGeneral Motors(GM)は2022年4月5日、新たなEV(電気自動車)シリーズを共同開発する計画を発表した。(2022/4/6)

あくまでイスと言い張る珍品 727馬力のV8エンジンを搭載した魔改造バースツールが海外オークションに登場
これは家具なのか……?(2022/4/1)

牛の鼻からファイヤー! 火炎放射機能つき世紀末仕様キャンピングカーが海外オークションに登場
内装は意外と上品な仕上がり。(2022/3/7)

これは惨劇回避不可 サメとボートという「お約束」表現したピックアップトラックがサメすぎる
車体後方には快適そうなシートも置かれています。(2022/3/3)

シリコンバレーから見た風景:
運転手がいないロボタクシー「Cruise」に乗りたい! サンフランシスコで申し込んでみた
サンフランシスコでは、ドライバーレスタクシーサービスが始まっている。その1つであるCruiseについて調べてみた。(2022/3/1)

世界に7台しかない貴重なカスタムモデル「コルベット」が海外オークションに出品 初代バットモービルのデザイナーが手掛ける
貴重なコルベットがオークションに登場。(2022/2/18)

Marketing Dive:
テスラとの戦いに“レガシーメーカー”がマーケティングで勝つには?――「EV」時代の自動車ブランド【前編】
EV市場で独走するTesla(テスラ)につけられた大差を少しでも縮めるため、既存の自動車メーカーは価格や製品バリエーション、そしてブランド戦略で勝負しなければならない。(2022/2/11)

「グリーン・デイ」ビリー・ジョー、盗まれた愛車が戻り「神様ありがとう」 30年乗り続けた62年型シボレー
情報提供呼びかけから4日後。(2022/2/10)

ソフトバンクG、ビジョン・ファンドでCruiseに13.5億ドル追加出資
General Motors(GM)傘下の自動運転システム企業Cruiseは、ソフトバンク・ビジョン・ファンドから13.5億ドルを調達すると発表した。サンフランシスコで開始した自動運転タクシーサービスの提供エリアを拡大していく狙いだ。(2022/2/2)

ちゃんと前を見ていれば ピックアップトラックが米高速道路で起こした複数のクルマを巻き込む事故のドラレコ映像
前方の状況把握は重要ですね……。(2022/1/25)

FedEx、Wabtec、Walmartとの提携なども:
GMがCESで明かした、EV/自動運転車戦略
General Motors(以下、GM)は、「CES 2022」(2022年1月5〜8日、米国ネバダ州ラスベガス)で実施したバーチャル基調講演で、電気自動車(EV)技術の進歩に向けたビジョンの概要を発表した。この中で、「Ultium」EVプラットフォームの革新性を強調し、新型EVのラインアップを紹介した。また、同社の配送用EV部門であるBrightDrop事業部と連携し、FedExおよびWalmartとパートナーシップを結んだことも発表した。(2022/1/13)

予想価格は4億円オーバー! 初代「シェルビー マスタング」のプロトタイプがオークションに
落札予想額は約400万ドル(4億6000万円)とも。(2022/1/10)

自動車業界の1週間を振り返る:
クルマのパーソナライズって言うんなら、ボディーカラーも変えなければ!
さて、今週は現地時間の1月7日まで、米国ネバダ州ラスベガスにて消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2022」が開催されました。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染が再拡大し、さまざまな企業が現地での出展を見送り、オンラインでの出展に切り替えました。(2022/1/8)

電気自動車:
GMはシボレーでもEVを続々投入、95%ハンズオフ可能な「ウルトラクルーズ」も
General Motors(GM)は2022年1月5日、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2022」の基調講演において、EV(電気自動車)や自動運転技術の最新の取り組みを発表した。シボレーブランドで投入する3車種のEVを披露した他、Cruise(クルーズ)との協力によって開発している自動運転システムの進捗や、キャデラックブランドでデザインした移動空間のコンセプトについても紹介した。(2022/1/7)

消防局長官の車両が凍結した路面でスリップ 道路脇に乗り上げてすってんころりん 雪に覆われた米ニューヨークで
大惨事にならなくてよかった。(2022/1/6)

ディーラーの対応にブチギレ テスラ「モデルS」をダイナマイトで爆破、フィンランドの地に散る
イーロン・マスク人形もろとも発破!(2021/12/29)

駐車場でトラックに前部を踏み潰されたコルベットが見つかる 発進時に巻き込むように乗り上げたか
ちゃんと確認しないから……。(2021/12/6)

漆黒のボディーが最高にかっこいい! シボレー「C2 コルベット」にランボルギーニ・ガヤルドのV10エンジンを移植したカスタムカー
フロントのデザインもかっけぇ!(2021/11/30)

モータースポーツ超入門(11):
電動化でさらにレースを面白く、時速380kmの戦い「インディカー・シリーズ」
時速380kmにも達する超高速スピードで競う北米最高峰のモータースポーツが「インディカー・シリーズ」だ。(2021/11/24)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
このご時世だけど、1000馬力で排気量10リットルのV8エンジン
「このご時世」とか言わなくていいようになってほしいですね。(2021/10/27)

被害は約1億円……!? 高級車を満載したトレーラーが炎上、シボレー・コルベットが完全に焼失する大惨事に
幸いなことに運転手は無事でした。(2021/10/11)

とにかく「見た目のクセが強すぎる」魔改造メルセデスが海外で話題に ガルウイング・ドアにV8ミッドシップ採用の超個性派カスタムカー
メルセデスのレーシングカーをモチーフにしたデザイン。(2021/9/12)

下見するフリしてスーパーカーを盗む カーディーラーで白昼堂々と行われたクルマ泥棒の犯行
こうなってはセールスマンも見送ることしかできない。(2021/9/9)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
いまさら聞けないリチウムイオン電池とは? EVの行く手に待ち受ける試練(後編)
今回は、そのレアアース不足を前提にバッテリーがどの様な変化をしていくのかについて、考えてみたい。まずリチウムイオン電池というものはそもそもどういうモノなのかから説明をしないと話が分からないだろう。(2021/9/6)

憧れのアメ車をマッスルに再現 毎号ミニカー付き「アメリカンカー コレクション」創刊
集めてたくさん並べたい〜。(2021/7/28)

シンクロ率高すぎ バックで出庫したクルマ同士がごっつんこ 事故映像に「そうはならんやろ」とツッコミ殺到
しっかり安全確認したのに……。(2021/7/25)

高根英幸 「クルマのミライ」:
トヨタTHSは、どうして普及しないのか そのシンプルで複雑な仕組みと欧州のプライド
前回の記事「シリーズハイブリッド、LCAを考えると現時点でベストな選択」を読まれた方の中には、こんな疑問を持たれた方も多いのではないだろうか。「シリーズハイブリッドなんかより、シリーズパラレルで万能なトヨタのハイブリッドシステムを他社も利用すればいいのでは?」(2021/6/7)

闇夜に浮かび上がる妖艶なミクさん ラッピング技術で魅せる「初音ミク×CR-Z」痛車がめちゃくちゃカッコイイ
ミクさん素敵。(2021/4/11)

コルベットが盛大にクラッシュ炎上、鉄くずに 米ハイウェイで白昼堂々と非合法レースを繰り広げ
事故時には時速190キロ以上出ていたそうです。(2021/1/29)

ジャンクから組み上げたハーレーも 所ジョージ、自らカスタムした愛車たちをオークション出品 売上は交通遺児サポート団体に寄付
憧れの「所ジョージ」マシンが手に入るチャンス。(2021/1/7)

EVなのにクラシックカーのようなスタイル 米国の新興メーカー・Alphaが開発した新型「エース」がレトロかっこいい
他のEVのスーパーカーとは、また違った魅力がある……!(2020/12/26)

電気自動車:
GMは第1世代のEVから黒字化、開発期間短縮とバッテリーコスト6割減がカギに
GM(General Motors)は2020年11月19日、電動化への投資を強化すると発表した。EVや自動運転車への2025年までの投資額は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大以前に計画した200億ドル(約2兆800億円)から270億ドル(約2兆8100億円)に増やす。(2020/12/2)

価格は427万円から 光岡自動車、1980年代のアメ車スタイル新型SUV「Buddy」先行予約がスタート 初年度は50台限定
22年以降は年間150台を生産予定。(2020/11/26)

製造マネジメントニュース:
コンシューマーレポートでマツダが初の1位、テスラは26ブランド中25位に
米国のコンシューマーレポート(Consumer Reports)は2020年11月19日、2020年の自動車信頼性ブランドランキングを発表した。マツダが初めて1位を獲得した他、ビュイック(Buick)とホンダが順位を大幅に上げた。ランキングはデータが不十分もしくはモデル数が少ないブランド△△(※)△△を除いて26位までとなっている。(2020/11/24)

これすげぇかも!! 古き良きアメ車を「デザインそのまま」EVに シボレーから「K5 ブレイザーE」登場
ガチなアメ車を「EVへチェンジ」できるキットが2021年後半に登場するようです。(2020/11/18)

これはマジかっけぇぇ! ガチなアメ車デザインの“新型車”「ミツオカ・Buddy」が想像以上にヤバイ!【画像30枚】
あのRAV4がオールドアメ車デザインに!(2020/10/31)

鬼滅の刃、ごちうさ、五等分の花嫁など 神戸のベイエリアに痛車100台が集結、コスプレ痛車イベ「かみこす!」に行ってきたよ
神戸屈指の観光地がサブカル一色に(2020/10/17)

松岡充、愛車「コルベット」の炎上を謝罪 「入念な整備から車が帰ってきた翌日の出来事でした」
炎上したのは68年型のシボレー コルベットとのこと。(2020/8/23)

痛車でサーキットを爆走 「エビス痛車祭り2020」写真まとめ第3弾 バンドリスカイライン、葉加瀬セリカ、アイカツジェミニなど
往年のスポーツカーから大型SUVも痛車で参戦。(2020/8/15)

9割を市販パーツで構成 GMが米軍の新型車両「ISV」生産開始、輸送能力と走破性を両立した設計
シボレー「コロラド ZR2」をベースにしています。(2020/7/3)

「投げキッスのミクさんマジ天使」 シボレー「コルベットC5」を使った初音ミク仕様GTカーレプリカ痛車が素敵すぎる
Mercedes AMGもいいけど、こっちもかっこいい。(2020/4/23)

1980年生まれの珍車が走る! 未来を先取りしすぎた6輪ハイブリッドカー「B&S HYBRID」の勇姿を見よ
特徴的な外観の割に、なかなか安定した走行を披露しています。(2020/3/20)

膨大な取材を終えて:
「CES 2020」で感じた10の所感
膨大な数の記者会見やインタビューが行われた「CES 2020」。CESでの取材を終えて筆者が感じた「10の所感」をまとめる。(2020/1/24)

ほ、本物の2000GTだぁぁぁ! 由緒正しいクルマの神社に200台のヴィンテージカーが集まった「谷保天満宮旧車祭2019」写真レポ
スーパーカーの代表格「ランボルギーニ カウンタック」も登場!(2019/12/22)

約1トンも重量差があるのに!? 1000馬力の魔改造ジープがマクラーレン「720S」とドラッグレースでバトル
スタートダッシュが超速えぇ……。(2019/12/6)

記念カラーはド派手なゴールド ダッジ・チャレンジャー50周年記念モデルが限定生産、70年代のモデルを意識したデザイン
「シェイカーフード」も全車に標準装備します。(2019/12/3)

海外からやってきたガルパンおじさんと出会った「ひめたまユル会」痛車まとめ第3弾、初音ミクや結月ゆかりの痛車も
ケイ仕様のシボレー スパークがとてもオシャレで最高。(2019/11/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。