ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「シボレー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「シボレー」に関する情報が集まったページです。

闇夜に浮かび上がる妖艶なミクさん ラッピング技術で魅せる「初音ミク×CR-Z」痛車がめちゃくちゃカッコイイ
ミクさん素敵。(2021/4/11)

コルベットが盛大にクラッシュ炎上、鉄くずに 米ハイウェイで白昼堂々と非合法レースを繰り広げ
事故時には時速190キロ以上出ていたそうです。(2021/1/29)

ジャンクから組み上げたハーレーも 所ジョージ、自らカスタムした愛車たちをオークション出品 売上は交通遺児サポート団体に寄付
憧れの「所ジョージ」マシンが手に入るチャンス。(2021/1/7)

EVなのにクラシックカーのようなスタイル 米国の新興メーカー・Alphaが開発した新型「エース」がレトロかっこいい
他のEVのスーパーカーとは、また違った魅力がある……!(2020/12/26)

電気自動車:
GMは第1世代のEVから黒字化、開発期間短縮とバッテリーコスト6割減がカギに
GM(General Motors)は2020年11月19日、電動化への投資を強化すると発表した。EVや自動運転車への2025年までの投資額は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大以前に計画した200億ドル(約2兆800億円)から270億ドル(約2兆8100億円)に増やす。(2020/12/2)

価格は427万円から 光岡自動車、1980年代のアメ車スタイル新型SUV「Buddy」先行予約がスタート 初年度は50台限定
22年以降は年間150台を生産予定。(2020/11/26)

製造マネジメントニュース:
コンシューマーレポートでマツダが初の1位、テスラは26ブランド中25位に
米国のコンシューマーレポート(Consumer Reports)は2020年11月19日、2020年の自動車信頼性ブランドランキングを発表した。マツダが初めて1位を獲得した他、ビュイック(Buick)とホンダが順位を大幅に上げた。ランキングはデータが不十分もしくはモデル数が少ないブランド△△(※)△△を除いて26位までとなっている。(2020/11/24)

これすげぇかも!! 古き良きアメ車を「デザインそのまま」EVに シボレーから「K5 ブレイザーE」登場
ガチなアメ車を「EVへチェンジ」できるキットが2021年後半に登場するようです。(2020/11/18)

これはマジかっけぇぇ! ガチなアメ車デザインの“新型車”「ミツオカ・Buddy」が想像以上にヤバイ!【画像30枚】
あのRAV4がオールドアメ車デザインに!(2020/10/31)

鬼滅の刃、ごちうさ、五等分の花嫁など 神戸のベイエリアに痛車100台が集結、コスプレ痛車イベ「かみこす!」に行ってきたよ
神戸屈指の観光地がサブカル一色に(2020/10/17)

松岡充、愛車「コルベット」の炎上を謝罪 「入念な整備から車が帰ってきた翌日の出来事でした」
炎上したのは68年型のシボレー コルベットとのこと。(2020/8/23)

痛車でサーキットを爆走 「エビス痛車祭り2020」写真まとめ第3弾 バンドリスカイライン、葉加瀬セリカ、アイカツジェミニなど
往年のスポーツカーから大型SUVも痛車で参戦。(2020/8/15)

9割を市販パーツで構成 GMが米軍の新型車両「ISV」生産開始、輸送能力と走破性を両立した設計
シボレー「コロラド ZR2」をベースにしています。(2020/7/3)

「投げキッスのミクさんマジ天使」 シボレー「コルベットC5」を使った初音ミク仕様GTカーレプリカ痛車が素敵すぎる
Mercedes AMGもいいけど、こっちもかっこいい。(2020/4/23)

1980年生まれの珍車が走る! 未来を先取りしすぎた6輪ハイブリッドカー「B&S HYBRID」の勇姿を見よ
特徴的な外観の割に、なかなか安定した走行を披露しています。(2020/3/20)

膨大な取材を終えて:
「CES 2020」で感じた10の所感
膨大な数の記者会見やインタビューが行われた「CES 2020」。CESでの取材を終えて筆者が感じた「10の所感」をまとめる。(2020/1/24)

ほ、本物の2000GTだぁぁぁ! 由緒正しいクルマの神社に200台のヴィンテージカーが集まった「谷保天満宮旧車祭2019」写真レポ
スーパーカーの代表格「ランボルギーニ カウンタック」も登場!(2019/12/22)

約1トンも重量差があるのに!? 1000馬力の魔改造ジープがマクラーレン「720S」とドラッグレースでバトル
スタートダッシュが超速えぇ……。(2019/12/6)

記念カラーはド派手なゴールド ダッジ・チャレンジャー50周年記念モデルが限定生産、70年代のモデルを意識したデザイン
「シェイカーフード」も全車に標準装備します。(2019/12/3)

海外からやってきたガルパンおじさんと出会った「ひめたまユル会」痛車まとめ第3弾、初音ミクや結月ゆかりの痛車も
ケイ仕様のシボレー スパークがとてもオシャレで最高。(2019/11/28)

55年ぶりの新車種はEVに フォード・マスタング新型「マッハE」発表、最大465馬力の上位モデルも
マスタングシリーズ、55年ぶりの新車種です。(2019/11/19)

ベースが廃車とは思えない仕上がり 海外YouTuberがランボルギーニ・ウラカンをレストア、焼けただれた状態から最高のマシンを作り上げる
カスタムカーは2019 SEMAショーに展示されました。(2019/11/17)

「本田のおやっさん、ありがとう」 昔、日本では「赤いクルマ」が禁止だった
そのままだったら、真っ赤なポルシェ様やフェラーリ様はどうなっていたのでしょうね。(2019/11/8)

さすがホンダさん、米国「SEMAショー」でも気合い入りまくりでSUGEEE【写真39枚】
ビッカビカなN600レストア車の中には……おいマジか! なヤツがある超絶仕様とか。(2019/11/6)

ものづくりの歴史:
「ミニ四駆」誕生の舞台裏 プラモデルとクルマの幸せな関係
ミニ四駆はいかにして生まれたのか――。プラモデルと自動車の関わり合いの歴史をひも解きながら今後の展開を探る。(2019/8/30)

ザ・豪快マッチョ シボレー カマロに渋め貫禄フェイスの特別特別車「STYLING SPORT EDITION」
日本車にはない豪快大排気量V8マッスルカー。(2019/8/9)

その名もゴリアテ ごりマッチョ感がマシマシになるシボレー製ピックアップトラック6輪化カスタムキット爆誕、米カスタムメーカーが限定販売
旧約聖書の巨人兵「ゴリアテ」にちなんだ6輪化カスタム。(2019/8/2)

8代目にして初のミッドシップ化 新型「コルベット スティングレイ」発表、V8エンジンに8速DCTを採用
トランク容量を大幅に増やして利便性を向上。(2019/7/21)

令和になっても走れ走れ〜 「いすゞプラザ」で大正・昭和から働くトラックに会ってきた
凝った展示で「乗りもの大好きっ子」ならば一日楽しめます。(2019/7/12)

令和時代に稼ぐ企業はここが違う:
赤字のUber GMやフォードを超える時価総額の根拠は「自動運転」
5月にIPOしたUber。将来への高い期待を反映し、時価総額はGMやFordを超える700億ドルに達しています。しかし現在は赤字で、今後もしばらくは赤字の見通し。Uberの事業構造を読み解くと、どうなったらこの時価総額が正当化されるのかが見えてきます。キーワードは「自動運転」です。(2019/6/17)

けっこうグニャン、だ、大丈夫かな……!? パンクの心配不要「エアレスタイヤ」ミシュランが開発
今後に期待です。(2019/6/10)

ド派手なネオンカラーにショック! シボレー「カマロ」に特別仕様モデル「SHOCK EDITION」を発売
なんとも刺激的で、アメ車の魅力ムンムンな一台です。(2019/5/21)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
日米欧、新旧、ハイパワーと電動車、サンノゼのクルマ社会の多様性
ダイヴァーシティー。(2019/4/4)

製造マネジメントニュース:
電動化と自動運転へ6800億円の創出、SUVやライトトラック重視も鮮明に
General Motors(GM)は2018年11月26日、2020年末までに60億ドル(約6800億円)のフリーキャッシュフローを創出するため、事業変革を実施すると発表した。電気自動車や自動運転技術の開発に割り当てるリソースを今後2年で倍増させるため、生産体制の見直しや人員整理を進める。(2018/11/29)

GMが大規模リストラ発表 「電気自動車や自動運転にフォーカスするため」
米自動車大手のGeneral Motorsがデトロイトを含む北米の5つの工場閉鎖や従業員の15%を削減する大規模リストラを発表した。電気自動車や自動運転にリソースを集中させるためとしている。(2018/11/27)

スーパーカーから“やべー珍車”まで! 見ているだけでワクワク「お台場旧車天国2018」がすごかった
ポインター、キカイダー、デロリアン、ヨンフォア、金田バイクまで! さまざまなジャンルの旧車・名車・珍車が約700台も大集合していました。(2018/11/21)

世界最速の市販車はどれだ!? 米空軍基地で盛大なドラッグレースが開催 ポルシェやランボルギーニ、ホンダなど最新マシン12車種が集結
一番速いマシンはどれだ!(2018/9/23)

「往年の名車・クラシックカー」、いくらで買える? 最高額はあのベンツ、何と●億円
ふぇぇぇ、ウン千万円クラスは「普通」ってマジか……。オートモビル カウンシル出展の希少な販売車両から価格を調査。【写真93枚】(2018/8/6)

ソフトバンク、「ビジョン・ファンド」で米GM傘下の自動運転企業に2400億円出資
ソフトバンク・ビジョン・ファンドがGM傘下の自動運転企業Cruiseに22億5000万ドル出資する。Cruiseは昨年、GMの電気自動車「Chevrolet Bolt」ベースの量産型自動運転車を発表した。(2018/6/1)

自動車技術:
自動車の進化とともに100年に一度の変革期を乗り越える
自動車業界における100年に一度の変革期とは何か、電動化の時代に向けた備えとは。国内外の自動車産業を取材・分析してきた自動車調査会社 フォーインの久保鉄男社長に話を聞いた。(2018/5/8)

Amazon.com、車のトランクへの配送サービスを開始 まずはVolvoやChevroletで
Amazon.comが、駐車してあるGMやVolvoの車に荷物を配送するプライム向けサービスを米国で開始した。昨年米国で開始した不在宅への配送サービス「Amazon Key」の追加機能だ。(2018/4/25)

車両デザイン:
初見で使いこなせますか、最新輸入車のHMI
初めて乗ってから説明書なしでどこまで使いこなせるか実験した。(2018/2/19)

GM Marketplace:
カーナビ画面からスタバ注文やホテル予約、GMが米国でサービス開始
General Motors(GM)は、車内からオンラインで商品やサービスの注文・購入が可能な電子商取引サービス「マーケットプレース」を2017年12月から米国内で開始した。(2018/2/6)

車載情報機器:
カーナビからコーヒーの注文や給油の決済を、GMが米国でサービス開始
General Motors(GM)は、車内からオンラインでの商品やサービスの予約注文、購入が可能な電子商取引サービス「マーケットプレース」を2017年12月から米国内で開始した。(2018/1/29)

コルベットZR1に「史上最強仕様」 2019年モデルが明らかに
最大出力は755馬力、サーキット向けのハイウイング付き仕様も。(2017/11/17)

“いま”が分かるビジネス塾:
トヨタが販売車種を半数に絞る理由
トヨタ自動車が、国内で販売する車種を半分に削減する方針を固めた。同時に地域別の販売戦略を担当する新しい部署も立ち上げる。トップメーカーであるトヨタは戦後、一貫してフルラインアップの製品戦略を進めてきたが、今回の改革は、同社にとって極めて大きな転換点となる。(2017/11/2)

燃料電池車:
GMの燃料電池車に米国陸軍・海軍が注目、静粛性や走行距離の長さが軍事での強みに
General Motorsは、米国の合衆国陸軍協会の年次総会において、商用車向けの燃料電池車プラットフォーム「SURUS」を披露した。(2017/10/16)

GM傘下のCruise、Boltベースの量産型完全自動運転車を披露
General Motors(GM)が昨年買収した自動運転システム開発メーカーCruise Automationが、完全自動運転が可能なChevrolet Boltベースの量産モデルを披露した。(2017/9/12)

Lyft、Disneyとの提携でキャストが運転するミニーマウス仕様車での送迎サービス
配車サービスのLyftがDisneyと提携し、Walt Disney World Resortのホテル宿泊客専用の「Minnie Van」サービスを開始した。キャストが運転する水玉模様のシボレーが、World Resort内の目的地まで送り届けてくれる。(2017/8/1)

アライグマが車の後部座席で出産 ドアを開けたら小さな赤ちゃんアライグマが
まだちっちゃな赤ちゃんアライグマさん。(2017/7/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。