ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「コカ・コーラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コカ・コーラ」に関する情報が集まったページです。

“暗号化しない”ランサムウェア攻撃集団
コカ・コーラに身代金を要求した親ロ派ランサムウェア集団Stormousの狙いとは?
ランサムウェア攻撃集団「Stormous」はCoca-Colaのシステムに入り込んだと主張している。データを暗号化しないとみられるStormousは、この攻撃によって何を狙っているのか。(2022/5/24)

YOSHIKIイズムが詰まった「リアルゴールド」爆誕! 一足早く飲んでみたらバチバチ弾けておいしかった
早速飲んでみました。(2022/5/10)

爽健美茶が「BT21」の限定デザインに! お茶の原料を持つゆるかわいい7匹のパッケージと限定グッズに注目
色合いもかわいらしい。(2022/5/9)

経営を動かすファイナンス:
予算達成に“ひとごと”な事業部門 経営陣と危機感を共有してもらうには?
【Q】会議で部門ごとの予算に対する進捗を確認していますが、どこか“ひとごと”な様子です。経営チームはKPIの達成状況を重要視しており、達成のための危機意識がかなり強いのですが、その温度感が全社的に伝わるにはどうしたらいいでしょうか。(2022/4/28)

オフィスビルのゴミ、ペットボトルや紙コップ削減 不動産業界で実証実験進む
オフィスビルで廃棄されるペットボトルや紙コップを削減しようという試みが不動産業界で広がっている。(2022/4/27)

スマホ決済4月のキャンペーンまとめ【4月24日最新版】 10%〜50%還元が目立つ
2022年4月24日〜5月2日のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayは2000円(税込み、以下同)以上の買物で最大半額が当たるキャンペーンを実施。タクシーアプリ「GO」でのd払い決済で20%還元も続く。楽天ペイとUber Eatsの連携に伴うキャンペーンでは、注文金額の最大20%が付与される。(2022/4/24)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
ウクライナ戦争が引き起こす企業と投資家の社会的、倫理的ジレンマ
ロシア人に生活必需品を売るべきか――。ウクライナ戦争は企業に難しい課題を投げかけました。企業はESGと倫理的な配慮の間でどうバランスを取るべきでしょうか。フィデリティの取り組みとともにご紹介します。(2022/4/21)

スマホ決済4月のキャンペーンまとめ【4月17日最新版】 10%〜30%還元が続く
2022年4月17日〜25日のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayは2000円(税込み、以下同)以上の買物で最大半額が当たるキャンペーンを実施。au PAYは自治体と連携して最大30%を還元。タクシーアプリ「GO」でのd払い決済で20%還元も続く。(2022/4/17)

紙の上にオレオを置いたのでは……? オレオのイラストがまるで3次元で感覚がバグる
本物に見えるけど食べられないからカロリーゼロ!(2022/4/10)

スマホ決済4月のキャンペーンまとめ【4月10日最新版】 10%〜30%還元が目白押し
2022年4月10日〜18日のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayは2000円(税込み、以下同)以上の買物で最大半額が当たるキャンペーンを実施。au PAYは自治体と連携して最大30%を還元。Coke ON Pay対応自販機では100円以上の製品の購入で毎週100円相当がもどってくる。(2022/4/10)

ブランドは1日にしてならず:
緑茶リニューアル対決 シェアトップの伊藤園が、"定番"でも変化し続ける理由
お〜いお茶』に15年以上に携わってきた伊藤園マーケティング本部 緑茶飲料ブランドマネジャーの安田哲也氏に、緑茶界の”横綱”伊藤園『お〜いお茶』のマーケティング戦略と、22年の新たな挑戦を聞いた。(2022/4/7)

Marketing DIve:
ウクライナ戦争で有名ブランドが直面した空前絶後の試練
ロシアとの関係を断ってほしいという消費者の要望は明らかだが、従業員を支援したり一般の人々のために重要な製品を提供したりしたいと考える企業は、道徳的なジレンマに陥っている。(2022/4/6)

スマホ決済4月のキャンペーンまとめ【4月3日最新版】 最大100%還元施策で新生活をお得に
2022年4月3日〜10日のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayは2000円以上の買物で最大半額が当たるキャンペーンを実施。au PAYは自治体と連携して最大30%を還元。楽天ペイは抽選で最大全額をポイント還元する。(2022/4/3)

au PAY、コカ・コーラ公式アプリ「Coke ON」の新規利用で毎週100円相当を還元
au PAYは、コカ・コーラ公式アプリ「Coke ON」で新規利用すると毎週100円相当のPontaポイントをプレゼントするキャンペーンを開催。コカ・コーラ社製品を購入すると「2回に1回当たるくじ」が引けるキャンペーンも行う。(2022/3/30)

LINEリサーチ調べ:
炭酸飲料ブランド調査 3位「ファンタ」、2位「三ツ矢サイダー」、1位は?
LINEリサーチは、日本全国の15〜64歳の男女LINEユーザーに、「炭酸飲料」について調査した。最近飲んでいる代表的なブランド炭酸飲料の1位は「コカ・コーラ」だった。(2022/3/24)

若者から高い支持:
発売から1年で1.4億本売れた「綾鷹カフェ」 新作"ほうじ茶ラテ"を発売
コカ・コーラシステムは「綾鷹カフェ ほうじ茶ラテ」を発売する。第一弾の「綾鷹カフェ 抹茶ラテ」は発売から1年で累計出荷本数が1.4億本を突破。国産ほうじ茶を100%使用し、ほうじ茶の本格的な香り・うまみを再現した。(2022/3/22)

コカ・コーラ「檸檬堂」初の“レモンサワーの素”登場 炭酸で割るだけでレモンサワーに
自分の好きな濃さと量の「レモンサワー」を作れます。(2022/3/11)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ウクライナ侵攻で広がる「企業版経済制裁」、ロシア国民はマックやスタバから締め出される
グローバル経済の広がりは経済制裁のあり方にも大きな変化をもたらしたようだ。これまで「経済制裁」といえば、「国際社会」対「政府」という、公的な措置のイメージが強かった。しかし、一企業が国に匹敵するほどの力を持つようになった現代では「企業」対「政府」という意味でも十分に効果のある制裁を加えることが可能になっている。(2022/3/11)

マクドが露営業停止 冷戦終結「象徴」去る スタバ、コカ・コーラも
【ワシントン=塩原永久】米ファストフード大手マクドナルドは8日、約850店を持つロシアで全店舗の営業を一時停止すると発表した。同社のロシア進出は冷戦終結の象徴とされたが、ウクライナ侵略に抗議する世界的な動きに「加わる」(同社首脳)としている。コーヒーチェーン大手のスターバックスや、飲料大手コカ・コーラなども同日、事業停止を決めた。(2022/3/9)

原口あきまさ、4人兄弟と“顔出し”家族ショット 長男の11歳バースデーを祝福「長男坊! お誕生日! おめでとう」
おいしそうなバースデー料理も。(2022/2/16)

2022年5月から:
「コカ・コーラ」「綾鷹」値上げ 大型ペットボトル製品、全16種類が対象
コカ・コーラが大型ペットボトル製品の値上げを発表した。全16製品を5〜8%値上げ見込みだ。世界的な原材料価格高騰が原因とする。(2022/2/8)

コカ・コーラやアクエリアスなど大型ペットボトル製品の出荷価格値上げ 5月1日から、COVID-19が影響
コーラもか……。(2022/2/8)

小林幸子、初ドライブスルーにテンパりまくり 撮影スタッフの依頼を全スルーも「はじめてのおつかいだから勘弁して」
スタッフ「希望した注文が何も入ってないですね……」(2022/1/31)

狙うは30〜40代:
日本コカ・コーラ、新ノンアルブランド「よわない檸檬堂」を発表 ”飲まない日”の選択肢に
日本コカ・コーラは新ノンアルブランド「よわない檸檬堂」を発表した。2月21日に全国で発売する。コンビニでは2月7日から先行販売する予定だ。ノンアルコールRTD市場の拡大を踏まえて、飲酒をしない潜在層に訴求していく。(2022/1/25)

なぜ今、“お茶”がアツイのか?:
PR:日本コカ・コーラが見据える茶系飲料市場の未来図 「綾鷹カフェ 抹茶ラテ」大ヒットの要因を語る
2021年、コカ・コーラ、ジョージアなどで知られる清涼飲料市場の先導的企業である日本コカ・コーラは、コロナ禍で世の中が変容する中、「お茶市場でもリーディングカンパニー」を目指すことを宣言した。消費者ニーズに柔軟に対応するべく、同社が取り組む“お茶”変革――その一年間の取り組みを振り返ると同時に、日本コカ・コーラが見る茶系飲料市場の今後に迫る。(2022/1/19)

20周年の東京ディズニーシーで見つけた限定グッズ 通が押さえる「注目アイテム3選」を紹介します
隠れ「名グッズ」はどれ?(2022/1/15)

プロジェクト:
三菱地所レジデンスらが「川越」駅前で延べ2万m2の25階建てタワマンを開発
三菱地所は、大栄不動産とともに、埼玉県川越市脇田本町で開発を進める分譲タワーマンション「ザ・パークハウス 川越タワー」のモデルルームを2022年1月8日にオープンした。(2022/1/14)

猫が「ドミノとメントスコーラのピタゴラ装置」にチャレンジした結果 猫たちのスゴ技動画に驚きと称賛の声
短い動画なのに見応えがすごい。(2022/1/9)

PR:今年の年越しは宇宙だ! コカ・コーラが年越しの瞬間の地球を宇宙から中継するカウントダウンライブを配信
令和時代の年越しジャンプ。(2021/12/28)

PR:「それもまた青春」なんて割り切れない コロナ禍でステージに立てなかった生徒たちのパフォーマンスをつなげた動画に胸が熱くなる
発表の場がなくなってしまった生徒たちにお披露目の機会を。(2021/12/23)

Payments Dive:
デジタル「後払い」で競争激化 注目の大手StripeとKlarna連携のインパクトは
デジタル決済市場で注目の2社が手を組んだ。グローバル規模のオンライン決済インフラを手掛けるStripeと、スマホを使った買い物向けの「後払い」機能で人気を集めるKlarnaだ。関係者が「決済のパフォーマンスを大幅に向上させ、オンラインの消費行動を成長させる効果がある」と意気込む提携の中身は。(2021/11/29)

健康志向の高まりも背景に:
コカ・コーラ「やかんの麦茶」、発売から半年で累計出荷本数2億本突破 麦茶ブームを追い風に
4月に発売した「やかんの麦茶 from 一(はじめ)」が、約半年で累計出荷本数2億本を突破した。過去3年間で発売されたコカ・コーラ社の新製品としては最速となる。(2021/11/26)

Retail Dive:
出品者の販売促進へ Amazonが無料のデータ分析サービス発表 戦略に物議も
Amazonに商品を出品する企業が消費者の検索データを分析することで販売を強化できる――。Amazonがそんな無料ツールをリリースする。一部で物議を呼びつつ、豊富なデータを武器に事業者とのつながりを深める戦略とは。(2021/11/26)

Marketing Dive:
バーガーキングが見つけた「NFT」活用の勝ち筋とは?
Burger Kingが展開した「Keep It Real Meals」キャンペーンでは、NFT(非代替トークン)を活用してゲームコンテンツを提供した。(2021/11/19)

知ってた? 自販機70万台からデータ収集、“選んでいる時間”も計測 コカ・コーラ ボトラーズジャパンがもはや“テック企業”だった
自動販売機は商品を売るだけではない――約70万台の自販機を管理するコカ・コーラ ボトラーズジャパンは「70万台のデバイスとデータを持つテック企業」だという。収集したデータをどう活用しているのだろうか。(2021/11/16)

Supply Chain Dive:
倉庫DXで“20年前の技術”が大活躍 DHLや物流、小売りが続々導入する理由
コロナ禍で打撃を受けた倉庫作業の現場で、センサー技術と自動化技術が急速に普及しつつある。初めて市場に登場した90年代には広まらなかった技術に何が起こったのか。また、市場関係者が期待するという、単なる効率化を超えた導入効果とは何なのか。(2021/11/12)

スーパーから「500mlのコカ・コーラ」が消失中 「350じゃ足りない!」「700じゃ多すぎる!」と嘆く漫画に共感の声
「俺は500mlがちょうどいいんだー!」(2021/11/10)

Supply Chain Dive:
“データ多過ぎ”時代のIT戦略、変わるポイントは? サプライチェーンの場合
足りない知見を補いたい企業が“データ不足”に悩んでいた時代は終わり、今度は大量のデータをどうさばくか悩む時代が到来しつつある。データから望む知見を引き出し、同時に費用対効果も上げるために必要なポイントとは何だろうか? サプライチェーン管理の視点から考えてみよう。(2021/11/9)

【Amazonタイムセール祭り】飲料が3日間限定でお買い得 ラベルレスのサントリー天然水やコカ・コーラなど
ラベルレスありがたい。(2021/10/29)

PR:日常の中に隠れた魔法のような瞬間「リアルマジック」を探すという、いつも通りのステキな一日
当たり前の毎日の中にも誰かと笑い合いたくなる魔法の瞬間がきっと見つかるはず。(2021/11/11)

「この企業に勤める人と結婚したい」ランキング トヨタ自動車、任天堂をおさえての1位は?
「この企業に勤める人と結婚したいランキング調査」。1位は「地方公務員」(28.6%)だった。(2021/10/23)

Supply Chain Dive:
P&Gやコカ・コーラら大手が結集 配送センターの集配、デジタルで非接触化の動きは定着するか
食料品や消費財の製造企業や大手の物流企業らが結集し、物流拠点でドライバーらが紙の書類をやりとりしていた従来の業務を本格的にデジタル化、効率化する技術の業界標準を策定した。ドライバーの滞留時間を短縮する他、これまで標準がなかった企業同士のデジタル情報のやりとりも標準化する。具体的にどのような動きが実現したのか。(2021/10/18)

国民的キャラクター:
進むガンダムのメインカルチャー化 社会的アイコンとしてバンダイナムコが描くサステナブル戦略とは
今や国民的キャラクターといえる機動戦士ガンダム。バンダイナムコのサステナブル戦略を追った。(2021/10/14)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 リテール×マーケ【後編】:
プロに聞く! 「はなまるうどん」のマーケターになったら「丸亀製麺」とどう戦う?
「はなまるうどんのマーケターになったら、丸亀製麺とどう戦う?」「牛丼チェーン店の大手3社に勤めたら、どんな戦略を立てる?」──西友、ドミノ・ピザジャパンなどでCMOを務めた“プロマーケター”の富永朋信氏に、話を聞いてみた。(2021/10/12)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 リテール×マーケ【前編】:
元西友のプロマーケターがうなる、オーケーストアの差別化戦略
西友、ドミノ・ピザジャパンなどでCMOを務めた“プロマーケター”の富永朋信氏と、東急ハンズ・メルカリなどでCIOを務めた長谷川秀樹氏が対談。富永氏が語る、オーケーストアを研究すべき理由と、小売りに求められる「差別化戦略」とは──?(2021/10/11)

【Amazonタイムセール祭り】セール最終日の売れ筋商品は? 「Fire TV Stick 4K」が50%オフで3480円に
飲料・日用品もお買い得です。(2021/9/27)

【Amazonタイムセール祭り】コカコーラゼロ500mlが1本70円、カゴメ野菜生活が1本65円など飲料品がお買い得
お茶やコーヒーの買いだめにもどうぞ。(2021/9/25)

大分県で実証実験:
コカ・コーラ、「進撃の巨人」のごみ箱を自販機横に設置 リサイクル促す
コカ・コーラ、「進撃の巨人」のごみ箱を自販機横に設置するプロジェクトへの参画を発表した。リサイクルボックス横にごみ箱を設置することで、リサイクルを促進する。(2021/9/15)

スピン経済の歩き方:
サントリー新浪社長を叩いても、「45歳定年制」が遅かれ早かれ普及するワケ
サントリーホールディングスの新浪剛史社長による、「45歳定年制」の提言が波紋を呼んでいる。「サントリー不買」を呼びかける人も出ているが、ボコボコに叩くのは“正しい”ことなのか。筆者の窪田氏は……。(2021/9/15)

コカ・コーラ3製品が約2年ぶりにパッケージ一新 赤を強調しロゴをより大きくしたデザインへ
おしゃれになったかも。(2021/9/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。