ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コーラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コーラ」に関する情報が集まったページです。

コカ・コーラ初のアルコール飲料 レモンサワー「檸檬堂」が全国販売
10月28日から全国で販売します。(2019/10/12)

PayPayが「Coke ON」アプリに対応 毎週100円を還元するキャンペーンも
PayPayが、日本コカ・コーラが提供するアプリ「Coke ON」へ対応。全国の対応自販機でPayPayを支払いに利用できるようになる。さらにPayPayのサービス開始1周年を記念し、100円以上のコカ・コーラ社製品を購入すると毎週100円相当が戻ってくるキャンペーンを行う。(2019/9/13)

バーガーキングが半額キャンペーンを発表 ワッパージュニアが! ポテトが! コーラが! 期間限定で50%オフ
それぞれ時期がずれているので注意(2019/9/10)

人気シャンプー「BOTANIST」プロデュースのI-ne子会社へ出資:
日本コカ・コーラ、「スモールマス市場」に進出へ
日本コカ・コーラは、人気シャンプー「BOTANIST」などで知られるI-ne(アイエヌイー)の子会社である合同会社Endian(エンディアン)への出資を発表した。エンディアンは、アイエヌイーの人気飲料である「CHILL OUT」の販売を今秋から引き継ぐ。日本コカ・コーラは今回の出資を機に「スモールマス市場」へ乗り込む。(2019/8/5)

コカ・コーラの「Coke ON」アプリが1500万ダウンロード スタンプ山分けキャンペーン実施
コカ・コーラの一部の自動販売機で利用できる「Coke ON」アプリが6月末時点で1500万ダウンロードを突破。それを記念して、ためるとドリンクがもらえる「スタンプ」を山分けプレゼントするキャンペーンを実施する。(2019/7/18)

「午後の紅茶」は過去最高:
活気づく「紅茶」 背景に“個性”と“シーン”で飲み分ける選択肢
紅茶飲料の市場が活性化している。キリン「午後の紅茶」は上半期として過去最高の販売数量を記録。サントリーやコカ・コーラの新商品も好調で、さまざまな個性を持った紅茶商品が増えていきそうだ。(2019/7/13)

オイオイオイ俺たち消えたわ 『グラップラー刃牙』第1話を作者自ら28年ぶりリメイク → “あの名シーン”はどう変わった?
「ほう炭酸抜きコーラですか…たいしたものですね」の人が……。(2019/7/11)

「コカ・コーラ」初のエナジードリンク、7月に日本上陸 カフェイン3倍 ガラナエキスなど配合
250mlサイズ缶と、自販機限定の190mlサイズ缶が登場。(2019/5/29)

塩と和かんきつ入りの「ペプシ ジャパンコーラ」登場 お前も塩フレーバーか
甘いものには塩。(2019/3/12)

【マンガ】都市伝説「サンタが赤い服を着ているのは、コカ・コーラの販売戦略」って本当なの?
クリスマスキャンペーンをやっていたのは本当。(2019/2/13)

「ちびまる子ちゃんさくらコーラ」2月23日発売 さくら色とさくらの香りのコーラで春を先取り
お花見や春のイベントにもピッタリ。(2019/2/7)

詰め替え容器でドリンクやシャンプーを宅配するLoop、P&Gなど大手参加で今春スタート
コーラやシャンプー、おむつなど、多様な製品を専用詰め替え容器で宅配するサービス「Loop」が5月にニューヨークとパリでスタートする。P&Gやハーゲンダッツなど大手25社が参加する。東京でも2020年に開始する計画だ。(2019/1/29)

マクドナルド、Lサイズを超えるポテトとコーラ期間限定発売――「グランドフライ」「グランドコーク」
いつものセットにプラス100円でグランドサイズにアップ。(2019/1/11)

コカ・コーラ、1.5Lペットボトルなど値上げへ
(2019/1/8)

PR:ファンタがはいだしょうこ画伯とコラボCMを制作する暴挙 「小さすぎる菅田将暉」の絵コンテが公開されてしまう
そんなバナナってレベルじゃない。(提供:日本コカ・コーラ株式会社)(2018/12/26)

Google「Cloud Vision API」は何が可能か
コカ・コーラはどこで飲まれているのか? Twitter画像と「Vision API」で特定
日本コカ・コーラは、人工知能(AI)技術を用いたGoogleの画像認識サービス「Cloud Vision API」を活用し、消費者の行動を分析するプロジェクトを実施した。実際に利用して分かった、AI技術の得意不得意とは。(2018/11/27)

「何度見直しても本物」「コーラ以上にコーラ」 色鉛筆で描かれたペットボトルが衝撃のクオリティー
またまたご冗談をwww→マジか……!(2018/11/24)

コカ・コーラの「Coke ON」アプリにキャッシュレス決済機能 カード登録で
コカ・コーラの自動販売機を利用するとポイントがためられる「Coke ON」アプリに、決済機能が追加される。あらかじめクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードを登録しておくと、スマホ自販機(Coke ON対応自動販売機)でキャッシュレス決済できる。【追記】(2018/11/9)

小規模オフィスにミニ自販機を設置 キャッシュレスで飲料が買えるサービス「コーク ミニ」をコカ・コーラが提供
オフィスに自動販売機を導入しなくても飲料が買える新サービス。(2018/11/9)

外出時間を削減:
“置きコカ・コーラ”始まる 小規模な職場向け飲料サービス、キャッシュレスで
コカ・コーラ ボトラーズジャパンが、小規模オフィス向けの飲料提供サービスを開始。サービス名は「Coke mini」。小型機材で飲料を販売する点と、決済方法をキャッシュレスに限定した点が特徴。(2018/11/6)

ジョージア&紅茶花伝「よし、合体だ!」 コーヒー&紅茶をいいとこ取りした「コーヒー ティー」、日本コカコーラが生み出す
新感覚な味わいであるのは間違いない。(2018/10/26)

観光名所やシンボルをデザイン:
コカ・コーラの「地域限定ボトル」が急増している理由
コカ・コーラの「地域限定ボトル」が外国人観光客などの人気を集めている。観光名所などをデザインしたパッケージで、26種類まで増えた。一気に広がったのはなぜか。担当者に開発の裏側を聞いた。(2018/10/17)

未知の飲料「コカ・コーラ プラスコーヒー」が気になり過ぎるので買って飲んでみた → 8割コーラ
後味だけコーヒー。(2018/9/18)

総投票数80万票:
ジョージア「復刻してほしい缶コーヒー」1位 98年発売「ル・カフェ」が復活
コカ・コーラシステムは、2018年初頭に実施した「復刻してほしい缶コーヒー選手権」で第1位に選ばれた「ジョージア ル・カフェ」を9月24日に全国発売。総投票数は80万5331票だった。(2018/9/18)

本物かと思って二度見するレベル 写真にしか見えないコーラ缶のドローイング動画から目が離せない
思わずスタンディングオベーションしてしまう。(2018/9/16)

「コカ・コーラ プラスコーヒー」9月17日発売 炭酸の刺激とコーヒーの香りが合体した想像を超えた何かが誕生してしまう
どっちも好きだけど!(2018/9/5)

「トクホはおいしくない」を変える:
「綾鷹」に初のトクホ登場 苦みを抑えて“選ばれる味"に
コカ・コーラシステムが、特定保健用食品(トクホ)の「綾鷹 特選茶」を9月24日に発売する。「トクホはおいしくない」とのイメージを変えるため、苦みを抑えた味わいを実現したという。(2018/8/10)

担当者に聞く:
日本コカ・コーラのミレニアル世代が主導したコミュニケーション改革
「ミレニアル世代」の感性を取り込んで、商品開発や組織作りに生かそうとする会社が増えているという。飲料メーカー大手の日本コカ・コーラもそうした1社である。(2018/7/30)

通常タイプは「問題なく供給できる」:
アクエリアスの出荷停止は「冷凍タイプのみ」 日本コカ・コーラが誤解を訂正
「アクエリアスの需要が急増し、出荷停止に追い込まれた」などとネットで話題に。日本コカ・コーラに確認したところ、「販売休止しているのは冷凍タイプのみで、通常タイプの生産体制に問題はない」と答えた。(2018/7/23)

海に行かない夏がきた! ニコニコで海の日企画「アニメ水着回セレクション」が6時間に渡って一挙配信
コーラとポテチ買っておこう。(2018/7/13)

「コカ・コーラ クリアにアルコール検知器反応」との情報が拡散 メーカーになぜなのか聞いた
アルコール検知器の誤った使用方法が原因か……。(2018/6/20)

アイスキャンディー「ガリガリ君」ソーダ味とコーラ味の歯磨き粉が数量限定発売
歯磨きが楽しい時間になりそう。(2018/6/17)

扇風機に向かって「ア”ア”ア”〜」 綾瀬はるかが童心に返る新CM、汗だくなのに爽快感しかない仕上がりに
“透明なコーラ”こと「コカ・コーラ クリア」のテレビCMで。(2018/6/11)

オフィスでも気軽に:
とうとうコーラも「透明」に 「コカ・コーラ クリア」登場
コカ・コーラシステムは6月11日、透明炭酸飲料「コカ・コーラ クリア」を発売。仕事の合間やスポーツの後など、コーラを飲む機会が少なかったシーンでも気軽に飲める飲料として提案する。(2018/6/1)

コーラなのにカラメル色じゃない! コカ・コーラから透明炭酸飲料「コカ・コーラ クリア」登場
強い炭酸とレモンの風味を、ゼロカロリーで楽しめる。(2018/6/1)

「近くにあるから買う」からの脱却 利用者の行動を変えたコカ・コーラ「スマホ自販機」
(2018/5/25)

あらやだかっこいい! 「コーラの空き缶」で作られたF1マシン爆誕、これが暇を持て余した神々の遊びか
最高速度は無限大(脳内で)。(2018/5/10)

「男性向けの缶コーヒー」からの脱却:
激動のコーヒー市場で「ジョージア」はどう変わる?
コーヒー市場がここ数年で大きく変化している。キーワードとなるのは「ちびだら需要」「カフェラテ」「ペットポトルコーヒー」。日本コカ・コーラの「ジョージア」ブランドはどのように変化するのか?(2018/4/25)

日本初の「八丁味噌コーラ」、「岡崎味噌コーラ」に名称変更していた GIブランド問題のあおりを受け
いつの間にこんなことに。(2018/4/21)

各社がシェアを奪い合う“激戦区”:
コカ・コーラ、小容量ペットボトルコーヒーに参入 「ジョージア ジャパン クラフトマン」
コカ・コーラが“激戦区”の500ミリリットルペットボトルに参入。「ジョージア」ブランドのブラックコーヒーとカフェラテで、若年層や女性層を狙う。(2018/4/18)

「檸檬堂」シリーズを九州限定販売:
コカ・コーラがお酒を発売 チューハイで“新たな挑戦”の狙いは
コカ・コーラシステムが5月28日に缶チューハイ「檸檬堂」シリーズを九州限定で発売する。男女問わず、20代以上の幅広い層がターゲット。350ミリリットル入りで、価格は150円(税別)。日本コカ・コーラの担当者に狙いを聞いた。(2018/4/13)

シャリシャリで冷え冷えのコーラ! 「コカ・コーラ フローズン レモン」発売
シャリシャリな「ファンタ フローズン」も登場します。(2018/4/13)

開発の狙いは?:
新感覚の「コカ・コーラ」登場 容器ごと凍らせる“フローズン”
コカ・コーラシステムが、フローズン飲料「コカ・コーラ フローズン レモン」を4月16日に発売する。容器ごと凍らせることで、シャーベット感覚で楽しめる。新たな顧客層を開拓する狙い。(2018/4/12)

日本の“コーラ好き”のための日本オリジナルブランド「ペプシ Jコーラ」が登場 4月17日から全国で発売
実際にコーラ好きの声を聞いて開発されました。(2018/3/26)

復調の紅茶市場に:
「甘さへの罪悪感」超えられるか コカ・コーラの新提案「紅茶花伝 クラフティー」
コカ・コーラが新ブランド「紅茶花伝 クラフティー 贅沢しぼりオレンジティー」を発売。復調の紅茶市場を背景に、“新しい紅茶”を提案する。(2018/3/8)

コカ・コーラ、2018年に日本で缶酎ハイを発売 グループ初事業で日本を選んだのはなぜか
125年の歴史の中でも、コカ・コーラ社のアルコール飲料参入は異例の取り組み。(2018/3/8)

低アルコールカテゴリーでの実験:
コカ・コーラ、日本市場で「缶酎ハイ」発売へ 初のアルコール飲料
米コカ・コーラが日本市場で缶酎ハイを発売する。ノンアルコール引力に注力してきたコカ・コーラが新たな領域へ。(2018/3/8)

なぜ味噌を使ってしまったんだ 日本初の「八丁味噌コーラ」が2月23日発売
なぜ八丁味噌を使ってしまったんだ。(2018/2/21)

「聖域なき見直し」:
リコー、コカ・コーラボトラーズ株式を売却 約560億円
リコーが、コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングスの全株式を約560億円で売却すると発表。商用・産業印刷事業の成長を図る狙い。構造改革遂行のための「聖域なき見直し」の一環という。(2018/2/21)

メントスがなくても、“アレ”の破片があれば「メントスコーラ」ができる理由
いつからメントスが必要だと錯覚していた?(2018/1/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。