ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「二次会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「二次会」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
飲み食い放題で「上限3000円」の「定楽屋」が増殖中 料理や接客で“手抜き”してないのにもうかるのか?
飲み放題・食い放題で上限3000円(税抜)の「定楽屋」が増殖している。サービスを削らず調理に手間暇をかけてリピーターを獲得している。1人当たり3000円でもうかっているのか?(2019/11/12)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「がんになりました」――そのとき会社は? 中京テレビが示した一つの“答え”
中京テレビが放送した、アナウンサーの「乳がん闘病記」。「抗がん剤治療をしながらキャスターを続けたい」と希望した社員に対し、会社はどのように対応したのか。“病と生きる時代”に、治療と仕事を両立させる意義とは?(2019/6/28)

渡せなかったラブレターの束、今カノに見つかり……修羅場描いた漫画 最後のページに「キュン死する」の声
気まずい雰囲気からの、あっぱれな大逆転ホームラン。(2019/6/19)

大企業にもイクメンの波:
製薬世界トップ3の日本社長が育休を!? 「ノバルティスファーマ社長」の子育て術
仕事をしながらの子育てで大事なことは――ノバルティスファーマ社長の綱場一成氏の子育て術とは?(2019/6/18)

災い転じて福となす:
HUBがビールを値上げしたのに、客数と売り上げを増やせたワケ
英国風PUBチェーンの「HUB」は2018年6月にビールを値上げした。しかし、客数は減るどころか逆に増えた。どのような戦略を打ち出したかというと……。(2019/6/7)

旧友からLINEで「飲もう♪」……これってマルチ商法? 記者の“奇妙な体験”
近年、LINEなどのSNSを活用した「マルチ商法」の勧誘が増えている。筆者も、疎遠だった友人からLINEで飲み会に誘われ、参加した結果、もうけ話を持ちかけられた経験がある。本記事では、筆者の体験談を基に、あやしい勧誘の特徴を探る。(2019/5/27)

飲み会の後、“答え合わせ”をする関係――コナリミサト×高野ひと深対談vol.1
お酒を楽しく飲む二人による飲酒対談を実施。全4回でお届けします!(2019/5/6)

もう2019年だから「恋愛やデートで男性にリードされたい」と言いづらい。でも本心はリードされたいジレンマ問題について
男性だってリードされたいのでは説。(2019/4/9)

「運命の人」だったはずの女性はもう誰かの妻 幼なじみだった男の選択を描いた漫画が潔くも切ない
好きなら好きって言わなきゃダメッ!(2019/4/9)

危機管理の盲点とは?:
会社の花見で救急車 おじさんだからこそ味わった「飲みすぎ」の代償と注意点
会社の花見でお酒を飲みすぎた38歳の筆者は救急車で病院に搬送された。「おじさん」が倒れると上司や同僚にどんな迷惑をかけるのか。実体験をもとに、ビジネスパーソンとお酒の関係を考える。(2019/4/6)

「もっと悪役みたいな紫ないですか?」 オタ結婚式の無茶振りに応えたドレスショップの本気 「店員さんナイスすぎ」と絶賛
オタク、何か選ぶときはだいたい推しカラーが基準になるとこある。(2019/1/12)

「本田選手の代わりに召集された感」 じゅんいちダビッドソン、槙野智章&高梨臨の結婚式で“日本代表入り”ショット
本田選手やけに小さいと思ったらダビッドソンさんだった。(2018/12/28)

会社の忘年会、行きたくない人が4割 「上司の話を聞くのが面倒くさい」「会社の人より友達と飲みたい」
忘年会を原因とした、恋人・結婚相手との喧嘩も5人に1人が経験あるようです。(2018/12/19)

「祝儀代を減らす」などの珍解答も:
親友の結婚式が近いのに、金欠で祝儀代がない……こんな時、あなたはどうする?
親友の結婚式が近いのに、どうしても祝儀代を捻出できない場合、人々はどうするのか。債務整理に関する情報Webサイトを運営するグリーンライトが調査した。現実的な回答から珍解答まで、さまざまな意見が集まった。(2018/12/11)

失敗エピソードは?:
4割の人は忘年会に「参加したくない」 時間の無駄、上司が嫌い、2次会に連れていかれる……
会社の忘年会に参加したい? 田辺三菱製薬が忘年会についてアンケート調査したところ、4割の人は「参加したくない」と思っている実態が浮かび上がった。(2018/12/3)

「変わらない歌声に涙」 加護亜依、結婚式2次会でアラビアン衣装に身を包み「ハッピーサマーウェディング」を披露
これは最高なやつだ。(2018/11/26)

会社の飲み会で「本音で話そうぜ」と言われたので遠慮せず本音を言い放った結果
「建前の本音」が求められる。(2018/10/19)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
中京テレビの「2次会強要禁止」、“飲み会も仕事のうち”は変わるのか
上司による2次会参加の強要禁止、社長の一言を廃止――。中京テレビが発表した働き方改革が話題になっている。一見、生産性とは関係なさそうだが、これまでの「当たり前」を問い直すという、本当の働き方改革につながる。なぜなら……。(2018/7/27)

水曜インタビュー劇場(3カ月10万台公演):
スマホの画像を印刷できる、「プリントス」はなぜ売れたのか
スマホで撮影した写真を印刷することができる「Printoss(プリントス)」が売れている。2017年12月、タカラトミーが発売したところ、すぐに品薄状態に。この商品の最大の特徴は「完全アナログ」なこと。時代に逆行しているような商品は、なぜ消費者に支持されたのか。(2018/6/27)

社会課題解決企業で働く福岡娘の奮闘記:
福岡から出てきた私が入社3カ月で店舗運営を任された話
ゲイトという会社で働いている尾方です。この会社に入社してすぐ、ある居酒屋店舗の運営を任されることに。そこでのエピソードを基に、仕事における「目標」の大切さをお話ししたいと思います。(2018/6/25)

「みんなは僕の宝」 ワンオクTakaの誕生日、佐藤健や三浦翔平、山田孝之ら豪華メンバーが大集結
どこから見ればいいのか分からない。(2018/4/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
カラオケ人口が減っても「ビッグエコー」が好調の理由
カラオケ人口が今世紀に入ってから微減している。そうした厳しい環境で、ビッグエコーが売り上げを伸ばしている理由とは?(2018/1/16)

「妄想で何度も結婚式挙げてた」 横澤夏子、芸人仲間に囲まれ幸せな花嫁に
おめでとうございます!(2018/1/14)

宝塚同窓会が豪華すぎ! 星組トップスター麻路さき、稔幸ら40人が変わらぬ気品
皆さん品がある。(2017/8/27)

これがウチナーンチュの絆 元世界チャンプを囲む「具志堅会」にISSAやガレッジゴリ、安座間美優ら
62歳の誕生日祝いも行われました。(2017/6/28)

思い出の電車内でビールが飲める 西武鉄道が2017年度「同窓会電車」の募集を開始
西武線の“黄色い電車”で同窓会が開ける企画です。(2017/3/16)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(21):
大阪編:東京には負けへんで!――関西圏で働くエンジニアの給与水準、家賃、通勤時間、電車の混雑率
大阪といえば、お笑い、たこ焼き、ヒョウ柄のおかん――いえいえ、それだけじゃないんです。大阪は、エンジニアが住みやすく働きやすい街なんです。(2017/2/10)

人見知りの達人:
【図解】飲み会で会話の輪には加わらないが、かといって場の空気を壊さない程度に関わっている雰囲気の出し方
「最適な座るポジション」はここだ!(2016/12/25)

だいしゅき……ッ! アムロとシャアが固く抱き合い、宇宙に平和が訪れる
古谷徹さんと池田秀一さんの幸せそうな2ショットが公開されました。(2016/12/21)

終電対策にメシウマ写真も! 忘年会で役立つガジェット&アプリ
(2016/12/10)

分厚すぎぃ! 2Dを無理やり3Dにした「飛び出し坊や」の着ぐるみの無理やり感がスゴイ
3D化ってそういうことじゃないと思うの(2016/10/2)

【閲覧注意】出発点は“グロ弁” リアルな「ホラー菓子」をつくる「中西怪奇菓子工房。」に秘密を聞いた
「脳みそレアチーズケーキ」や「目玉ゼリー」……ホラーなお菓子で話題の「中西怪奇菓子工房。」(2016/9/23)

ネトゲに熱中しすぎて受験も就職も結婚もうまくいったというウソみたいな話 - PR
『マビノギ』のおかげで何もかもがうまくいきました! 11年間打ち込んできた『マビノギ』プレイヤーに直撃。(2016/8/31)

特殊能力?:
「国旗に興奮する」「壁や天井になりたい」 深すぎる女性オタクの世界
女性オタクたちに、作品との距離感や、オタクになってから身についた特殊能力について聞きました。(2016/7/25)

「義手をメガネのようにしたい」――誰もが自由に設計できる、オープンソース電動義手の狙い
「電動義手」の設計データから使われている部品情報、プログラム、ソースコードまで全てを無料で公開するイクシー。彼らには、腕をなくした家族がいるわけでも自分が義手を必要としているわけでもない。なのにどうしてここまでやるのだろうか?(2016/6/21)

Microsoft、AppleのWWDC 2016の“二次会”を勝手に開催へ
iOSアプリ開発ツール「Xamarin」を無償にしたMicrosoftが、Appleの年次開発者会議「WWDC 2016」の初日の夜に、会場から徒歩6分のビルで「WWDCの二次会」と称する無料パーティーを開催する。会場ではXamarinやiOS、OS X関連の自社技術を紹介する計画だ。(2016/6/8)

「昨日の結婚式、フラッシュモブのせいで最悪でした」 フラッシュモブが原因で離婚を決意した新婦
「……カメラのフラッシュ。歓声。拍手。この茶番。なにもかもが、嫌だった」(2016/6/3)

電車で同窓会ができる 西武鉄道が「西武線 同窓会電車」
二次会の場所で下車できます。(2016/3/28)

「22時を過ぎても貸し切り客が来ない……」深夜にパスタ店が悲しいツイート → みんなのお腹を満たすほっこりな結末に
みんな大人な対応でした。(2016/2/29)

ネット時代の恋愛事情(後編):
「Twitterだから出会えた」 ツイ婚カップルが語る運命の引き寄せ方
ついに婚約に至ったツイ婚カップル。Twitterで気になる人がいたら、どうアプローチすればいい?(2015/12/20)

彼女がヘッドフォンを外したら:
PR:ヘッドフォン女子、音と画にこだわったSIMフリースマホ「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」に驚く
ポータブルオーディオファンの間で“ヘッドフォン女子”として知られるモデルの坂井香さん。プロDJとしても活躍する彼女に、画質と音質にこだわったSIMフリースマートフォン「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」を試してもらった。音楽のプロはIDOL 3に触って何を感じたのか?(2015/12/17)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2015年10月版:
「4万人のボランティアが守る東京オリンピック」?――セキュリティクラスターの反応は
2015年10月は特に大きなセキュリティインシデントは発生しませんでした。しかし「図書館」に「東京オリンピック4万人ボランティア発言」と話題は尽きることなく……(2015/11/12)

イベントや生放送の“打ち上げ”はアプリ上で niconicoのチャットアプリ「ニコルン」リリース
niconicoのイベントや生放送と連動したチャットアプリ「ニコルン」をドワンゴがリリース。交流だけでなく、演者同士の会話も楽しめる。(2015/10/26)

目指すは「男性も普段使いできるシンプルさ」 富士フイルム、チェキ新機種「instax mini 70」 セルフィー機能も
富士フイルムが、インスタントカメラ「チェキ」の最新モデル「instax mini 70」を発表。男女問わず、普段から使えるシンプルなデザインや機能性を追求した。(2015/9/30)

初音ミクさんがMステに生出演! タモリさんとの交流にTwitterが大盛り上がり
ただでさえ天使のミクさん、ついに超大物と共演。(2015/9/23)

飲んだ後はパフェで締める! 札幌で「シメパフェ」文化がジワジワきてる
大人の楽しみ。(2015/9/21)

フランスで最も有名な日本人「レ・ロマネスク」って何者?
(2015/6/4)

新連載・銀座で学んだこと:
「出世」してきた人たちの共通点
「なぜ自分は出世しないんだろう。仕事はがんばっているつもりなのに……」と思っている人も多いのでは。出世してきた人たちには、ひょっとしたら“共通点”があるかもしれない。(2015/6/2)

「バトルシップ」放送でツイート実況が大爆発 「チキンブリトー」もトレンド入りする謎のGWに
チキンブリトーに始まりチキンブリトーに終わった5月3日の夜。(2015/5/4)

悪と戦った後の“打ち上げ”だけを描く戦隊ヒーロードラマ 「乾杯戦士アフターV(ファイブ)」第2期製作決定
全国のダメな大人のみんなーー!(2015/4/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。