ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「美容」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「美容」に関する情報が集まったページです。

働きに見合った報酬を:
総額1億円 東京の美容クリニックがコロナ対応の看護師500人に支援金提供
美容内科のにしたんクリニックは1月6日、新型コロナウイルスの治療現場で働く看護師500人を対象に1人当たり20万円の支援金を提供すると発表した。(2021/1/7)

AIが提案した“似合う髪形”をユーザーの顔写真に合成 美容室「EARTH」のアプリが進化
アースホールディングスは、AIがユーザーに似合う髪形を提案するアプリ「AI Stylist」に、提案した髪形を顔写真に合成してシミュレーションする機能を追加した。(2021/1/5)

「病院イヤだワン」と震えるポメラニアン、とびきりの笑顔になった理由は……? ワンコの豹変っぷりが面白い
×病院 ○美容院。(2020/11/14)

今日のリサーチ:
美容意識のニューノーマル 目元は濃くリップは薄く、マスクによる肌荒れでスキンケア需要増――@cosme調査
「@cosme」会員調査の結果から、コロナ禍をきっかけにした美容への意識・行動の変化が続いてることが分かりました。(2020/11/11)

11月の「d払いお買物ラリー」、スーパーやドラッグストアなどで最大50%還元
NTTドコモは、11月2日〜30日に「d払いお買物ラリー」を開催。スーパーやドラッグストア、ホームセンター、クリーニング店、美容院などが対象で、「d払い」を初めて利用した場合は最大50%、利用したことがある場合は最大30%ポイント還元する。(2020/10/30)

今一番売れている美容液をチェック! Qoo10コスメランキング(10月12日〜18日)
10月12日〜18日のベスト3は?(2020/10/23)

有村藍里、美容整形手術で“ずっと欲しかったもの”を告白 施術後には「顔より心の方が変わった」と吐露も
手術を乗り越えたことで自信が生まれたもようです。(2020/10/21)

マスクをするときは「装着部位にメークしない」が4割越え 「withコロナ」での美容意識はどう変わった?
思ったよりメークをしていない人が多いようです。(2020/9/17)

美容の神よありがとう! 舟山久美子、憧れの“田中みな実ヘア”で夫をベタぼれさせる
“みな実後れ毛”作っていこう。(2020/7/21)

今日のリサーチ:
メイクアイテムの購入が減った人は約3人に1人――トレンダーズ調査
緊急事態宣言解除後の美容に関する意識調査。「マスク焼け」など新たな悩みが目立ちます。(2020/7/20)

梅雨×マスクの日々、肌ケアとべたつき対策はどうすればいい? 梅雨を乗り切るための美容TIPS【肌&ボディケア編】
ただでさえ大変な梅雨、マスクがあってさらに大変!(2020/7/9)

モノづくり最前線レポート:
資生堂が考える美しさとイノベーション、ポストコロナの美容と健康の変化とは
資生堂と「DMM.make AKIBA」共催のオンラインイベント「資生堂×DMM.make AKIBA × スタートアップ 〜ポストコロナ、美とイノベーションどう変わる?〜」が開催された。本稿ではその内容をお伝えする。(2020/7/7)

元あいのり桃、鼻整形から半年経過の横顔ショットで改善実感 「ぺちゃってなってしまったらまたやりたい」
2019年12月に鼻を高くする美容整形をしていた桃さん。(2020/7/6)

梅雨の時期の髪のうねりや爆発、どうすればいい? 梅雨を乗り切るための美容TIPS【ヘア編】
ヘアスタイルの悩みが爆発する梅雨。(2020/7/2)

韓国コスメの美容液、今一番売れているのはどれ? Qoo10コスメランキング(6月22日〜28日)
6月22日〜28日のベスト3は?(2020/7/1)

耳の”マスク皮膚炎”を防ぐ「耳にかけない国産マスク」登場
美容室を経営するearchは、耳にかけないで着用できる国産マスク「salone de mask(サロン・で・マスク)」の予約販売を特設サイトで開始した。type-Aの「透けるタイプ」とtype-Bの「カバータイプ」の2種類があり、それぞれ5枚組1100円(税込)から購入できる。(2020/6/29)

美容サロンで新しいCOVID-19対策 ひもがないマスクで快適に 「salone de mask」発売
マスクをしていても顔全体が見えるタイプも(2020/6/29)

「人生変わるよ、本当に」衝撃の美容室ビフォーアフター動画が話題 「別人やん」「照れ顔が素敵」
本当に変わっちゃった。(2020/6/19)

「頭かゆかったこと一回もない」「セットしてもらった髪型を再現できない」 美容院あるある漫画が共感呼ぶ
最後のあるあるは同意しかない。(2020/6/18)

「ほんと50歳?」「めっちゃ美人でビビった」 さゆり、ツルツル美肌の“すっぴん姿”にファン驚き
美容系YouTuberやってほしい。(2020/4/18)

24時間営業の美容サロン、感染予防対策をして営業を継続 「ヘアサロンに行けず困っている」声を受け
24時間365日営業の美容サロンなどを展開するPiNCHは、万全の感染予防対策をして営業を継続することを4月9日に発表した。(2020/4/14)

苦渋の決断で営業自粛 “オタクのための美容室”は新型コロナ禍をどう乗り切ろうとしているか
(2020/4/13)

プロテイン市場が拡大:
“筋肉需要”が高まり4年で売り上げが18倍 明治が「ザバス」の生産能力増強
明治が「(ザバス)MILK PROTEIN」(200ml)の生産能力を増強する。体を鍛えるだけでなく、美容効果を得るためにプロテインを摂取する消費者が増えている。拡大する市場のニーズに対応する。(2020/3/26)

美容家・佐伯チズ、指定難病“ALS”を公表 「私まだまだ負けない」「決して諦めません」と強い思いを語る
ファンからはエールが届いています。(2020/3/23)

人間とAIごとに得意なサービスのすみ分け
多過ぎる予約電話に苦慮する美容院が語る、AIアシスタント導入で何が変わったか
ある美容院は、受付スタッフが応対し切れなかった電話問い合わせ件数が1カ月当たり約560件に上っていた。電話応対のために人工知能(AI)アシスタントを導入したことで、どのような成果があったのか。(2020/3/23)

「美容垢」で見えるインサイト:
TwitterがキラキラしたInstagramよりも美容の情報源として有益かもしれないと考えられる理由
美容に関する女子のネタ元はインフルエンサーのまぶしい投稿満載なInstagramのみにあらず。本音が見えるTwitterが実は有益だったりするというデータ分析の結果を紹介。(2020/2/14)

美容業の倒産が急増 背景に1000円カットの台頭や経営者の高齢化
2019年の理・美容業倒産件数が過去30年間で最多となり、東日本大震災が発生した2011年を上回ることが東京商工リサーチの調査で明らかになった。(2020/1/10)

ヤフーが美容師検索で新サービス InstagramなどSNS参考に開発
ヤフーが美容師検索サービス「Yahoo! BEAUTY」の提供を始めた。SNSのハッシュタグ検索のように、キーワードで好みの髪形を探し、施術した美容師を探せるようにする。(2019/12/12)

テーマは“素直な自分への回帰” ホリエモン主演のミュージカル「湘南美容外科 presents クリスマスキャロル」公開ゲネプロ
食事をしながら見る、変わり種のミュージカルです。(2019/12/11)

「また整形?」「美を追求するのはすごい」 元あいのり桃、“鼻の美容整形”を告白 二重手術に続いてビフォーアフター公開
桃さん「鼻が細くなった気がして嬉しい」。(2019/12/11)

購入せずに「シェア」する時代:
「日本サブスクビジネス大賞」発表 カメラ機材借り放題、定額制美容室を抑えて1位になったのは?
「日本サブスクリプションビジネス大賞2019」が発表され、ナンバー1”サブスク ”サービスが決まった。カメラ機材の借り放題サービスや定額制美容室などが上位となった。そして大賞は――?(2019/12/10)

理美容業の倒産件数、4年連続で増加
帝国データバンクは「理美容業」の倒産件数について調査した。それによると、2019年の倒産件数は167件で、4年連続で前年を上回っていることが分かった。(2019/12/10)

意外な結果の理由とは:
「残業が少ない職種」ランキングで「美容系」がなぜ1位? 残業時間のメカニズムに迫る
dodaが「職種別の残業時間ランキング」を発表。「残業が少ない」1位が美容関連職などちょっと意外な結果に。残業時間の奇妙なメカニズムについて専門家が解説する。(2019/12/5)

医療機器ニュース:
皮脂RNAデータとAI技術を融合、肌状態を推測するカウンセリングサービスを構築
花王とPreferred Networksは、皮脂RNAモニタリング技術の実用化に向け、「Kao×PFN皮脂RNAプロジェクト」を開始する。第1弾として、AI技術を応用し、将来の肌状態を推測する美容カウンセリングサービスを開発する。(2019/12/3)

売り上げは9年でおよそ100倍:
人生100年時代の到来 「30年ぶり現場復帰」の美容師が活躍する急成長美容院
美容院業界の課題「休眠美容師」。うまく活用して売り上げを伸ばし続けている美容院がある。研修制度や現場の効率化を果たし、働いている美容師の半数以上が休眠美容師だ。中には30年ぶりに現場復帰した美容師もいる。(2019/11/29)

キーワードは「メンテナンス」:
口コミ・チラシで集客する「おしゃれ過ぎない」美容院 驚きの立地戦略で売り上げ爆増中
白髪染めなどをメインに手掛けて急成長を遂げているチョキペタ。2011年に営業を開始し、9年間で売り上げはおよそ100倍。カラーリングやシンプルなカットなど、主に40代以上以上の女性を中心に支持を広げている。売り上げ爆増の背景にある驚きの立地戦略とは?(2019/11/28)

残業時間が少ない職種第1位は「美容関連職」、では多い職種は? 105職種で比較した、残業時間ベスト・ワーストランキング
残業の少なさだけが、満足度につながるわけではなさそう。(2019/11/25)

予約代行AI「Google Duplex」で映画のチケット購入が可能に(米英で)
ユーザーに代わって美容室やレストランを予約してくれるGoogleのAI「Duplex」が、今度は映画のチケットも購入してくれるようになった。利用できるのは米国と英国。次はレンタカーの予約も可能にする計画だ。(2019/11/22)

「ネガティブ思考から始まってたんだけど」 有村藍里、美容整形後の“自身の変化”を明かす 
3月に美容整形手術を受けたことを明かしていた有村さん。(2019/11/20)

美容液の1位は注目の「ガラクトミセス培養液」配合! Qoo10コスメランキング(11月4日〜10日)
11月4日〜10日のベスト3は?(2019/11/13)

今日のリサーチ:
インフルエンサーのPR投稿を参考にする人はたったの9%――Teadsが美容・スキンケア消費者調査を実施
日本を含む世界8カ国で実施した美容・スキンケア業界における消費者の購買行動・カスタマージャーニーの最新研究結果です。(2019/11/1)

まつ毛美容液で目力をアップさせたい! Qoo10コスメランキング(10月21日〜27日)
10月21日〜27日のベスト3は?(2019/10/30)

“筋肉市場”を狙う:
なぜナチュラルローソンはカンガルーの肉を売ろうと考えたのか
ナチュラルローソンで筋肉関連商品の売り上げが伸びている。美容効果と“筋肉ムキムキ”効果を求めるお客に訴求。カンガルーの肉やゆで卵を売る理由とは?(2019/10/28)

科学が解明! 最も美しい黄金比を持つ顔ベスト10が明らかに、1位はモデルのベラ・ハディッド
ロンドンの美容外科医が発表。(2019/10/19)

シャープの新規事業は「蓄冷材」 液晶の技術を応用 スポーツ観戦の暑さ対策にも
シャープは、社内ベンチャー「TEKION LAB」が開発した「蓄冷材」を新規事業として展開する。スポーツや医療、美容などさまざまな分野のトップブランドと協業。2025年までに売上50億円規模の事業に育てる。(2019/9/13)

元あいのり桃、再整形疑惑に魂の叫び 「やってないよーーーーーーー!!!!!!」「私を信じてほしい!!」
約2年前に美容整形で二重にしていた桃さん。(2019/9/12)

「東大農学博士と湘南美容外科の医師」が絶賛していると販売の脱毛クリーム→実際は監修受けておらず メーカーを取材し、効果試してみた
記事を作成したアフィリエイターとメーカー、厚生労働省を取材しました。(2019/8/21)

まつ毛美容液による危害が急増 「医薬部外品として承認されたものはない」と国民生活センターが注意喚起
2018年度から危害の相談が急増しているとのこと。(2019/8/12)

配合パターンは8万通り:
資生堂、定額制の「IoT化粧品」を本格展開 使うたび肌に合わせて配合を変更
資生堂が利用者の肌に合った化粧品を提供する定額制サービス「Optune」の本格提供を始めると発表した。スマホで肌の状態を測定し、コンディションに合わせて美容液の配合を変えてIoTマシンから抽出する。(2019/7/1)

カット中にオタク美容師と解釈違いが起きたら一体どうなる? 女性向けオタク美容室「OFF-KAi!!」池袋店で根ほり葉ほり聞いてみた
やはり……剃られるのか……?(2019/5/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。