ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「Criteo」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Criteo」に関する情報が集まったページです。

Criteo Exec Connect 2019レポート:
ブランドと顧客の出会いの場としてのオープンインターネット
出会いは壁に囲まれた庭の外にある。タイ・チェンマイで開催されたイベントでCriteo幹部が語ったビジョンから今日のデジタル広告の課題を考える。(2019/8/30)

買収したManageとの統合も視野に:
Criteoがモバイルアプリ広告事業を強化、新規獲得と既存顧客活性化のためにできること
インストール、リエンゲージメント、ダイナミックリターゲティングで、Criteoが企業のモバイルアプリ活用を支援する。(2019/5/17)

今日のリサーチ:
ゴールデンウイーク前後でオンライン消費はこう動く――Criteo調べ
平成最後にして最大の大型連休が到来。日本におけるオンライン消費者の動向は?(2019/4/23)

今日のリサーチ:
福袋をオンラインで買う人々の傾向――Criteo調査
Criteoが実施した年末年始商戦の消費者行動調査です。(2019/1/11)

使えるダイナミック広告 特別編:
LINE Dynamic Adsで何ができる? 上手に活用するには?
話題のLINE Dynamic Adsを徹底解説します。(2019/1/11)

「ITmedia マーケティング」月刊ヘッドラインレビュー:
今、B2Bマーケターが熱い 10月に最も読まれた記事を振り返り
ITmediaマーケティングに掲載された1カ月の記事をランキング中心に振り返ります。(2018/11/15)

モバイルアプリ広告事業を強化し、新たな産業分野へサービスを拡大:
Criteo、アプリインストール広告のManageを買収
Criteoは、モバイルアプリマーケティングサービスを提供するManageを買収したと発表した。(2018/11/5)

「Criteo Customer Acquisition」がサービス開始:
新規獲得にもCriteo、「Wowma!」「an」の各運営企業マーケターが導入理由を語る
Criteoが新たに打ち出した新規見込み客獲得サービス「Criteo Customer Acquisition」の効能とは何か。日本における導入企業の担当者が語った。(2018/10/15)

「フルファネル」「AI」「日本市場」:
Amazonになれない企業でもCriteoと組めば戦える――CEOが語る新たな成長ステージ
パフォーマンスマーケティング企業としてEC事業者を中心に支持されるCriteo。CEOに復帰したJB リュデル氏がこれからの戦略を語った。(2018/9/26)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
ゴールデンウイーク前後における日本人のオンライン購買行動はこうなる──Criteo調査
Criteoは、大型連休前後の日本人のオンライン購買傾向をまとめた「2018年度 ゴールデンウイークトレンドレポート」を発表しました。(2018/4/24)

あなたの知らない欧州スタートアップの世界:
欧州スタートアップが日本市場に熱視線 その理由は?
欧州のスタートアップが日本市場に熱いまなざしを向けている。AIや仮想通貨など最新テクノロジーに前向きな日本は海外にとっても開拓しがいのある市場になっているという。(2018/3/15)

リターゲティング機能に加え未訪問の潜在顧客にアプローチ:
Feedmatic、Googleダイナミック広告のプロスペクティング配信を提供開始
フィードフォースはダイナミック広告運用サービス「Feedmatic」からGoogleダイナミック広告の「プロスペクティング配信機能」が利用可能になったと発表した。(2018/2/22)

使えるダイナミック広告 第3回:
ダイナミック広告の定番「Criteo」で高い成果を挙げる方法
今回はダイナミック広告の定番「Criteo」を取り上げ、データフィードとタグを活用して高い成果を挙げるためのヒントを紹介します。(2018/2/13)

新サービスの概要は?:
Criteoが2018年の事業戦略を発表、「リタゲ」から「フルファネル」へサービス内容を拡張
Criteoは2018年1月25日、記者向けに2018年度事業戦略説明会を開催。市場環境と事業戦略、今後注力していく新商品とその背景となるテクノロジーについて説明した。(2018/1/26)

使えるダイナミック広告 第1回:
「リタゲ」から「フルファネル」へ――知っていそうで知らないダイナミック広告の活用法
企業が持つアイテムデータを活用し動的(ダイナミック)に配信するダイナミック広告が注目されています。本連載ではその最新トレンドを紹介します。(2018/1/16)

「クリテオがサービス終了」は誤報
Web広告配信のクリテオが、サービスを終了する――こんな誤解が21日朝、Web関係者の間で広がった。(2017/12/21)

【連載】良いKPI悪いKPI 第5回:
アトリビューションとLTV――Web広告とKPI その2
ビジネスを成功させるにはまずKPIの上手な設計から。今回は、Webサイト運用において陥りやすい誤解とその対処法について解説します。(2017/12/5)

データフィード作成工数を削減:
フィードフォース、「dfplus.io」に自動最適化機能を追加
フィードフォースは、セルフサーブ型のデータフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」に、広告媒体の仕様に合わせて自動でフィードを最適化する「自動最適化」機能を追加した。(2017/11/14)

ダイナミックバナーでのチャット対応が可能に:
チャット広告「DECAds」が「Criteo」「KANADE DSP」「AdRoll」と連携
トランスコスモスはチャット広告「DECAds」において、リターゲティング型ダイナミックディスプレイ広告配信サービス「Criteo」「KANADE DSP」「AdRoll」と連携した。配信ネットワークを拡大するとともに、ダイナミックディスプレイ広告にも対応する。(2017/8/24)

週刊「調査のチカラ」:
インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネットの大海原の泳ぎ方を調査データから探ります。(2017/7/22)

対応媒体が大幅拡大:
フィードフォース、データフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」にカスタムデータフィード機能搭載
フィードフォースは、データフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」にカスタムデータフィード機能を追加したと発表した。(2017/3/3)

新たな連携先を追加:
SSP「AdStir」とDSP「Criteo」がネイティブ広告枠でRTB接続を開始
ユナイテッドは、同社が運営するスマートフォン媒体社向けSSP「AdStir」がCriteoのDSP「Criteo」とネイティブ広告においてRTB接続を開始したと発表した。(2017/2/17)

データフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」の正式版:
フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことのできるデータフィード統合管理プラットフォーム「dfplus.io」の正式版の提供を開始した。(2016/12/2)

シームレスなデータ連係を実現:
マーケティングオートメーション「B→Dash」が「Sansan」「kintone」と連係開始
フロムスクラッチが開発・提供するマーケティングオートメーションプラットフォーム「B→Dash」は「Sansan」「kintone」との機能連係を新たに開始した。(2016/8/26)

Criteoが調査(2015年4〜7月):
日本の上位25%の小売業者ではモバイルからの売り上げが8割以上
Criteoがモバイルコマースの現状に関する第3四半期(7-9月)の調査結果を発表。日本における動向も明らかにした。(2015/11/16)

多様なセグメントで国内外130社へ広告配信が可能に:
インティメート・マージャーのDMPが米Acxiomの「LiveRamp Connect」と連係
インティメート・マージャーは2015年7月28日、米Acxiomの「LiveRamp Connect」と連係を開始したと発表した。(2015/7/28)

米国で堅調な伸び:
Criteo、2015年第1四半期の決算が前年同期比171%を達成
仏Criteoは5月11日、2015年第1四半期の決算を発表し、売上高は2億6200万ユーロと前年同期の1億5300万ユーロから71%増加したことを明らかにした。(2015/5/11)

広告主のデータフィード運用を支援:
オプト、商品情報データを配信先のフォーマットに合わせて配信する「D-Freed」を提供
オプトは2015年5月7日、ディスプレー広告やリターゲティング広告、検索連動広告などで、データフィードを効果的に活用できるデータフィード運用プラットフォーム「D-Freed」の提供を開始した。(2015/5/7)

【連載】グローバリゼーションという長い旅 第8回:
グローバリゼーションにおける業務提携、成功と失敗の分水嶺は?
第8回のテーマは、グローバリゼーションを加速させる業務提携です。企業の業務提携の話題はしばしば大きく報道されますが、彼らはなぜ業務提携をするのでしょうか。業務提携の定義や目的を事例とともに解説します。(2015/4/10)

2015年第1四半期のモバイルコマースレポート:
国内EC取引の5割超がモバイル経由――Criteoが発表
仏Criteoは米国時間3月31日、2015年第1四半期の「State of Mobile Commerce」を発表した。(2015/4/6)

希望の航空券購入の決め手に:
CriteoとVayant、リアルタイムの航空運賃をデジタル広告配信
Criteoは米国時間の2月26日、ブルガリアに本社を置くVayant Travel Technologies(以下、Vayant)と共同で、航空運賃に関するリアルタイムデータをCriteoのデジタル広告で配信することを発表した。(2015/3/4)

Facebookニュースフィードでの売上に期待高まる:
Criteo、FacebookのDynamic Product Adsに対応、モバイルデバイスへの広告配信機能拡張
Criteoは米国時間2015年2月17日、Facebookが発表したDynamic Product Adsに対応し、広告配信プラットフォーム「Criteo」のモバイルデバイスへの配信機能を拡張したことを発表した。Dynamic Product Adsは、Facebookが提供するインフィード型のリターゲティング広告機能。ユーザーのWeb行動履歴に応じた最適な商品広告をFacebook内のニュースフィードに配信する。(2015/2/23)

前年同期比71%増:
Criteo、2014年度第4四半期および通年の業績を発表
リターゲティング広告プラットフォームを提供するCriteoは米国時間2月18日、2014年第4四半期および通年の業績を発表した。(2015/2/20)

旅広告、顧客別に最適化:
Criteo、旅行関連予約サイト向けにエンジンの機能を強化
広告配信プラットフォームを提供するCriteoは日本時間2月4日、航空券やホテル、レンタカー予約など旅行予約サイト向けに、Criteoエンジンの機能を大幅に刷新した。(2015/2/4)

EC業界予測:
プログラマティックバイイングがネイティブ広告の急成長を促進、Criteo予測
ターゲティング広告プラットフォームを提供するCriteoは1月29日、2015年におけるEC業界予測を公開した。(2015/1/30)

動画広告効果:
アップベイダー、スマホアプリ向け動画広告配信「AppVador」とCriteoの広告効果測定ツールとの連携を開始
アップベイダーは12月18日、同社が提供するスマートフォンアプリ向け動画広告配信プラットフォーム「AppVador」と、Criteoが提供するモバイル向け広告効果測定ツール「AD-X Tracking」との連携を開始した。(2014/12/18)

スマホショッピング定着:
日本のモバイルコマース浸透率は世界一、Criteo調査で明らかに
Criteoは米国時間の2014年12月10日、モバイルにおける消費者の購買やトレンドを調査した「State of Mobile Commerce(以下、モバイルコマースレポート)」を発表した。(2014/12/18)

複数デバイス活用のユーザー履歴を把握:
リターゲティング広告のCriteo、クロスデバイス対応パーソナライズ広告配信ソリューションを発表
リターゲティング広告配信サービスを手掛けるCriteoは11月5日、クロスデバイス対応の広告ソリューションを全世界で提供していくことを発表した。(2014/11/5)

モバイルアプリの広告キャンペーンを測定:
Criteoの「AD-X Tracking」がTwitterの「モバイルアプリプロモーション」をサポート
スマートフォンアプリのプロモーションでPDCAを回せる仕組みが整備されつつある。6月30日、Criteoのアプリ内広告測定ソリューションとTwitterの「モバイルアプリプロモーション」がつながった。(2014/7/4)

Mobile Flash Report:
PCからの売り上げはウィークエンドで10%下落するも、iPad経由は16%上昇――仏CriteoのEコマース消費者動向レポート
仏Criteoは6月24日、モバイルデバイスにおけるEコマース消費者動向レポート「Mobile Flash Report」を発表した。流通、旅行、自動車およびクラシファイド広告の合計クリックは、2014年Q1に得られた全モバイルクリックの70%を占め、ウィークデイよりもウィークエンドでの購買行動が活発になるとする。(2014/6/25)

モバイル広告戦略を加速:
CRITEOの2014年事業戦略――買収した英AD-X Trackingでモバイル広告対応を強化
リターゲティング広告事業を展開するCRITEOの2014年事業戦略は、2013年7月に買収した英AD-XTrackingによるモバイル広告配信事業が核となるだろう。CRITEO代表取締役 兼 アジア太平洋地域担当マネージングディレクター上野正博氏に話を聞いた。(2014/4/4)

広告配信チャネルを拡充:
Criteo、オプトイン・メールマーケティングソリューションのTedemisを買収
Criteoは包括的なマルチチャネルのマーケティング・ソリューションを提供できるようになり、また広告主はCPCモデルをベースに投資対効果を高めることができるようになる。(2014/2/24)

ディープリンク可能:
Criteo、モバイルアプリ内のディスプレイ広告ソリューションのβ版をリリース
米CriteoおよびCriteoは米国時間1月23日、スマートフォン/タブレットのモバイルアプリケーション内のディスプレイ広告ソリューションのβ版をリリースしたことを発表した。(2014/1/27)

「CRITEO PUBLISHER MEET UP 2013」レポート:
リターゲティング広告プラットフォーム「CRITEO」採用事例――ニフティと神戸新聞社の場合
2013年12月17日、行動リターゲティング広告プラットフォームを提供するCRITEOの初のイベント「CRITEO PUBLISHER MEET UP 2013」がフランス大使館で開催された。このイベントはCRITEOのプラットフォームを利用しているパブリッシャー(メディア)を対象にしたもの。当日は約50社のメディア企業が集まった。(2013/12/25)

日本での成功をグローバルに:
Criteo、モバイルWeb向けディスプレイ広告ソリューションのグローバル展開を発表
リターゲティング・ディスプレイ広告ソリューションを提供するCriteoは12月5日、モバイルWeb向けディスプレイ広告ソリューションを全世界でリリースしたことを発表した。(2013/12/6)

「プレミアムな在庫」を謳う:
「Microsoft Advertising Exchange」国内展開開始、後発ゆえに「プレミアム在庫」がウリ
日本マイクロソフトは9月18日、広告主がリアルタイム入札システムでオンラインのプレミアム広告を購入できる「Microsoft Advertising Exchange」を日本国内で開始すると発表した。(2013/9/18)

【連載】リスティング広告最適化を指標から追究する:
第1回 KPIの質と量
複雑化する運用型広告の中で、リスティング広告に敢えてフォーカスして、より最適化を測るための方法を、指標をベースにして考察する。今回は、KPIという指標の「質」を考えます。(2013/7/30)

運用負荷軽減:
アタラ、デジタルマーケティング運用サービス「gluOps(グル―オプス)」とフィードフォースの商品データソリューションを連携
今回の連携により、gluOpsで商品データを利用した広告キャンペーンの最適化や出稿、入札管理、レポーティングまでをワンストップで実現。(2013/7/25)

ディスプレイ広告2013:
「ディスプレイ広告、コンテンツもテクノロジーも動画に注目」、DAC徳久氏インタビュー
ExchangeWire Japanがデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)取締役CTOの徳久昭彦氏にインタビューした記事を紹介します。2013年、徳久氏が考える広告業界のトピックスは「データのオーナーシップ」「人材活用」「動画広告」です。(2013/2/27)

「Yahoo!プロモーション広告」研究:
デジタル広告はどこまでユーザーの消費行動を促せるか――「Yahoo!プロモーション広告」リニューアルの全貌
2013年1月29日、ヤフーは同社広告ソリューションの刷新を発表した。2012年から広告ソリューションにおいてさまざまなパートナーと提携してきたが、今回「マーケティング活動における『課題解決エンジン』になる」として、商品名をリニューアルし、より目的志向に沿った広告サービスに乗り出すという。具体的に何がどのように変化するのか。(2013/2/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。