ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「クロスワードパズル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「クロスワードパズル」に関する情報が集まったページです。

オタクの老後:
77歳で「細菌撲滅」を遊び続けるおばあちゃん―― 高齢ゲーマー4人に聞いた、彼らが「ゲームで遊び続ける理由」
ゲームは「老後の趣味」たり得るのか。(2021/3/26)

「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
5月6日の岐阜新聞に掲載されたソーシャルディスタンスを呼びかける広告。(2020/5/7)

PR:銀魂キャラたちが考案したスマホゲームのCMが完全にカオス パロディ、爆発なんでもござれのCMを本当に広告で使う暴挙に
投票で1位になったCMを本当に配信するらしい。ミクシィさん正気ですか……!(2020/4/1)

「末っ子歴に終止符」「2番目じゃダメ?」 西日暮里駅「山手線で一番新しい駅」アピールがすごい 高輪ゲートウェイ駅開業まで期間限定
3月13日までは……!(2020/2/27)

椅子に座ったまま、布団に寝たまま、ペットを残したまま…… いつ誰に起きるかわからない「孤独死」の現場を再現したミニチュアが壮絶
孤独死はひとごとではありません。(2019/8/22)

PR:子ども向けじゃないのかよ!?  SCRAPが作った『おしりたんてい』の謎解きは尻に火がつく難しさ
それでは、失礼こかせていただきます……。(2019/4/16)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(39):
大分編:別府に支社を作ったら、別府も緩やかに変化する――移住と仕事の相乗効果
温泉付き一軒家「フロムーン」で短期移住体験はいかが?――ご当地ライターがリアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実」、大分編第3回は、別府の移住支援事情、地方に支社を作ることの意義などをお届けします。(2018/4/16)

Instant Appsは普及するか
Androidアプリ「今すぐ試す」の長所と短所
Googleの「Android Instant Apps」は、エンドユーザーがデバイスにインストールする必要のないサイズの小さなアプリを指す。本稿では、このテクノロジーの長所と短所、そしてユースケースを取り上げる。(2018/4/15)

「才能の塊が帰ってくる」 小川範子が歌手デビュー30周年でベストアルバム、往年のファンがそわそわ
これで44歳だと……?(2017/11/15)

ネットはもういいよ! 『花のズボラ飯』水沢悦子先生が新作『もしもし、てるみです。』でおませな現実を描く
見せた隙は必ず突かれる、そんな世の中が嫌になったあなたへ。(2017/10/12)

「インサイド」「RBB TODAY」「アニメ!アニメ!」など33サイトが同時ダウン 原因はイードのストレージ障害
復旧時期などは未定とのこと。※追記(2017/3/30)

「私のSNSなら無料だし」 執拗に狙われる仏女優ソフィー・マルソーのパパラッチつぶしが完璧だと話題に
11歳年下の恋人との2ショットをパパラッチされていました。(2016/7/18)

ロボット掃除機も:
“サイクロン掃除機”誕生30周年! 豪華ダイソン製品が当たるクイズキャンペーンを実施
ダイソンがサイクロン掃除機の発売30周年を記念してクイズキャンペーンを開始した。クイズ正解者の中から抽選で3名にロボット掃除機「Dyson 360Eye」などダイソン製品が当たる。(2016/3/1)

こんなのスッと解きましょう!?:
しびれる難しさ、「正規表現パズル」に挑戦
「MIT Mystery Hunt」発のクロスワードパズル「Regexp Puzzle(正規表現パズル)」が超難解で脳がしびれると一部で話題になっています。あなたは解けますか?(2016/1/26)

会津大学の学食に「正規表現のナプキン」現る 問題を解くと……?
1枚のナプキンが導く未来?(2015/6/8)

サザン「葡萄」と週刊誌5誌によるコラボ誌が誕生、全国ローソンで限定無料配布
『週刊文春』『週刊現代』『週刊ポスト』『週刊プレイボーイ』『週刊SPA!』の週刊誌5誌の編集部が、アルバム収録曲から1曲ずつピックアップし、曲に関する企画記事を作成した。(2015/4/22)

「一太郎」への愛が試される……! 30周年記念で「一太郎クロスワード」など超難易度のゲーム公開中
日本で何人解けるんだろう。(2014/11/6)

ジャストシステム、「一太郎」30周年記念の特設ページを開設
ジャストシステムは、同社製ワープロソフト「一太郎」の30周年を記念する特設ページを開設した。(2014/11/5)

OSC2014 Tokyo/Fall:
組み込みや電子工作もオープンソースに熱視線、「OSC2014 Tokyo Fall」リポート
2014年10月18〜19日の2日間、「オープンソースカンファレンス2014 Tokyo/Fall」が開催された。このイベントはオープンソース系ソフトウェアコミュニティーのイベントのように見られがちであるが、メイカーブームの影響もあり、組み込み系や電子工作系のコミュニティーの参加も目立ってきた。そのなかでもホットな話題を提供していた、団体のセミナーやブース展示を紹介する。(2014/10/23)

“Ingress仙人”はなぜIngressにハマったのか? 「3週間で4キロ痩せた」そのハマりぶりに密着してきた
とりあえず暑かったです。(2014/8/27)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
「失言・ヤジ」の問題をどう減らせるか
今回は最近(昔からあるが)問題の多い政治家の「失言・ヤジ」ついて、情報セキュリティの視点からどうすれば減少できるかのかについて取り上げてみたい。(2014/7/4)

3分LifeHacking:
Evernote CEOの「これがないと仕事がはかどらないもの」はピアノ。何で?
Evernoteのフィル・リービンCEOが米メディア「Inc.」に記事を寄稿しました。何でも、最近ハマっているものがあるとか。(2013/10/22)

カカオジャパン、iOS版「カカオゲーム」をリリース
カカオトーク内で遊べるゲームプラットフォーム「カカオゲーム」のiOS版が公開された。IDを登録している友人と対戦も楽しめる。(2013/2/1)

ニコリのパズル:
ラストパズルは私に――ITクロスワード
最後のダンスは私と踊ってね。(2012/9/21)

ニコリのパズル:
厚化粧でも大丈夫!――ITクロスワード
厚化粧して別人のようになっても本人だと識別してくれる技術、なーんだ?(2012/9/7)

時間をもてあましている人〜:
ギネスに認定された巨大クロスワードパズルを1人で挑戦
ワード数6万4000語、合計16万マス以上の巨大なクロスワードパズル。これ、1人でやるの? 何時間かかるんだろ……。(2012/9/1)

16万マス超の世界最大クロスワードを1人で解け、期間は12月10日まで
第一三共ヘルスケアは、ワード数6万4000語、合計16万マス以上のクロスワードを出題。キーワードを見つけて応募することで、ギフトカードや育毛剤が当たる。期間は12月10日まで。(2012/8/30)

ニコリのパズル:
女にとって男とは?――ITクロスワード
女にとって男とは何なのか? それは永遠の謎のようでいて、実に簡単なことなのです。(2012/8/24)

ニコリのパズル:
鮎から採れない寿司ネタ――ITクロスワード
 「鮎」にあるけど、採れない寿司ネタってな〜んだ?(2012/8/10)

ニコリのパズル:
恋と欧州宇宙機関の都――ITクロスワード
欧州宇宙機関やユネスコの本部があるヨーロッパの都市は、美味しい食事とアムール(恋)の都でもあります。(2012/7/27)

ニコリのパズル:
○○○○のパソコンはお買い得?――ITクロスワード
「マジでアナログ」「鉛をなめさせてはいけません」と巷で評判(?)のITクロスワードパズル。プリントアウトして、鉛筆なめなめ解いてくださいね。(2012/7/13)

ニコリのパズル:
クリックやドラッグといえば?――ITクロスワード
雨でお出かけできない週末は、ITクロスワードで遊んでみませんか?(2012/6/29)

ニコリのパズル:
マウスやトラックボールで何をする?――ITクロスワード
解けてすっきり爽やかに週末を迎えるか、解けずにモンモンするか――IT業界初(たぶん)のITクロスワードパズルをお楽しみください。(2012/6/14)

3分LifeHacking:
スマートフォンを使ってすき間時間を有効活用する4つの方法
すき間時間にスマートフォンでFacebookのフィードを読むのではなく、数分だけでも仕事の効率を上げるために有効活用してはどうでしょうか? あるコツを紹介します。(2012/6/8)

App Town リファレンス:
クロスワードパズル好きは必携!? iPhoneアプリ「クロスワード辞書」
指定部分に指定文字が入る単語を簡単に検索できるiPhoneアプリ「クロスワード辞書」が登場。収録語数は20万語。(2012/3/2)

Google、検索スキルを試せるクイズ「A Google a Day」をスタート
毎日1つのクイズに答えながら検索スキルを磨こう――Googleがトリビアクイズ「A Google a Day」をスタートした。(2011/4/12)

出版業界が大同団結、3万冊の雑誌を被災地へ
富士山マガジンサービスは、東日本大震災で被災した宮城県と福島県、岩手県内の避難所約1000カ所に対し、出版各社や業界団体の協力の下、雑誌など3万冊を寄付、4月6日に現地への搬送が始まる。(2011/4/6)

写真で見る「The Daily」――これは新たなデジタルメディアか?
新たなデジタルメディアとして登場した米News CorporationのiPad専用デジタル日刊新聞アプリ「The Daily」。本稿では、The Dailyがどのようなものなのか、実際の画面を中心に紹介していこう(2011/2/4)

iPadリポート総集編(2):
iPadと電子出版は“若者の読書離れ”を止められるか?
iPadリポート総集編の第2回では少し目先を変え、新しく出てきた電子書籍関連の話題を追っていく。iPadと電子出版の組み合わせはユーザーにとってどんな可能性を秘めているのだろうか。(2010/4/27)

リアル脱出ゲームに参加してみた
先週のランキングとは全く関係ないですが、リアル脱出ゲームに参加してみました。(2009/11/16)

3分LifeHacking:
生産性が上がる!? 仕事の休憩タイムの過ごし方オススメ6選
仕事の生産性向上には、休憩を定期的に取り、メリハリをつけることも大切。休憩時間を効果的かつ効率的に使うコツを6つ紹介しましょう。(2009/11/9)

LED/発光デバイス:
電球型蛍光灯とLED照明、省エネ対決は一長一短
電球型蛍光灯、LED電球ともに白熱電球と比べて発光効率が高く、大幅な省エネが可能だ。LED電球は放熱技術を向上することでさらに低価格化が可能なように思われる。課題は光の色味だ。(2009/2/23)

iPhoneのSCRABBLEゲームがFacebookでも対戦可能に
米国で昔から人気があるクロスワード風の単語作成ゲームSCRABBLEのiPhone版が、Facebook版と連係できるようようになる。(2009/3/25)

仕事耕具:
“100コンテンツ”エクスワードに最上位モデル、大辞典を複数収録
カシオ計算機は、電子辞書「エクスワード」シリーズとして100コンテンツを収録した3機種を発売。最上位機種には、「ランダムハウス英和大辞典」「精選版日本国語大辞典」「日本歴史大事典」などの大辞典を収録した。(2009/2/5)

松村太郎のiPhone生活:レファレンス:
第22回 細部にまでこだわった、遊べる国語辞典──「デジタル大辞泉2009i」
「デジタル大辞泉2009i」は、前回紹介した「大辞林」と同じ国語辞典だが、作り手が違うためユーザーインタフェースのアプローチが大きく異なる。大辞泉は細部へのこだわりとクロスワードパズルが面白い。さすがに両方買うと結構な値段になるが、どちらも持っていて損はないアプリと言える。(2009/1/27)

D89クリップ(1):
Mashup Awards授賞式レポート マッシュアップ+ひとひねり=MA4の受賞作
リクルートとサン・マイクロシステムズが主催するマッシュアップアワードの授賞式をレポートする。今年の猛者たちの「ひとひねり」が光るマッシュアップWebサービスの数々をチェック!(2008/10/23)

ねとらぼ:
オリジナルの“○○メーカー”や診断テスト作れる「gooメーカー☆メーカー」
「○○メーカー」のようなジェネレーターや診断テスト、検定問題などを作って公開できるサイトを、gooがオープンした。(2008/9/25)

「デカロン」大型アップデート記念イベント&キャンペーンを実施
(2008/6/4)

谷村美月さん出演映画「神様のパズル」公開記念キャンペーン――「メイプルストーリー」
(2008/5/26)

地頭力を鍛えるのに役立ちそうなものは?
最近「地頭力」という言葉をよく耳にするが、20代社会人の4人に3人は「地頭力を鍛えなければならない」と感じているようだ。その理由として「仕事の効率を上げたい」など、キャリアに関する答えが多かった。(2008/3/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。