ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「サイボウズ・ラボ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サイボウズ・ラボ」に関する情報が集まったページです。

筆者インタビュー 〜セキュリティ編〜(1):
暗号化技術を支えているのは「信頼」だった
情報セキュリティを支える「暗号化技術」の背景にはどのような理論があり、その安全性はどのようにして検証されているのでしょうか。@IT連載「クラウド時代の暗号化技術論」筆者であるサイボウズ・ラボ 光成滋生氏に聞きました。(2016/1/29)

やるなよ、やるなよ、絶対やるなよ!:
なんでも自動化する凄腕エンジニアが残したおバカシェルまとめ
……天才、だと思います。(2015/11/27)

クラウド時代の暗号化技術論(8):
まだまだ広く深い、暗号の世界――匿名認証や電子投票に利用される「ブラインド署名」「グループ署名」「ゼロ知識証明」
最終回となる第8回では、匿名認証などに用いられるデジタル署名である「ブラインド署名」や「グループ署名」、相手に情報を与えずに自分が情報を持っていることを証明する「ゼロ知識証明」を紹介します。(2015/10/20)

クラウド時代の暗号化技術論(7):
マイナンバーの漏えい対策にも利用される「検索可能暗号」とは――安全性と利便性の両立を目指す注目の暗号技術
マイナンバー制度の施行を目前に控え、個人情報の管理に対する不安の声も高まっています。第7回では、マイナンバーを管理するシステムにも利用される注目の暗号技術「検索可能暗号」について紹介します。(2015/9/29)

クラウド時代の暗号化技術論(6):
動画配信サービスにも応用できる暗号とは――アクセス権を制御する「属性ベース暗号」
第5回で紹介したIDベース暗号は、さまざまな拡張がなされています。第6回では、その一つである「属性ベース暗号」について、具体例とともに紹介します。(2015/9/7)

クラウド時代の暗号化技術論(5):
メールアドレスを公開鍵にする――「ペアリング」とその応用例
「好きな文字列を公開鍵として使いたい」「情報を暗号化したまま復号できる人を変更したい」――第5回では、暗号に対して求められるこのような利便性を達成するための技術である「IDベース暗号」「代理人再暗号化」と、その基礎となる「ペアリング」という関数について解説します。(2015/8/25)

クラウド時代の暗号化技術論(4):
クラウドサービスに最適な暗号方式とは?――暗号化したまま計算する「準同型暗号」
情報漏えいの懸念があるクラウドの世界では、データを暗号化して保持するのが安全です。しかし従来の暗号方式では、暗号化されたデータを計算するときにいったん復号を行う必要があり、ネットワークやクライアントマシンに負荷がかかってしまいます。今回はこの問題を解決するための「準同型暗号」について解説します。(2015/8/13)

クラウド時代の暗号化技術論(3):
鍵が漏れることも想定せよ――クラウド時代における「楕円曲線暗号」の必然性
エンジニアであれば、楕円曲線を暗号に用いる「楕円曲線暗号」という言葉を聞いたことがあるでしょう。今回は楕円曲線暗号の仕組み、そしていまこの手法が注目されている理由を解説します。(2015/7/22)

クラウド時代の暗号化技術論(2):
“安全な暗号”とは何か――「強秘匿性」「頑強性」という概念
前回に引き続き、暗号化手法の一つ「ElGamal暗号」を学びます。そして攻撃に強く、「安全な暗号」に必要な要素とは何かを考えてみます。(2015/7/7)

クラウド時代の暗号化技術論(1):
重要なデータを守るため、もう一度暗号化技術をおさらいしよう
エンジニアならば、情報の重要性を誰よりも理解しているはずです。そこで、クラウド時代にエンジニアが知っておくべき「暗号」論を、もう一度おさらいしてみてはいかがでしょうか。デブサミにて反響が大きかった「クラウドを支えるこれからの暗号技術」を執筆した筆者による新連載です。(2015/6/18)

セキュリティ業界、1440度(9):
講師も悩む――セキュリティ・キャンプ「選考」のやり方
2014年6月、セキュリティ・キャンプ全国大会2014の参加者選考が行なわれました。枠は限られているので、参加者を厳しく選考しなくてはなりません。そこには、講師なりの苦労があるのです。(2014/7/23)

インシデント発生を前提に考えるサイボウズのセキュリティ対策とは?
完璧なセキュリティなどあり得ない――サイボウズが自社製品における脆弱性対策やインシデント(事故や事件など)における対応などについて語った。(2014/7/15)

セキュリティの猛者求む SECCON 2014が6月末に開幕
国内最大級のハッキングコンペ「SECCON」が6月29日からスタートする。今回は女性限定の大会や英語による予選なども実施し、国内外からの参加を募る。(2014/6/10)

IT用語解説系マンガ:食べ超(40):
勧告前にオワコン化? Webが追い越すHTML5
忘れないで、2014年はHTML5の勧告予定です。(2014/1/8)

脆弱性ハンティングの波は広がるか:
サイボウズが脆弱性発見コンテストを実施したワケ
サイボウズは2013年11月11日から同月25日にかけての2週間に渡って、脆弱性発見コンテスト「cybozu.com Security Challenge」を実施した。「外からの知見を得て、サービスの品質向上につなげたい」というのがその動機だ。(2013/11/26)

SECCON 2013 横浜大会レポート:
来年は「U-50」大会も? シニアの血も沸く夏の戦い
2013年8月23日、「CEDEC 2013」に併せてパシフィコ横浜で開催されていた「SECCON 2013」第1回地方大会が閉幕した。本戦の「CTF」に加え、その予選としてSQLインジェクションチャレンジやバイナリかるた/アセンブラかるたなど、趣向を凝らした競技が開催された。(2013/9/6)

UXClip(35):
HTML5時代のWeb開発者が知らないとガチヤバな3つの未来予測と6つの脆弱性対策
CEDEC 2013のHTML5に関する2つの講演を、主にセキュリティの観点からレポート。サイボウズ・ラボ竹迫氏とネットエージェント長谷川氏が語るWebは、こんなにヤバい(2013/9/5)

「いたちごっこ」からの脱却なるか:
セキュリティ対策に数学の力を――機械学習は先行防御の夢を見るか?
どうしても攻撃者の後手に回りがちなセキュリティ対策。ここに機械学習を活用することで、先手を打った対策を実現できないか――そんな取り組みが始まろうとしている。(2013/8/30)

日本最大級のセキュリティ競技大会に、「SECCON 2013」が8月開幕
学生対象の「SECCON」と社会人対象の「CTFチャレンジジャパン」が1つになり、所属や年齢を問わずに参加できる大会となった。主催する日本ネットワークセキュリティ協会は、「日本最大のハッカー大会を目指す」としている。(2013/6/7)

ドロップダウンで選ぶだけ:
PR:サイボウズのJSカスタマイズの新機能がスゴい!
従来、グループウェアのカスタマイズといえばテンプレートの改修や追加コードの開発が必要だった。サイボウズのクラウド版では、JavaScriptによるカスタマイズが可能と手軽。しかも、独自開発をしなくても、既存のカスタマイズを選択するだけで、かなり有用なコトができてしまうのだ。(2013/4/8)

導入・構築支援の現場の声:
PR:【座談会】サイボウズのJSカスタマイズ機能登場の意味とは?
JavaScriptによるカスタマイズが手軽になったサイボウズのクラウド版。グループウェアの導入や構築、運用を手がける技術者、SIerにとっての意義を探る(2013/4/8)

第1回SECCON CTF全国大会 詳細レポ:
知力、体力、時の運! 2日間にわたる攻防戦
幅広い情報セキュリティの知識や経験を問う「第1回SECCON CTF全国大会」が、2013年2月末に開催された。2日間にわたって攻防戦スタイルで争われた旗取り合戦。その熱戦の模様をレポートする。(2013/3/8)

サイボウズイベント申し込みで新型iPod touchなどが当たる:
PR:闘魂ならぬ闘“雲”の夏、今クラウドが熱い!! A・猪木や篠崎愛も登場、cybozu.com カンファレンス9月26日開催
この夏最後の熱〜いイベントがもうすぐやってきます。それは東京ドームホテルで、9月26日(水)13時30分に開幕する「cybozu.com カンファレンスII」。会場には何とあのアントニオ猪木さんや篠崎愛さんら「AeLL.」も登場し、会場を盛り上げます。(2012/8/27)

PR:開始半年で1000社が導入! 中小企業が「cybozu.com」を選ぶ理由
「予想していたことがほとんど外れた」と、サイボウズの青野慶久社長は笑うほど「cybozu.com」が好調だ。4月末時点で導入企業が1000社を突破したというcybozu.comのユーザー企業が話す“選ぶ理由”とは何か――。(2012/6/20)

超エンジニアミーティング」レポート Day1:
なぜそこまでやった、開発者コミュニティの異種格闘技「超エンジニアミーティング」エンジニア100連発、日本Rubyの会、java-ja
開発者コミュニティが集結した「超エンジニアミーティング」。エンジニアたちが技を繰り出しあう、混沌空間に張り付いてレポートする。(2012/6/14)

OSSコミュニティの“中の人”(3):
勉強ではなくすごいことの共有――Shibuya.pm/Shibuya.js竹迫良範氏インタビュー【前編】
「OSSコミュニティに参加したいけれど、どうしたらいいか分からない」「中が見えにくいので不安」……OSSコミュニティの“中の人”へインタビューし、OSSコミュニティをもっと身近に感じてほしい。(2012/5/31)

HTML5“とか”アプリ開発入門(9):
フォーム関連要素(終) HTML5で仕様になった入力値チェック+便利な3Tips
(2011/4/25)

HTML5“とか”アプリ開発入門(8):
フォーム関連要素(3) サイトのフォームを多機能にするHTML5の新要素5選
HTML5の新しいform関連要素を、出力値やデータのリスト、進捗率の視覚化、公開鍵暗号など用途別にサンプルコードとともに紹介(2011/4/5)

HTML5“とか”アプリ開発入門(7):
フォーム関連要素(2) HTML5でinput要素に追加された新しいタイプ13連発
HTML5の新しい入力タイプを、日時関連や数値、検索、電話番号、URL、メールアドレス、色など用途別にサンプルコードとともに紹介。iPhoneで見るとキーボードまで変化するタイプも!?(2011/3/7)

HTML5“とか”アプリ開発入門(6):
フォーム関連要素(1) HTML5で既存のinputタイプに加わった6つの変更点
JavaScriptを使わずにリッチな入力フォームを活用可能になったHTML5。最新Webブラウザで、その見た目と変化を確認してみましょう(2011/2/17)

HTML5“とか”アプリ開発入門(5):
(文書構造編:後編)HTML5 Outlinerで文書の“アウトライン”を確認する
文書の「アウトライン」「暗黙的なセクション」「セクションルート」などについて、Google Chromeの拡張機能を使って視覚的に理解しよう(2011/2/1)

HTML5“とか”アプリ開発入門(4):
(文書構造編:前編)HTML5のセクションで“文書構造”を理解する
文書の論理構造を表すための新たな要素「セクション」。マークアップの量は増えるが、文書のツリー構造がずっと把握しやすくなる(2011/1/18)

HTML5“とか”アプリ開発入門(3):
HTML5の登場で、XHTMLは結局どうなったの?
最近よく目にする「HTML5」という言葉。JavaScriptのAPIやCSS3、SVGなどを含め、急速な広がりを見せつつある「HTML5」の基礎を学べる入門連載です。「HTML5を使うと、何ができるのか」「それを実現するには、どのようなプログラムを書いたらいいのか」をお届けします(2010/11/12)

安藤幸央のランダウン(53):
いま購読するべき15の開発者ブログ
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部)(2010/10/22)

HTML5“とか”アプリ開発入門(2):
HTML5でWebページをマークアップするための基礎知識
最近よく目にする「HTML5」という言葉。JavaScriptのAPIやCSS3、SVGなどを含め、急速な広がりを見せつつある「HTML5」の基礎を学べる入門連載です。「HTML5を使うと、何ができるのか」「それを実現するには、どのようなプログラムを書いたらいいのか」をお届けします(2010/10/4)

一撃デザインの種明かし(13):
デザイナは要注目! 明日から語れるHTML5&CSS3
※本稿では特に断りがない場合、Firefox、Google Chrome、Opera、Safariは2010年7月時点の最新バージョン、IEはInternet Explorer 6/7/8の総称です。(2010/9/27)

HTML5“とか”アプリ開発入門(1):
Webの3つの問題を解決する「HTML5」とは何なのか
最近よく目にする「HTML5」という言葉。JavaScriptのAPIやCSS3、SVGなどを含め、急速な広がりを見せつつある「HTML5」の基礎を学べる入門連載です。「HTML5を使うと、何ができるのか」「それを実現するには、どのようなプログラムを書いたらいいのか」をお届けします(2010/8/30)

挑戦者たちの履歴書(46):
スーパーエンジニア集団=サイボウズ・ラボを設立
編集部から:本連載では、IT業界にさまざまな形で携わる魅力的な人物を1人ずつ取り上げ、本人の口から直接語られたいままでのターニングポイントを何回かに分けて紹介していく。前回までは、青野氏がサイボウズの社長に就任するまでを取り上げた。今回、初めて読む方は、ぜひ最初から読み直してほしい。(2010/8/30)

挑戦者たちの履歴書(40):
勝算はなくとも、若気の思い込みでカバー
編集部から:本連載では、IT業界にさまざまな形で携わる魅力的な人物を1人ずつ取り上げ、本人の口から直接語られたいままでのターニングポイントを何回かに分けて紹介していく。前回までは、青野氏がサイボウズを創業するまでを取り上げた。今回、初めて読む方は、ぜひ最初から読み直してほしい。(2010/8/13)

挑戦者たちの履歴書(39):
Webアプリケーションの可能性に取りつかれて創業
編集部から:本連載では、IT業界にさまざまな形で携わる魅力的な人物を1人ずつ取り上げ、本人の口から直接語られたいままでのターニングポイントを何回かに分けて紹介していく。前回までは、青野氏が松下電工で社内ベンチャーを立ち上げるまでを取り上げた。今回、初めて読む方は、ぜひ最初から読み直してほしい。(2010/8/11)

挑戦者たちの履歴書(36):
1人の天才との出会いで人生が大きく狂う
編集部から:本連載では、IT業界にさまざまな形で携わる魅力的な人物を1人ずつ取り上げ、本人の口から直接語られたいままでのターニングポイントを何回かに分けて紹介していく。前回までは、青野氏が大学院への進学でなく就職を決意するまでを取り上げた。今回、初めて読む方は、ぜひ最初から読み直してほしい。(2010/8/4)

広がれエンジニアの輪:
第9回 新藤愛大――「Spark projectは生活の一部」
エンジニアにとって仲間とはどういう存在なのだろうか。極端なことをいえば、自分1人で作業が完結できてしまうエンジニアにとって、仲間とのコミュニケーションにはどんな意味があるのか。エンジニア同士のネットワークを通じて、エンジニアにとっての仲間とは何かを探る。(2010/5/19)

広がれエンジニアの輪:
第6回 大常昌文――「懇親会でしか出ない話」こそ面白い
エンジニアにとって仲間とはどういう存在なのだろうか。極端なことをいえば、自分1人で作業が完結できてしまうエンジニアにとって、仲間とのコミュニケーションにはどんな意味があるのか。エンジニア同士のネットワークを通じて、エンジニアにとっての仲間とは何かを探る。(2010/4/28)

広がれエンジニアの輪:
第5回 檀上伸郎――「はてな」と「けもの道」
エンジニアにとって仲間とはどういう存在なのだろうか。極端なことをいえば、自分1人で作業が完結できてしまうエンジニアにとって、仲間とのコミュニケーションにはどんな意味があるのか。エンジニア同士のネットワークを通じて、エンジニアにとっての仲間とは何かを探る。(2010/4/22)

広がれエンジニアの輪:
第4回 宮下剛輔――「自分を知ってもらう努力をしよう」
エンジニアにとって仲間とはどういう存在なのだろうか。極端なことをいえば、自分1人で作業が完結できてしまうエンジニアにとって、仲間とのコミュニケーションはどんな意味があるのか。エンジニア同士のネットワークを通じて、エンジニアにとっての仲間とは何かを探る。(2010/4/20)

広がれエンジニアの輪:
第1回 コミュニティは「知り合い系」から「出会い系」へ変化する
エンジニアにとって仲間とはどういう存在なのだろうか。極端なことをいえば、自分1人で作業が完結できてしまうエンジニアにとって、仲間とのコミュニケーションはどんな意味があるのか。エンジニア同士のネットワークを通じて、エンジニアにとっての仲間とは何かを探る。(2010/1/18)

ITpro Challenge! 2009 Light:
「長期的な最適解を」「光を見つけよう」――竹迫氏&角谷氏 講演レポート
(2009/9/16)

特集:「ハチロク世代」がやってくる(5):
「ハチロク世代」がIT業界を変える日
IT/Web業界を席巻(せっけん)した「ナナロク世代」から10年。1986年生まれの「ハチロク世代」がIT業界を変える日が迫っている。コミュニティ「ハチロク世代」中心メンバーの座談会から、新しい世代がIT業界にもたらす変化を探る。(2009/4/17)

Imagine Cup日本代表決定、次はカイロで決戦に挑む:
途上国の教科書問題、同志社の学生がITで解決目指す
(2009/3/31)

オカムラ「いすの博物館」:
後傾? 前傾? 作業にあったワーキングチェアを考える
デスクトップPCとノートPCで作業の姿勢が異なります――。岡村製作所の「いすの博物館」で作業にあったワーキングチェアを考えてみた。(2009/2/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。