ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「データコア・ソフトウェア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「データコア・ソフトウェア」に関する情報が集まったページです。

アントマン役ポール・ラッドも登場:
香港に行けば君もアベンジャーズだ 「アントマン&ワスプ:ナノバトル!」香港ディズニーランドにオープン
香港ディズニーランドに待望の新アトラクション「アントマン&ワスプ:ナノバトル!」がオープン。セレモニーには監督のペイトン・リード、主演のポール・ラッドも登場し、最新鋭の技術を使ったライドのオープンを祝いました。(2019/4/2)

核心的テクノロジーに注目
2019年注目のストレージスタートアップ“えりすぐりの9社”
ストレージのスタートアップ企業は、成功するよりも失敗に終わる可能性が高い。それでも、意欲のある企業がクラウド、バックアップ、コンバージェンス、フラッシュの革新的テクノロジーに挑んでいる。(2019/3/20)

2年間無償で4ノード8TBまで使える試用版も:
PR:HDDだけでもフラッシュ並に速く、TCOを3分の2に削減した実績があるストレージソフトウェアがHCIの問題点を解消できる3つの理由
ベンダー各社からさまざまなハイパーコンバージドインフラ(HCI)製品が登場している。HCIというとアプライアンス製品をイメージするが、ベースにあるのはソフトウェア定義ストレージ(SDS)技術だ。そんな中、SDSのパイオニアの1社であるDataCore Softwareは、SDSだけではなくHCIにもマーケットに先駆けて早くから取り組んでいた。HCIアプライアンスでは提供できない魅力とは。(2018/2/19)

ハイブリッドストレージのベストバイ
フラッシュ vs. HDDではなくハイブリッドストレージが答え その技術と製品は
フラッシュとHDDの両方を搭載したハイブリッドストレージアレイは、パフォーマンスの点でオールフラッシュストレージやオールHDDを上回る利点があり、今日の組織の多種多様なワークロード要求に対処できる。(2018/1/24)

ハードルは高いが……
HCIアプライアンスではなく、あえて“自作”の意義とは? そのメリットとデメリット
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)ベンダーはHCI構築ソフトウェアだけを提供するオプションも用意している。これを利用すれば、IT部門はベンダーロックインとスケーラビリティの問題を回避できるが、別の問題もある。(2017/12/28)

調査から見えるユーザーの本音
ソフトウェア定義ストレージ(SDS)でも、やっぱりSSDとHDDの性能は大事
ソフトウェア定義ストレージ(SDS)は、ベンダーロックインに対する万能薬と位置付けられている。しかし、ある調査によると、ITインフラのベンダーロックインは、一時期ほど重視されなくなってきているという。(2017/10/16)

コスト削減と柔軟性アップを実現
いまさら聞けないソフトウェア定義ストレージ(SDS)、その技術と主要製品一覧
ソフトウェア定義ストレージ(SDS)とは、データストレージのリソースと機能を管理する技術だ。基盤となる物理ストレージとは依存関係を持たない。(2017/9/6)

NVMeの性能を引き出す3つの実装方法(後編):
知らないと損をするNVMeの3つの実装方法とメリット/デメリット
ストレージプロトコルのパフォーマンスの問題を解決するために生み出された新しいプロトコルがNVMeだ。これを利用するための具体的な実装方法は3つある。どれを選ぶべきなのか。(2017/8/16)

Interop Tokyo 2017の歩き方(2):
Interop Tokyo 2017、IoTとクラウドで進化するITインフラ、そしてネットワーク
Interop Tokyo 2017の見どころを3回に分けて紹介する連載の第2回として、IoT、クラウド、そしてこれらをきっかけとしたネットワーキングの新たな役割を象徴する展示を紹介する。(2017/6/6)

SDSの定義とトレンド【後編】
徹底解説:ストレージ仮想化、オブジェクトストレージにおける「SDS」の仕組みとは
「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)ほど見解に相違が見られる用語はない。「柔軟性」「使いやすさ」「スケーラビリティとパフォーマンス」「総所有コスト」の4基準で各SDSの長所と短所を評価する。(2017/6/5)

オーバースペックは避けたい
IT担当者が見落としてはいけないオールフラッシュアレイ5つの選定ポイント
オールフラッシュアレイを購入する前には、費用対効果を最大限に発揮するためにも具体的な導入計画が必要だ。事前に確認すべき5つの質問について解説する。(2017/5/2)

ストレージテクノロジーの2017年話題のトレンド【後編】
NVMe対応で復活するファイバーチャネル、SDSはハードの「価格下落」が追い風に
本稿では、データストレージテクノロジーのトレンドの中から、2017年に盛り上がりそうなものを取り上げる。後編ではNVMe、SDS、超高速ファイバーチャネルがテーマだ。(2017/1/23)

ハイパーコンバージドインフラ急増の理由がここにある
簡単スピーディーなSDS管理ツールで“データセンターのiPhone”を目指す
今、急速に関心が高まっているハイパーコンバージドインフラの基幹技術「SDS」(Software Defined Storage)は、実を言うとなかなか普及が進んでいなかった。なぜ今、急速に広がりつつあるのだろうか?(2016/6/29)

並行コンピューティングに立ち返る
ストレージで生きる「ムーアの法則」、マルチコアプロセッサに再び脚光の理由
仮想化技術が注目される今だからこそ、サーバ・ストレージのマルチコアプロセッサ技術が再評価されている。これは新時代の象徴として期待され、研究が中断されてしまったかつての技術をもう一度よみがえらせている。(2015/12/14)

ハイパーコンバージド市場の現状も解説
「ハイパーコンバージドインフラ」選びで外せない5つの条件
ハイパーコンバージド市場が競合ベンダーの製品によって膨らんだ結果、ハイパーコンバージドシステムの選定が困難になっている。(2015/11/26)

新旧インフラで適合するタイプが異なる
SDSの最適な構築方法が分かる3つの選択肢
「Software-Defined Storage」を実現する方式は、システムの特性や種類によって異なる。悩んでいる担当者に向けて、最適なSDS構築に必要な選択肢を提供する。(2015/11/16)

マシンでも働きすぎは深刻な問題に
フラッシュメモリが“過労死”? VMwareとMicrosoftの仮想環境が心配だ
米VMwareのハイパーバイザーや米Microsoftの「Hyper-V」では、フラッシュメモリを酷使して仮想マシンが“動作”する。仮想マシンのウェイトが高くなるにつれて、フラッシュメモリの短命化が深刻な問題になる。 (2015/10/27)

“データ転送にトラブル経験あり”が43%も:
エンタープライズがクラウドへ行けない思わぬ理由
エンタープライズクラウドが本格化してきたが、既存システムをクラウドに移行するには大きな壁がある。その理由を聞いた。(2014/9/10)

障害復旧の専門家に学ぶ
ベンダーに惑わされない障害復旧計画の立案
障害復旧の専門家、ジョン・トイゴ氏が、業界に広まっている通説を一刀両断。障害復旧の本質から導き出された、本当に必要な対策とは何か?(2013/10/29)

データコアがストレージ仮想化の最新版、多彩な構成や管理ツールに対応
データコア・ソフトウェアはストレージ仮想化製品の最新版「SANsymphony-V R9」を発表した。(2012/7/4)

仮想デスクトップのショールーム、秋葉原にオープン
エム・ピー・テクノロジーズが仮想デスクトップ環境を体験できる施設を秋葉原に開設した。周辺ソリューションを含めて紹介している。(2012/3/1)

プライベートクラウド構築で役立つサードパーティー製品【後編】
サーバ仮想化でストレージ使用量が3割増! ストレージ効率化ツール6選
サーバ仮想化やクラウドによって、必要とされるストレージの量は大幅に増える。クラウド環境におけるストレージのニーズを満たすために、効果的なストレージ利用を支援するツールを紹介する。(2012/2/8)

ソフトウェアによるストレージ仮想化のメリットとは?
ハードウェアに依存しないストレージ仮想化を実現する「SANsymphony-V」
要件が高度化しているストレージ。その対応策としてストレージ仮想化が注目されている。本稿では、ストレージ仮想化を実現するソフトウェア「SANsymphony-V」の概要を紹介する。(2011/4/20)

Amazon EC2に真っ向勝負
動き出した日本のパブリッククラウドサービスはサポートで差別化
長年の仮想化サービスのノウハウと日本のデータセンターを活用する、米Amazon EC2対抗のパブリッククラウドサービスが登場。最大の売りは、国内の安心感とEC2にないサポートだという。その中身とは?(2009/11/25)

ホワイトペーパー:
変化する仮想化環境に最適なストレージとは? ─ソフトウェアが持つ仮想化力─
仮想サーバ環境下のストレージに課題をお持ちではないだろうか? 本ホワイトペーパーは、ソフトウェアでストレージの仮想化を行い、課題を解決する方法を機能や運用の視点から紹介する(提供:データコア・ソフトウェア)。(2009/9/30)

何ができる? ストレージ仮想化【第2回】
ストレージ仮想化の実現方式とそれぞれのメリット/デメリット
ストレージ仮想化の実現方式は複数あり、それぞれにメリットとデメリットが存在する。また、導入を検討するに当たっては実現方式以外にも注意すべきポイントが幾つかある。(2008/11/10)

ディザスタリカバリで強い企業を作る:
現場の視点で見る災害対策(2):DRサイトの実現方式と設計上のポイント
ディザスタリカバリを実現する方式にはどういったものがあるのだろうか。それぞれの特徴とメリット/デメリットを紹介する。(2006/9/14)

Column
シンプロビジョニングは使える? 評価は真っ二つ
アプリケーションにストレージ容量を迅速に提供する機能「シンプロビジョニング」がストレージ管理者の注目を集めているが、実際に試したユーザーすべてがこの機能に納得しているわけではない。(2006/6/16)

データコア、ディスクベースの遠隔コピーを安価に実現する「SANmelody DR」
データコア・ソフトウェアは、中小規模システム向けのディスクベースの遠隔コピーソフトウェア「SANmelody DR」の出荷を開始した。(2006/5/30)

ネットワールドとNECソフト、「ストレージ仮想化ソリューション」で提携
ネットワールドとNECソフトは、両者が提供しているアプライアンスとソフトウェアを組み合わせることで、サーバ仮想化からストレージ仮想化までトータルにサポートするソリューションを発表した。(2005/11/28)

アダプテックとデータコア、ストレージ製品の共同プロモーションを開始
アダプテックとデータコアは、iSCSIや低価格ストレージマーケットに対応した共同プロモーションを実施する。(2004/12/7)

NECソフト、ストレージサーバアプライアンスを販売開始
NECソフトは11月24日、ストレージサーバアプライアンス製品「MelodiousStor」を販売開始した。(2004/11/24)

データコア・ソフトウェア、統合ストレージ管理ソフトの最新版を販売
データコア・ソフトウェアは、統合ストレージ管理ソフトウェア「SANsymphony 5.2 日本語版」を発表した。(2004/8/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。