ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「デスクトップ最適化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「デスクトップ最適化」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

仮想デスクトップ最適化のベストプラクティス【後編】
仮想デスクトップ最適化ツール「Citrix Optimizer」「VMware OS Optimization Tool」の違い
仮想デスクトップの最適化ツールを使用すれば、OSが備える一部の機能やユーティリティーを無効にして、より効率的な仮想デスクトップを実現できる。(2019/5/15)

仮想デスクトップ最適化のベストプラクティス【前編】
仮想デスクトップを低コストで快適にする「最適化」のすすめ
仮想デスクトップの最適化によって、企業はどのようなメリットが得られるのか。簡潔にまとめた。(2019/4/24)

キャッシュに読み込めばオフラインでも稼働する
「Microsoft App-V」で見るクライアント型“アプリケーション仮想化”の仕組み
アプリケーション仮想化の世界は分かりにくい。Microsoft App-Vを詳しく見ることで、クライアント型仮想アプリケーションの仕組みを理解しよう。(2018/9/17)

山市良のうぃんどうず日記(116):
年の初めに再確認、2018年にサポートが終了するMicrosoft製品は?
Microsoftは同社の製品およびサービスについて、明確なサポートポリシー(ただし、途中で変更あり)に基づき、更新プログラムを含むサポートを提供しています。2018年は主に10年前にリリースされた製品がサポート終了を迎えます。どのような製品があるのか、年の初めに再確認し、使用していないかどうかを調べておきましょう。(2018/1/11)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(92):
君の名は? 昔の名前が出てこない
WindowsやMicrosoft製品に搭載されている機能や技術、そして製品名は、変更される場合があります。ものによっては、何度も変更されることがあります。名称変更はマーケティング的な理由が多いと思うのですが、トラブル解決を難しくしたり、ユーザーを混乱させたりといった“負の側面”も少なくありません。(2017/9/12)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(1):
Windows 10への移行計画を早急に進めるべき理由
本連載では、これからWindows 10への移行を本格的に進めようとしている企業/IT管理者に向け、移行計画、展開、管理、企業向けの注目の機能を解説していきます。第1回目は、「Windows 10に移行すべき理由」を説明します。(2017/7/21)

Enterprise IT Kaleidoscope:
Windows 10で変化した企業向けライセンスのお話
最初のリリースから1年が経過したWindows 10は、これから企業導入の本格的なフェーズを迎えていく。今回は企業向けライセンスがどう変わるのかについておさらいしてみたい。(2016/9/7)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(63):
“App-VとUE-VがWindows 10 Anniversary Updateに搭載”は本当にお得か?
今回は、一部のIT系メディアで取り上げられた「Windows 10 Anniversary Update」の新機能に関わるニュースを深読みします。(2016/7/29)

「App-V」「UE-V」が「Windows 10 Enterprise」に搭載へ
「Windows 10」次期更新で「Pro」ユーザーが迫られる“究極の選択”
Windows 10の大型アップデート「Windows 10 Anniversary Update」には、企業向けの新ツールや新機能が備わる。だが「Windows 10 Pro」のユーザー企業は落胆するかもしれない。(2016/7/20)

変わるWindows、変わる情シス:
第9回 「Windows 10 Enterprise」は“いらない子”?
マイクロソフトの新OS「Windows 10」。もう使ったという人も、まだ試していないという人もいると思うが、あらためてそのポイントを“マイクロソフトの人”に解説してもらおう。今回はWindows 10の「Enterpriseエディション」についてのお話。(2016/5/16)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(54):
Office 2016の“更新”の謎に迫る
Office 2013以降、Officeの更新プログラムは、Windows UpdateやWSUSで配信されることはありません。Office 2010以前からOffice 2013/2016に乗り換えたユーザーは、その違いに戸惑うかもしれません。今回は、Office 2013以降の更新方法や更新プログラムのファイルサイズの謎に迫ります。(2016/3/23)

Enterprise IT Kaleidoscope:
Windows 10への移行は「イマでしょ!」と言える理由
早くもWindows 10の次のアップデートとされる「RedStone」のプレビューが本格的に始まった。まだ多くの企業がWindows 10への移行に踏み切れないでいるが、このタイミングにおいて企業はどう考えるべきだろうか。(2016/3/2)

Enterprise IT Kaleidoscope:
公開迫るWindows 10、アップグレード開始後どうなる?
「Insider Program」によるWindows 10のビルドの更新が立て続けに行われ、7月29日のアップグレードのリリースに向けた準備が本格化している。アップグレード開始後の様子を占ってみたい。(2015/7/7)

中外製薬のMRは、なぜ「2in1型Windows」を選んだのか
中外製薬が、製薬会社ならでは重要職種「MR」の貸与デバイスに、コンバーチブル型WindowsノートPCを選択した。これまでのiPad+PCの複数台体制を、なぜWindowsの2in1タイプに変えたのだろうか。(2014/11/10)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(18):
Windowsの“Enterpriseエディション限定機能”の最新情報まとめ
Windowsの企業向け最上位エディションには、個人ユーザーが触れる機会がないであろう企業向けの“限定”機能がいろいろと入っています。いくつかの機能は新しいWindowsで限定解除されていたりします。ちょっとまとめてみました。(2014/11/10)

ITプロ必携の超便利システム管理ツール集(17):
最強のトラブルシューティングツール、それはWindowsの「インストールメディア」
「正常に起動しないPCをどうにかしたい」「壊れかけのPCからデータを救出したい」「ディスク交換してPC環境を丸ごと引っ越したい」、どれもWindowsのインストールメディアがあれば即対応できます。(2014/11/7)

さよならWindows XP、そしてWindows 8.1へ:
企業にとって最適なWindows 8.1の選び方
本連載ではこれまでにWindows XPからの移行やXPにとどまることの問題点などを解説してきたが、今回から最新OSの利用に向けた解説に進む。まず導入時の検討事項となるエディションやライセンスにまつわる点から取り上げてみたい。(2014/1/16)

16ビットアプリはもう安心して使えない?
レガシーアプリ、Windows 8移行の勘所
16ビットアプリケーションを使い続けている企業も多い中、Windows 8にレガシーアプリケーションを移行する際には、どのような点に留意すればよいのだろうか。(2013/2/1)

XPユーザーが、一刻も早く移行に着手すべき理由
【導入効果】あらためて見直すWindows 7移行のメリットと障壁
2014年4月のサポート期間終了を間近に控えながら、いまだに多くの企業が使い続けているWindows XP。だが移行に必要な時間を考えれば、これ以上作業を先延ばしにすることは難しい。(2012/11/21)

具体的な発売時期は未定だが
Microsoftのアプリケーション仮想化ツール「App-V 5.0」の新機能
Microsoftが2012年4月初めに発表したアプリケーション仮想化ツール「Application Virtualization(App-V)」の新機能を紹介する。仮想化されたアプリケーションでも物理マシンと同等の性能が得られるという。(2012/6/11)

ホワイトペーパーレビュー
アプリケーション仮想化導入を支援する3つのホワイトペーパー
アプリケーション仮想化の導入を検討する際に参考になる導入効果やソリューションについて解説したホワイトペーパーを3つピックアップ。(2011/2/9)

App-VとMED-Vの違い
2011年、Microsoftは仮想デスクトップに本腰を入れるか(後編)
Microsoftは2010年、仮想デスクトップ技術を改良して攻勢に出た。2011年には、App-VやMED-VといったVDI技術をWindowsにより深く統合する計画だ。(2011/1/21)

アプリケーション仮想化製品一覧
クライアントアプリケーションとOSへの依存関係を切り離すアプリケーション仮想化。アプリケーションの展開・管理を容易にし、ユーザーの使い勝手を高める技術として注目されている。(2010/11/17)

面倒な作業を自動化・標準化・シンプル化する
クライアントPC管理、効率化ノウハウ集
クライアントPCは、企業内システムの中でも導入の歴史が古く数も膨大であるが故に、その運用管理には多くの企業が課題を抱えている。運用管理の無駄を省き、IT管理者の業務を効率化するためのコンテンツを紹介する。(2010/8/9)

ホワイトペーパー:
デスクトップの最適化――ビジネスを支える理想的なクライアントPC環境
Windows 7の導入をきっかけに、ITシステム全体のコスト削減、社員の生産性向上、資産管理やセキュリティの確保へとつなげていくために必要な、「デスクトップの最適化ソリューション」を紹介する(提供:デル)。(2010/7/6)

デスクトップ仮想化って何?(後編)
どれを選ぶか 3大ベンダーのデスクトップ仮想化技術比較
世界3大仮想化ベンダーであるヴイエムウェア、シトリックス、マイクロソフト各社のデスクトップ仮想化ソリューションの特長を見ながら、選択に役立つポイントについて考えてみたい。(2010/5/18)

仮想化リーダー企業に聞く2010年の戦略:第1回 マイクロソフト
MS、サーバ、デスクトップともに仮想化市場拡大へ本格攻勢
マイクロソフトは、2010年の仮想化戦略として、サーバ仮想化とデスクトップ仮想化の両市場において本格的に攻勢を掛ける方針を打ち出している。(2010/5/14)

シトリックスとの共同キャンペーンも展開:
MS、企業向けのデスクトップ仮想化製品を強化
マイクロソフトが企業向けのデスクトップ仮想化技術とソリューションを拡充。VDIライセンスの改定と低コスト化を行い、シトリックスとの共同キャンペーンも行う。(2010/4/26)

VMware、デスクトップ仮想化製品「View 4」発表
ヴイエムウェアが企業向け低価格デスクトップ仮想化製品の新版を発表した。ネットワークの状況に合わせてデスクトップを最適化する表示プロトコル「PCoIP」を採用した。(2009/11/10)

ニュース解説 デルとMSの提携拡大:
デルがコンサルサービスを強化へ
デルとマイクロソフトによるエンタープライズ分野でのソリューション提供の協業強化は、デルのコンサルティングサービスが要を担っているようだ。(2009/9/7)

デルとMS、企業向けサービス4分野で提携拡大
デルとマイクロソフトは、「データセンター仮想化」「ユニファイドコミュニケーション」「デスクトップ最適化」「データベース」の4分野で提携を強化する。(2009/9/7)

Tech・Ed 2009 Report:
【キーノート速報】新Windowsのローンチに自信を見せるMS
マイクロソフトの年次テクニカルカンファレンス「Tech・Ed」が開幕。初日の朝は基調講演が行われ、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Office Web Appsなどの最新事情が披露された――。(2009/8/26)

仮想マシンでWindowsを実行するための「VECD」ライセンス
仮想化でデスクトップのライセンスコストを削減する方法
MicrosoftがWindowsユーザー企業に提供しているライセンス「Windows Vista Enterprise Centralized Desktop」を上手に利用すると、仮想化でデスクトップのライセンスコストを削減することができる。(2009/7/16)

マイクロソフト、SIパートナーに製品導入ノウハウを提供する新サービス開始
マイクロソフトは、システムインテグレーターの技術者向けにマイクロソフト製品の技術文書や導入ノウハウなどを提供する支援サービスを開始すると発表した。(2009/6/17)

企業向け「Windows 7」で変わる――働き方の3つのポイント
「仕事は会社でするもの」「出社時間は朝の定刻」――そんな働き方の常識が、ここ数年で変わりつつある。企業向けに提供する「Windows 7 Enterprise」では、多様化するワークスタイルをサポートするという新機能を多く搭載した。(2009/5/20)

日本での一般公開は5月7日:
マイクロソフトがWindows 7の製品候補版を提供開始
Windows 7 製品候補版(RC版)のダウンロード提供が開始された。まずはMSDNとTechNetの登録メンバー向けに配布が始まり、日本では5月7日に一般公開となる。(2009/4/30)

国内の一般向けは5月7日:
Windows 7 RCの提供開始、企業ユーザーの移行を狙う機能を満載
Microsoftは開発者向けにWindows 7 RCの提供を始めた。アプリケーション互換やセキュリティ機能の拡充が目玉になるという。(2009/4/30)

クライアントPC管理 最前線リポート【前編】
PC管理コスト削減の切り札となるか「アプリケーション仮想化」と「vPro」
企業が費やすITコストの約8割は、既存ITリソースの運用・保守費用が占める。その中でも、特にクライアントPC管理のコストは年々増しているという。しかし近年、この削減を可能にする新しい技術が登場してきた。(2009/2/19)

MSがアドバイス:
Vistaにすべきか、Windows 7を待つべきか――移行に悩むユーザーへ
Microsoftは、Windows VistaやWindows 7への移行を検討している企業を対象に詳細なガイダンスを公開した。Windows 7にいつ移行すべきかという問題をめぐって、ユーザーの間で生じている混乱を解消するのが基本的な狙いだ。(2009/2/12)

Microsoftが推奨する互換性チェックプロセス
Windows Vistaと既存Windowsアプリの互換性──チェックプロセス
現在使っているWindowsアプリケーションがWindows Vista上で正常に動作するのか、どのようにチェックすればいいのだろうか? Microsoftはそのための各種ツールやガイドラインを提供している。(2008/12/17)

Windows Azureが最終的に目指すものとは?
Microsoft、仮想化をプライベートクラウドの基盤と位置付け
Microsoftは、ITマネジャーのマインドセットを変えるという困難な仕事に挑戦している。仮想化は、サーバの統合や管理の簡素化のためだけのものではないというのが同社のスタンスだ。(2008/11/12)

MS、「Get Virtual Now」イベントで新仮想化製品を一挙公開
MicrosoftがVMwareに対抗すべくスタートしたキャンペーンイベントで、自社およびパートナー企業による新仮想化製品を披露した。(2008/9/9)

MS、アプリケーション仮想化ソフト「App-V 4.5」を完成
Windowsで仮想マシンを実行するためのライセンスを変更することも明らかにした。(2008/9/4)

Microsoft幹部、「Hyper-Vは間もなく」
Microsoftの仮想化技術Hyper-Vは、当初予定よりも早くリリースされそうだ。(2008/6/11)

MS、デスクトップ仮想化のKidaroを買収
Microsoftは、ボリュームライセンス顧客向けのデスクトップ管理ツールスイートにKidaroの技術を組み込む。(2008/3/13)

MSが仮想化戦略を発表――ライセンス緩和、Citrixとの提携強化も
Microsoftは「Dynamic IT構想」を掲げ、仮想化技術を推進する。デスクトップからデータセンターまでカバーする仮想化ソリューションなどに取り組む。(2008/1/22)

MS、企業向けツールの好調ぶりを報告
MicrosoftのDesktop Optimization Packは9カ月で300万本と最速の売れ行きだ。(2007/11/13)

Vistaへの移行でTCOが年間14%削減――Microsoft調査
ノートPCのOSをXPからVistaに変更すると、1台当たり年間14%TCOが削減できるとしている。(2007/9/7)

Vistaの企業導入を進めたいマイクロソフト、キャンペーンでアピール
マイクロソフトは7月31日、企業向けにWindows Vistaの導入促進を図る戦略を発表した。(2007/7/31)

マイクロソフト、企業向け事業拡大のため人員を倍増へ
マイクロソフトは7月26日、企業ユーザー向けサービス事業の強化を発表した。現在の250名体制から、3年後をめどに倍増の500名まで拡張していくという。(2007/7/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。