ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ドリフト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ドリフト」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

電流をプログラム設定可能:
保護機能や診断機能を備えた車載用DCモーター向けゲートドライバーIC
STマイクロエレクトロニクスは、車載用DCモーター向けゲートドライバーIC「L99H92」を発表した。プログラミングや診断用のSPIポート、チャージポンプ回路、各種保護機能、2つの電流センスアンプを備える。(2024/5/16)

CIO Dive:
米国ホンダはAIをどう活用している? AI戦略の成否を握るのは「あのデータ」
米国ホンダはAI戦略を成功させるためにデータ活用に注力している。IT責任者は、データ戦略のポイントは「あるデータにある」と話す。(2024/5/10)

どうなってんだ!? 横回転するタイヤで前進するバイクに「美しい作品」「車輪を再発明」の声
乗りこなせれば自由自在に走ります。(2024/5/9)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「転勤はイヤ、配属ガチャもイヤ」――若手の待遇改善のウラで失われるもの
若年層が昭和的な人事制度に「ノー」を突き付けるアンケート結果が明らかになりました。電通の調査によると「転勤はイヤ」「希望通りの配属先を確約してほしい」とする就活生は双方約9割にのぼります。若手社員の待遇が改善され「あれもイヤ、これもイヤ」と言える環境になった背後で、失われているものもあります。それはどんなものかというと……。(2024/4/26)

F1ドライバーが「ドリフト」に挑戦 初めてとは思えないハンドルさばきを見せつける
さすがプロだぜ……!(2024/4/19)

第1弾は金色に輝く「GRカローラ」 マクドナルドのハッピーセットに「トミカ」シリーズ登場! トミカを再現した実車を豊洲店で展示
トミカを再現した実車映像も。(2024/4/4)

掟破りのドリフト! プラレールの線路を無限に横滑りし続けるハチロクに「クッソワロタ」「作り方を知りたい」の声
単線ドリフト!(2024/3/27)

スケボー歴5カ月のカメ、ネコを追う完璧なコーナリングに「何度でも見てしまうw」「映画にしてくれ」 天才的スキルが1700万件表示
これはもうプロ……!(2024/3/7)

独自の超低消費電流技術を駆使:
ローム、消費電流160nAのリニアオペアンプ開発
ロームは、消費電流を160nAに抑えたリニアオペアンプ「LMR1901YG-M」の量産を始めたと発表した。バッテリーで駆動する各種センサーの信号を増幅する用途に向ける。(2024/2/29)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダ・ロードスターの大改変 減速で作動するアシンメトリックLSDの狙い
マツダのいうアシンメトリックLSDは、これまでのセオリーに反し、減速時の方をより強く拘束するというこれまでになかった発想のLSDである。なぜこのようなLSDを搭載したのか。歴代ロードスターが抱えてきたセッティング苦悩の背景から解説する。(2024/2/12)

製品動向:
住友林業、木造化推進へ混構造建築の梁接合金物を発売 設計業務を省力化
住友林業とカナイグループは、木造の小梁をS造やRC造の大梁や柱と接合する混構造用金物を発売した。形状規格化により設計業務を省力化、低コスト化し中大規模木造建築を推進する。(2024/2/9)

“ドリフトできるトミカ”登場! 専用シューターで発射、第1弾はマリオカート
第1弾として「ドリフトトミカ マリオカート」が登場(2024/2/6)

温度ドリフトも最小限に抑える:
ST、オフセット電圧が極めて低いオペアンプを発表
STマイクロエレクトロニクスは、オフセット電圧が極めて低く、温度ドリフトを最小限に抑えた高精度ゼロドリフトオペアンプIC「TSZ151」を発表した。高精度センサーや産業機器/サーバ/通信インフラ用電源などの用途に向ける。(2024/2/7)

FAニュース:
分解能1μm以下のX線源を搭載したナノ-マイクロマルチフォーカスX線傾斜CT
マーストーケンソリューションは、分解能1μm以下のX線源を搭載したX線傾斜CT「MUX-6410」を発表した。従来のX線源の、高出力だとX線焦点が大きくなり分解能が低下するという課題を解決している。(2024/2/1)

ドリフト走行できるトミカ誕生 第1弾はマリオカート
専用シューターでトミカを発射し、ドリフト走行が楽しめる「ドリフトトミカ」シリーズが誕生。(2024/1/30)

「ちいかわ」ハチワレがドリフトでギュィイイン! 自作ラジコンがかわいいしかっこいい
操縦技術がまたすごい。(2024/1/24)

福田昭のデバイス通信(438) 2022年度版実装技術ロードマップ(62):
車載パワーデバイスの出力密度向上手法
今回は、第3章第3節第4項「車載パワーデバイス」から、「パワーデバイスの発展」を解説する。(2024/1/9)

勢いがすごい! ギリギリ滑り込みセーフな感じの「ティラミス」にツッコミ殺到「ズサー」「あちらのお客様からです」
ドリフトの痕かな……?(2023/12/29)

ローム LMR1002F-LB:
オフセット電圧を自動補正する、ゼロドリフトオペアンプ
ロームは、ゼロドリフトオペアンプ「LMR1002F-LB」の量産を開始した。オペアンプ内部で生じたオフセット電圧を検出し、デジタル回路により自動補正するチョッパ方式を採用している。(2023/12/27)

ガバナンスフレームワーク、シフトレフトなど:
「完成してから考える」では遅い? AIの安全性を守るために何をすべきか、Googleが解説
Googleは開発者向けブログで、製品開発ライフサイクルを通じてAIの安全性とコンプライアンスへの取り組みを進めるための4つのポイントを解説した。(2023/12/27)

豊田章男、タイでレース参戦&完走 直前にはトヨタがファン感開催「タイのお客様に笑顔になっていただく事を目指す」
3台全車が完走。(2023/12/25)

船も「CASE」:
ヤマ発は海でもCASEに注力、パワートレインはマルチパスウェイで
ヤマハ発動機はマリン事業の長期ビジョンやカーボンニュートラル対応に関する取り組みを紹介するマリン技術説明会を開催した。(2023/12/25)

“ドリフトの神様”のラストラン 亡きケン・ブロックがメキシコの市街地を爆走するEV版ジムカーナ「エレクトリカーナ2」公開
華麗なドリフトをたっぷりと収録。(2023/12/19)

峠道に響き渡るエンジン音…… 郡サイで撮影された初代「ロードスター」のドリフトパフォーマンスがすごい
迫力満点の映像です。(2023/12/13)

入浴剤でお湯の上を進むアヒル隊長がかっこいい! 冬のお風呂が楽しくなる玩具が10万いいねの人気
以前にも話題になったお風呂グッズです。(2023/12/6)

STマイクロ TSB182:
産業用/車載用センサー向け、36Vデュアルオペアンプ
STマイクロエレクトロニクスは、デュアルオペアンプ「TSB182」を発表した。動作電圧範囲4〜36Vの中電圧用途向けで、入力オフセット電圧は20μV以下、入力オフセット電圧ドリフトは100nV/℃以下となる。(2023/11/8)

いったい何原とうふ店なんだ……? AIが考えた「豆腐屋」のイラストが峠を四輪ドリフトしていそうだと話題
元ネタが一発でわかる。(2023/11/3)

大きなディスラプションとビジネス機会をもたらす可能性:
生成AIを超えるのは? Gartnerが2024年の戦略的テクノロジートレンド トップ10発表
Gartnerは、企業が2024年に注目すべき戦略的テクノロジーのトップトレンドを発表した。(2023/10/20)

システムの高効率化を支える電流センサー:
PR:高精度な電流検知をシンプルな設計で実現 EVの800Vシステムでも使えるホール効果電流センサーも登場
電気自動車(EV)や工場の自動化で使われる制御機器では、エネルギー効率の向上のためにより高精度な電流センシングのニーズが高まっている。Texas Instruments(TI)はこうした要求に応えるべく、電流センシングソリューションを拡充している。2023年8月には、EVの800Vバッテリーシステムでも使えるホール効果電流センサーや電流センシングソリューションを大幅に小型化するシャント抵抗内蔵電流モニターを発表した。いずれも、電流検知システムの設計を簡素化できる製品だ。(2023/10/6)

アース製薬からの脱走:
アース製薬の「G専用脱出ゲーム」 70万人を魅了した、細かい仕掛けの数々
アース製薬が昨夏に引き続きおかしな企画を立ち上げた。「アース製薬からの脱走」という、G専用脱出ゲームだ。70万人がプレイした、作りこまれたゲームの仕掛けを取材した。(2023/10/4)

STマイクロ TSZ181H1、TSZ182H1:
最大175℃動作が可能な低ドリフト/高精度オペアンプ
STマイクロエレクトロニクスは、最大175℃で動作が可能な低ドリフト/高精度の車載用オペアンプ「TSZ181H1」およびデュアルオペアンプ「TSZ182H1」を発表した。(2023/9/12)

日本TI TMCS1123、EZShunt:
設計の簡素化を実現する高精度の電流センサー
日本テキサス・インスツルメンツは、絶縁型ホール効果電流センサー「TMCS1123」と電流シャントモニター「EZShunt」シリーズを発表した。(2023/9/7)

組み込み開発ニュース:
高周波駆動で低消費電力の太陽光発電向け2200V SiC-MOSFET
東芝デバイス&ストレージは、太陽光発電向けに2200V SiC-MOSFETを開発した。同デバイスの2レベルSiCインバーターは、3レベルSiインバーターより低損失で、2倍のスイッチング周波数駆動時でも消費電力が38%低い。(2023/8/28)

電子ブックレット(オートモーティブ):
モータースポーツ超入門
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、知られているようで知らないモータースポーツでの技術開発競争を紹介する連載をまとめた「モータースポーツ超入門」をお送りします。(2023/8/24)

あらゆる機器に必要なテストにイノベーションを提供:
PR:顧客に寄り添い“使い勝手”を追求する ―― アナログ・デバイセズ高精度アナログ半導体事業戦略
アナログ・デバイセズのインダストリアル部門の主力事業であり、計測/テスト市場向けのプレシジョン(精密)アナログ半導体事業は、どのような成長戦略を描いているのか。計測/テスト市場の展望や製品/技術開発戦略などを交えて、同事業を担当するマネージング ダイレクターに聞いた。(2023/9/6)

PV用インバーターを小型軽量化:
東芝D&S、耐圧2200VのSiC MOSFETを開発
東芝デバイス&ストレージ(東芝D&S)は、耐圧2200VのSiC(炭化ケイ素)MOSFETを開発した。太陽光発電(PV)用インバーターシステムの小型軽量化が可能になる。【訂正あり】(2023/8/18)

4万台のデバイスと25万超のエンドポイントにわたって1万超のネットワークを構成:
スターバックスが「Cisco Meraki」ネットワーク用のTerraform Providerをオープンソース化、その狙いとは
Starbucksが「Cisco Meraki」用のネットワーク構成自動化ツール「Terraform Provider Meraki」のOSS化を発表した。その概要と狙いとは?(2023/7/29)

こうなったら誰にも止められない!? 一心不乱に走り回るフレンチブルドッグの姿が面白かわいい【伊】
お尻をぶつけるところで何回も笑っちゃう。(2023/7/25)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「タテシナ会議」で、TRIギル・プラットCEOが語った未来
長野県茅野市で、4年ぶり2回目となる「タテシナ会議」が開催された。自動車メーカーやサプライヤー、業界団体のトップなど、そうそうたるメンバーが名を連ねたが、そこでTRIのギル・プラットCEOが語ったことは……。(2023/7/24)

日清紡 NL6012:
ゼロドリフトの2回路搭載オペアンプ
日清紡マイクロデバイスは、ゼロドリフトの2回路搭載オペアンプ「NL6012」を発売した。入力オフセット性能や温度安定性、A-Dコンバーターとの接続性、ノイズ耐性が向上している。(2023/7/21)

LDOの決定版に高効率電源モジュール、高精度オペアンプ:
PR:設計開発現場の悩みを解消! 日清紡マイクロデバイスの“使いやすさ重視アナログ半導体”を一挙紹介
アナログ半導体メーカーの日清紡マイクロデバイスが2023年春に発売した“使いやすさ”にこだわった新製品3種を紹介しよう。(2023/7/10)

油が入った鍋に「ナス」を投入 → 予想外の見事な動きに「笑いが止まらないw」「ドリフトしてるみたい」
す、すごい……!(2023/6/16)

日向坂46・富田鈴花、本気の愛車選びにネット驚嘆「めっちゃ車詳しい」「ビビった」→100万回再生秒読みの大バズリ
アイドル22歳、本気の車選び。(2023/6/10)

新しいiOS CIシステムの利点4つも紹介:
AirbnbがAWSのMacインスタンスでiOS向けCIシステムを再構築した理由
Airbnbが、メンテナンスをより簡単に行えるiOS CIシステムを発表した。(2023/6/6)

猫ちゃんが天井裏を大冒険? 名前を呼ばれて穴からひょこっと顔を見せるしぐさがかわいい【米】
天井の穴が気になっちゃったんだね。(2023/5/24)

PCIM Europe 2023:
シリコン並みのコストで縦型GaN目指す、「YESvGaN」
ドイツで開催されたパワーエレクトロニクス関連の展示会「PCIM Europe 2023」で、シリコン並みのコストで縦型GaNパワートランジスタの実現を目指す欧州のコンソーシアム「YESvGaN」が、その取り組みを紹介した。(2023/5/12)

継続的な開催にも期待:
ポータブルゲーミングPCの即売会も行われたというハイビーム「ポータブルゲーミングPCフェス」に行ってきた
中国の新興メーカーを中心に熱を帯びつつある「ポータブルゲーミングPC」市場。しかし、矢継ぎ早に新製品が出ることもあって「どんな製品があるのか分からない」という声もある。それを受けて、ハイビームがポータブルゲーミングPCを体験できる「ポータブルゲーミングPCフェス」というイベントを開催した。その模様をお伝えする。(2023/5/2)

複数ホールプレートで実現:
外乱磁場補正機能付き2次元ホールセンサーを発表
TDKミクロナスは2023年4月18日、車載向け2次元ホールセンサー「HAL 302x」を発表した。外乱磁場補正機能を備えていて、パッケージ表面に対して垂直方向の磁場を検知し、360度の回転角度を高速かつ高精度で計測できる。(2023/4/24)

任天堂、EU加盟国でJoy-Conを無償修理へ 補償期間外、消耗によるものでも
欧州委員会は、任天堂がゲーム機「Nintendo Switch」のコントローラー「Joy-Con」を無償で修理することに合意したと発表した。(2023/4/5)

RTC設計講座【後編】:
RTC設計で重要な温度補償、有効な手段を検討する
RTCの特徴および関連する設計上の課題について概説する連載の後編。今回は、RTC設計で重要となる温度補償について、設計者が検討できる選択肢を詳しく説明する。(2023/3/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。