ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「Dynamic Memory」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Dynamic Memory」に関する情報が集まったページです。

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(80):
Azure仮想マシンで「第2世代仮想マシン」のサポートがようやくプレビューで登場
Azure仮想マシンで「第2世代仮想マシン」のサポートがパブリックプレビューとして利用可能になりました。オンプレミスのHyper-V環境では、レガシーデバイスを排除した第2世代仮想マシンが既にメインストリームといえます。プレビューという制約はありますが、Azure仮想マシンでもようやく第2世代仮想マシンを利用できるようになりました。(2019/5/27)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(6):
新しいHyper-Vは「メモリ割り当て」も柔軟になる!
Windows Server Technical Previewの「Hyper-V」には、さまざまな新機能と強化点がすでに実装されており、実機で評価できます。今回は、Hyper-Vの「メモリ割り当て」の新機能に注目し、現行バージョンとの違いを明らかにします。(2015/2/9)

Windows Server 2012 R2時代のHyper-Vサーバ設計術:
第1回 最新モデルを意識したCPUとメモリのサイジング
仮想化が一般化した昨今のサーバ・システム。旧サーバの延命が目的だった数年前とは違い、最初から仮想環境上で動作させることを前提としたシステムが求められている。本連載では、Windows Server 2012 R2のHyper-Vをベースにして、今使える仮想化システムの技術トレンドや設計、機器の選択方法などについて解説する。第1回では、CPUとメモリのサイジングについて解説する。(2013/8/22)

Windows 8レボリューション:
第11回 クライアントHyper-V
従来はサーバOS向けに提供されていたHyper-Vが、クライアントOSであるWindows 8でも利用できるようになった。従来のWindows Virtual PCとの違いやサーバ版Hyper-Vとの違い、およびVirtual PCのディスク・イメージをクライアントHyper-Vで利用する方法を解説する。(2012/12/6)

予算縮小に立ち向かう
安価に仮想ホストのリソースを拡張する10の方法
サーバ仮想化のコストパフォーマンスを上げるためには、仮想ホストのリソースを効率よく活用することが肝心だ。本稿では、手軽に実践できる10の方法を紹介する。(2012/7/26)

VMware vSphereとHyper-Vはどちらが安いか?【後編】
大規模環境ではvSphereよりもHyper-Vの方がやはり安価か?
専門家によると、サーバ数が99を超えればWindows Server Datacenterライセンスを購入してVMを実行する方が経済的だという。多数のホスト/ゲスト環境におけるHyper-VとVMware vSphereのコストと機能を比較する。(2012/7/23)

物理メモリ不足を軽減するスマートページングとは?
仮想マシンの集約率を高める、Hyper-V 3.0の動的メモリ機能
Hyper-V 3.0の動的メモリ機能には、最小メモリ設定とスマートページング機能が提供される。これらの機能は、仮想環境に柔軟性をもたらす他、仮想マシンの集約率を高める効果がある。(2012/6/29)

ハイパーバイザー製品紹介:Hyper-V 3.0
【製品紹介】ここまで変わった! Windows Server 2012のHyper-V 3.0の新機能
エバンジェリストが「スペック比較表ではVMwareに劣らない」と豪語するほど進化したWindows Server 2012のHyper-V。大小さまざまな新機能を一挙紹介する。(2012/6/14)

パワーアップしたHyper-V 2008 R2 SP1
VMwareユーザーはHyper-Vに乗り換えるべき?
Windows Server 2008 R2 SP1版で導入された新機能のおかげで、Hyper-VはVMwareに匹敵する機能を提供できるようになった。Hyper-Vが仮想化市場の勢力図を塗り替えるかもしれない。ユーザーはどちらを選ぶべきか。(2012/5/18)

次世代 新Windows「Windows 8」プレビュー:
第3回 クライアントHyper-V
Windows 8では、従来のWindows Virtual PCに代わって新しくHyper-V 3.0がクライアント向けにも導入される。その概要を解説。(2012/2/9)

Windows 8で機能拡張されるHyper-V【前編】
Windows 8クライアント版に搭載されるHyper-Vの重要な新機能とは?
Hyper-Vは、Windows 8でクライアント版に搭載されるだけでなく、機能が大幅に拡張される。米Microsoftのブログ「Building Windows 8」に記載されたHyper-Vの重要な新機能を紹介する。(2011/10/28)

次世代 新Windows「Windows 8」プレビュー:
第2回 Window 8の機能の概要
Windows 8で利用できる「役割」は、Windows 7/Server 2008 R2と何が違うのか? 主要な役割とその変更/強化点などについて解説。(2011/10/27)

限られたメモリを有効活用するのはどっち?
VMwareと比較! Hyper-Vメモリ管理機能の強みと弱み
Hyper-VのDynamic MemoryがVMwareのメモリオーバーコミットと異なる点には、物理的に使用可能な量よりも多くのメモリを割り当てないことなどがある。これらのメリットを確認すべく、Dynamic Memoryを利用するための要件を見てみよう。(2011/8/25)

高コストから低コストまで
サーバ仮想化の統合率を向上させる5つの方法
サーバ仮想化にとってサーバ統合は最大のメリットだ。以下、サーバの統合率を向上させるための5つの戦略を紹介する。(2011/8/8)

専門家2人が優劣を論じる
Hyper-VとVMwareで動的メモリ割り当て機能を比較する
MicrosoftのDynamic MemoryとVMwareのメモリオーバーコミットは、どちらも動的なメモリ割り当てを行う機能だが異なるアプローチを取っている。以下では、仮想化の専門家2人が両機能の優劣を論じたコラムを紹介する。(2011/8/4)

Windows Server 2008 R2の真価:
第12回 3DグラフィックスをサポートするHyper-VのRemoteFX
Windows Server 2008 R2 SP1のHyper-Vでは、仮想マシン環境で3Dグラフィックス機能のDirect3Dが使えるようになった。(2011/4/14)

Hyper-V、XenServer、KVMに足りないもの
VMware、仮想化の機能競争でMicrosoft、Citrix、Red Hatを依然リード
仮想化ベンダー各社の技術革新によって、ハイパーバイザー間の違いが薄れつつあるが、Hyper-V、XenServer、KVMには、いまだ機能的に弱い部分が残っている。(2011/4/12)

ホワイトペーパーレビュー
主要ハイパーバイザーの性能とコストを徹底比較した3つのホワイトペーパー
サーバ仮想化のハイパーバイザーを比較したホワイトペーパーを3つピックアップした。各ハイパーバイザーの統合率やコストが検証されている。製品選びの参考にしてほしい。(2011/4/8)

バルーンドライバの使い方に違い
Hyper-VとVMwareのメモリ管理の違い
MicrosoftとVMwareのメモリ管理における相違点を解説するとともに、Hyper-Vにどのような改善の余地があるかを指摘する。(2011/3/8)

Windows Server 2008 R2の真価:
第11回 メモリ管理機能が強化されたHyper-VのDynamic Memory
Windows Server 2008 R2 SP1のHyper-Vではメモリ管理機能が強化され、メモリを効率よく利用できるようになっている。(2011/3/3)

TechNetブロガーの視点:
プライベートクラウド:社内課金の工夫で最適化推進
社内で課金をするということはどういうことか。課金という手法を使って利用を促したり、制御したりするにはどうしたらよいか。プライベートクラウドで実現する課金インフラの仕組み。(2011/3/4)

Windows 7とWindows Server 2008 R2のSP1が一般公開
あらかじめ予告されていた通り、Windows 7とWindows Server 2008 R2のService Pack 1(SP1)が一般公開された。Windows Update経由で自動更新できる。(2011/2/23)

Windows 7およびWindows Server 2008 R2のSP1を一般公開
Microsoftが予定通り「Windows 7」と「Windows Server 2008 R2」のSP1を公開した。(2011/2/23)

Windows 7のSP1が一般公開
MicrosoftのDownload Centerから、各言語版のSP1をダウンロードできる。(2011/2/23)

Windows OS運用:
Windows 7/Windows Server 2008 R2 SP1がリリース
Windows 7とWindows Server 2008 R2向けの最初のService Pack、SP1がリリースされた。Hyper-Vの新機能、RemoteFXやDynamic Memoryも解説。(2011/2/17)

Windows 7 SP1完成 2月22日に一般公開
MicrosoftはWindows 7とWindows Server 2008 R2のSP1を提携メーカーにリリースしており、近く一般ユーザーにも公開する。(2011/2/10)

VMwareにはホットアドメモリ機能がある
Microsoft「Dynamic Memory」のライバルはVMwareではなくCitrix Systems(後編)
MicrosoftとCitrix Systemsの動的メモリ管理に対する考え方は、VMwareのようにホストメモリの統合率を高めることではなく、管理の容易性を重視することにある。(2011/1/27)

VMwareの独自技術、メモリオーバーコミット機能
Microsoft「Dynamic Memory」のライバルはVMwareではなくCitrix Systems(前編)
「Windows Server 2008 R2 SP1」のHyper-Vに追加される新メモリ管理機能「Dynamic Memory」のアプローチは、VMwareの「メモリオーバーコミット」とは全く異なるものだ。(2011/1/24)

App-VとMED-Vの違い
2011年、Microsoftは仮想デスクトップに本腰を入れるか(後編)
Microsoftは2010年、仮想デスクトップ技術を改良して攻勢に出た。2011年には、App-VやMED-VといったVDI技術をWindowsにより深く統合する計画だ。(2011/1/21)

2つの新しいデスクトップ仮想化機能 〜RemoteFXとDynamic Memory
Windows 7 SP1とWindows Server 2008 R2 SP1の目玉となるデスクトップ仮想化最新機能
2011年前半にリリース予定のWindows最新版のSP1では、デスクトップ仮想化技術のRemoteFXとDynamic Memoryを利用できる。(2011/1/19)

Microsoft、Windows 7およびWindows Server 2008 R2 SP1のRCを公開
2つの仮想化関連機能を追加したWindows Server 2008 R2とWindows 7のリリース候補版が公開された。正式版は2011年第1四半期になる見通しだ。(2010/10/27)

Microsoft、Windows 7 SP1のβ版を公開
米Microsoftは7月12日(現地時間)、Windows 7およびWindows Server 2008 R2のService Pack 1(SP1)β版を公開した。(2010/7/13)

Microsoft、Windows 7およびWindows Server 2008 R2のSP1 βを公開
SP1の正式版は2011年前半にリリースする予定。(2010/7/13)

Windows 7 SP1 βは7月末:
Microsoft、Tech・Ed 2010で「Windows Server 2008 R2 β」ほかを発表
ボブ・マグリア上級副社長は基調講演でクラウドコンピューティングへの取り組みを語り、「Windows Server 2008 R2」や「Windows Azure」など各種製品のアップデートも紹介した。(2010/6/8)

デスクトップ仮想化って何?(後編)
どれを選ぶか 3大ベンダーのデスクトップ仮想化技術比較
世界3大仮想化ベンダーであるヴイエムウェア、シトリックス、マイクロソフト各社のデスクトップ仮想化ソリューションの特長を見ながら、選択に役立つポイントについて考えてみたい。(2010/5/18)

「Windows 7 SP1はマイナーアップデート」 Microsoftが明らかに
Windows 7 SP1は、既にWindows Updateで配信されたアップデートなど、マイナーアップデートが中心になる。(2010/3/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。