ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「家電リサイクル法」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「家電リサイクル法」に関する情報が集まったページです。

製造マネジメントニュース:
パナソニック、日欧2工場のCO2実質排出量ゼロを達成
パナソニックは、再生可能エネルギー発電設備の導入や再生可能エネルギー由来電力の調達などにより、2019年1月に日欧2工場で同社初の二酸化炭素実質排出量ゼロを達成したと発表した。(2019/4/5)

自然エネルギー:
パナソニック、「再エネ100%」のリサイクル工場を実現
パナソニックが兵庫県にある同社の家電リサイクル工場において、再生可能エネルギー由来電力100%による事業運営を実現。太陽光発電の活用やグリーン電力プランによる調達の他、非化石証書を活用して実現した。(2018/11/28)

不用品買い取り業者ってどうやって選べばいいの? お得な選び方を教えて!
さまざまな不用品買い取りサービスの違い、選ぶときに押さえておきたいポイントなどをご紹介。(2017/12/18)

省エネ機器:
省エネ・創エネ製品をたくさん売る、パナソニックの環境戦略
パナソニックは、2014年度の環境経営に向けた取り組みを発表。地球温暖化対策としてCO2削減と資源循環に向けた取り組みを進めていく。(2015/8/24)

工場管理者も注意:
工場の「フロン」管理できていますか? フロン排出抑制法開始
2015年4月1日から「フロン類の使用の合理化および管理の適正化に関する法律」が開始された。従来法と異なり、フロンを使用する機器のユーザーにも管理義務が生じることが特徴だ。(2015/4/6)

使用済みPC・家電の宅配便回収サービス、佐川急便とリネットジャパンが全国で
使用済みPCや小型家電など400品目を対象に宅配便で回収するサービスをリネットジャパンと佐川急便が全国に拡大する。(2015/2/27)

FAニュース:
島津製作所、高精度なプラスチックの純度検査ができる樹脂識別装置を発売
中赤外光をプラスチックフレークに照射し、その反射光を解析することで、プラスチックの種類を99%以上の高精度で識別・選別できる。作業はすべて自動で、プラスチックフレーク1個当たり約0.5秒で識別できる。(2014/11/17)

自然エネルギー:
太陽光を改善する「21の方法」、長寿命化や熱利用
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2014年7月、太陽光発電システムの改善に役立つ21のプロジェクトを開始すると発表した。システムの寿命を延ばす、太陽熱を電力と併せて利用する、リサイクルを効率化するなどの取り組みだ。太陽電池の変換効率向上や製造コスト低減ではなく、システム全体の効率、コストに着眼した。(2014/7/18)

パナソニック、家庭用エアコンのリサイクル料金を改定――1台1575円に
パナソニックは、家電リサイクル法に基づく家庭用ルームエアコンのリサイクル料金を改定。4月1日より、現行の2100円から1575円に引き下げる。(2013/1/17)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
長期的な視点で自社文化をグローバルに展開する――ヤマダ電機
売上高2兆円を超え、日本の家電量販店業界では一人勝ちといわれるヤマダ電機。この企業の海外進出は、その企業規模からみると実にのんびりしているように見える。何故このようなスピードで海外展開を図っているのであろうか?(2012/3/14)

2011 International CES:
東芝、CESで大型「グラスレス3Dレグザ」やネットテレビを展示
東芝が「2011 International CES」のブース概要を発表した。専用メガネなしで3D映像が視聴できる「グラスレス3Dレグザ」や「NET TV」を参考展示。(2011/1/5)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
雇用や個人消費に回復は見られるものの欧州金融不安もあり、波乱含みの展開
(2010/3/26)

日曜日の歴史探検:
メーカーが頭を悩ませる2011年問題
西暦2000年問題からまもなく10年。業界内では、2011年に顕在化するとみられる問題に頭を悩ませるメーカーがいたるところで見られます。今回は、2011年問題と呼ばれるメーカー泣かせの問題についてみていきます。(2009/8/9)

本当に知っていますか? 環境系マークの意味
環境対策に関して、どのような考えを持っている人が多いのだろうか。「環境保護の意識というより節約の意識が強い」という人が半数を超えるなど、節約が環境対策のきっかけになる人が多いようだ。マクロミル調べ。(2009/7/8)

ブラウン管を従来比3倍の1台50秒でリサイクル――パナソニックのレーザー光照射方式
(2009/7/3)

新生活テレビ特集(3):
15日スタート、知っておきたい「エコポイント」の基礎知識
5月15日から「エコポイント」がスタートする。まだ不透明な部分が多い制度だが、補正予算案が衆議院を通過したことで実施の見通しはたった。テレビの買い替えを考えている人は、とりあえず“皮算用”を始めてはいかが?(2009/5/14)

日立、液晶・プラズマテレビのリサイクル料金を決定
日立製作所が液晶・プラズマテレビのリサイクル料金を発表した。(2008/12/18)

ソニー、液晶・プラズマテレビのリサイクル料金を決定
ソニーが液晶・プラズマテレビのリサイクル料金を発表した。(2008/12/17)

シャープも液晶テレビのリサイクル料金を発表
シャープは、液晶テレビと衣類乾燥機のリサイクル料金を発表した。(2008/12/9)

薄型テレビも家電リサイクル法の対象に パナソニックが料金設定
家電リサイクル法の対象製品に来年4月から、液晶テレビとプラズマテレビ、衣類乾燥機が加わることを受け、パナソニックがリサイクル料金を発表した。(2008/12/9)

パナソニック、薄型テレビにリサイクル料金を設定
パナソニックは、家電リサイクル法に基づき、2009年4月1日から液晶/プラズマテレビ、および衣類乾燥機の2品目にリサイクル料金を設定する。(2008/12/8)

家電リサイクル料金、過半数が「前払い」を希望
(2008/11/21)

えっ、ウォシュレットからボールペンに? TOTO茅ヶ崎工場に行ってきた
不要になったウォシュレットを試験的にリサイクルしているTOTO。「ウォシュレット」といえば、トイレの中にあるため“汚い”と感じる人も多いはず。それがボールペンに変化すると聞いたので、リサイクルをしている茅ヶ崎工場を訪問してきた。(2008/11/4)

ソニー、ブラウン管のリサイクル料金を一部値下げ
ソニーは、11月からブラウン管テレビのリサイクル料金を一部引き下げる。(2008/8/8)

ソニーが環境活動を説明、2010年までにCO2削減を5万トンに
各企業がこぞって二酸化炭素削減計画を発表する中、ソニーも環境活動について説明会を開催。グリーン電力証書システムや資源の再利用など、計画ではなく実際の取り組みを紹介した。(2007/12/4)

三菱電機が「環境ビジョン2010」を策定――2050年までにCO2を半減
(2007/10/22)

リサイクル素材を使用:
「白黒テレビ」に「超音響ステレオ」、玩具菓子で復活
バンダイは、玩具菓子「なつかしの家電コレクション〜松下電器歴史館編〜」を11月5日に発売する。昭和20年代から30年代にかけて松下が発売した6種類の家電をミニチュア化した。(2007/10/22)

CEATEC JAPAN 2007:
不要のケータイ、ドコモダケと交換しませんか?──携帯リサイクル活動も促進
CEATEC JAPAN 2007のNTTドコモブースに「不要携帯用の回収ボックス」が設置されている。不要の携帯と引き替えにグッズを進呈する催しなどを実施し、携帯キャリアは携帯リサイクル活動もアピールする。(2007/10/3)

ソニー、米国で家電リサイクルプログラムを展開
ソニーが、米国のリサイクル業者Waste Managementと共同で9月に開始するプログラムでは、ソニーブランドの中古家電を無料で引き受ける。(2007/8/18)

週1回リアルタイム連載「誠倶楽部」:
「リア・ディゾン銘柄は手放すな」の意味とは?
超ビギナーの誠倶楽部が買った銘柄は、相次いで下落していった。これ以上の損失を食い止めるため、前回は指南役が登場。「業績が好調な銘柄を買え」という教えに従って、任天堂とディー・エヌ・エーを買ったが、結果はいかに?(2007/7/30)

RoHS指令施行の先にあるもの::
世界で広がるグリーン化の流れ
米国およびアジア各国は、欧州のRoHS指令にならった独自の規制を導入しようとしている。地域ごとにさまざまな規制が作られると、グローバル企業は、それぞれの地域の規制に合わせて部品を製造するのではなく、最も厳しい規制に合わせて事業を進めるようになるかもしれない。本稿では、世界各国の「グリーン化」の流れが業界に与える影響について考察する。(2006/10/1)

東芝、直販サイト「Shop Toshiba」で液晶テレビ「REGZA」を販売開始
東芝は8月3日、同社直販サイト「Shop Toshiba(1048)」にて、液晶テレビ「REGZA」の販売を開始した。(2006/8/3)

シャープ、「AQUOS」のリサイクル技術を開発
シャープは7月6日、液晶テレビ「AQUOS」のキャビネットに使用しているノンハロゲン樹脂を同一素材として再生するマテリアルリサイクル技術を発表した。(2005/7/6)

家電量販店団体NEBA、33年の歴史に幕
「役割を終えた」――家電量販30社で構成する団体が4月21日、解散を決定した。ヤマダやヨドバシなど最大手の加盟が得られず、存在意義が低下していた。(2005/4/21)

日本電気大型店協会が7月の販売実績発表、引き続きDVD/テレビが好調
日本電気大型店協会(NEBA)の7月度の販売実績(速報値)によると、アテネ五輪特需で「DVD」「テレビ」が、猛暑の影響で「エアコン」「扇風機」が、それぞれ前年比で140%〜180%前後の伸び。(2004/8/25)

昨年度PC出荷台数は3年ぶり増、本年度も伸びと予測――JEITA
JEITAは4月26日、平成15年度PC出荷実績を発表した。昨年度の本体総出荷台数は前年比111%増となる1156万8000台、3年ぶりの増加となった。(2004/4/26)

国内PC出荷台数、3年ぶりに回復
PC市場に久々に光が。しかしユーザーの関心はデジタル家電に移りつつある。(2004/2/5)

IT Business フロントライン (67):
グランドデザインなき日本のリサイクル 理念を忘れたパソコンリサイクルはどこへ行く
(2002/1/25)

IT Business フロントライン(35):
伸び悩むパソコン出荷厳しさ増すパソコン・ベンダの収益
(2001/5/18)

IT Business フロントライン(32):
寝た子を起こしたリサイクル法すき間だった中古市場が脚光を浴びた結果は?
(2001/4/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。