ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「EMMA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「EMMA」に関する情報が集まったページです。

新木優子がまるで別人! 中条あやみらと“ギャル化”した姿に「全然違う!」「印象がガラリ」と反響
中条さん「ギャル達大好きよ」。(2019/9/9)

Rakuten GirlsAward 2019 S/S:
香川沙耶の圧倒的美ボディー水着に喝采! 西野七瀬、西内まりや、平祐奈がセクシーな“街リゾ”スタイルで総出演
【画像】250枚超で見る、ガルアワのセクシーランウェイ。(2019/5/28)

河北麻友子、涙の“純白ドレス”で『ViVi』卒業を報告 モデル仲間に囲まれた集合ショットにファンも感極まる
4月23日発売の6月号をもって卒業。(2019/4/19)

新木優子のセクシーなシースルー衣装にくぎ付け! ゆきぽよの挑発的投げキッスから注目のカジュアルビキニまでTGC振り返り
2019年の春夏トレンド“街リゾ”を意識した解放感あふれるファッションが大集合。(2019/4/6)

TGC2019 S/S:
極ミニ丈ワンピで中条あやみの美脚がスラリ! 大人セクシーな土生瑞穂ら出演のTGCオープニングを振り返る
【画像70枚超】美脚モデルの共演に会場は大熱狂…!…(2019/3/31)

GirlsAward 2018 A/W:
吉岡里帆の挑発的ウォーキングに会場大興奮! 瑛茉ジャスミン、滝沢カレン、香川沙耶の美ボディーに羨望のまなざし
こんなスタイルになってみたい……!(2018/9/29)

TGC2018A/W:
中条あやみのキスに「最高かよ」「可愛すぎ」 大政絢、藤田ニコル、新川優愛、高橋ひかる出演のTGCランウェイ一気見(後編)
【画像185枚超】で振り返ります!(2018/9/11)

TGC2018A/W:
瑛茉ジャスミンのへそ出しくびれにため息……!  河北麻友子から香里奈までTGCランウェイ一気見(前編)
【画像】260枚で一気に振り返ります。(2018/9/10)

Rakuten GirlsAward 2018 SPRING/SUMMER:
天真爛漫な森星の投げキッスに会場メロメロ 清楚な広瀬アリスにセクシー滝沢カレン、白石麻衣と齋藤飛鳥の手つなぎも ガルアワランウェイ200枚
超特急、EXILE SHOKICHIさんらの熱狂LIVEの様子も振り返ります。(2018/6/1)

「みんな可愛すぎて目の保養」「しかしかわいいな」 登場人物全員美人のViViモデルズ食事会が華やかすぎた
河北ぱいせんありがとうそしてありがとう!(2018/4/16)

気味の悪さ100点 「15秒ホラー動画コンテスト」1位の作品がじわじわくる怖さ
短いが怖い。(2018/1/7)

「幸せ過ぎて怖い」 笑福亭鶴瓶、『ViVi』モデルとのハーレムショットで至福のえびす顔
美女の中に鶴一点。(2017/10/24)

コンセプトは「今すぐ買えるViVi」:
「楽天市場」アイテムを紹介 講談社「BeViVi」創刊
楽天と講談社がスマートフォン向けのファッションマガジン「BeViVi」を創刊。出版社の編集力や雑誌のブランド力を活用し、スマホからの購買増を狙う。(2017/10/23)

講談社と楽天がスマホファッション誌『BeViVi』を創刊 コンセプトは“今すぐ買える『ViVi』”
ViVi編集部が楽天市場から厳選したファッションアイテムを掲載。(2017/9/16)

Build 2017:
パーキンソン病「手の震え」を抑える腕時計型デバイス Microsoftが公開
テクノロジーで、病に立ち向かう。(2017/5/11)

「Build 2017」初日基調講演まとめ
Microsoftの開発者会議「Build 2017」の初日基調講演は「Visual Studio for Mac」など開発者向け発表が中心だったが、「Invoke」やPowerPointの同時通訳機能など、一般ユーザーにとっても興味深いデモも行われた。(2017/5/11)

美少女戦隊出動! トリンドル玲奈、玉城ティナ、河北麻友子ら「ViVi」モデルが “5色”衣装でファンを魅了
敵も寝返りそう。(2017/4/27)

「曲線を愛せ」のキャッチコピーにスリムなモデル ZARAの広告にネットで批判
スリムなモデルを起用した広告に「曲線……どこ……?」の声が。(2017/3/3)

「私みたいな足!」 義足の少女に贈られた義足の人形 感激して涙する動画が感動的と話題に
長くつらい日々の末にできた、結晶のような映像。(2016/6/4)

UNiCASE、公式キャラ「Uny」誕生記念で送料無料などのキャンペーン
スマホアクセ専門店「UNiCASE」が、公式キャラ「Uny(ユニー)」の誕生を記念したキャンペーンを開始した。(2016/4/15)

メタリックなホログラム風生地を使用したパイソン柄iPhone 6s/6ケース
「UNiCASE BLUE LABEL」から、メタリックなホログラム風生地を使用したパイソン柄ケース「Hologram Diary Python for iPhone 6s/6」が登場。明るいパステルカラーやシックなネイビーの全4色を用意した。(2016/4/6)

世界初! 馬のために仕立てた本気のツイードスーツがSo British
ウマすぎる着こなし。(2016/3/15)

代官山AIRが年内で閉店 14年の歴史に幕
公式サイトに「AIRを愛してくれた、すべてのパーティピープルへ」と題したメッセージを掲載しています。(2015/10/23)

これ本当に機械使っていないの? ボカロみたいな声で歌えるアメリカの女子大生が話題に
世界中に広がる驚き。天然の“デジ声”。(2015/9/1)

組み込み開発ニュース:
Visual Studioでリアルタイム組み込み開発、パーソナルメディアが提供開始
パーソナルメディアが.NET Micro FrameworkにT-Kernelのリアルタイム制御機能を付加する「.NET Micro Framework for PMC T-Kernel」を販売開始した。Visual Studioを使ってのリアルタイム組み込み機器開発が可能になる。(2015/5/29)

人気男性声優が小説を朗読する「キャストノベル」登場 第1弾はハーレクイン
緑川光さんと浪川大輔さんがハーレクイン作品を朗読する。(2014/9/9)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/12/16)

メイドインジャパンの現場力(1):
OKI鶴岡工場はなぜ1年間で生産効率を抜本的に上げられたのか
プリント配線板を生産していた田中貴金属工業鶴岡工場は2012年10月、沖電気工業の買収によりOKI田中サーキットへと生まれ変わった。同工場は高い技術力を誇り航空・宇宙、防衛関連での実績がある一方で多品種少量生産型のビジネスモデル転換に悩んでいた。しかし、買収後1年でその状況は抜本的に変わった。その舞台裏には何があったのだろうか。OKI田中サーキット 代表取締役社長 野末正仁氏に話を聞いた。(2013/11/28)

放牧された牛にボディペイントしたらオシャレじゃない
アート。(2013/9/8)

これ……人間なんだぜ…… 溶け込みすぎなボディアート
立体感ある花だと思ったら……体育座りしてたの!?(2012/11/13)

英語版Google検索に「ケビン・ベーコンの六次の隔たり」が分かるお遊び機能
Google検索で、例えば「bacon number ryo kase」と入力すると、ケビン・ベーコンと加瀬亮の隔たりが「2」であることが分かる。(2012/9/14)

海外モバイルニュースピックアップ:
iPadのテキスト入力をタイプライター感覚で――「iTypewriter」
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、iPadのテキスト入力をタイプライター感覚で、眼球の動きでつぶやいていたNicklinsonさんが死去、これって新iPhone? 、指示に従うと無料のコーヒーがもらえる自販機 など。(2012/8/23)

ルネサス R-Home S1:
「STB用は戦略製品」、ルネサスが民生用機器向けSoC「R-Home」第1弾を発表
「開発サイクルの短い民生用機器向けSoCからは撤退する」方針を表明していたルネサスが、民生用機器向けSoCプラットフォーム「R-Home」の第1弾製品「R-Home S1」を発表した。ハイブリッド型セットトップボックス(STB)や家庭用マルチメディアサーバを主な用途としている。(2012/3/19)

シャープ、教育市場に向けたタブレット型学習端末を発表
シャープは教育市場に向けたタブレット型学習端末「JL-T100」を発表した。「2020年までに児童生徒1人1台の情報端末」という政府戦略をにらんで同市場はこれから大きな変化がありそうだ。(2012/3/1)

車載用SoCの拡大を目指すルネサス、目標達成を阻む課題解決に全力
(2011/11/9)

Android×T-Kernel 2.0で理想の組み込み機器開発を:
パーソナルメディア、Android端末向け周辺機器開発キットを製品化
パーソナルメディアは、Androidが苦手とするリアルタイム制御処理をT-Kernel 2.0によって補い、AndroidとT-Kernel 2.0の双方のメリットを生かした組み込み機器を実現する開発評価キット「T-Kernel for Android Open Accessory」を製品化。2011年10月31日より発売する。(2011/10/14)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
ちょっと変えれば、もっと楽しい――IKEAが提案する“3畳”のカタチ
IKEAが京都東寺で開催した「3畳エキシビション」。子ども部屋や女性シェフの仕事部屋など、12のコンセプトルームを展示したもので、わずか3畳のスペースの可能性を示してくれた。(2011/8/4)

ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(21):
「Hudson」改め「Jenkins」で始めるCI(継続的インテグレーション)入門
(2011/4/7)

ルネサスがカーナビ用SoCの第1弾を発表、専用電源ICで消費電力を20%削減
(2011/4/1)

ルネサスがカーナビ用SoC「R-Car」の第1弾を発表、消費電力を20%削減できる専用電源ICも
(2011/2/18)

ビジネスニュース 企業動向:
ルネサスがマイコンの統合で一歩前進、SoCやパワー半導体の成長戦略も明らかに
マイコンの製造コストを抑え、統合のメリットを出すための方策を明らかにした。旧2社の微細化世代ごとの製造プロセス技術を一本化するほか、マイコンの周辺回路を共通化し、ソフトウェア開発環境を統合する。(2010/10/1)

「統合2社の技術を結集したプラットフォームを構築」――ルネサスがSoC事業の成長戦略を発表
(2010/9/14)

オルタナブログ通信:
Twitterは政治“家”を変えるのか?
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、200組を超えるブロガーが、ITにまつわる時事ネタなどを日々、発信している。今週は、その中から「Twitter」「携帯電話」そして「死ぬまでに成し遂げたい3つのこと」をテーマに紹介する。(2009/8/7)

日本とアメリカにおける腐女子の違いとは? 日米腐女子座談会
DIGITAL MANGAとガンホー・オンライン・エンターテイメントは日本と海外の腐女子による座談会を開催した。国籍による様々な違いが浮き彫りになった当日のディスカッションをリポートする。(2009/6/5)

NECエレ、フルHD対応の超解像システムLSI発売
NECエレクトロニクスがフルHD表示にも対応する超解像システムLSIを開発。10億色表示(30ビットカラー)にも対応した。(2009/5/27)

集中連載・週刊誌サミット:
裁判だけではない……写真週刊誌を追い込む脅威とは?
1980年代に世間をにぎわせた写真週刊誌。大手出版社が相次いで写真週刊誌に参入したが、現在では『フライデー』と『フラッシュ』しか残っていない。厳しい状況が続いている中、今年の2月に就任した『フラッシュ』の青木編集長が心境などを語った。(2009/5/26)

本田雅一のTV Style:
BDレコーダーの最新動向を探る(2)――性能を左右する2つのプラットフォーム
BDレコーダーで大きなシェアを握っているのがソニーとパナソニック。このうちソニーはNECエレクトロニクスの「EMMA」、パナソニックは自社開発の「ユニフィエ」をプラットフォームとして採用している。(2008/4/4)

四川省にSTB開発の支店を設立、NECエレ中国
 NECエレクトロニクス中国は、中国四川省の成都市に支店を設立し、開発事業を開始した。(2007/8/27)

NECエレ、中国CCDTと衛星STBソリューションを共同開発
NECエレクトロニクスは、中国のCCDTと共同でDVB-H規格に対応した衛星放送用STBのソリューションを開発した。(2007/7/9)

「DaVinci」の設計環境を試す:
組み込み向けプラットフォームの真価
組み込み機器向けプラットフォーム/ソフトウエアの開発エコシステムは、ますます複雑化していく組み込み機器をうまく設計するための重要な要素となってきた。本稿では、米Texas Instruments社のDaVinciプラットフォームを利用した開発プロジェクトから学んだ、設計における課題を示す。(2007/2/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。