ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「立ち退き」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「立ち退き」に関する情報が集まったページです。

「長い間お疲れ様でした」「正直寂しい」 石田ひかり、CHEMISTRY川畑、さまぁ〜ずら今昔庵・店長とのショットで閉店惜しむ
多くの芸能人がコメント。(2019/2/7)

ただのパワハラか「市民の安全のため」か 明石市長の暴言に賛否分かれるネット
兵庫県明石市の泉房穂市長が市職員に対し暴言を浴びせていた問題で、ネットは批判的ながらも、市長に同情する声も少なくありません。(2019/1/31)

そんなつもりはなかったのに:
暴言市長、暴行教師にならないためのハラスメント対策
明石市泉市長による暴言、町田総合高校教諭による暴力。いずれもこれまでの感覚では暴言市長、暴力教師というレッテル貼りとは異なる背景があるようです。私たちがハラスメント「加害者」にならないためには……。(2019/1/30)

スーパー堤防:
“スーパー堤防”建設で周辺住民との合意形成スムーズに、国交省が首都圏90kmの整備促進へ
国土交通省は2018年12月、「宅地利用に供する高規格堤防の整備に関する検討会」の意見をとりまとめた。高規格堤防(スーパー堤防)は、一般的な堤防の30倍程度の高さを盛り上げ、洪水や地震の液状化によっても決壊しにくい堤防のこと。しかし、この計画地には多くの戸建住宅が存在し、周辺住民の合意形成が必要となるため、整備の壁となっていた。このとりまとめでは、国が住民などとの調整に向け、今後行っていく対応策を整理している。(2019/1/15)

PR:「今のは右だった……右だったぞー!」 フリーザ様にカーナビや目覚まし時計になっていただいてみた
デスビーム飛んできそう。(2018/8/22)

韓国映画は歴史から逃げない 「新感染」監督が放つNetflix映画「サイコキネシス-念力-」と「龍山惨事」
現実の事件を背景に持つ骨太の映画。(2018/5/10)

Q&Aで学ぶマイコン講座(32):
キャッシュとは? ―― 機能と仕組みから使用上の注意まで
マイコンユーザーのさまざまな疑問に対し、マイコンメーカーのエンジニアがお答えしていく本連載。今回は、中級者の方からよく質問される「キャッシュとは?」です。(2016/11/29)

上野動物園“正門の光景”が変わる 「桜木亭」と「上野こども遊園地」営業終了のワケ
上野動物園の正門の光景としておなじみだった「桜木亭」と「上野こども遊園地」が相次いで営業を終了した。その背景にあるのは「上野恩賜公園再生基本計画」。東京都の担当者に経緯を聞いた。(2016/9/2)

「皆さん助けて下さい」 インドカレー店の悲痛な呼びかけに心配の声 給与支払われずこのままではホームレスに
従業員によれば、未払いの給与は6200万円超。(2016/6/16)

マネーの達人:
空き家対策法の次は「空き地・空き部屋問題」の対策が必須
社会の高齢化に伴い、空き家・空き地問題が深刻化しています。(2016/5/3)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(58):
細か過ぎて伝わってないけど開発者が知っておきたいAndroid Mの新機能まとめ
Google I/O 2015で発表された次期版Android M。Google Now on tapで使うアシストAPIや、App Links、App Permissions、省電力のDoze/App Stanby、決済機能Android Payなどで使う指紋認証機能など新機能を分類して紹介。(2015/6/23)

フランスで最も有名な日本人「レ・ロマネスク」って何者?
(2015/6/4)

100年後からやって来た:
「ドラえもん」ではありません、「トラのもん」です――虎ノ門ヒルズの新キャラ
超高層ビル「虎ノ門ヒルズ」が6月11日にオープンする。東京を代表する新たなランドマークとして期待されている中、新キャラクターがこのほど発表された。だが、その姿は……。(2014/6/4)

退職手続き【パーフェクト】マニュアル(7):
【社宅・財形貯蓄・クレカ】社宅はいつ立ち退くのか
財形貯蓄は退職と同時に解約しなければならないのか? 所属が変わることで生じる手続きを解説する(2014/1/21)

三国大洋の箸休め(21):
脱ブラック企業――「グッドジョブ戦略」という型破りな考え方
「人件費」イコール「コスト」と見なされがちな風潮の中、正反対のアプローチを採り、従業員の待遇を改善することで業績を伸ばした企業もあるという。2014年最初のコラムでは、ちょっとだけ希望の持てるそんな話を紹介したい。(2014/1/20)

酒場めぐりが楽しくなる一冊
読売新聞Webサイトで連載された「酒場」を舞台に、様々な人が人生を語るシリーズ「酒都を歩く」。その連載をまとめた書籍にまとめた『あの人と、「酒都」放浪 -日本一ぜいたくな酒場めぐり』を紹介します。(2014/1/9)

「売らない」から売れる!:
年商1億2000万円、“タオルソムリエ”はどうやって「売れる!」を勝ち取った?
どの商売にも通じる「売ろうとしなくとも、売れる」法則がある!? 誰がどう見ても儲かるとは思えなかったタオルの通販サイトが右肩上がりに成長するまでのサクセスストーリーを公開。(2013/12/3)

空想地図職人インタビュー:
空想都市「中村市」へようこそ――地図と想像のはざまで
空想都市「中村市」の精密な地図。それは、何気ない日常が描かれた絵だった――。『みんなの空想地図』を刊行した“地理人”こと今和泉隆行さんに空想と想像の世界を聞いた。(2013/11/8)

石川温のスマホ業界新聞:
「今年、利益でドコモを抜く。いい勝負ができるのではないか」――ソフトバンクモバイル・孫正義社長の囲みにツッコミ
9月30日のソフトバンクモバイル2013-2014年冬春モデル発表会で、孫正義社長が久々に公の場に姿を現した。孫社長が語る、今後のソフトバンクの戦略とは。(2013/10/11)

TPP交渉参加で日本の医療は変わるのか?(第4回)
TPPによる外国人医師・看護師の流入はあり得ない
日本が参加してから2回目となるTPP交渉会合が8月22日から始まる。TPP交渉によって外国人の医師や看護師が日本市場を脅かすことはない他、ISD条項を通じ日本政府が外国企業から提訴される可能性も極めて低い。(2013/8/22)

ドコモ超えは「ほぼ明確に見えてきた」、次は世界ナンバー1を目指す――ソフトバンク孫社長
300年成長する企業へ――これを実現するための第1章にかかげた「国内ナンバー1になること」が明確に見えてきた、とソフトバンクの孫社長は話す。そして孫氏が次に見据えるのが「世界ナンバー1」。2014年3月期第1四半期の決算発表で、その具体策を語った。(2013/7/30)

窪田順生の時事日想:
なぜ「監獄ビジネス」が拡大しているのか――背景にあるのは
日本の「監獄ビジネス」が拡大しているという。犯罪大国ともいえないこの国で、なぜ監獄ビジネスが広がっているのか。その背景にあるのは……。(2013/3/19)

アカデミー長編アニメ部門ノミネート:
ドット絵のレトロゲーキャラが活躍――映画『シュガーラッシュ』プロデューサーに聞く
今年のアカデミー賞で長編アニメ部門にノミネートした『シュガーラッシュ』。レトロゲームをテーマとしたこの映画がどのように生まれたのか、プロデューサーのクラーク・スペンサー氏に尋ねた。(2013/2/25)

窪田順生の時事日想:
桜宮高校の生徒が、自分たちで記者会見を仕掛けた理由
桜宮高校バスケ部の主将が自殺した問題で、同じ学校の生徒が会見を開いた。この会見を見た教育評論家の尾木直樹氏は、背後で糸をひく人間の存在をにおわした。生徒たちは自分たちでやったことと否定するが、本当に“黒幕”はいなかったのか。(2013/1/29)

石野純也のMobile Eye(9月24日〜10月5日):
イー・アクセス買収の狙いと疑問/低価格で攻めるNexus 7/ドコモ冬の注目機種
iPhone 5発売の余韻が冷めやらぬ中、ソフトバンクがイー・アクセスを完全子会社化するという衝撃的なニュースが発表された。業界はどう変わっていくのだろうか? 今回はこれに加え、Android 4.1搭載のタブレット「Nexus 7」と、CEATECで先行展示されたドコモの冬モデルについて解説する。(2012/10/6)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/9/25)

【連載】今度こそマスターするぞ! データ分析:
第2回 ソーシャルメディアの”感情”分析で「ブランティングの第3の波」を乗りきる
ソーシャルメディア上のデータを分析して、失業率増加のタイミングを予測する国連。企業は膨大な会話データをブランディングに活用する。いまやソーシャルメディアは分析対象の宝庫である。SAS Institute Japan マーケティング本部長 北川裕康氏が最新事例を交えてソーシャルメディア分析の最前線を紹介する。(2012/7/25)

5分で分かった気になるアキバまとめ:
ひさしぶりの“お祭り”に沸いた4月のアキバ
満を持してIvy BridgeとZ77/H77/B75マザーが登場した4月のアキバ。街を盛り上げる起爆剤を求めていたPCパーツショップにとっても、待望にして優良なトピックとなった。(2012/5/10)

東日本大震災ルポ・被災地を歩く:
南相馬市、原発20キロ圏内に入る(後編)
福島第一原発から20キロ圏に位置し、避難指示が出ている南相馬市。人間は避難しても、動物たちは今も残されたままだ。原発から14キロ、320頭の牛を飼育している農場を訪れた。(2011/4/27)

これなら続けられる!名刺管理術:
99枚の名刺でビジネスを回す方法
ビジネスの達人たちはどうやって名刺を管理しているのだろうか。名刺管理特集の第二回は誠ブロガーの荒木亨二さんのやり方を紹介しよう。(2011/4/20)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
忘れられない“わたしの小さな地下街”たち
時代の変化にともない、2011年1月、日本最古の地下街「須田町ストア」がその歴史に幕を下ろした。迷路のように入り組む地下道の中で、魅力的なたたずまいを示す店の数々。私の好きな地下街を紹介したい。(2011/3/17)

本山由樹子の新作劇場:
ピクサーの10作目――「カールじいさんの空飛ぶ家」
今年のアカデミー賞作品賞、長編アニメーション賞にノミネートされているピクサーの感動作が3枚組で4月21日にBD化。(2010/2/22)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
開発援助はどっちがいいの? ダムそれとも裸電球
先進国からの経済援助、ODA(政府開発援助)の王道アプローチはインフラ整備。しかし、あるニュースを目にしたちきりんさんは別の方法もあるのではないか、と説きます。その方法とは。(2010/1/18)

嶋田淑之の「この人に逢いたい!」:
なぜベルクには人が集まるのだろうか? 新宿駅にある小さな喫茶物語(後編)
「新宿駅から出て行け!」と、ビルオーナーから迫られている喫茶「ベルク」。そこで立ち退き反対の署名を集めたところ、1万5000人以上の署名が集まった。なぜこれほどベルクは愛されているのか? その謎に迫った。(2009/6/26)

嶋田淑之の「この人に逢いたい!」:
君はベルクに行ったことがあるか? 新宿駅にある小さな喫茶物語(前編)
新宿駅から徒歩1分とかからない場所に、「ベルク」という小さな喫茶店がある。カフェチェーンが全盛を極める中、個人店のベルクはどのような経営をしているのだろうか? 店長の“井野氏しかできない”経営術を聞いた。(2009/6/19)

著者インタビュー:
住宅ローンの返済が滞ったとき……銀行への対処法は?(中編)
住宅ローンを背負って家を買おうという人には、冷静な判断が必要だろう。しかし筆者は“一目ぼれ”した家を見て、その場で購入の申し込みを済ませてしまった。「夢をかなえたい」その一心で、生活費のことを考えていなかったのだ。(2008/10/15)

ロサンゼルスMBA留学日記:
米国で波紋を呼ぶ「YouTube離婚ビデオ」騒動
これまでいろいろな使われ方をされてきたYouTube。最近では「YouTube離婚ビデオ」が話題となっており、夫婦間のプライバシーまで“オープンな争い”になっているのだ。他人のもめごとを見るのは面白いが、危うさもはらんでいるといえよう。(2008/4/21)

「家内が象サイズに」!?――今年最高の変換ミスは
面白い変換ミスを募集する「年間変漢ミスコンテスト」、今年の大賞は「馬食い家内が象サイズになった」だ。(2008/4/17)

古田雄介のアキバPickUp!:
ヨドバシでダメージ、ソフマップでとどめ?――ザ・コン閉店で広がる周辺ショップの不安
秋葉原のLAOXザ・コンピュータ館が9月30日に閉店する。周辺の店舗からはさまざまな影響を心配する声が聞かれたが、数区画離れた店では「関係ないっス」とのコメントも。(2007/8/6)

DVDレビュー:
れこめんどDVD「銀河ヒッチハイク・ガイド」
冒頭いきなり地球消滅! 生き残った主人公は寝巻きで宇宙をさまよい続ける。彼のまわりを取り巻く変な奴ら。彼が向かう銀河の果てには一体何が待ち受けるのか? イギリスが生んだSFカルト・コメディのハリウッド版。果たしてその出来はいかに?(2006/4/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。