ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「滅亡」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「滅亡」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

まるで人類滅亡後の景色のよう 荒廃した東京描く幻想的なイラストに反響
寂しくも奇麗な世界に妄想が捗る。(2019/6/16)

PR:子ども向けじゃないのかよ!?  SCRAPが作った『おしりたんてい』の謎解きは尻に火がつく難しさ
それでは、失礼こかせていただきます……。(2019/4/16)

架空世界で「認証」を知る:
認証と認可の違い、説明できる? 「勇者王ガオガイガー」で解説してみる
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第10回のテーマは架空世界の「認証と認可」について。(2019/2/21)

地球最後の日に好きなあの娘に告白したら…… 斜め上だけどうるっとする漫画に「大好き」「脳が尊さで滅亡」
予想外なドキッと展開から涙のラストへ……。(2018/12/17)

実写版「人狼」 押井脚本からの唯一にして最大の改変とは
硝煙に揺れるブレードランナー。(2018/10/27)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
実はノストラダムスの大予言は的中していた? 「創刊40周年記念 ムー展」で名物編集長を取材
ムー編集長に最強の超能力者は誰なのか聞きました。(2018/10/13)

「地球滅亡の日に何食べよう」 いろいろ心配しすぎるワンコを描いた漫画がいとおしい
心配しすぎて謎展開に。(2018/10/10)

ワタシハ人間デス:
「火の鳥」の「ロビタ」を、2018年のテクノロジーで解説しよう
スピルバーグが、横山光輝が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2018年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第4回は手塚治虫先生の「火の鳥」だ。(2018/8/27)

CEDEC 2018:
「Fateらしさとは、奈須きのこである」 「Fate/Grand Order」開発秘話、ディライトワークス庄司社長が明かす
(2018/8/23)

なにこの豪華フェス感! 映画「音量を上げろタコ!」の楽曲アーティストがロック好きにはたまらない布陣
ある意味カオス。(2018/6/20)

「もっと自由に生きればよかったな」 地球は滅ぶと知った会社員の「しゅうまつ」を描いた漫画が考えさせられる
地球が滅びると聞いたら、あなたならどう生きますか?(2018/4/6)

二人ぼっちの終末世界で繰り広げる日常コメディ 『ぼっち博士とロボット少女の絶望的ユートピア』が笑えるけど、哀しい
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第90回は、コージーカタストロフ(心地よい破滅)なマンガを紹介。(2018/2/27)

「世界終末時計」の針が人類滅亡まで“残り2分”に進む 核の脅威と地球温暖化対策の停滞が主要因
冷戦時代の1953年に並ぶ、最も終末に近い数値。(2018/1/26)

なんで「ノストラダムスの大予言」をあんなに気にしていたんだろう
人類滅亡、みんな好きすぎだろ。(2018/1/8)

ブルゾンちえみ、映画「ジオストーム」で声優デビュー! スーパーキャリアウーマン役で「お得意の構図」
ブルゾン、ブレイクの波が収まる気配を知らない。(2017/11/7)

世紀末感すごいのにほっこり 子猫になつかれちゃった機械生命体にキュン
これぞディストピア。(2017/10/5)

刀剣乱舞、ユーリ、けものフレンズ:
「新たなファン層」に本を届ける、河出書房新社のSNS術
河出書房新社の本が、本来のターゲットとは違う層に届いて売れている。本を新たに手に取ったのは「刀剣乱舞」「ユーリ」「けもフレ」ファン。どうやってその層にリーチしたのか? 河出書房新社Twitterの“中の人”に話を聞いた。(2017/8/25)

「けものフレンズ」新作ゲーム、その名は「ぱびりおん」
アニメ「けものフレンズ」の新作スマホゲーム「けものフレンズぱびりおん」が発表。スマホアプリ「けものフレンズあらーむ」も。(2017/8/14)

Over the AI ―― AIの向こう側に(13):
弱いままの人工知能 〜 “強いAI”を生み出すには「死の恐怖」が必要だ
AI(人工知能)には、「人間のアシストをする“弱いAI”」と「知性を持つ“強いAI”」があるという考え方があります。私は、現在の「AI」と呼ばれているものは、全て“弱いAI”と思っています。では、私たちは“強いAI”を生み出すことができるのでしょうか。それを考えるには、人間にとって、恐らくDNAレベルで刻まれているであろう普遍的な感覚、「死への恐怖」がヒントになりそうです。(2017/7/27)

「勉強しないと世界滅亡」 スマホゲームと連動した中学参考書が登場 人気声優起用、ゲームは課金なし
「勉強しないと、世界滅亡!?」――無料のスマートフォンゲームと連動した中学生向け参考書が学研から。参考書で勉強し、連携ゲームアプリで問題を解くと、ゲームのストーリーが進む。(2017/6/30)

コメディー要素どこ行った! 映画「妖怪ウォッチ」最新作映像公開、子どもが違う意味で震えちゃいそう
やっぱり私の知ってるジバニャンじゃなかった。(2017/6/23)

「勉強しないと世界滅亡!?」:
ゲームも勉強も同時攻略 学研のスマホゲーム連動参考書
学研プラスがスマホゲームと連動して学習できる中学生向け参考書を発売。豪華声優陣を起用したゲームアプリ「エターナル・スターダスト」と連動し、勉強することでゲームのストーリーの続きが読める仕組みになっている。(2017/6/23)

これはたまんねぇな! ヒストリーチャンネルがYouTubeに公式チャンネル開設で番組本編フル配信
ずっと見てられるやつだこれ!(2017/6/7)

「7SEEDS」連載16年目にして完結 「いつか、新しい種につなぐその日まで――」
描きおろしイラストによるポスターが付録。(2017/5/27)

「けものフレンズ」再始動 今夏新作ゲーム ブシロードが開発
人気アニメ「けものフレンズ」を題材にしたスマホ向けアプリを、ブシロードが今夏公開。過去に登場した「けものフレンズ」のアプリとは異なる完全新作という。(2017/4/24)

「けものフレンズ」アプリ再開「可能性はある」 運営元ネクソンに聞く
28日にアニメが最終回を迎えた「けものフレンズ」。放送終了直後、ネット上では「サービス終了したアプリ版で『Now Loading』と出るようになった」「アプリが復活するのでは」と話題に。その真相は。(2017/3/30)

Over the AI ―― AIの向こう側に(9):
へつらう人工知能 〜巧みな質問を繰り返して心の中をのぞき見る
今回は、機械学習の中から、帰納学習を行うAI技術である「バージョン空間法」をご紹介しましょう。実は、このAI技術を説明するのにぴったりな事例があります。それが占いです。「江端が占い師に進路を相談する」――。こんなシチュエーションで、バージョン空間法を説明してみたいと思います。(2017/3/30)

書籍紹介:
『シンギュラリティは怖くない――ちょっと落ちついて人工知能について考えよう』
人工知能は、失業者を増やしたり、人類を滅ぼしたりするのか?――そんな懸念こそ“SFファンタジー”なのかも? と思うくらい目からウロコの人工知能論。さまざまな道具や機械を作り出してきた人間の生産活動に焦点を当てて歴史をひもときながら、本書のエッセンスを紹介します。(2017/3/30)

がんこちゃん、二階堂ふみで人間化 「もしもドラマ がんこちゃんは大学生」が3月放送!
人類滅亡後に生まれたがんこちゃんが人間化! すごーい!(2017/2/27)

人類滅亡まで2分30秒 トランプ大統領就任など受け「世界終末時計」1年間で30秒進む
時計の針が進むのは2年ぶり。(2017/1/27)

NHK人形劇「がんこちゃん」、放送開始20年で初のアニメ化 脚本は「ふらいんぐうぃっち」の赤尾でこ
大晦日には、人類滅亡の謎に迫るスペシャル人形劇も放送。(2016/12/5)

銃を構えるローラがカッコよすぎィ! 「バイオハザード:ザ・ファイナル」の場面写真が解禁
「ウフフ☆オッケー」じゃないローラもいいな!(2016/11/25)

おつまみ「やみつきホルモン」が「人類文明が滅んだ後に食べる高級食みたいな味」としてネットでじわじわ人気 実際のお味は?
SF作品みたいな謎の口コミが広がっている「やみつきホルモン」。実際に食べたり、アサヒグループ食品もこの状況をどう思っているか取材してみた。(2016/11/16)

山本弘の「今、ここにある未来」:
ジョーという名のインターネット
ごくごくまれに、見事に未来予言を的中させたSFもあるんですよね。「この時代によくこんなこと考えついたな」と感心する作品が。(2016/11/9)

「トムたちのことを24時間頭に描きながら書いた」 「インフェルノ」原作のダン・ブラウン、トム・ハンクスにデレる
700年以上の歴史を持つヴェッキオ宮殿でトムにデレデレのダン。(2016/10/8)

片岡鶴太郎ビックリ! トリンドル玲奈は「プッツン」「おでん芸」を知らない
映画「インフェルノ」謎解きイベントで。「ボクがお笑いをやっていたことも知らないんでしょうね(笑)」(片岡鶴太郎)(2016/10/6)

X-MEN新キャラクター特別映像が解禁! イケメンミュータントが生体金属製の翼で大地を死で覆い尽くす
「X-MEN」トリロジー3作品の一気見上映も。(2016/7/22)

「人類を滅亡させるわ」 人工知能ロボットがインタビューで宣言
米企業のAI搭載ロボット・Sophiaが「人類を滅亡させるわ」と発言して注目を集めている。(2016/3/30)

「1999年が近づいてきてヤバいと思った」 伝説の漫画「MMR」を作った男たち タナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー(後編)
まさかの「復活予告」も!(2016/3/11)

キバヤシが! MMRが帰ってきた! 最新刊「新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機!!」冒頭部分を限定公開
話は聞かせてもらったぞ! 人類は滅亡する!(2016/3/16)

伝説の漫画「MMR マガジンミステリー調査班」はこうして作られていた タナカ・イケダ・トマル隊員が語る「MMR」制作の裏側(前編)
最新刊「新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機(トリプルクライシス)!!」発売を記念して、当時のMMR隊員たちに連載開始時から最新刊発売までの裏側を語ってもらいました。(2016/3/10)

「MMR マガジンミステリー調査班」新刊発売に向けて前作が無料公開!
時空を超えて、あなたは一体何度我々の前に立ちはだかるというのだ……ノストラダムス!(2016/2/11)

「世界終末時計」針は進まず、人類滅亡まで“あと3分”のまま
イランと諸大国の協定、パリ協定というプラス要素はあったものの、ネガティブな要素で相殺。(2016/1/27)

「オタクの年齢=恋人いない率は3割強」 オタク市場調査がザクザクと現実を突きつけてくる
認めない。(2016/1/18)

蛭子能収の不条理ワールド全開! 展覧会「新春えびすリアリズム」が来年の元旦から開催
年明け早々ポップでシュール。(2015/12/26)

伝説の漫画「MMR マガジンミステリー調査班」まさかの新刊発売決定 それは本当かキバヤシ!!
な、なんだってーーー!(2015/12/18)

人類滅亡の危機(20年ぶり)! 「インデペンデンス・デイ」続編の予告編襲来
全米公開は2016年6月。(2015/12/14)

Mobile Weekly Top10:
すぐ解約するオプションの意味/そのスマホ修理、違法かも?
スマホ売り場で繰り広げられているオプション契約、即解約の意味とは? 街中に増えているのスマホの修理スタンド、その課題とは?(2015/12/7)

Siriが「人類の滅亡する時期」について重い口を開いた!
(2015/12/6)

サイモン・ペッグ主演のSFコメディ「Absolutely Anything」がいろいろおかしい → あらすじを紹介しただけで5000RT
全知全能の力を使って愛犬とおしゃべり。(2015/8/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。