ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「F704i」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「F704i」に関する情報が集まったページです。

Mobile&Movie 第275回:
HERO「久利生さん、どこにいるんですか」
映画に登場する“モバイル製品”をチェックする「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのは、人気テレビドラマを映画化した『HERO』。木村拓哉扮する型破りな検事、久利生のケータイは「F704i」です。【ネタバレ注意】(2007/9/20)

704iシリーズや「EXILIMケータイ」「FULLFACE 913SH」などがモバイルSuicaに対応
JR東日本は、ドコモの「SH704i」「F704i」「SO704i」、auの「W53SA」「W53CA」「W54T」、ソフトバンクの「913SH」「812SH s」「814SH」「815SH」「814T」「815T」をモバイルSuica対応機種に追加した。(2007/7/30)

カジュアル防水の「F704i」、価格は1万円台後半
ドコモのカジュアル防水携帯「F704i」が発売された。都内量販店の新規価格は1万円台後半から。(2007/7/23)

水着で解説する防水FOMA「F704i」(男性編)
プレーンなデザインで「艶やかに、濡れる」──男性にもマッチするソリッドカラーも用意する防水ケータイ「F704i」。男性が本機を使うとどのようないいことがありえるか、実際に水着で試してもらおう。(2007/7/17)

水着で解説する防水FOMA「F704i」(女性編)
普段使う携帯へ“当たり前”のように防水性能を──そんなコンセプトで発売する富士通製の防水FOMA「F704i」。このカジュアルな防水性能により、バスルームやキッチンなどの水周りのほか、ビーチやプールサイドなどでも安心して使える。そんなF704iは「プールサイド」でどのように使えるだろうか。(2007/7/17)

お風呂、プールなどで使えるグローバル防水FOMA「F704i」、7月20日発売
NTTドコモは、国際ローミング対応の防水FOMA「F704i」を20日に発売する。防水携帯として世界最薄の厚さ17.9ミリを実現し、キッチンやバスルーム、プールサイドなどの水周りで安心して使用できる。(2007/7/17)

写真で解説する「F704i」
スマートな外観とIPX7相当の防水機能を両立させた前機種 F703iに、国際ローミング機能を追加した富士通製の「F704i」。本体カラーも変更し、海外リゾートでも映えるスタイリッシュな防水携帯として進化した。(2007/7/5)

“防水音楽FOMA”が国際ローミングに対応──「F704i」
バスルームやキッチンなどの水回りで使えるFOMAが海外でも使えるようになった──。それが富士通製の「F704i」だ。海外出張やバカンス先でも、水ぬれを気にすることなく利用できる。(2007/7/4)

富士通の「F704i」、シャープの「W52SH」がJATE通過
ドコモの「704i」シリーズと思われる端末がまた1機種、JATEを通過した。今回認定を受けたのは富士通製の「F704i」。そのほかシャープ製のau端末「W52SH」もJATEを通過した。(2007/6/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。