ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「F703i」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「F703i」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

写真で解説する「F704i」
スマートな外観とIPX7相当の防水機能を両立させた前機種 F703iに、国際ローミング機能を追加した富士通製の「F704i」。本体カラーも変更し、海外リゾートでも映えるスタイリッシュな防水携帯として進化した。(2007/7/5)

富士通端末のスペシャルモード、「F703i」は“カラーガム”、「F903iX HIGH-SPEED」は“ゲーセン”
富士通端末でおなじみのスペシャルモードは、「F703i」「F903iX HIGH-SPEED」でも健在。キーワードはそれぞれ“カラーガム”“ゲーセン”だ。(2007/2/14)

jigブラウザが「F703i」「P703i」「D703i」に対応
jig.jpは、jigブラウザ100k版がドコモの「F703i」「P703i」「D703i」に対応したと発表した。タブブラウザ「Sleipnir」との同期や、単体で「jiglet」が使用できるようになる。(2007/2/2)

水洗いもできる防水ケータイ「F703i」、新規は2万円台前半で販売開始
お風呂や土砂降りの雨の中で利用でき、汚れた場合は水洗いも可能な富士通製の防水FOMA「F703i」が発売となった。(2007/2/2)

「F703i」の“ここ”が知りたい(3):
“癒し”がテーマの「フローティングイルミ」とは――「F703i」
癒しがひとつのテーマになっているF703i。フラットな外側パネルを、美しい光の「フローティングサイン」と「フローティングイルミ」が演出してくれる。(2007/2/1)

「F703i」の“ここ”が知りたい(2):
ポケベル入力やライフスタイル設定機能はあるか――「F703i」
防水機能付きの音楽携帯として注目の「F703i」だが、普通の携帯電話としての使い勝手はどうなのか。日本語入力や富士通独自の「ライフスタイル設定」について検証した。(2007/2/1)

「F703i」の“ここ”が知りたい(1):
どんな“防水構造”なのか――「F703i」
スタイリッシュなデザインながら、しっかりとした防水性能を持っているF703i。その浸水対策は、これまでの防水ケータイとはちょっと違うアプローチになっていた。(2007/2/1)

お風呂も雨も水洗いもOK──富士通の防水ケータイ「F703i」の中身
“防水に見えない防水ケータイ”として注目を集める富士通の「F703i」。お風呂や土砂降りの雨の中でも使えるのはもちろん、水洗いもできてしまうこの端末の防水技術が公開された。(2007/1/30)

「D703i」「F703i」「P703i」、2月2日発売
NTTドコモは2月2日から、厚さ9.9ミリの超薄型ストレートモデル「D703i」、お風呂で使える防水ケータイ「F703i」、“非対称パネル”デザインが特徴のデコメケータイ「P703i」を発売する。(2007/1/30)

写真で解説する「F703i」
お風呂で使える音楽携帯として登場した「F703i」。従来の防水携帯のようなアウトドアっぽいイメージを消し去ったデザインが特徴だ。(2007/1/17)

お風呂で使える防水音楽ケータイ──「F703i」
防水FOMAの第2弾となる富士通製の「F703i」が登場。30分水に浸けても壊れない防水仕様で、おサイフケータイやWMA(Napster To Go)にも対応する。(2007/1/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。