ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「F904i」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「F904i」に関する情報が集まったページです。

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
絵はちょっとハデだが、“ヨコモーション”はカメラも楽しく快適──「F904i」
ドコモの904iシリーズで唯一ワンセグを搭載し、ディスプレイが左右90度に傾く“ヨコモーション”機構が特徴の富士通製の「F904i」。これはワンセグだけでなくカメラ機能も楽しく快適に使えるものなのだろうか。その使い勝手を作例とともに検証していこう。(2007/7/11)

“ヨコモーション携帯”「F904i」、新規価格は3万円台前半
3.1インチワイドディスプレイを左右に傾けられる「F904i」が、都内量販店の店頭に並んだ。都内量販店での新規契約は3万1500円。(2007/6/1)

「F904i」がモバイルSuicaに対応
ヨコモーション対応のワンセグケータイ「F904i」が、モバイルSuicaに対応した。(2007/6/1)

写真で解説する「F904i」の進化点
富士通初のワイドQVGA液晶を搭載した「F904i」。どんなシーンで3.1インチ240×432ピクセルのワイド画面が生きるのか、大画面を生かしたどんな機能が搭載されたのかをチェックした。(2007/5/30)

開発陣に聞く「F904i」:
“ハートの溝”でボディは薄く、画面は大きく──「F904i」をハダカにする
従来のヨコモーションケータイに比べて、ボディは薄く、画面は大きくなった「F904i」。その秘密は“ハート型の溝”にある。スケルトンモデルで可動部の仕組みを紹介しよう。(2007/5/29)

「F904i」のスペシャルモード、キーワードは“タワー”
キーワードを入力すると待受画面やメニューアイコンなどの隠しアイテムが登場する、富士通ケータイのスペシャルモード。「F904i」のキーワードは“タワー”だ。(2007/5/29)

ワンセグ対応、大画面ヨコモーション──「F904i」、6月1日に発売
ディスプレイ部を傾けると、3.1インチのワイド画面でワンセグを視聴できる──。富士通のヨコモーション携帯が6月1日から店頭に並ぶ。(2007/5/29)

「F904i」の“ここ”が知りたい(6):
日本語入力はどう? 待受カスタマイズは健在?──「F904i」
ディスプレイを90度に回転させる“ヨコモーション”とともに、横向きを含めた使い勝手に高い評価を得る今までの“F”端末だが、F904iはどうか。特に、日本語入力と待受カスタマイズに関する質問が多く寄せられた。(2007/5/15)

「F904i」の“ここ”が知りたい(5):
内蔵メモリは増えた? ポケベル入力は?──「F904i」
3.1インチディスプレイとサイクロイド機構による新“ヨコモーション”とワンセグが特徴の「F904i」。今までの“F”端末で好評だった機能は継承されたか、それとも進化したのか。今回はやや細かい機能を中心にチェックしてみよう。(2007/5/14)

「F904i」の“ここ”が知りたい(4):
ワイド動画を横向きフルスクリーン再生できる?──「F904i」
904iシリーズは10Mバイトのiモーション「ビデオクリップ」が全機種で楽しめるようになった。中でも、ワンセグ+大型のワイドディスプレイ+ヨコモーションで動画利用にも適しそうな「F904i」で、“自作動画”も含めて動画を楽しめるのかという質問が多く寄せられた。(2007/5/10)

「F904i」の“ここ”が知りたい(3):
新“ヨコモーション”の使い勝手は?──「F904i」
回転軸が移動するサイクロイド機構を採用した、F904iの新“横モーション”。携帯最大級の3.1インチディスプレイと相まって、ワンセグ視聴はもちろん通常使用時にも旧機種より優れる操作性を実現したようだ。(2007/5/9)

「F904i」の“ここ”が知りたい(2):
ワンセグはどう?──「F904i」
今回発表された904iシリーズで唯一ワンセグを搭載するのが富士通製の「F904i」だ。新たに採用したサイクロイド機構とともに、折りたたみの使いやすさと横長画面の利便性を両立させる“ヨコモーション”に対応。やはりワンセグ機能はどうかという質問が多く寄せられた。(2007/5/8)

「F904i」の“ここ”が知りたい(1):
「F903i」「F903iX HIGH-SPEED」と、どこが違うのか──「F904i」
3.1インチのワイド液晶とワンセグを搭載した「F904i」。前モデルの「F903i」「F903iX HIGH-SPEED」と、どこが違うのか。F904iから搭載された背面液晶のイルミカラーもチェックした。(2007/4/27)

写真で解説する「F904i」
解像度240×432ピクセルの3.1インチワイド液晶を搭載したヨコモーション携帯「F904i」。大きなワイド画面でワンセグやフルブラウザ、オフィス文書を閲覧できる。(2007/4/23)

3.1インチの大画面、ワンセグ対応のヨコモーション──「F904i」
ヨコモーションが、大画面のワンセグ対応に──。富士通の「F904i」は、3.1インチのIPS液晶を搭載したワンセグ対応機。指紋認証のセキュリティも強化された。(2007/4/23)

「912SH」など携帯夏モデル、続々JATE通過
ソフトバンクモバイルのハイエンド機と思われるシャープ製端末「912SH」、ドコモの富士通製端末「F904i」、auの京セラ製端末「W44K II」など、2007年夏モデルとしての登場が予想される端末が続々JATEを通過した。(2007/4/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。