ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「Facebookポイント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Facebook Credits

10年前から意欲的だった:
Facebook、仮想通貨事業で2兆円超の追加収益か バークレイズが試算
英大手金融機関Barclaysのアナリストであるロス・サンドラー氏が試算したところ、Facebookが発行するとうわさされる「Facebook Coin」によって計上される追加収益は2021年までに190億ドルに上る可能性があるという。米CNBCが報じた。(2019/3/14)

Amazon、Kindle Fire向け仮想通貨「Amazon Coins」を発表
Amazonが、Kindle Fire向けアプリストアで使える仮想通貨の提供を5月に米国で開始する。立ち上げ時にはユーザーに数十万ドル分のコインを無料で提供するとしており、開発者にアプリの登録を呼び掛けている。(2013/2/6)

IPOトラブルに続く不安要因はモバイル
Facebookのモバイル事業、出来の悪いアプリで大失敗か
いまだ混乱が続くFacebookのIPO。だが同社にとってはモバイル事業の将来の方が不安だ。“出来の悪い”モバイルアプリ、不透明なマネタイズの行方、使えない検索エンジンなどを改善する方法はあるのか。(2012/6/15)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
ネット時代のマーケティング担当者に捧ぐ、ソーシャル海の泳ぎ方
マーケティングも落ちたもんだ。素人を動員したあげく、だませずにバレるとはね。昔はやらせもプロの仕業だったのだ。(2012/4/26)

Facebook上のソーシャルリーディングサービス「ComicFriends」登場
NTTソルマーレは、ソーシャルリーディングサービス「ComicFriends」をFacebook上で提供開始した。(2012/2/3)

津田大介×鈴木謙介、3.11後のメディアと若者(6):
「絆」というキーワードが、危険な意味を含んでいるワケ
2011年の世相を表す漢字として「絆」が選ばれた。大震災を経験し、日本社会は「家族が大事」「地域が大事」といったムードが漂っているが、そこに危険は潜んでいないのか。ジャーナリストの津田大介氏と社会学者の鈴木謙介氏が語り合った。(2011/12/21)

Facebook、「Facebook Platform」をモバイル向けに強化
待望のiPadアプリをリリースしたFacebookは同じ日に、Webアプリも開発できるモバイル開発プラットフォームを発表した。(2011/10/11)

電子書籍アプリ開発者は要注目:
FacebookがHTML5 Webアプリ販売インフラをiOS向けに正式稼働
米FacebookはiOS向けアプリをアップグレード、新たにHTML5アプリ配信サービスに対応した。(2011/10/11)

eBay、モバイル決済企業Zongを2億4000万ドルで買収――PayPal強化へ
eBayが、Googleにモバイル決済の人材を引き抜かれたPayPalを強化する目的で、FacebookやZyngaの決済システムを提供しているZongを買収する。(2011/7/8)

Facebookポイントが日本でも決済システムとして利用可能に
7月1日からすべての開発者にFacebookポイントの利用が義務付けられることに先立ち、ほぼすべての国や地域で同決済システムの利用が可能になった。(2011/6/16)

Facebook、Googleに続きクーポン購入サービス「Deals」を米国でスタート
ユーザーは地域ビジネスのディスカウントクーポンをカードあるいはFacebook Creditsで購入でき、友達とクーポン情報を共有できる。(2011/4/27)

Facebookで映画鑑賞――Warner Bros.が「ダークナイト」のレンタルページを開設
「ダークナイト」ページの「いいね!」をクリックした米国内のFacebookユーザーは、30 Facebook Creditsでダークナイトをページ上で鑑賞できる。(2011/3/9)

せかにゅ:
iPhone 5とiPad 2に、NFC使ったおサイフ機能搭載か
iPhoneとiPadの新モデルにNFCを使ったモバイル決済機能が搭載されると伝えられている。Appleは店舗用の決済端末の試作機も作ったという。(2011/1/26)

Facebook、仮想通貨「Facebook Credits」をソーシャルゲームに義務づけ
Facebookでソーシャルゲームを提供する開発者は、7月1日から支払い処理に「Facebook Credits」の利用を義務づけられる。(2011/1/25)

Facebook、「Credits」でのアプリ販売の3割徴収へ
仮想通貨「Facebook Credits」で購入されたアプリの代金のうち、3割を運営者であるFacebookが受け取る。App StoreやAndroid Marketと同じ割合だ。(2010/2/26)

Facebook、決済システムにPayPalを採用
Facebook Adsへの広告出稿や仮想通貨での買い物にPayPalのシステムを利用できるようになる。(2010/2/19)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。