ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ファストファッション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ファストファッション」に関する情報が集まったページです。

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIとドローンで在庫管理、シフト表を自動作成 知られざる小売業界のAI活用術
接客業務や在庫管理など、小売・サービス業に関する国内外のAI活用事例を紹介する。(2020/2/5)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
赤字に苦しんできたダイエーに“復活”の兆し 流通帝国の崩壊から黒字化までの道のりをたどる
再建途上のダイエーが黒字化しそうになっている。一大流通帝国を築いた道のりを振り返る。なぜ、今になって復活の光が見えてきたのか。(2020/1/15)

「ケンタ」「ワークマン」に続け! 2020年の急成長企業
2019年に業績絶好調だったのが、外食では「ケンタッキーフライドチキン」、アパレルでは作業着大手の「ワークマン」だ。それでは20年に急成長が期待できるのはどこだろうか。(2020/1/11)

プロジェクト:
大和ハウス、大型商業施設「iias沖縄豊崎」の概要を発表
大和ハウス工業は、沖縄県の「美らSUNビーチ」前に開発する日本最南端の大型商業施設の名称を「iias(イーアス)沖縄豊崎」に決定し概要を発表した。県外観光客やインバウンドも視野に。(2020/1/10)

ドンキは地方スーパーを救えるか
ディスカウントストアのドン・キホーテなどを展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)は昨年12月、福井市にあるスーパーを改装し「MEGAドン・キホーテUNY福井店」をオープンさせた。(2020/1/6)

大掃除で思わぬ収入も:
大掃除で見つかる不要アイテムの「資産価値」は10万円!? フリマアプリ上で人気なブランドの取引単価も発表
大掃除で見つかる不用品に、意外な「資産価値」があるようだ。ラクマが調査したところ、ファッションアイテムのうち、大掃除で最も多く見つかる不要アイテムは「Tシャツ」だった。人気ブランドアイテムの平均取引単価も発表した。(2019/12/26)

日本経済を揺るがしかねない「アマゾン・エフェクト」の脅威
米インターネット通販大手アマゾン・コムの急成長で、既存の小売店が閉鎖・倒産に追い込まれる「アマゾン・エフェクト」が日本にも及び始めた。(2019/12/23)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(5):
鎖から蜘蛛の巣へ、「サプライウェブ」の世界が見えてきた
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第5回は、サプライチェーンマネジメントの進化の方向性となる「チェーン=鎖」から「ウェブ=クモの巣」へのトランスフォーメーションを取り上げる。「サプライウェブ」の世界とはどのようなものなのだろうか。(2019/12/23)

日本経済を揺るがしかねない「アマゾン・エフェクト」の脅威
米インターネット通販大手アマゾン・コムの急成長で、既存の小売店が閉鎖・倒産に追い込まれる「アマゾン・エフェクト(効果)」が日本にも及び始めた。百貨店や総合スーパーが苦境に立たされているだけでなく、ネット通販の普及で価格競争が激しくなって物価が伸び悩み、デフレ脱却を阻む要因の一つにもなっているという。(2019/12/22)

MBが語るアパレルビジネスの近未来【後編】:
キャッシュレス化で長財布はもうダサい!? ファッションプロデューサーMBが明かす「ファッションと時代」の意外な関係
人気ファッションプロデューサーがいるMB(エムビー)への独占インタビュー後編は、ファッションビジネスの変遷や最前線について、思う存分語ってもらった。(2019/11/23)

残業は希望制、ランチとドリンク無料――「働きやすい外資系企業」ランキング、Appleを抑えて上位だったIT系企業は?
オープンワークが「働きやすい外資系企業」のランキングを発表。IT系企業では、Apple Japanなどが上位に入った。3位だったブッキングドットコムジャパンは「残業は希望制で、ランチ、ドリンク、フルーツなどは無料で支給される」という。(2019/11/27)

ファーストネームで呼び合う文化:
働きやすい外資系企業ランキング 日本でも認知度が高い2社が1位に
オープンワークが発表した「働きやすい外資系企業ランキング」によると、1位はイケア・ジャパンとキャセイパシフィック航空だった。(2019/11/27)

ファッションブランド「アメリカンイーグル」が日本撤退 12月末に全店舗とオンラインストアをクローズ
ファストファッションはファーストリテイリングが独走。(2019/11/27)

MBが語るアパレルビジネスの近未来【前編】:
ユニクロが“1人勝ち”を続ける理由――そのヒントは「着物」にあった
近年は大量閉店や撤退が相次ぎ、苦境に立たされているアパレル業界の中で、過去最高益をたたき出し続け、“1人勝ち”を続けるユニクローー。「日本一ユニクロを買っているユニクロ研究家」を名乗る人気ファッションプロデューサーMBが、若者を中心に「おしゃれなもの」として定着したユニクロファッションの神髄を語る。(2019/11/23)

33店舗を段階的に閉店:
「アメリカンイーグル」年内に国内全店舗を閉店へ 背景にはユニクロの陰
「アメリカンイーグル」が2019年末までに国内全33店舗を閉店すると発表。12月18日から、段階的に閉店していくという。背景には日本市場の特異性やアメカジの不調など、さまざまな事情が絡み合う(2019/11/26)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(12):
低迷続くアパレル業界で急成長 売上高の拡大にこだわり「粉飾決算」に手を染めたレディースニット卸に学ぶ
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/11/23)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(4):
サプライチェーンマネジメントは新ステージへ、全体最適の範囲を拡張せよ
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第4回は、「全体最適の範囲の拡張」を目指す次世代のサプライチェーンマネジメントについて説明する。また、その成功例となる、ZARA、コマツ、ジョンディアのケースを見て行こう。(2019/11/19)

スマートリテール:
イオンモールがスマート化、「快適なカスタマージャーニー」をどう実現するのか
イオンモールは、「イオンモール幕張新都心」をパイロット店舗として、さまざまなデジタル機器を活用してショッピングセンターをスマート化する「スマートモール」の取り組みを進めている。この“スマート・イオンモール”の実証で効果を確認できたサービスは、順次国内で展開を広げていく方針だ。(2019/11/13)

既知とアイデアの組み合わせで市場を変えろ:
「Iの世界」の成長戦略 イノベーションを起こし、市場を変える
テクノロジーとビジネスモデルの両面からイノベーションを生み出す。(2019/11/12)

ハロウィーンの仮装もう決めた? 普段着でキャラクターを表現する「バウンドコーデ」のコツを聞いてみた
普段着の組み合わせでこんなにかわいいちょこっと仮装に!(2019/10/28)

上げるか下げるか「値決め」最前線:
なぜ赤字でも安売りするのか? 「失敗する値決め」と「成功する値決め」の違いに迫る
消費増税で「値決め」に関する各社のスタンスに違いが出た。担当者にとって悩ましいのが「値決め」の考え方。プロが4つのアプローチで解説する。(2019/10/7)

米FOREVER 21が破産申請 店舗数を減らして事業を継続
現地の予想通りチャプター11を申請。(2019/9/30)

「Forever21」が日本市場から撤退 10月末でECサイト・実店舗を閉店 ネットで別れを惜しむ声
「Forever21」運営元が、国内の全14店舗を10月31日に閉鎖すると発表した。ECサイトも同日までに閉鎖し、日本市場から完全に撤退する。ネットでは「寂しい」「好きだったのに」といった感想が飛び交い、9月25日午後には「Forever21」「フォーエバー21」がTwitterのトレンドに入った。(2019/9/25)

FOREVER21が日本完全撤退 10月末に全店舗とオンラインストアをクローズ
撤退までの期間は、全国の店舗とオンラインストアで最終セールを開催します。(2019/9/25)

「Forever21」が日本撤退を発表 店舗もECも閉鎖
(2019/9/25)

マザーハウス社長の山口絵理子が語る経営哲学――対立を越えて「よりよい解」を生み出す「サードウェイ」とは
マザーハウスの創設者である山口氏がこの夏、初の「ビジネス書」を刊行した。タイトルは「Third Way 第3の道のつくり方」。マザーハウス創業のきっかけにもなった同氏の経営哲学は、どのようなものなのか――。東京・六本木のアカデミーヒルズで行われた講演の内容を紹介する。(2019/9/24)

ニトリ、288品を値下げ 大型家具を最大20% 増税前の買い替え需要に対応
(2019/9/6)

ファストファッションのFOREVER 21が破産準備? 米国で報道
日本でも規模は縮小しています。(2019/8/29)

10月以降の対応:
H&M、増税後も価格据え置きで「実質値下げ」 ユニクロやしまむらの対応は?
H&Mが、10月の消費増税後も価格を変更しないと発表。「長期的なお客さまへの投資」が理由としている。H&Mは、前回の増税時にも同様の対応を取っている。ユニクロやしまむらなどは、今回の増税にどういった対応を取るのだろうか?(2019/8/28)

大前研一大いに吠える!【後編】:
大前研一が息子たちに施した「21世紀型教育」とは?――「先生の言うことを聞くのよ」と言ってはいけない
大前研一が勉強しない日本人について大いに吠える!(2019/8/9)

棚一つ分の小さな“本屋”が78軒集まったお店 シェアする本屋「ブックマンション」に行ってきた
お客さんに自分の“推し本”をプレゼンできる全く新しい古本屋!(2019/8/10)

消費者1万人に聞く:
平成時代に「生活に影響したもの」ランキング 1位は携帯・スマホ、2位は?
博報堂生活総合研究所が「平成の消費観・消費行動に影響を与えたもの」に関する調査結果を発表した。生活者に最も影響を与えた製品・サービスは「携帯電話・スマートフォン」だった。(2019/6/27)

今日のリサーチ:
平成の消費に影響を与えたものは「スマホ」「ネット通販」「PC」――博報堂生活総合研究所「消費1万人調査」
博報堂生活総合研究所が実施した「消費1万人調査」より、「平成の消費観・消費行動に影響を与えたもの」の結果を抜粋。(2019/6/26)

平成の消費を変えたもの 1位は「ケータイ・スマホ」 博報堂生活総研の消費者調査
前と後とで劇的に変わった。(2019/6/25)

循環型経済の構築:
Appleのどこまでも本気な環境への取り組み
循環型経済の構築に向けた取り組みが評価され、Appleが環境省から表彰された。Appleで環境・政策・社会イニシアチブ担当副社長を務めるリサ・ジャクソン氏に話を聞いた。(2019/6/21)

GPUやTPUは必須
AIの拡大で増大するカスタムハードウェア需要
AIへの投資は今後も増えるだろう。そのAIを支える機械学習にはGPUやTPUといったカスタムハードウェアによるアクセラレーションが必須だ。(2019/6/5)

米国で試験運用を実施:
Instagram「ショッピング機能」をクリエイターの投稿内でも利用可能に
Instagramが「ショッピング機能」を拡充。(2019/5/13)

水曜インタビュー劇場(令和初日公演):
紙の地図はどう変わったのか? 銀行のロゴが消えた理由
とうとう平成の時代が終わった。この30年を振り返ると、就職氷河期があったり、携帯電話が普及したり。さまざまな出来事があったが、記者が注目しているのは「紙の地図」である。昭和から平成にかけて、どのような変化があったのか。地図を作製している昭文社の担当者に聞いたところ……。(2019/5/1)

競合がたくさん:
復活できるのか? 再上場で注目される、ジーンズの「リーバイス」
リーバイスを展開するリーバイ・ストラウス社は、創業166年になる老舗ブランド。そんな歴史的な企業が、最近また注目されている。その理由は、2019年3月に同社がニューヨーク証券取引所に再上場したからだ。(2019/4/30)

H&Mとポストイットがコラボ ロゴ入りTシャツや帽子が限定販売
H&Mにかかれば、ポストイットもおしゃれアイテムに。(2019/4/19)

ブーム終了? 大苦戦する「しまむら」は挽回できるか
魅力的な店作りが急務か。(2019/4/2)

Instagram内でショッピングが完結する「Checkout」β開始
Instagramが、ブランドの投稿内の商品をInstaramから離れずに購入できる新機能「Checkout」のクローズドβを米国で開始した。ユニクロ、Adidas、ZARAなどが参加している。(2019/3/20)

「あなたのような人は2度と現れない」 モード界の帝王カール・ラガーフェルドが逝去、世界の一流モデルから追悼の声
「私は生きるレーベル。名前はレーベルフェルド、ラガーフェルドではない」(2019/2/20)

残業するには許可が必要:
「販売系職種の残業」が少ない企業ランキング、「残業するとマイナス評価」という例も 1位は……?
販売系職種の残業時間が最も少ない企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査した結果、2位はオンワード樫山で月7.0時間だった。1位は……(2019/1/17)

視点:
「買う」はどう進化するか? 「買い方の未来」から事業価値を刷新する
「買い方の未来」をふまえて、新しい事業価値刷新を検討するエクササイズをしてみたい。B2CやB2Bビジネスにおいて、新たな事業価値の発見ができればと考えている。(2019/1/16)

世界を読み解くニュース・サロン:
“大炎上”を引き起こす政治家と企業の「決定的な欠陥」とは
新年早々、平沢勝栄議員の発言が炎上。近年は政治家や企業がSNSなどで炎上するケースが相次いでおり、2019年も続くだろう。自分たちの意見や表現が世間と「ずれている」と気付かないのは、ある能力が決定的に欠けているからだ。その能力とは……(2019/1/10)

1人でも気軽に入店:
最後までアツアツ ふらんす亭創業者が仕掛ける新型ステーキ店
ステーキとカレーが名物の「ふらんす亭」創業者がステーキの新店をオープンした。自分で焼き加減を調整できたり、最後までアツアツで食べられる工夫をしている。人生の「集大成」と位置付ける新店のビジネスモデルとは?(2018/11/27)

世界旗艦店のオープンにあわせて検討中:
無印良品が銀座の新店で「脱プラ」を本格化 買い物袋以外にアレも紙製に
無印良品を展開する良品計画が脱プラの動きを加速させる方向で検討している。具体的には、2019年4月にオープンする世界旗艦店「無印良品 銀座」で紙製の買い物袋を原則的に提供する。また、同店では雑貨を吊り下げるフック資材も紙製のものに変える予定だという。(2018/11/14)

目を合わせたらダメ! あびる優&菊地亜美&くみっきーらの“ヤンキー女子風”ショットが謎の一体感
ゆしんさん「ヤンキーねぇちゃんを慕う ヤンキーになりたい学生達」。(2018/11/7)

あなたは誰のためにメイクしてますか? 15人の女の告白『だから私はメイクする』が心に刺さる
「会社では擬態する女」を出張掲載。(2018/11/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。