ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ファストファッション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ファストファッション」に関する情報が集まったページです。

世界を読み解くニュース・サロン:
中国でビジネスをしようと思ったら、あるあるのリスク
中国に進出している海外企業が、現地で混乱に陥っている。米スポーツ用品大手のナイキ、スウェーデンの衣料品大手H&Mなどは批判を浴び、SNS上でボイコット運動も。何が起きているのかというと……。(2021/4/8)

H&M × サンリオのキッズウェアが登場 キティやマイメロのレトロかわいいプリントアイテムにときめく
親子でリンクコーデができるアイテムも。(2021/4/2)

積極的な価格競争にはならず:
ユニクロ「9%値下げ」に、ライバル静観の理由
「ユニクロ」や「GU(ジーユー)」を展開するファーストリテイリングは12日、「本体価格」をそのまま「税込み価格」にする実質約9%の値下げを始めた。圧倒的勝ち組の思い切った戦略だが、同業他社はどうするのか。(2021/3/15)

復活時には混乱も:
ユニクロ、「+J」春夏コレクション発売へ 好決算に寄与
ユニクロは2月18日、+Jの2021年春夏コレクションを展開すると発表した。(2021/2/18)

カジュアル化の流れ:
アパレル“総崩れ”はコロナのせい? 復活に必要な6つの「シフト」
コロナ禍でアパレル業界が窮地に陥っている。しかし、根本的な変革が求められていたと筆者は主張する。業界の“悪弊”を抜け出すために必要な戦略とは。(2020/12/28)

PR:企業内のデータ管理から分析まで統合する「Azure Purview」と「Azure Synapse Analytics」の威力
(2020/12/18)

めちゃ距離近いな! 新山千春、14歳長女とのコーデ対決がもはや「親子じゃなく姉妹」
普段の関係丸わかり。(2020/11/27)

フードの提供も:
次は新宿 イケア・ジャパンが21年春にIKEA新宿オープン 約130人の正社員を募集
イケア・ジャパンは11月26日、都心型店舗の3店舗目となるIKEA新宿を、2021年春に開業すると発表した。(2020/11/27)

新宿に「IKEA」の都市型店舗が2021年春オープン 原宿、渋谷に次ぐ3店舗目
都心のコンパクトな店舗がまたオープン。(2020/11/26)

スピン経済の歩き方:
だから、多くのアパレルは苦戦することに
名門ブランド「レナウン」の消滅が決まった。このほかにも多くのアパレルが苦戦しているが、なぜこのような事態に陥ったのか。店舗数の多さが関係しているようで……。(2020/11/3)

H&M、靴下をニットに自動で変える機械 衣服のリサイクル工程を視覚的に訴求
H&Mは複数の古着を組み合わせて、新しいアイテムに作り変える機械「Looop」をスウェーデン・ストックホルム市内の店舗に導入した。日本を含めた海外店舗への展開は未定。(2020/10/13)

二つ名は“小さめの4歳さん” MALIA.体重16キロの2歳息子の抱っこが重そうで話題に
父親は元サッカー選手の三渡洲舞人さん。(2020/10/2)

「これ着られるのお嬢くらい」 河北麻友子、超ショート丈ニットの個性派コーデで秋服の概念をぶっとばす
胸元出ていますが何か?(2020/9/28)

巣ごもり需要で好調:
コロナ時代をどう戦う? IKEA、ニトリ、無印、それぞれの戦略
IKEA、ニトリ、無印良品は巣ごもり需要で好調だった。家具・インテリア雑貨を扱ってはいるが、それぞれの戦略は大きく異なる。コロナ時代をどう戦おうとしているのか。(2020/9/28)

MALIA.、2歳三男がモデルデビュー 反響受け“親子ショット”公開「家族みんなを笑顔にしてくれる happy babyちゃん」
いい笑顔。(2020/9/18)

「データ&AIの民主化」の実現へ:
AIユニコーン企業のDatabricksが日本市場に本格参入 マーケターが注目すべきポイントは?
オープンソースソフトウェアとクラウドを軸に統合データ分析プラットフォームを提供するDatabricksが日本法人を設立。マーケターが注目すべきポイントをまとめた。(2020/9/14)

アパレル業界の最新事例:
ダイナミックプライシング導入で「衣服ロス」削減へ ディノス・セシールの挑戦
ディノス・セシールとブレインパッドが、アパレル商品におけるダイナミックプライシングの実用化を進めている。これにより利益の最大化や「衣服ロス」の削減が期待されるが、一方でアパレルならではの難しさもあるようだ。現在の進捗や課題、今後の可能性を聞いた。(2020/9/9)

H&Mのキッズウェアに「ハリーポッター」コレクション登場 完全にホグワーツの世界に入り込めるやつ
制服デザインのベビーウェア、かわゆ……。(2020/8/6)

ユニクロ研究家が語る 世界一のコスパの秘密と、見落としがちな“スゴい”商品
バイヤーがおすすめするユニクロのおすすめアイテムとは?(2020/7/24)

プロジェクト:
野村不動産が小金井市にマンション一体型の複合施設を開業
野村不動産は、地域密着型商業施設ブランド「SOCOLA」の開発を進めている。2020年6月30日、東京都小金井市で、武蔵小金井駅南口第2地区市街地再開発組合と協力して、複合商業施設「SOCOLA 武蔵小金井クロス」を開業した。(2020/7/10)

小売・流通アナリストの視点:
コロナ禍は、地権者だけが得をする「不労所得スパイラル」を食い止められるか
コロナで大打撃を受けている小売り・飲食業各社。その副次的影響として、今後は都市圏を中心とした家賃相場の値崩れもあり得る。筆者は、大家ではなく消費者本位のビジネスが加速するチャンスだと主張する。(2020/6/29)

「IKEA渋谷」2020年冬に開業 渋谷駅徒歩5分の都心型店舗
都心型店舗は「IKEA原宿」に次いで2店舗め。【10月29日 追記】(2020/6/16)

SOD初の配信先行単体レーベル「エモい女の子。」はファストAVのカウンターカルチャー? 狙いを聞いた
同レーベルのプロデューサー、アンチェイン雄一さんに狙いを聞きました。(2020/4/16)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIとドローンで在庫管理、シフト表を自動作成 知られざる小売業界のAI活用術
接客業務や在庫管理など、小売・サービス業に関する国内外のAI活用事例を紹介する。(2020/2/5)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
赤字に苦しんできたダイエーに“復活”の兆し 流通帝国の崩壊から黒字化までの道のりをたどる
再建途上のダイエーが黒字化しそうになっている。一大流通帝国を築いた道のりを振り返る。なぜ、今になって復活の光が見えてきたのか。(2020/1/15)

プロジェクト:
大和ハウス、大型商業施設「iias沖縄豊崎」の概要を発表
大和ハウス工業は、沖縄県の「美らSUNビーチ」前に開発する日本最南端の大型商業施設の名称を「iias(イーアス)沖縄豊崎」に決定し概要を発表した。県外観光客やインバウンドも視野に。(2020/1/10)

大掃除で思わぬ収入も:
大掃除で見つかる不要アイテムの「資産価値」は10万円!? フリマアプリ上で人気なブランドの取引単価も発表
大掃除で見つかる不用品に、意外な「資産価値」があるようだ。ラクマが調査したところ、ファッションアイテムのうち、大掃除で最も多く見つかる不要アイテムは「Tシャツ」だった。人気ブランドアイテムの平均取引単価も発表した。(2019/12/26)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(5):
鎖から蜘蛛の巣へ、「サプライウェブ」の世界が見えてきた
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第5回は、サプライチェーンマネジメントの進化の方向性となる「チェーン=鎖」から「ウェブ=クモの巣」へのトランスフォーメーションを取り上げる。「サプライウェブ」の世界とはどのようなものなのだろうか。(2019/12/23)

MBが語るアパレルビジネスの近未来【後編】:
キャッシュレス化で長財布はもうダサい!? ファッションプロデューサーMBが明かす「ファッションと時代」の意外な関係
人気ファッションプロデューサーがいるMB(エムビー)への独占インタビュー後編は、ファッションビジネスの変遷や最前線について、思う存分語ってもらった。(2019/11/23)

残業は希望制、ランチとドリンク無料――「働きやすい外資系企業」ランキング、Appleを抑えて上位だったIT系企業は?
オープンワークが「働きやすい外資系企業」のランキングを発表。IT系企業では、Apple Japanなどが上位に入った。3位だったブッキングドットコムジャパンは「残業は希望制で、ランチ、ドリンク、フルーツなどは無料で支給される」という。(2019/11/27)

ファーストネームで呼び合う文化:
働きやすい外資系企業ランキング 日本でも認知度が高い2社が1位に
オープンワークが発表した「働きやすい外資系企業ランキング」によると、1位はイケア・ジャパンとキャセイパシフィック航空だった。(2019/11/27)

ファッションブランド「アメリカンイーグル」が日本撤退 12月末に全店舗とオンラインストアをクローズ
ファストファッションはファーストリテイリングが独走。(2019/11/27)

MBが語るアパレルビジネスの近未来【前編】:
ユニクロが“1人勝ち”を続ける理由――そのヒントは「着物」にあった
近年は大量閉店や撤退が相次ぎ、苦境に立たされているアパレル業界の中で、過去最高益をたたき出し続け、“1人勝ち”を続けるユニクローー。「日本一ユニクロを買っているユニクロ研究家」を名乗る人気ファッションプロデューサーMBが、若者を中心に「おしゃれなもの」として定着したユニクロファッションの神髄を語る。(2019/11/23)

33店舗を段階的に閉店:
「アメリカンイーグル」年内に国内全店舗を閉店へ 背景にはユニクロの陰
「アメリカンイーグル」が2019年末までに国内全33店舗を閉店すると発表。12月18日から、段階的に閉店していくという。背景には日本市場の特異性やアメカジの不調など、さまざまな事情が絡み合う(2019/11/26)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(12):
低迷続くアパレル業界で急成長 売上高の拡大にこだわり「粉飾決算」に手を染めたレディースニット卸に学ぶ
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/11/23)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(4):
サプライチェーンマネジメントは新ステージへ、全体最適の範囲を拡張せよ
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第4回は、「全体最適の範囲の拡張」を目指す次世代のサプライチェーンマネジメントについて説明する。また、その成功例となる、ZARA、コマツ、ジョンディアのケースを見て行こう。(2019/11/19)

スマートリテール:
イオンモールがスマート化、「快適なカスタマージャーニー」をどう実現するのか
イオンモールは、「イオンモール幕張新都心」をパイロット店舗として、さまざまなデジタル機器を活用してショッピングセンターをスマート化する「スマートモール」の取り組みを進めている。この“スマート・イオンモール”の実証で効果を確認できたサービスは、順次国内で展開を広げていく方針だ。(2019/11/13)

既知とアイデアの組み合わせで市場を変えろ:
「Iの世界」の成長戦略 イノベーションを起こし、市場を変える
テクノロジーとビジネスモデルの両面からイノベーションを生み出す。(2019/11/12)

ハロウィーンの仮装もう決めた? 普段着でキャラクターを表現する「バウンドコーデ」のコツを聞いてみた
普段着の組み合わせでこんなにかわいいちょこっと仮装に!(2019/10/28)

上げるか下げるか「値決め」最前線:
なぜ赤字でも安売りするのか? 「失敗する値決め」と「成功する値決め」の違いに迫る
消費増税で「値決め」に関する各社のスタンスに違いが出た。担当者にとって悩ましいのが「値決め」の考え方。プロが4つのアプローチで解説する。(2019/10/7)

米FOREVER 21が破産申請 店舗数を減らして事業を継続
現地の予想通りチャプター11を申請。(2019/9/30)

「Forever21」が日本市場から撤退 10月末でECサイト・実店舗を閉店 ネットで別れを惜しむ声
「Forever21」運営元が、国内の全14店舗を10月31日に閉鎖すると発表した。ECサイトも同日までに閉鎖し、日本市場から完全に撤退する。ネットでは「寂しい」「好きだったのに」といった感想が飛び交い、9月25日午後には「Forever21」「フォーエバー21」がTwitterのトレンドに入った。(2019/9/25)

FOREVER21が日本完全撤退 10月末に全店舗とオンラインストアをクローズ
撤退までの期間は、全国の店舗とオンラインストアで最終セールを開催します。(2019/9/25)

「Forever21」が日本撤退を発表 店舗もECも閉鎖
(2019/9/25)

マザーハウス社長の山口絵理子が語る経営哲学――対立を越えて「よりよい解」を生み出す「サードウェイ」とは
マザーハウスの創設者である山口氏がこの夏、初の「ビジネス書」を刊行した。タイトルは「Third Way 第3の道のつくり方」。マザーハウス創業のきっかけにもなった同氏の経営哲学は、どのようなものなのか――。東京・六本木のアカデミーヒルズで行われた講演の内容を紹介する。(2019/9/24)

ニトリ、288品を値下げ 大型家具を最大20% 増税前の買い替え需要に対応
(2019/9/6)

ファストファッションのFOREVER 21が破産準備? 米国で報道
日本でも規模は縮小しています。(2019/8/29)

10月以降の対応:
H&M、増税後も価格据え置きで「実質値下げ」 ユニクロやしまむらの対応は?
H&Mが、10月の消費増税後も価格を変更しないと発表。「長期的なお客さまへの投資」が理由としている。H&Mは、前回の増税時にも同様の対応を取っている。ユニクロやしまむらなどは、今回の増税にどういった対応を取るのだろうか?(2019/8/28)

大前研一大いに吠える!【後編】:
大前研一が息子たちに施した「21世紀型教育」とは?――「先生の言うことを聞くのよ」と言ってはいけない
大前研一が勉強しない日本人について大いに吠える!(2019/8/9)

棚一つ分の小さな“本屋”が78軒集まったお店 シェアする本屋「ブックマンション」に行ってきた
お客さんに自分の“推し本”をプレゼンできる全く新しい古本屋!(2019/8/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。