ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「富士重工業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「富士重工業」に関する情報が集まったページです。

往復約350キロ:
EV界も韓流ブーム? 秀逸なデザインと充電性能 ヒョンデ「IONIQ5」試乗 
EV界にも韓流ブーム? 韓国ヒョンデの電気自動車(EV)「IONIQ5」を試乗する機会をもらって、東京・原宿から千葉・犬吠埼まで、往復約350キロのロングドライブを楽しんできた。(2022/5/20)

安全システム:
米国向け「BRZ」がIIHSの安全性テストで最高評価獲得、アイサイト標準装備が貢献
SUBARU(スバル)は2022年5月18日、米国向けの「BRZ」「フォレスター」が米国IIHS(Insurance Institute for Highway Safety、道路安全保険協会)の安全性評価で最高評価となる「トップセーフティピックプラス(TSP+)」を獲得したと発表した。(2022/5/19)

高根英幸 「クルマのミライ」:
Aピラー、Bピラー、クロスメンバー? クルマのボディ骨格に使われる構造の意味
クルマの解説には専門用語が多く使われる。中でもクルマのボディの各部分の名称は、独特なものがある。ボディの各部には、それぞれ役割が与えられているからだ。(2022/5/19)

自動車業界の1週間を振り返る:
体質改善を進める自動車メーカーの前に、資材価格のかつてない高騰が立ちはだかる
土曜日ですね。1週間おつかれさまでした。昨日(5月13日)から、高齢ドライバー向けの実車試験の運用がスタートしました。運転免許を更新する75歳以上の人で、直近の3年間に信号無視や速度超過など一定の違反があった人に、実車試験が義務付けられます。免許の有効期間が終わるまでの6カ月の間に、実車試験を受けなければなりません。(2022/5/14)

スバルがEVの新工場を建設 世界的なEVシフトが国内の生産体制にも波及
SUBARUが国内でEVの新工場を建設する。群馬県の大泉工場内にEV専用ラインを新設し、2027年以降の稼働を目指す。25年ごろには群馬県の矢島工場にガソリン車との混流ラインを設けて、EVの自社生産を始める。(2022/5/13)

電動化:
スバルが国内生産拠点に5年で2500億円投資、EV専用の生産ラインも検討中
SUBARU(スバル)は2022年5月12日、国内の生産体制の戦略的再編に5年間で2500億円を投資すると発表した。平時の設備投資に加えて、2024年3月期(2023年度)から電動車の生産にかかわる投資を本格化する。EV(電気自動車)への移行期に対応し、他のパワートレインの車両も生産できる柔軟な生産体制を構築するとともに、高効率な生産によってEVの事業性を向上させる。(2022/5/13)

電子ブックレット(オートモーティブ):
2022年注目のEV
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2022年に登場するEVに関する記事をまとめた「2022年注目のEV」をお送りします。(2022/5/9)

途中でバスを乗り換え! 引退間近の二階建て「エアロキング」と昭和の路線バス車両に乗れる延命支援ツアー開催
面白そうなツアーだ……!(2022/5/7)

「スバル車が集まる」「隣だと安心できる」 スバル、公式Twitterで「#SUBARU乗りの法則」を募集 スバリストたちからあるあるネタ続々
集まってるのよく見る気がする……。(2022/5/4)

自動車業界の1週間を振り返る:
全固体電池やLiDAR……自動車メーカーがコストよりも「足りない性能」に言及するとき
土曜日ですね。昨日からお休みの方、5月8日まで休みで10連休だという方、「みんなが休みのときこそ仕事」という方、皆さまおつかれさまです。連休直前や連休明けに稼働停止という自動車メーカーがあり、気をもんでいる方も多いかもしれません。(2022/4/30)

「bZ4X」プロトタイプを試乗して分かったトヨタの本気度
2022年5月に発売するトヨタの電動シリーズ「bZ」第一弾SUV。千葉・袖ヶ浦フォレストレースウェイで乗り味をチェックしてきました!(2022/4/29)

自動車メーカー生産動向:
日系乗用車メーカーの世界生産が8カ月ぶりに前年超え、本格回復はまだ遠い
日系乗用車メーカーが発表した2022年2月の生産台数では前年実績を上回る結果となったが、前年2月が半導体不足の本格化や福島沖地震の発生などにより低水準だったことが要因だ。(2022/4/27)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダの世界戦略車 CX-60全方位分析(2)
前回はCX-60を題材にマツダのラージプラットフォーム戦略の内、6気筒FRというレイアウトの狙いと、多種多様に及ぶ車種群をどうやってフレキシブルかつ、効率的に生産するのかについて解説した。今回はそのシステムの発展性について解説するところから始めよう。(2022/4/26)

SAP ERPユーザーFender「ギター爆売れ」の裏側で決行した「たった3日のERPクラウドリフト」
コロナ禍は在宅趣味に関わる市場にも大きな影響を与えた。2020年に過去最高のギター販売台数を記録したギターメーカーFenderはこの状況に対応すべく、たった3日でSAP ERPをクラウドにリプレースした。(2022/4/22)

「パワー!!」「筋肉番付で5台クルマもらった」 なかやまきんに君の意外な愛車遍歴にびっくり
ちっちゃーいsmart、筋肉留学時代はFJクルーザー!(2022/4/20)

オートモビルカウンシル2022:
数千万円クラスは当たり前……? 高級クラシックカーの価格を「オートモビルカウンシル2022」で調査
思わず「うわっ……」と声が出てしまいそう。(2022/4/18)

千葉で見本市:
ランボルギーニや初代シビック スーパーカーブームを牽引した名車が集結
往年の名車を中心にした自動車の見本市「オートモービル カウンシル2022」が17日までの3日間、千葉市美浜区の幕張メッセで開催された。(2022/4/17)

電気自動車:
スバル「ソルテラ」の販売目標は月販150台、最上級モデルは682万円
SUBARU(スバル)は2022年4月14日、新型EV(電気自動車)「SOLTERRA(ソルテラ)」の価格を発表した。(2022/4/15)

スバルの新型BEV「ソルテラ」は“購入可能” 594万円から
スバルは4月14日、新型BEV「ソルテラ」の国内価格を発表した。1モーターの最廉価モデルで594万円から。上位グレードの価格は682万円とした。(2022/4/14)

ふっくらハムスターたちがお皿の上でゴロゴロ 立体的な「ジャンガリアンのクッキー」がかわいすぎて食べられない
きゃわわ!(2022/4/14)

しまむらグループのアベイルから「星のカービィ」30周年記念グッズ登場 Tシャツやキャップ、タオルにルームマットなど
カービィがいっぱい描かれた総柄シャツも。(2022/4/13)

Ankerから初のオーディオグラス登場 1万9990円でPCメガネタイプとサングラスタイプの2種類
耳をふさがずに音楽が楽しめるのが特徴。(2022/4/13)

「森永の焼プリン」がアイスになるぞ! サンドアイスになって数量限定で発売
カスタードアイスをカラメル味のクッキーでサンド。(2022/4/13)

本物にしか見えない! 3Dプリンター製の巨大オレオの小物入れがおいしそうでかわいい
クッキー部分をひねると開きます。(2022/4/13)

文教堂書店赤坂店が6月で閉店へ 赤坂駅周辺から書店が(ほぼ)なくなる事態に
再開発に伴うビルの建て替えのため。(2022/4/13)

この画像の中に猫が隠れています 見つかるとスッキリなクイズに「わからん」「手こずった」
かわいいニャンコがいるよ。(2022/4/13)

ネコをはべらせればどんな悪役も「実はいい人」に!? ネコのミニチュアの天才的な使い方が話題
ほほえむサノスとめっちゃ合う。(2022/4/13)

夫の誕生日にだけ開店する“おうち居酒屋”が本格的 メニューが豊富でテンションあがる!
これが大人の誕生日パーティ。(2022/4/13)

ゲーム実況者「ねこくん!」逮捕を受け、チームメンバーらがコメント 「反省して帰ってくるのを待つ」「悲しいです」
悲しむファンの声も上がっています。(2022/4/13)

ロッテ「推しガム総選挙」開催 参加者には没フレーバー「納豆」「唐揚げ」「ナポリタン」が当たる!
納豆ガム気になる〜!(2022/4/13)

VRアバターはビデオチャットより素の自分が出せる 東京都市大学などの研究で判明
VRアバターの会議もこれからどんどん増えてくるかも?(2022/4/13)

ウメハラ散歩配信に『ハイスコアガール』作者がサインを持って乱入 心温まる凸に「すごすぎる」「配信見てから余裕」
これは驚く……!(2022/4/13)

総務省が「携帯電話ポータルサイト」をリニューアル 携帯キャリアのサイトにありそうな優しいデザインになった……!
祖父母に見せたい。(2022/4/13)

アニメ「七星のスバル」公式サイト乗っ取りか 不適切画像が掲載された状態に
TBSに問い合わせました。(2022/4/12)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜ高級車はFRレイアウトなのか? その独特の乗り味とは
マツダがFRの新しいラージ群プラットフォームを採用したSUV、CX-60を発表した。「時代に逆行している」という意見と共に、登場を歓迎するコメントも少なくなく、セダンに対する期待も溢れている。では、今回のポイントの1つであるFRとはいったい何なのだろうか?(2022/4/12)

年金が破綻したらどうなる? 1円ももらえないの? FPさんに聞いてみた
年金についての素朴な疑問をFPさんに聞いてみる不定期連載(第1回)(2022/4/13)

自動車メーカー生産動向:
オミクロン株が新車生産に与えた影響を振り返る
日系乗用車メーカー8社合計の2022年1月のグローバル生産台数は、前年同月比9.8%減の191万6510台と7カ月連続で前年実績を下回った。東南アジアに端を発した世界的なサプライチェーンの混乱が一段落し、10月、11月と回復基調を示していたものの、年明けからオミクロン株の感染が急速に広まったことで部品調達に支障をきたし、1月は再度マイナス幅が拡大した。(2022/3/28)

電気自動車:
三菱自とDeNAで商用EVのコネクテッドサービス、メーカーや車種の違いを吸収
三菱自とDeNAで商用EVのコネクテッドサービス、メーカーや車種の違いを吸収(2022/3/24)

ロシア在住の日本人YouTuberが伝える現地情報がリアル 「みんな、手元の現金を車に変えてる」
森さん夫妻の生活に大きな変化はないようですが……対応対策を様々に進め、覚悟も決めている、とのことです。(2022/3/11)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
軽自動車EVに再挑戦する日産・三菱の勝算
近々、日産と三菱自動車から、軽自動車のEVが発売される予定です。ただし、軽自動車規格のEVは、なにも今回が世界初というわけではありません。(2022/3/7)

スバル、SAP ERPでビジネス環境の変化に対応する経営基盤を構築
スバルは「SAP S/4 HANA Cloud」をはじめとするSAPソリューションを導入し、経営基盤を刷新。経理/税務の品質向上やリスク低減、業務負荷削減などの効果が出ているという。(2022/3/3)

まさかのシザーズドア メカメカしくてイケイケ感がすごいトヨタ「86」が海外で話題に
こんな86、見たことない……!(2022/2/26)

ホンダ「S2000」を脱ガソリン仕様に!? テスラのパワーユニットを移植したカスタムカーがすごい
フロントグリルはフォルクスワーゲンを意識して作り直しました。(2022/2/25)

自動車メーカー生産動向:
2021年のグローバル生産を足止め、半導体不足、部品供給や物流の混乱
2021年の自動車産業は、経済回復による旺盛な自動車需要に対して、半導体不足や東南アジアからの部品供給難、物流の混乱などが足止めする格好となった。このため、2021年の日系乗用車メーカー8社合計の世界生産は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大で相次いで生産停止を余儀なくされた2020年と比べてもわずかなプラスにとどまる結果となった。(2022/2/24)

事前商談、既に開始 2022年ミニバン大注目モデル「新型ステップワゴン」商談レポート
5月に正式発表、発売予定の2022年の注目ミニバン「新型ステップワゴン」。実は事前商談がもう始まっています。ホンダ販売店を訪問して分かった気になる価格は……?(2022/2/20)

車大手3社が増益 4〜12月期 通期は原材料高に懸念
自動車大手7社の令和3年4〜12月期連結決算が10日、出そろった。(2022/2/14)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
【自動車メーカー7社決算】ものづくりのターニングポイントがやってきた
内自動車メーカーの第3四半期決算が出揃った。しかし、今年の第3四半期決算は少し趣が違う。どう違うかを解説する前に、まず第2四半期までの状況を振り返っておこう。(2022/2/14)

電気自動車:
現代自動車がEVとFCVで日本再参入、アリアbZ4Xソルテラの競合モデルを展開
Hyundai Motor(現代自動車、ヒョンデ)は2022年2月8日、乗用車で日本に再参入すると発表した。同社は2009年12月に日本の乗用車市場から撤退していた。2022年5月から電気自動車(EV)「IONIQ 5」(アイオニック5)と燃料電池車(FCV)「NEXO」(ネッソ)の受注を開始し、同年7月から納車する。(2022/2/9)

MONOist 2022年展望:
2022年は国産ドローン元年となるか、目視外飛行可能なレベル4に向け急発進
2020年9月の政府調達方針の変更を受け、2021年は国産ドローンの市場投入に向けたさまざまな活動が活発に展開された。年度内にドローンの目視外飛行可能なレベル4の法整備も行われる予定の2022年は、国産ドローン元年となるのだろうか。(2022/1/31)

MONOist 2022年展望:
システムが担う運転の「認知」「判断」「操作」、深化と普及が進む
レベル3の自動運転システムが世界で初めて製品化され、ハンズオフ機能が広がり始めた2021年に対し、2022年以降は、高度なADASやレベル3の自動運転の普及と競争が一層進みそうです。(2022/1/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。