ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「Fire Eagle」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Fire Eagle」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Google、ソーシャル技術の新興企業Angstroを買収
Googleが、Zingaへの投資、SlideやJamboolの買収に続けて、ソーシャル情報サービスのAngstroを買収した。Facebook対抗ソーシャルサービスの準備が加速しているようだ。(2010/8/30)

「巨額の現金」が用意されれば:
米Yahoo!のバーツCEO、Microsoftに検索部門を売却する可能性を示唆
バーツCEOはインタビューに答え、Microsoftへの身売りの可能性やCEO就任にまつわるジェリー・ヤン前CEOとのエピソードなどを語った。(2009/5/28)

日本語の地名にも対応:
米Yahoo!、Webコンテンツに位置情報を付加できるAPI「Placemaker」リリース
Yahoo!は、Webコンテンツ内のテキストの地名やジオタグを抽出し、位置情報を返すサービス「Placemaker」を発表した。(2009/5/21)

米Yahoo!、FacebookとFirefox向け位置情報サービスを発表
「Fire Eagle」を利用したFacebookアプリ「Friends on Fire」では、地図に表示した友達とメッセージ交換できる。(2009/3/14)

海外ダイジェスト(2月21日)
MySpace MusicがU2のニューアルバムを発売前にストリーミング配信、SCEAがプレイステーション事業を中南米に拡大、など。(2009/2/21)

米Yahoo!、位置情報プラットフォーム「Fire Eagle」を公開
Fire Eagleでは、ユーザーは自分の位置情報をWeb上で共有でき、開発者はその情報を利用して友人や店を探すサービスなどを開発できる。(2008/8/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。