ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「富士通ソフトウェアテクノロジーズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「富士通ソフトウェアテクノロジーズ」に関する情報が集まったページです。

「ウオーターフォールはまるで遠洋漁業」:
富士通ソフトウェアテクノロジーズが7年続けたウオーターフォールを辞めた理由
7年に渡ってウオーターフォール型で開発してきたプロジェクトでアジャイルを採用した富士通ソフトウェアテクノロジーズ。成功を収めたポイントはどこにあったのだろうか。(2019/8/13)

ET2014:
マイクロソフトは「Windows Embedded」「Azure」をパートナーとアピール
マイクロソフトはパシフィコ横浜で開催されている「Embedded Technology 2014/組込み総合技術展」に出展し、パートナー各社と共同で組み込み用OS「Windows Embedded」シリーズとクラウドサービス「Microsoft Azure」を紹介した。(2014/11/19)

ESEC2014 速報:
遠隔操作を低負荷で実現する「インテリジェント・リモートKVM」
東京エレクトロン デバイスは「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」(会期:2014年5月14〜16日)の日本マイクロソフトブースに出展。対象機器の画面出力をキャプチャーし、USBでのリモート操作を可能にする「インテリジェント・リモートKVM」の展示デモを披露した。(2014/5/16)

「ET2013」展示会場リポート:
「M2M」「IoT」「クラウド」――“つながる技術”が切り開く組み込みの未来
2013年11月20〜22日の3日間、パシフィコ横浜において恒例の組み込み関連イベント「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展(ET2013)」が開催された。本稿では、多数のブースの中から“これからの組み込み技術”という視点でピックアップした展示デモの内容を紹介する。(2013/12/4)

組み込みイベントリポート【ESEC2013】:
「サービス中心のモノづくりへ」――ビッグデータから“ビッグバリュー”をつかむアプローチ
上半期最大規模の組み込み技術の祭典「組込みシステム開発技術展(ESEC)」が2013年5月8〜10日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。本稿では展示会場リポート第1弾として、「インテリジェントシステム」への取り組みに注力するインテルと日本マイクロソフトのブースを紹介する。(2013/5/15)

国内初のBSPと一括サポートで:
TED、Zynq-7000 AP SoC+WEC7環境の構築・開発を支援
東京エレクトロン デバイスは、ザイリンクスのZynq-7000 All Programmable SoC デバイスを搭載したリファレンスボードのハードウェアサポートから、OS(Windows Embedded Compact 7)実装のためのソフトウェアサポートまでをセットで提供する「Zynq All Programmable SoC ソフトウェアサービス for Windows Embedded」を開始する。(2013/3/28)

ホワイトペーパー:
Trend Micro Deep Security7.5性能検証報告書(不正プログラム対策編)
想化・VDI環境において、VMware vShield Endpointと連携したセキュリティソリューション”Trend Micro Deep Security7.5”のエージェントレス不正プログラム対策(ウイルス対策)機能において、実際に仮想化環境にどれだけの負荷・影響を及ぼすかを検証した結果です。(2013/1/24)

ET2012 展示会場リポート:
IT・家電ジャーナリストが見た、次世代の“スマート家電”を担う最先端技術
2012年11月14〜16日の3日間、下半期最大規模の組み込み関連技術イベント「Embedded Technology 2012/組込み総合技術展(ET2012)」がパシフィコ横浜で開催された。本稿では、今後、家電製品に搭載されていくとみられる最先端技術や、身近に触れる機会のありそうな最新ソリューションなどを多数の写真を交えて紹介する。(2012/12/3)

ET2012 開催直前情報:
Windows Embeddedで実現するインテリジェント システムの優位性をアピール
「Embedded Technology 2012」における日本マイクロソフトのテーマは「インテリジェント システム」だ。多くのパートナー各社とともにWindows Embeddedで構築されたインテリジェント システムを訴求する。さらに、Windows 8搭載デバイスの展示や講演/セミナーにも注目したい。(2012/11/2)

ET2010 Windows Embeddedレポート:
パートナー15社が集結、Windows Embedded百花繚乱
「Windows Embedded」ブランドを前面に掲げ、「組込み総合技術展 Embedded Technology 2010」に出展したマイクロソフト。15社ものパートナーが集い、注目の「Windows Embedded Compact 7」「Windows Embedded Automotive 7」関連の展示デモや、各種ソリューション、多数の採用事例が披露された。(編集部)(2010/12/22)

富士通ソフトウェアがBCPサービスを強化、システムの運用継続性を支援
富士通ソフトウェアとファルコンストアが提携し、中規模システムの運用継続性を支援する取り組みを始めた。(2010/6/23)

組み込みイベントレポート:
Androidビジネスの足音が聞こえた!!
注目のAndroidや組み込みデバイスとして勢いづくFPGAなど、ET会場を回って印象に残ったベンダの取り組み・技術動向を紹介する。(2009/12/3)

Androidがもたらす組み込み開発の新たな可能性(1):
Androidが組み込みで注目される3つの理由
携帯電話向けプラットフォーム「Android」。実は、ケータイ分野以外の組み込みデバイス開発でも注目を集めている!!(2009/7/27)

静的解析ツール「PGRelief Java 2009」
Javaアプリの効率開発はコーディング工程の解析ツール活用から
組み込み分野で700社を超える導入実績を持つ静的解析ツール「PGRelief」のJava版が新登場した。Javaアプリケーションの品質を確保するための武器となる。(2009/7/13)

進化の分岐点を迎えるカーナビ
カーナビが進化の分岐点を迎えている。2006年以降、PNDがナビゲーション機器市場の急拡大をけん引し、携帯電話機のナビゲーション機能も大幅に性能が向上した。こうした動きを受けて、組み込み型カーナビにも変化が求められている。本稿では、まずカーナビ開発の歴史と現在の市場の状況をまとめる。その上で、次世代カーナビ用の最新プロセッサ/リアルタイムOSの動向を紹介する。(2009/7/1)

ESEC 2009:
見えてきた!? ケータイ以外でのAndroidの適用例
組み込み関連の展示会「ESEC2009」で、来場者の興味を引き付けていたのが「Android」の存在だ。話題の携帯電話向けのソフトウェア・プラットフォームだが、いま“非ケータイ分野”でもその可能性に大きな期待が寄せられている。(2009/5/21)

リリースダイジェスト(5月12日)
ウェブテクノロジが携帯Flashジェネレーター「OPTFlash」を提供、富士通ソフトウェアテクノロジーズがAndroid採用のデジタルフォトフレーム開発、など。(2009/5/12)

Androidを活用した機器開発をサポート――富士通ソフトウェアテクノロジーズ
(2009/1/30)

組み込み技術:
用途は携帯電話機だけでない、組み込み機器に向くAndroid
2008年11月19〜21日に横浜で、組み込み機器の開発者やソフトウェア・エンジニアに向けた展示会「組込み総合技術展 2008」が開催された。なかでも、OHA(Open Handset Alliance)が提供するソフトウェア「Android」に関する出展が多く、来場者の注目を集めていた。(2008/12/15)

CEATEC JAPAN 2008:
モバイルの“おいしいところ”集めました――モバイルコンピューティングPLAZA
CEATEC JAPAN 2008のモバイルコンピューティングPLAZAでは、国内メーカーのNetbookやモバイルPC、国内未発売のMIDなど、注目製品がめじろ押しだ。(2008/10/1)

ホワイトペーパー:
企業内SNSが組織を変える! 情報共有から創発へ、組織力アップの秘密
本当の組織力とは? 組織の潜在能力を引き出すポイントは? 企業内でSNSを利用する意味とは? 組織力アップをテーマに、企業内SNSに最適化された製品のコンセプトを機能解説を交えながら紹介(提供:富士通ソフトウェアテクノロジーズ)。(2008/9/10)

もう大丈夫、あなたを救う「うつ対策119番」:
メンタルヘルスの社内教育
ここ数年、メンタルヘルスへの取り組みは企業の大きな課題となっている。各企業でさまざまな対策が取られてはいるものの、過重労働や職場の人間関係などのストレスにより、うつになる人があとを断たない。この現状を改善するために総務ができることとは? 改めて考えてみよう。(2008/5/21)

Android対応も考える――富士通が組み込みソフト「Inspirium」を強化
富士通は、組み込み向けミドルウェア「Inspirium」で、ブラウザ表示や音声合成、著作権保護機能を向上させた製品を発売。GoogleのAndroidについても言及した。(2007/11/8)

ホワイトペーパー:
C/C++向け静的解析ツールの運用法
ソフトウェアのわずかなバグですら、機器の動作に大きな影響を及ぼす可能性を持っている。そのため、ソフトウェアの信頼性確保は必須だ。ここでは、高品質なソフトウェア開発に必須の静的解析ツールを紹介する。(2007/7/18)

富士通ソフトウェアテクノロジーズ、静的解析ツールの新バージョンを発売
富士通ソフトウェアテクノロジーズは、C/C++ソースプログラム向け静的解析ツールの新バージョン「PGRelief 2007」を発売した。(2007/5/9)

ソフィア、W-SIM対応端末の開発プラットフォームを製品化
これさえあれば、誰でもW-SIM対応端末が開発できる!?――ソフィアシステムズが8月に発売する「Sandgate WP」は、W-SIM端末の開発を簡単にするプラットフォームだ。(2006/6/26)

マイクロソフト、ISVやSI向けにOracleからSQL Serverへの移行支援ラボを開設
マイクロソフトは、Oracle DatabaseをベースとしたパッケージやソリューションのSQL Server 2005への移行を支援する「Oracle マイグレーションラボ」を開設した。(2006/6/19)

アスキーソリューションズ、検疫アプライアンス「iBricks PC」を発売
アスキーソリューションズは富士通ソフトウェアテクノロジーズと共同で、検疫ネットワークを実現する「iBricks PC検疫装置」「iBricks PC遮断装置」を開発した。(2006/4/18)

非対応サイトからもRSS自動生成 富士通系2社が新システム
(2006/4/17)

FST、Webアクセスログ解析を支援する新サービス
FSTとプロトンは、Webアクセスログ解析分野で業務提携すると発表した。プロトンのWebアクセスログ解析ソフト「Urchin」の導入支援サービスおよび解析支援サービスをFSTが提供する。(2006/2/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。