ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フルボッコ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フルボッコ」に関する情報が集まったページです。

ものになるモノ、ならないモノ(84):
「真のP2Pを実現した完全な水平分散型社会」を目指すNeukindの未来は、Libraか? Winnyか?
2018年8月創業のブロックチェーン関連のスタートアップ「Neukind」は「ブロックチェーンの本質を追究し、そこにどのようなビジネスモデルを構築できるのかを模索している」という。その真意を探った。(2019/11/15)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
Appleは訴えたのにAMDは見逃し、GLOBALFOUNDRIESによるTSMC提訴の背景
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2019年8月の業界動向の振り返りとして、GLOBALFOUNDRIESによるTSMCおよび顧客企業への訴訟とその背景を考察する。(2019/9/12)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
完敗としか言いようがない日産の決算
ズタズタの決算内容だった日産。一つの要因は、北米で販売促進費用(インセンティブ)をつぎ込んで売り上げを伸ばそうとしたことにあるのではないか。対策として、22年にはモデルラインアップの半数を電動化車両にするというがバッテリー供給は大丈夫か。20車種の新型を出すというのも、短期間で作られる新車は大丈夫なのか?(2019/5/20)

PR:そんなコラボで大丈夫か? 伝説のゲーム「エルシャダイ」、令和の時代になって最新ゲームとまさかのコラボ
神は言っている……懐かしのPVも再現されていると。(2019/5/16)

緊迫。同じ少年に恋する二人の少女がついに出会ってしまった 「ハイスコアガール」11話
家出少女、ゲーセンに入り浸る。(2018/9/22)

彼女はおしゃべりしながら俺にフルコン入れてきてつらい 「ハイスコアガール」10話
少女を強くしたのは、恋心。(2018/9/15)

レゴで水陸両用MSの名機「ハイゴッグ」を製作 柔軟な両腕やハンドミサイルまで再現する技術に絶賛の声
あの丸みを帯びたフォルムを、よくぞレゴでここまで。(2018/4/4)

「ロボットガールズ」新プロジェクトが始動 新作アニメとクラウドファンディングの2本立てだゼーーーーット!
アニメは2018年夏配信、フルボッコな返礼プランを用意。(2018/3/22)

スピン経済の歩き方:
なぜ日本のおじさんは、貴乃花親方にイラついてしまうのか
貴乃花親方が「おじさん」から叩かれている。「理事のくせに協会に協力しないのは組織人失格」「改革したいからって、飲み屋のケンカを大騒ぎしすぎだ」といった主張を聞いていると、筆者の窪田氏は「何かに似ているな」と感じたという。それが何かというと……。(2017/12/5)

あのキャラに花束を:
溢れ出るやばみ 「賭ケグルイ」蛇喰夢子が、1回の勝負に人生を賭けて、滾ってしまいますわー!
正義でも悪でもない欲望のヒロイン降臨。(2017/7/22)

日本の昔話を栗原正尚、中川ホメオパシーが好き勝手にリメークした「パネェ日本昔話」が頭おかしい(褒め言葉)
上等な童話にハチミツをブチまけるがごとき思想!!(2017/3/27)

「レビュー主の母です」Amazonレビューに母降臨 料理下手をフライパンのせいにした息子のレビューを星5つに訂正させる
まさかの展開。(2017/3/10)

お前らサメ映画大好きだな!? 「シャークネード」過去3作品を30(サメ)時間ループ上映&最新作はフォースが覚醒
もう4本目かよ!(2016/11/12)

スピン経済の歩き方:
電力切り替えのテレビCMは、なぜ「ふわっ」としたものが多いのか
2016年4月、電力自由化がスタートした。新電力会社として660以上の事業者が登録し、各社はCM合戦を繰り広げているが、なぜか「ふわっ」とした内容のものが多い。その理由について、筆者の窪田氏は……。(2016/4/5)

PS Vita用ソフト「UPPERS (アッパーズ)」、“予約数が思っていたより伸びなかった”ため発売延期
「この作品が持つパワー・可能性をもっと信じたい」とのこと。(2016/2/24)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
フジテレビの年末・総合格闘技イベントは本当に「大健闘」だったのか
昨年末、フジテレビの全面バックアップによって、総合格闘技『RIZIN』が開催された。視聴率は7.3%。実行委員長はTwitterで「皆さんのおかげで大健闘の数字を頂けました」とツイートしているが、本当に“大健闘”と言えるのだろうか。(2016/1/14)

スピン経済の歩き方:
安倍さんが憲法違反をした理由は、米国が“親会社”だから
安全保障関連法案が衆院本会議で、自民・公明両党などの賛成多数で可決された。メディアはこぞって「法案に反対する人たち」の声を紹介しているが、筆者の窪田氏はこうした反対報道にしっくりこないという。その理由は……。(2015/7/21)

50歳、今が一番“強い”です――インフォバーン代表 小林弘人さん
各界で活躍し「周りが放っておかない人」に生活習慣や健康のコツを聞く本連載。今回登場していただいたのは、5年前から格闘技を始めたという小林弘人さんです。(2015/6/3)

ムエタイの女子チャンピオンが素人のフリしてムエタイジムに潜入 コーチをフルボッコにするドッキリが鬼畜すぎる
「ほらほら、ここにパンチしてごらん?」「オラアアアア!」。(2015/5/31)

スピン経済の歩き方:
アシアナ航空の謝罪会見が遅かった背景に「3つの要素」
アシアナ航空162便が広島空港で着陸を失敗して、乗員乗客27名が負傷するという事故が起きた。アシアナ航空側の「広報対応」があまりにも遅いが、筆者の窪田氏は「その背景には3つの要素がある」という。それは……。(2015/4/21)

中国産「パクリ自動車」にドイツ人男性の怒りが爆発 最後は車が物理的に爆発
ポンコツ自動車をフルボッコに。(2014/11/20)

マイク・タイソンがゲーム「マイクタイソン・パンチアウト!!」で自分と対戦 フルボッコにされる
タイソンさんに勝つとかさすがタイソンさん。(2014/10/30)

ヨッピーさんインタビュー:
BUZZNEWSが記事の盗用で謝罪、和解金支払いへ バイラルメディアを追い詰めたライターの執念と戦略
ヨッピーさんはどうやってBUZZNEWSを追い詰めたのか?(2014/10/28)

追突してきた車にケンカ売ったらとんでもない連中が降りてきてフルボッコにされた件
おそロシア。(2014/9/9)

窪田順生の時事日想:
渡辺代表の「8億円借金問題」と、官僚の黄金時代がやって来る日
渡辺善美・みんなの党代表が「DHC吉田会長からの8億円借金問題」で叩かれている。「政治とカネ」の問題が出るたびにいろいろと文句を言っていたご意見番に対し、永田町周りではさまざまな陰謀説が持ち上がっている。それは……。(2014/4/1)

窪田順生の時事日想:
「アンネの日記」事件と「従軍慰安婦」のビミョーな関係
『アンネの日記』のページを破っていた、として36歳の男が逮捕された。なぜこの男は国際社会から非難されるようなことをしたのか。筆者の窪田氏は「犯人」の男に真意を聞いてみたいという。というのも、過去にもよく似た事件があったからだ。それは……。(2014/3/18)

いまいち萌えない娘、アニメ「ロボットガールズZ」に出演決定!
なお、フルボッコにされるもよう。(2013/11/13)

漫画家・岡部閏先生「ポケモン」でフルボッコにされ炎上、ポケモン引退へ? → 編集部から呼び出しを食らう
岡部先生なにしてるんですか……。(2013/8/27)

【男性閲覧注意】自分の股間をフルボッコにするビックリ人間がYouTubeで活躍中
男らしすぎて男じゃなくなってしまう危険が。(2013/3/7)

そろそろ脳内ビジネスの話をしようか:
女子大生の学費支援サイトは、“極悪なサービス”だったのか
世の中にファンドサイトというのは多く存在します。なぜ今回、学生支援のstudygiftが開設後わずか11日でクローズしたのか。複数のサービス開発にかかわってきた経験から考察してみました。(2012/6/7)

津田大介×鈴木謙介、3.11後のメディアと若者(7):
なぜ若者はクルマから離れていったのか
若い世代の間で“クルマ離れ”が進んでいる。クルマを買わないどころか、免許すら持っていない人も少なくない。なぜ若者はクルマに興味を示さなくなったのだろうか。ジャーナリストの津田大介氏と社会学者の鈴木謙介氏が語り合った。(2011/12/23)

「『真・三國無双オンライン 〜蒼天乱舞〜』GMと行く生特務!」の復習です
4月26日午後9時から開催した約1時間の生放送の様子をお伝えします。どうやら自称呂布がえらいことになったようです。(2011/4/28)

PR:フルボッコ系FPSバレットストームのマルチプレイはアメリカンなパーティーゲーム!?
2月24日に発売された「バレットストーム」、白熱の4人マルチプレイ「アナーキー」モードについて説明していく。(2011/3/7)

PR:新感覚フルボッコ系FPSを体験せよ!! 「バレットストーム」シングル編レビュー
今までのFPSとはひと味違った斬新なアクション要素と強烈なキャラクターの個性で発売前から大きな話題を集めている「バレットストーム」が2011年2月24日についに発売される。今回は気になるシングルプレイについてレビューをお届けする。(2011/2/23)

フルボッコ系FPSってどういうこと?:
PR:ケリを入れてぶっ飛ばせ! E3 2010で注目を集めた新感覚FPS「バレットストーム」
「Unreal Tournament」シリーズや「Gears of War」シリーズでおなじみのEpic Gamesと、「Painkiller」を手がけたPeople Can Flyがタッグを組んで贈る新作FPS「バレットストーム」が2011年2月24日、マルチプラットフォームで発売される。今回、そのストーリーやシステムを中心に紹介していく。(2011/1/17)

EA、フルボッコ系FSPエンタテインメント「バレットストーム」公式サイト開設
海外版で収録されている特典アイテムを入手できるコードを、PS3、Xbox 360版、PC版の通常版パッケージに同梱される。(2011/1/14)

「ファイナルファンタジーXIV」リポート:
「FF XIV」では森の精霊に荒野のパレードも楽しめる!?――未公開のスタート都市を先行体験してきました
現在βテストが開催されているMMORPG「FF XIV」。選択できるスタート都市は現状1カ所だが、製品版では3カ所から選択可能。その、残りの2都市の先行体験リポートをお届けする。(2010/8/17)

日々是遊戯:
「空気を読む」ということを知らなかったばかりに、彼女とXbox 360を同時に失ってしまった彼氏
ゲーマーたるもの、誰かと一緒にゲームをする時にはちゃんと、自分だけでなく「相手も」楽しめるプレイを心がけましょう。さもないと……。(2010/4/2)

日々是遊戯:
ウッズ逃げてぇー! 「タイガー・ウッズ不倫騒動」ゲームがさっそく登場
ここのところ連日のように報じられている、タイガー・ウッズ選手の不倫騒動。そんな中、やっぱりこの騒動を題材としたFLASHゲームが登場しました。(2009/12/10)

初音ミクの2歳の誕生日にsupercell、ika&MOSAIC.WAV、チームMOERらが集結! ミクFes09(夏)ライブリポート
初音ミクの2歳の誕生日を祝うべく、ミクFes09(夏)が開催された。当日はsupercell、チームMOER、livetune、デッドボールP、鶴田加茂(ika)&MOSAIC.WAVといった初音ミクサウンドのトップランカーが大集合! 夢のような一夜となったライブをリポートする。(2009/9/3)

ラブラブへの道は遠かった……!? がんばるネカマの「ルーセントハート」体験記(後編)
なぜか「ルーセントハート」でネカマプレイをすることになってしまった筆者。前回、ついに念願の「ほしとも」と出会うことに成功したものの……?(2009/4/3)

「ぶっぱなすわ自演砲♪」――長島☆自演乙選手の入場テーマをモモーイが制作、CD化
コスプレ入場で知られる格闘家の長島☆自演乙選手のテーマソングのCDが発売される。長島選手が「神」とあがめるモモーイが、作詞・作曲し、歌う。(2009/3/25)

「wktkが止まらない」 自演乙選手、ファン投票1位で「K-1 MAX」世界戦へ
「wktkが止まらない」――あの長島☆自演乙選手が、K-1MAXの世界トーナメントに出場する。ネットのファン投票でダントツ1位を獲得し、日本人推薦枠に選ばれた。(2009/3/13)

オンラインゲーム最新イベント情報:
“メロン王子”からの課題
メロン王子からメールが届いた。どうやら謎かけのようだ。(2009/3/12)

「龍が如く 見参!」レビュー:
今度の舞台は江戸時代!――極道から剣豪へと大きく変わった最新作が登場
いまだに映画やオリジナルビデオで、不動の人気を誇る任侠モノ。その任侠の世界をどっぷりと楽しめるのが、ご存じ「龍が如く」シリーズだ。が、その最新作は任侠の世界から離れ、なにやら剣豪を題材にしたモノに生まれ変わったという。時代劇風になった「龍が如く」はいったいどんなゲームになったのか、さっそく遊んでみました。(2008/3/14)

こんな言葉も流行りました 07年ネット用語大全
「スイーツ(笑)」「ずっと俺のターン」「自重」――07年に流行したネット用語を、はてなダイアリーキーワードのアクセス上位から40ピックアップした。(2007/12/28)

New Generation Chronicle:
井上恭輔――電子工作より生まれし巫女萌えバイナリアン
ソフトウェアとハードウェアの両方に精通し、世の中を変革しようと牙を研ぐバイナリアンたちを紹介していく「New Generation Chronicle:バイナリアンスレッド」。第1回は、スーパークリエータの井上恭輔さん。普段は羨望(せんぼう)のまなざしで見られることの多い彼の真の姿に迫る。(2007/12/26)

「アサヒる」「初音ミク」「ローゼン麻生」、現代用語の基礎知識に
「『アベする』は流行っていたので流行語大賞に」という声が一部にあった一方、とりあえず「アサヒる」が「現代用語の基礎知識」入り。「初音ミク」や「ググレカス」などおなじみの言葉も(2007/11/14)

旅行する時間がないので、「PGR4」で世界一周気分を味わってみた
Xbox 360を代表するレースゲーム「PGR 4 - プロジェクト ゴッサム レーシング 4 -」。シリーズ最新作が発売されて数日――コースである街の作り込みがハンパない本作を使って、観光気分でレースを楽しんでみました。(2007/11/5)

お姉ちゃん、それは革新的すぎです――「お姉チャンバラ Revolution」
ディースリー・パブリッシャーが東京ゲームショウ2007で発表したWii用アクション「お姉チャンバラR(仮)」の正式タイトルが明かされた。本作もお姉ちゃんは、肌もあらわにゾンビを斬り捨て御免!(2007/10/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。