ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「FUNimation Entertainment」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「FUNimation Entertainment」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

放送中止になったTOKYO MX「異種族レビュアーズ」の枠が“船旅番組”で令和に「Nice boat.」再び 「絶対狙ってるだろMX」
「芸術の都ロシア・バレエ歴史堪能クルーズ」をお楽しみください。(2020/2/7)

テレビアニメ「異種族レビュアーズ」今後のTOKYO MXでの放送が「編成上の都合により」中止に  フォーエバー、レビュアーズ……
うん、まあ、ね。【追記】(2020/2/7)

アニメ「異種族レビュアーズ」北米版が配信サイトから削除される 理由は「基準から外れたため」「削除することがもっとも敬意ある選択」
ムチャしやがって……。(2020/2/1)

ビリビリとファニメーションがアニメ分野での業務提携を発表 中国とアメリカでアニメ配信の強力タッグ
中国のビリビリと米国のファニメーション。(2019/3/25)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
発売中止の作品まで…… アニメの“円盤”は消滅するのか?
アニメのBlu-rayやDVDの売り上げが減少している。動画配信サービスの普及が要因。ただ配信終了した作品は見れなくなるため揺り戻しの可能性も。(2018/11/13)

ソニー、米アニメ配給会社を買収 「ドラゴンボールZ」などライセンス保有
ソニーの米子会社Sony Pictures Entertainmentが、アニメ配信会社Funimationを買収。Funimationは、米国で「ドラゴンボールZ」などのライセンス管理・配給を行っている。(2017/8/1)

「エウレカセブン」劇場版第1作、2017年秋に公開 「ニルヴァーシュ」の新設定画も明らかに
米国イベント「アニメボストン2017」で発表されました。(2017/4/3)

艦娘に連装砲ちゃん 懐かしの「立つんだ! 湯川専務!」も 東京ゲームショウコスプレリポート
人気の「艦これ」「進撃の巨人」に話題の「パシフィック・リム」など、ゲームショウのコスプレをお届けします。(2013/9/23)

せかにゅ:
合法に無料で見られるアニメ、違法ルートで見るのはなぜか 米国のオタクが語る
米国では英語版「ONE PIECE」が合法動画サービスで無料配信されているが、それでもP2Pで違法コピーを入手する人もいる。その理由は――。(2011/2/24)

動画流出で延期していた「ONE PIECE」北米無料配信がスタート
米国・カナダで、テレビアニメ「ONE PIECE」の無料配信がスタートした。5月スタート予定だったが、配信前に動画が流出したため延期していた。(2009/8/31)

「ONE PIECE」を北米向け無料配信 日本放送の1時間後に
アニメ「ONE PIECE」を、日本放送の1時間後に北米向けに無料配信する。DVDや関連グッズ販売の拡大につなげる考えだ。(2009/5/29)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その25):
遅ればせながらくねくねハニィの「E3に行って参りました!」
暑い、暑すぎです。この暑さで溶けてしまいそうなくねくねハニィがお送りする「E3に行って参りました!」です。ちょっと時間が経ってしまって申し訳ないっすが、総評で「しょぼかった〜」と言われる7月中旬に行われたE3を、くねくねハニィ的にまとめてみたのでご一読をよろしこ。長いよ。(2008/8/8)

E3を総括――存在意義を問う:
「E3 2008」これだけ読めば大丈夫?(前編)
現地時間の7月15日〜17日の期間、北米ロサンゼルスで「E3 Media and Business Summit」が催され、それに先だちプラットホームホルダー各社がカンファレンスを行った。形を変えたE3の存在意義を問いながら、今後のゲーム市場動向を推測する。(2008/7/24)

攻殻機動隊S.A.C.が米iTunes Storeに登場
米国では「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」をiPodで視聴できるようになった。(2008/3/25)

「鉄腕アトム」ほか手塚アニメ、米iTunes Storeで販売開始
「マンガの神様」のアニメーション作品が、日本より先に米国のiTunes Storeで販売されている。(2007/9/5)

バジリスクとガンスリ、iTunes Storeに見参
米iTunes Storeの日本製テレビアニメはこれで5作品になった。(2007/3/13)

米iTunes Storeに日本アニメ初登場
日本アニメの販売は、米国のiTunes Storeに先を越されてしまった。(2007/2/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。