ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Pages」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Pages」に関する情報が集まったページです。

Google悪用のスパムに警戒を――MessageLabsが指摘
メッセージラボは月例スパムリポートで、Googleのサービスを悪用したスパムへの警戒を呼びかけている。(2008/8/9)

Google、2008年に新Webサイト作成ツール発表か?
新たなWeb作成ツール「Google Sites」に、買収したJotSpotのWiki機能が組み込まれるようだ。(2007/12/5)

Google、ルワンダ政府・ケニア教育ネットワークと「Google Apps」提供で提携
Googleが、ルワンダ政府やケニアの教育機関などにサービスを提供する。(2007/3/20)

ものになるモノ、ならないモノ(17):
次々と中小企業がネットビジネスから脱落する理由
無料各種サービスが豊富だが、中小企業が置いてきぼりを食うのがWeb2.0の実態だとするホスティング業者の老舗、GMOの指摘とは?(2007/3/19)

Google AppsはMicrosoft Officeキラーになるか
Googleはできるだけ控えめに言ってるのかもしれないが、Google AppsはついにMicrosoft Officeを追撃する製品になった。この製品にはMicrosoftに打撃を与えるだけの要素がある。(2007/2/23)

Google、企業向けオフィススイート正式公開
前日に報道されたとおり、「Google Apps Premier Edition」の提供が開始された。(2007/2/23)

Google Page Creatorに新機能
画像の編集機能や複数のサイトアドレスへの対応などがGoogleのWebページ作成ツールに加わった。(2006/11/21)

Gmailシステムを自社ドメインで――GoogleがASPサービスを国内で開始
会社で2GバイトのWebメールやiCal対応のスケジューラを導入するとなると、既存アプリでは別途サーバなどのシステム構築費が必要なものもある。無料のGmailやGoogleカレンダーを自社ドメインの業務システムとして運用できるかもしれない。そんなβテストが国内でも始まった。(2006/11/1)

Google版Office「Google Docs」登場か?
Googleが、「Writely」と「Google Spreadsheets」を統合したオフィス向けソフトを発表すると報じられている。(2006/10/11)

Google Appsは“噂のGoogle Office”じゃない
Googleが「Google Apps for Your Domain」でビジネスソフトに進出? それは違う。あれは皆が噂してきたMS Officeのライバル「Google Office」じゃない。(2006/8/30)

Google、企業向けパッケージをリリース
「Google Apps for Your Domain」では、企業は自社のドメインでGmailなどのサービスを使うことができる。(2006/8/28)

黒船来襲……か!?
米Googleがオンラインショッピングの世界に進出――その名も「Google Checkout」
「あのGoogleがeBay対抗の決済サービスを始める」――長らく「Gbuy」の名称で噂されていた新サービスはその名称を「Google Checkout」とし、6月29日(米国時間)に正式発表された。Google Checkoutの登場は、インターネット・サービスの世界に、そしてGoogle自身にどのようなインパクトをもたらすのだろうか。(2006/6/29)

Googleのサービスで悪質コードホスティング
Websense Security Labsによれば、銀行情報を盗み出すトロイの木馬がGoogle Pagesでホスティングされているという。(2006/6/20)

Google Page Creator、需要殺到で初日にダウン
Page Creatorはβ版公開初日で「極めて強い需要が寄せられたため、新規登録者数を一時的に制限しています」とGoogle。(2006/2/24)

Google、Webページ作成ツールをテスト
Google Page CreatorはWebベースの無料Webページ作成ツール。ブラウザからWebページを作成して公開できる。(2006/2/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。